サッカー

milan

 本田と長友の日本人対決はなし TIM杯はミランが制す


12日にミラン、インテル、サッスオーロの3チームがTIM杯を戦い、ミランがこのプレシーズンのタイトルを手にした。ミランMF本田圭佑とインテルDF長友佑都は、それぞれ出場機会があったものの、両者が同時にピッチに立つことはなかった。

各チームが45分間の試合を2回戦うTIM杯。第1試合は、ミランがインテルに2-1で勝利した。本田が先発したミランは、開始5分に先制点。左サイドか らバッカが上げたクロスにファーサイドでベルトラッチが足を伸ばしてゴールネットを揺らした。22分にはバッカが左サイドでパスを受け、体を入れてサント ンをかわすと、ペナルティーエリア左に侵入したところでミランダを抜いて右足でフィニッシュ。ゴール左に決めてリードを広げた。

インテルは、その後に投入されたブロゾビッチが31分にゴールを挙げて1点差とすると、ラスト10分を切ったところで数的優位に。ミランはイカルディに対するファウルで、アレックスが退場となった。

これを受けてミランは新戦力のロマニョーリを投入。見せ場が多くなかった本田がベンチに下がる。長友は44分に投入されたため、日本人2選手の対峙はないまま終了。ミランが2-1で逃げ切った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150813-00000040-goal-socc


【「希望が持てる!」インテル戦での本田への評価&本田獲得の噂に対するトッテナムサポ反応{海外の反応}】の続きを読む

okachan
アーセナルが開幕戦でウェストハムに完敗、GKチェフのミス響く


15-16イングランド・プレミアリーグは9日、第1節の試合が行われ、アーセナル(Arsenal)は0-2でウェストハム(West Ham)に敗れた。

 昨季のイングランドFAカップ(FA Cup 2014-15)を制し、さらに前週FAコミュニティーシールド(FA Community Shield 2015)でチェルシーを破っていたアーセナルには楽観的な空気が流れていたが、アーセン・ベンゲル(Arsene Wenger)監督の就任20周年目は悲惨な出だしとなり、その雰囲気は一蹴された。

 12年ぶりのリーグ優勝への期待がかかるチームを率いるベンゲル監督は、ウェストハムにたたきのめされ、恐怖に襲われているに違いない。ウェストハムは2007年4月以来となるアーセナル戦での白星を収め、直接対決での連敗を10で止めた。

ビリッチ監督が試合終了とともに勝利をサポーターと喜ぶ中、ベンゲル監督は顔をしかめながら重い足取りでロッカールームに引き揚げた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150810-00000030-jij_afp-socc

【「うちが一番負けてる相手」アウェイでのウェストハム戦を控えたレスターサポの反応{英国の反応}】の続きを読む

vardy rac

差別発言の岡崎同僚が謝罪も解雇などの処分浮上 「すべての侮辱を謝りたい」



広報担当謝罪も、捜査開始を認める
 日本代表FW岡崎慎司の同僚のレスターFWジェイミー・ヴァーディが先月、レスター市内のカジノで東アジア人と思わしき男性客に向かって人種差別用語の「ジャップ」を連発した問題で、選手本人とクラブは謝罪の声明文を発表した。英国営放送「BBC」が報じている。

 レスターは、今季開幕戦となったサンダーランド戦で4-2と勝利を挙げた。だが、地元紙「サン」は、その先制点を挙げたストライカーが男性客に人種差別用語を連発した動画を公開し、社会問題となっていた。

 愚行を犯した28歳のヴァーディは「僕は心の底から自分が引き起 こしたすべての侮辱を謝罪したい。後悔すべき失敗で、自分が全責任を背負っている」と反省の弁を述べている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150810-00010002-soccermzw-socc


【{英国の反応}BBCなどの英メディアが岡崎の同僚FWヴァーディのアジア系人種への差別的言動を報じる】の続きを読む

okazaki-500x360

プレミアデビュー戦で躍動の岡崎を英メディアが絶賛「別格だった」



8日に行われたプレミアリーグ開幕戦で、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターがサンダーランドと対戦し、4-2の勝利を収めた。岡崎が先発フル出場でプレミアリーグデビューを遂げている。

 試合後、イギリス大手メディアの『スカイスポーツ』と『ユーロスポーツ』が試合の採点を発表。得点こそ挙げることはできなかったものの存在感を見せた岡崎に対し、『スカイスポーツ』は「7」、ユーロスポーツは「8」と、ともに全体で2番目の高評価を与えた。

 また、『スカイスポーツ』の解説者を務めるポール・マーソン氏は「岡崎がとても良かった。常にボールを収めていたね。素晴らしいタッチ、素晴らしい視野だ。彼は別格だったと思う。確かに大きくはないが、とても良い選手だよ」と、岡崎を絶賛している。

 なお、両メディアともマン・オブ・ザ・マッチには、右サイドから好機を演出し続け、2得点を記録したアルジェリア代表MFリヤド・マーレズを選出している。『スカイスポーツ』は同選手を「8」と採点し、『ユーロスポーツ』は「9」をつけている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150809-00338477-soccerk-socc


【「岡崎は漢だ」「手に負えない」プレミア開幕初戦、レスターはサンダーランドを4-2で下す!{海外の反応}】の続きを読む

  news_168891_1

ミラン本田、トップ下先発も不発 アウディ杯・バイエルン戦


◆アウディ杯準決勝(4日、ドイツ・ミュンヘン)バイエルン3―0ACミラン

 プレシーズン大会のアウディ杯の準決勝が4日、ドイツのミュンヘンで行われ、ACミラン(イタリア)はバイエルン(ドイツ)と対戦した。日本代表MF本 田圭佑(29)は4―4―2のトップ下で先発出場したが得点を奪えず、後半30分に途中交代した。試合は前半23分にバイエルンのDFベルナトに先制点を 献上。後半にも29分にFWゲッツェ、40分にFWレワンドフスキに決められ、0―3で完敗した。

 もう1試合はRマドリード(スペイン)がコロンビア代表MFロドリゲスとウェールズ代表FWベイルのゴールでトットナム(イングランド)を2―0で下した。5日はバイエルン―Rマドリードの決勝、ACミラン―トットナムの3位決定戦が行われる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150805-00000062-sph-socc


【{バイエルン戦}本田圭祐について意見を交わすミランサポ{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ