サッカー

DEA4yIjXkAAl4zS
本田圭佑が米2部オレンジカウンティの練習参加、ミニゲームではトップスコアラーに

 今季限りでミランを退団した日本代表FW本田圭佑(31)が3日、アメリカ2部ユナイテッドサッカーリーグ(USL)に所属するオレンジカウンティSCの練習に参加した。本田のマネジメント事務所であるHONDA ESTILO株式会社が明かした。

 本田は2日、自身の公式インスタグラム(@keisukehonda_official)を更新し、ロサンゼルスで練習を行っていることを報告していた。しかし個人トレーニングでは補えない実戦に近い練習を行うため、拠点地域からほど近いオレンジカウンティに練習参加を依頼。これをクラブ側が快諾し、今回の練習参加につながった。

 雲一つなく強い日差しがさす中、本田はウォームアップからアジリティー、ボール回し、ミニゲームと約90分間の練習をすべてこなした。また、ミニゲームでは積極的にボールを呼び込み、トップスコアラーを記録したという。

 トレーニング終了後はファンサービスも欠かさず、約100名のファンに丁寧にサインしていた。また、ファンから「頑張ってください!」との声に「ありがとう」と答えるなど、充実したトレーニングだったようだ。

 ロサンゼルスで練習を行っていることで今夏のメジャーリーグサッカー(米1部)への移籍の可能性が報じられた本田。トルコの強豪ガラタサライやトラブゾンスポル、スペインのラス・パルマスやレバンテなどが興味を示しているが、本田の今後の動向が注目される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170704-01641430-gekisaka-socc
【【海外の反応】「まだ欧州で出来る」本田圭佑がオレンジカウンティの練習に参加!】の続きを読む

podolski
ヴィッセル神戸に加入間近のポドルスキが来日前から『キャプテン翼』愛がだだ漏れ状態

ヴィッセル神戸に加入間近のポドルスキが2017年7月6日、ついに大物ストライカーが来日する。そう、元ドイツ代表であり、数々のビッグクラブでプレーしてきたポドルスキ選手のことだ。サッカーファンなら必ず知っている大物だけに、彼のJリーグ参戦を待ち望んでいるファンは多いことだろう。

 これから加入するヴィッセル神戸にフィットできるのか。そして日本の文化に慣れることができるのかなど、不安に思う人もいるかもだが、どうやらその心配はなさそうだ。なぜなら、彼は来日前からすでに日本に馴染んでいるようなのである。

・日本文化に挑戦するポドルスキ選手 
その理由は、彼が「新たな挑戦が楽しみです。神戸の皆さん、よろしくお願いします ! 」というメッセージとともにインスタに投稿した動画を見れば一目瞭然。なんとポドルスキ選手はノリノリで日本の文化に親しんでいるのだ。 

折り紙をはじめ、盆栽に剣道……といったようにポドルスキ選手は日本の文化に挑戦。何なら、着物を着て食事も箸を使ってみせ、器用にソーセージを食べてみせる。だが、それだけではないのがポドルスキという選手である。

・『キャプテン翼』愛が炸裂 
やはりというか、『キャプテン翼』愛がすでにだだ漏れ状態なのだ。就寝前のシーンでポドルスキ選手は『キャプテン翼』の漫画を読みながらニッコニコ。これ以上ないほど幸せそうな表情は、相当好きなことが伝わってくる。

・いよいよ来日 
ちなみに彼は、すね当てに日向小次郎モデルを使用したことがあるほど大の『キャプテン翼』ファン。原作が生まれた日本でプレーするのは、特別な感情が芽生えそうだ。いつ日向小次郎ばりの強烈シュートを突き刺すのか。そのプレーから目が離せない。

http://rocketnews24.com/2017/07/05/921970/
【【海外の反応】折り紙、剣道、盆栽...ポドルスキが日本の伝統文化に挑戦!】の続きを読む

DDqEvQAWsAAge95
【【海外の反応】セルティックサポ「中村俊輔が恋しい..」】の続きを読む

ea_sports_2014_fifa_world_cup_brazil
【【海外の反応】アメリカ「次にW杯初優勝を飾る国は...」】の続きを読む

067A809B00000514-0--a-3_1498519140218
カタールW杯の“汚職疑惑”真相が明らかに!? 独紙報道…FIFA関係者の娘に2億円送金など

 2010年12月に国際サッカー連盟(FIFA)の本部で行われた投票で2022年W杯開催地がカタールに決定したが、その当時から“汚職疑惑”が浮上している。それにまつわる情報をまとめた独立調査官マイケル・ガルシア氏の報告書を独紙『ビルト』が入手したようだ。27日から報告書を公表していく見通し。

 同メディアが伝えている情報を英メディア『BBC』が報じた。それによると、FIFA関係者の10歳の娘の口座に送金者不明の形で200万ドル(約2億2400万円)もの大金が振り込まれていたという。また、投票権を持つFIFAの3人が、2018年W杯と2022年W杯の投票前にカタールサッカー協会(QFA)が所有するジェット機でブラジル・リオデジャネイロに向かったようだ。

 さらに、カタールの最先端育成施設として知られるアスパイア・アカデミーが、投票権を持つFIFAのメンバーに対して決意を促す働きかけを確実に行なったとのこと。2010年12月に2022年W杯開催地がカタールに決定してから、“汚職疑惑”が浮上していたが、その真相が明らかになるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170627-00219214-footballc-socc
【【海外の反応】カタールがFIFA幹部の10歳の娘に2億円を送金か 大会招致の不正を独紙が報じる】の続きを読む

このページのトップヘ