サッカー

top
【【海外の反応】選手に触れられて痛がるボール"ボーイ"をご覧ください】の続きを読む

com
1得点1アシストの香川に独紙がチーム最高評価 「壮麗なプレー」と絶賛

ドルトムントの快勝を導く活躍に、チーム単独トップの「1.5点」を与える

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は、現地時間4日のハンブルガーSV戦に公式戦5試合連続スタメン出場を果たし、今季リーグ戦初ゴールを含む1ゴール1アシストと大暴れして、3-0快勝劇の立役者となった。ドイツメディアもチーム単独トップの「1.5点」を与え、「壮麗なプレー」と絶賛した。

 4-2-3-1システムのトップ下で攻撃のタクトを振るった香川は、前半から高いテクニックを連発。前半13分のMFカストロの直接FKは、MFモルが香川のヒールパスを受けて中央突破した流れから獲得したものだった。

 さらに同27分には、FWオーバメヤンへのヒールパスでGKとの1対1という決定機を演出した。チャンスメークに加えて、何度もゴール前に顔を出した香川に待望の瞬間が訪れたのは後半36分。左サイドを猛スピードで駆け上がったオーバメヤンからのクロスに右足で合わせて、今季リーグ戦での初ゴールをゲットした。さらに試合終了間際には、オーバメヤンへ“三度目の正直”となるラストパスを通して、ダメ押しゴールをアシストした。

 1得点1アシストと、前節シャルケ戦(1日/1-1)のアシストに続いて結果を残した香川に対し、ドイツ地元紙「WAZ」は「香川がハンブルガー戦でBVB最高の選手」と報じ、採点(1が最高、6が最低)ではチーム単独トップとなる1.5点を与えた。「中盤で際立っていた。常にプレーし、多くの場所に顔を出した」と多くのチャンスに絡んだ点を評価され、「彼は壮麗なプレーをした」と絶賛された。

 ビッグセーブを披露した守護神GKビュルキが2.5点で2位。香川と同じく1得点1アシストのオーバメヤン、先制点のカストロら4人が3点。デンベレ、DFバルトラら5人がワーストタイの4点だった。


前節に続く最高評価で完全復活をアピール

「ルールナハリヒテン」紙も、同じく香川が1.5点で単独チームトップ。ビュルキが2.5点で2位だった。オーバメヤン、カストロ、ピスチェクが3点。先発に抜擢された19歳MFモルら3選手が4点で最低点だった。

 前節シャルケ戦でもドイツメディアからチームトップ評価を受けていた香川。公式戦5試合連続スタメン出場と右肩上がりに調子を上げる“小さな魔法使い”が、完全復活を印象づけている。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170405-00010002-soccermzw-socc
【【海外の反応】「本当に嬉しい」香川真司が1G1Aの大暴れ! ブンデス公式が選ぶMOTMに! ドルトムントは3-0でハンブルガーSVに快勝!】の続きを読む

C8aiZa6XcAIKFP_
岡崎慎司、レスター5連勝で評価も上々…英紙「“リンクアップ”が効果的だった」

5試合連続で先発出場を果たした岡崎。数字には見えづらいプレーで、連勝に貢献している

レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司が、公式戦5試合連続の先発出場を果たし、高評価を受けている。 

レスターは1日、プレミアリーグ第30節でストークと対戦。岡崎は先発出場を果たし、2-0の勝利に貢献し、73分までプレーしている。得点に絡むことこそなかったが、チャンスメイクするシーンもあり、随所に存在感を発揮した。 

地元紙『レスター・マーキュリー』では、岡崎に10点満点中7点の評価が与えられ、「素晴らしいディスプレイとなった。タッチは最高で、中盤と前線を繋ぐプレーは効果的」と寸評が記されている。なお、最高評価は8点のウィルフレッド・エンディディ、ジェイミー・バーディー、デマライ・グレイの3人となった。

5連勝を飾ったクレイグ・シェイクスピア監督は試合前から岡崎のコンディションの良さを評価しており、日本代表で通算50得点達成に「お祝いの言葉を送った」と明かしている。監督交代後、先発出場し続ける岡崎には、今後もチャンスが巡ってきそうだ。

Goal
【【海外の反応】「ヴァーディには岡崎が必要」レスターファンが岡崎慎司のパフォーマンスを褒めちぎる【ストーク戦】】の続きを読む

35E55C0100000578-3671713-image-a-80_1467497583595
Simone Zaza was the first player from either side to miss from the penalty spot - with this atrocious effort after a stuttered run-up
【【海外の反応】海外「左利きの選手は右利きよりもPKで失敗する印象がある」】の続きを読む

C8VIhqhXgAEbVy6
スペインメディア、今季初得点の乾貴士に高評価「帰国前にニッポンのフットボールがここにあると示した」

1日のリーガエスパニョニョーラ第29節アウェーでのビジャレアル戦(3-2)で今季初得点を記録したエイバルMF乾貴士だが、スペインメディアはチーム最高タイの採点をつけた。

78分に待望の今季初ゴールを記録した乾だが、このビジャレアル戦では試合を通じて存在感を発揮。スペイン『マルカ』の採点では、FWキケ・ガルシアと並びチーム最高となる3点満点の評価を付けられた。また同メディアの電子版の試合レポートでは、スペイン国王の来日に際して一時帰国する乾について、次のように記されている。

「リーガの日本大使であり、スペイン国王を自国で迎えることになった乾。彼はこの試合で、自分ができる最大限のことをした。つまりは我々のリーグ戦の地図で、ニッポンのフットボールがここにこそあるのだと示したのである」

なおメンディリバル監督は試合後、「彼はとても良いプレーを見せた。3点目を決め、チームに落ち着きを与えくれたね」と乾を称賛していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170402-00000046-goal-socc
【【海外の反応】「見ていて楽しい」乾貴士、ビジャレアル戦で今季初ゴールを記録!】の続きを読む

このページのトップヘ