サッカー

gurokuro

ドルト・グロスクロイツ、ガラタサライで再スタートか



 ドルトムントMFケヴィン・グロスクロイツ(27)は、トルコの強豪ガラタサライに加わるようだ。ドイツ『キッカー』によると、同選手は31日にメディカルチェックのためにイスタンブルに向かったという。

 ドルトムントの熱狂的なファンでもあるグロスクロイツが、ついに同クラブを去ることになりそうだ。ドルトムント生まれの同選手は2002年まで同クラブのユースに所属し、2009年には憧れのクラブのトップチームに加わり、その多様性からドイツ代表にも呼ばれていた。

  しかしワールドカップ後の昨シーズンはチームとともに不振に陥り、今年の春には長期離脱。トーマス・トゥヘル新監督の下でのプレシーズンを、ほぼ棒に振る ことになった。今季はまだトップチームの招集メンバーには呼ばれておらず、U-23チームの試合にしか出場できていない。

 苦境に立たされたグロスクロイツだが、友人のFWルーカス・ポドルスキが加入したガラタサライが声をかけた模様。『キッカー』によると、ガラタサライとの交渉はこれから最終段階を迎えるが、「トルコで再スタートを切る」ことはほぼ決定と見られている。

http://www.sanspo.com/soccer/news/20150901/bun15090109140004-n1.html
【「悲しい」「クロップには下せない決断」香川のマブダチ、K・グロスクロイツ、ガラタサライへ移籍か{海外の反応}】の続きを読む

dimaria

PSG移籍のディ・マリアがファン・ハール監督との確執を語る「何回か口論もあった」


今夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドからパリ・サンジェルマンに移籍したアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ ・マリアが古巣のルイス・ファン・ハール監督との確執を明らかにしている。 ESPNラジオ・アルゼンチンで語ったもの。

 1年前に英国史上最高額の移籍金でレアル・マドリードからユナイテッドに移籍したウインガーはわずか1シーズンでパリに活躍の場を移した。短すぎるマンチェスターの日々の理由にはオランダ人指揮官との確執があったという。

「ファン・ハールには彼の哲学があった。私が移籍したいと思わせたものの一つがそれだ。ファン・ハールとうまくやるのは難しかった。何回か口論もあった。 序盤はいいプレーができたけど、そこから怪我をしてしまった。物事がうまくいかず、ファン・ハールは私のポジションを変えた」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150901-00010012-soccermzw-socc

【「A・ヤングだけが理解してる」ディ・マリア「ユナイテッドを去った理由はファンハールの哲学」{海外の反応}】の続きを読む


「ベルリンの壁」を崩した香川にチーム最高評価も アシスト含め3得点に絡む


ボルシア・ドルトムントMF香川真司は30日、ブンデスリーガ第3節ヘルタ・ベルリン戦でフル出場し、アシストを記録して3-1の勝利に貢献した。

香川は27分、ショートコーナーからDFマッツ・フンメルスの先制点をアシスト。後半立ち上がりにも追加点に絡む。67分の決定機を決めることはできなかったが、1点を返されて迎えた後半アディショナルタイムにも3点目に絡む活躍を見せた。

ドイツ『ビルト』は、ヘルタの守備重視のプレーを「ベルリンの壁」と称した。だが、その「壁」を崩して貴重な先制点を演出した香川に、フンメルスと並ぶチーム最高の「1」をつけている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150831-00000033-goal-socc


【「攻撃の糸を引いてた」「過小評価されてる」ヘルタ戦、勝利後の香川へのサポ反応など{海外の反応}】の続きを読む

kagawaaa

全得点演出の香川に最高評価「攻撃陣最強の男」 原口はチーム最低点に


ブンデスリーガ第3節が30日に行われ、ドルトムントがヘルタ・ベルリンを3-1で破り開幕3連勝を飾った。

トップ下で先発した香川はこの試合の先制点を絶妙な左足クロスでアシストし、2点目はゴールにつながる浮き球パス、さらに後半アディショナルタイムにはアドリアン・ラモスのダメ押し点を生むパスを見せるなど全3得点に絡む大活躍を披露した。

このハイパフォーマンスを受け、独『ビルト』は先制点を挙げたマッツ・フンメルスとともに最高評価となる「1」を与えた。ドイツの採点は他国と違い、「1」から「6」までの11段階で表され、数字が小さいほど高評価となる。

また、地元紙『ルール・ナハリヒテン』もフンメルスとともにチーム最高タイとなる「2.5」で香川のプレーを称えている。

他に独『デア・ヴェステン』はイルカイ・ギュンドアンとフンメルスの「2」に次ぐ「2.5」を香川に与え、「この日本人はドルトムントの攻撃陣最強の男 で、最初の2得点に絡んだ。先制ゴールを正確なコントロールで演出している。26歳の強力なひとつのアクションによって2-0と先行できた」と勝利に大き く貢献した日本代表MFの活躍を大絶賛している。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150831-00010003-footballc-socc


【「精度、完璧」「マエストロ」香川、アシスト含め全3得点に絡む!!ホームでヘルタ相手の勝利に貢献!{海外の反応}】の続きを読む

okachannn

岡崎今季初の途中出場…レスターは終盤に同点弾を奪い無敗守る


プレミアリーグ第4節が29日に行われ、ボーンマスと日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターが対戦した。岡崎は今シーズン初のベンチスタートとなっている。

 レスターは前節のトッテナム戦で1点を先制されながら、絶好調のアルジェリア代表MFリヤド・マーレズが3試合連続ゴールを決めて引き分けに持ち込んだ。連勝は止まったもののチームは好調を続けており、この日も勝ち点3を獲得して上位争いを続けたいところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150830-00345071-soccerk-socc


【「岡崎で持ち直した」「大好き」レスターはボーンマスに追い付き引き分ける!途中出場の岡崎に対する評価は上々{英国の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ