シャルケ

1491059737276
香川が先制点アシストも…ドルトムント、シャルケとのダービー戦はドロー決着

ブンデスリーガ第26節が4月1日に行われ、DF内田篤人の所属するシャルケと、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。

 暫定4位のドルトムントが、9位シャルケのホームに乗り込んでの“ルール・ダービー”。前回の対戦は昨年10月の第9節でスコアレスドローだった。通算4ゴールと同ダービーマッチに強い香川は、トップ下で4試合連続の先発出場。今シーズンのリーグ戦初ゴールに期待が高まる。メンバー外の内田はスタンドから試合を見守った。

 試合はドルトムントが主導権を握るが、なかなかゴールは生まれず膠着状態が続く。30分、ウスマン・デンベレがペナルティエリア手前中央から右足シュートを放つが、わずかに枠の右。34分、香川のダイレクトパスから、ピエール・エメリク・オーバメヤンが右サイドを抜け出し、エリア内で右足を振り抜くが、相手GKラルフ・フェアマンにブロックされた。

 スコアレスで折り返した後半53分、ドルトムントが先制に成功する。香川がデンベレのスルーパスでエリア内左に抜け出し、相手GKの前で横パス。これをオーバメヤンが流し込んで、先制点を奪った。香川は今シーズンのリーグ戦3アシスト目。オーバメヤンは同24得点目のゴール後、マスクを被るパフォーマンスを見せてイエローカードを受けた。

 シャルケは57分、左CKから主将のベネディクト・ヘーヴェデスが強烈なヘディングシュートを放つが、GKロマン・ビュルキに阻まれた。70分にはコケとベンジャミン・スタンブリを下げて、アレッサンドロ・シュプフとマックス・マイヤーを投入し、反撃を狙う。

 追加点を狙うドルトムントは73分、エリア内左でキープしたオーバメヤンが中央へクロス。香川がゴール前に走り込むが、わずかにボールが高く合わせることはできない。74分にはデンベレがエリア内左からゴール右隅を狙うが、シュートは右ポストに弾き返された。

 押し込まれていたシャルケだったが、76分に同点ゴールを奪う。エリア内左で、レオン・ゴレツカのヒールパスから、ティロ・ケーラーがダイレクトで右足を振り抜き、シュートをゴール左隅に突き刺した。

 ドルトムントは87分、香川を下げてクリスティアン・プリシッチを投入。オープンな展開となった終盤は、激しさも増して両チームが衝突するシーンも。終了間際にはドルトムントDFマルク・バルトラのハンド疑惑もあったが、最後までスコアは動かずタイムアップ。白熱のダービーマッチはドロー決着となった。

 シャルケは次節、4日にアウェイでブレーメンと対戦。ドルトムントは同日に日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVをホームに迎える。

【スコア】
シャルケ 1-1 ドルトムント

【得点者】
0-1 53分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
1-1 77分 ティロ・ケーラー(シャルケ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170402-00570495-soccerk-socc
【【海外の反応】香川真司、完璧なタイミングで抜け出し先制点をアシスト! ドルトムントは敵地でシャルケと引き分ける】の続きを読む

15803397-large
岡崎慎司、シャルケで内田の同僚に?

シーズンが折り返しに差し掛かっても、レスターで未だ出番の少ない岡崎慎司。 

プレミアリーグではここまで17試合に出場しているものの、先発の機会は10度。出場時間は830分ほどで、1試合平均のプレー時間は48分だ。 

そんな岡崎に関する移籍の噂を、ドイツ『BILD』が伝えている。

岡崎を狙っているとされるのは、内田篤人が所属するシャルケ。

 シャルケは現在アタッカーが相次いで負傷しており、フランコ・ディ・サント、クラース=ヤン・フンテラール、ブリール・エンボロが離脱している。そこで岡崎に白羽の矢が立ったというわけだ。 

現在シャルケのスポーツダイレクターを務めるクリスティアン・ハイデルは、以前マインツで同職に就いていた。そのため岡崎のクオリティについてよく知っており、関心を持ったとされている。 

シャルケはこの冬、バイエルンからDFホルガー・バートシュトゥーバーをローン移籍で、ニュルンベルクからMFギド・ブルクシュタラーを完全移籍でそれぞれ獲得。 

他にもナポリMFマノーロ・ガッビアディーニにも興味を抱いているといわれており、アタッカーの補強が急務となっている。

https://qoly.jp/2017/01/17/schalke-eye-shinji-okazaki-kwm-1
【【海外の反応】岡崎慎司をシャルケが狙う? レスターシティフォーラムの反応】の続きを読む

Borussia+Dortmund+v+FC+Schalke+04+Bundesliga+mRZjO9-STbPl
慣れない「右」での起用に戸惑う香川。”目に見える結果”を求めて向き合うべき課題は

現地時間29日に行われたドルトムントとシャルケの”レヴィア・ダービー”はスコアレスドローに終わった。香川真司は右インサイドハーフでスタメン出場したが、ゴールという「目に見える結果」を出すことはできなかった。左サイドではなく右サイドでの起用が増える香川に与えられた課題とは何か。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

スコアレスドローのダービーで手応えをつかんだシャルケ

 新たな課題と向き合う。2016年10月29日のブンデスリーガ第9節、ボルシア・ドルトムントはホームにFCシャルケ04を迎えた。試合前からスタジアムの外では険悪な空気が漂っていた。警官隊に囲まれて進むシャルカーの列に、遠巻きにドルトムンターがビールと罵声を浴びせかける。シャルカーが怒声で応酬する。因縁のレヴィア・ダービーだ。

 攻撃的なサポーター同士の姿とは対照的に、試合が始まるとドルトムントもシャルケも慎重な姿勢を見せた。まずは守備から入る。守備時にドルトムントは4バックに右ウイングのプリシッチが下がって、シャルケは3バックにコラシナツとシェプフの左右両ウイングバックが下がって5バックを形成した。

 先発した香川真司は、しっかりとしたマークでベンタレブに自由を与えず、バイグルはハードにマイヤーを潰す。カウンターを受ける場面もあったが、ドルトムントはシャルケに主導権を渡さなかった。そうかと言って、ドルトムントが主導権を握れたわけでもない。香川は前半を「特に相手もすごくタイトに来ていたから、崩すイメージがなかなか持ちずらかった」と振り返る。

 後半に入るとあまり出てこなかったシャルケをドルトムントは最後の最後まで崩し切ることはできなかった。トゥヘル監督は71分にゲレイロを投入して攻撃に厚みを持たせ、79分にシュールレを投入して畳み掛けたが、ゴールを決めることはできない。

 ダービーは0-0のドローに終わった。敵将ヴァインツィールが「0-0はすばらしい」と手応えを感じたことを考えれば、シャルケに軍配が上がったのかもしれない。



香川が向き合う課題とその可能性

 両者譲らなかったダービーで香川は、右のインサイドハーフで先発した。昨季の前半戦がそうだったように、トゥヘル体制で香川は主に左のインサイドハーフでプレーしてきた。既に途中投入された第7節ヘルタ・ベルリン戦でも見られたが、トゥヘルは新しいポジションで香川の起用を始めている。

 不慣れなポジションに、香川は戸惑いを隠せない。

「左でやれることが理想なんですけど、右だったので、まあそこのやりにくさはちょっとありました。しっかりボールを受けてサイドに散らしたりするしかなかったです」
 
 ゲーム中は左足で逆サイドに展開し、機を見てはエリア内に飛び込むなど、攻撃面で貢献したが、ゴールといった決定的な仕事はできなかった。香川は「目に見える結果を今日も追い求めましたけど、上手くいかなかった」と振り返る。

 トゥヘルからは「バイタルに入っていけ」と言われるのだという。「バイタルにずっと居続けてボールを受けるのは難しいと思うので、2列目、3列目から入って行くイメージを持つようにはしたんですけど、相手も3バックで固めていたんでね、なかなかスペースが良い形であったと言ったら、なかなか…難しかったですね」

 そしてトゥヘルが「右」で起用して「バイタルに入っていけ」と指示するのは、香川ならではチームにもたらせる、何かメリットのようなものがあるからだろう。

「メリットを生み出さないといけないですし、見つけ出さないといけない。そういう意味では、やはりゴール前に入っていかないといけないし、何かしら自分で工夫して攻撃に変化をもたらさないといけないと思っている。それが課題かな、とは思っています」

 これまでとは違うポジションで香川は、新たな課題と向き合うことになった。それはどちらに転ぶか分からない可能性でもある。ドルトムントでの香川の戦いは、まだまだ終わりそうにない。

(取材・文・本田千尋【ドルトムント】)


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161030-00010015-footballc-socc
【【海外の反応】「香川と4-1-4-1は..」香川真司先発もドルトムントはシャルケと引き分ける】の続きを読む

Cfrw89IUAAEwr_-
第9節の注目カード(2)ドルトムント対シャルケ

Summary     
・ブンデスリーガ第9節、ドルトムントとシャルケが激突    
・通算89回目のルールダービー    
・過去3シーズンの対戦成績はドルトムントの3勝2分け1敗

ブンデスリーガで最も熱い一戦“ルールダービー”が10月29日、ドルトムントのジグナル・イドゥナ・パークを舞台に行われる。低調な試合内容が続くドルトムントに対し、シャルケは上り調子とチーム状態は対照的。8万人を超える大観衆を前に、負けられない一戦を制するのはどちらか。


対戦トリビア

・ドルトムントのリーグ戦3試合未勝利はトーマス・トゥヘル体制下では2度目のこと。4試合未勝利はユルゲン・クロップ時代に経験しているものの、トゥヘル就任後はまだない 

・ドルトムントは今季の総失点が10。首位バイエルンの倍以上の失点を重ねている。4バックの顔ぶれも8試合で7パターンと試行錯誤が続く 

・ドルトムントのソクラティスは今季のリーグ戦で最も競り合いに強いプレーヤー。同選手がピッチに立っている時のドルトムントは平均で90分に1失点なのに対し、不在時は45分に1失点となる 

・ドルトムントに復帰したマリオ・ゲッツェは、今季リーグ戦302分出場でわずかシュート2本。シャルケとのダービーは過去8試合に出場していまだノーゴール 

・直近の3試合に限れば、シャルケの勝ち点7はホッフェンハイム、ライプツィヒに次ぐ3番目の好成績。一方、この期間に未勝利のドルトムントはリーグで13番目の成績となる 

・シャルケは直近3試合でリーグ最多の8ゴールを挙げている。また、その8ゴールのうち6ゴールは新戦力が決めたもの 

・シャルケのクラースヤン・フンテラーはドルトムントとのダービーで通算5ゴールを挙げているが、これは同クラブのダービー歴代最多得点記録 

・シャルケのナビル・ベンタレブは直近のリーグ戦2試合で3ゴールの活躍。ブンデスリーガではアルジェリア出身選手初となるドッペルパック(1試合2得点)も達成している

1107172_imgw750


歴史的なデータ 

・通算成績はドルトムントの32勝、シャルケの30勝。僅差ながらドルトムントに軍配が上がる 

・最近のダービー6試合でドルトムントが負けたのは、2014年9月に敵地で行われた1戦のみ 

・ダービーがスコアレスドローに終わったのは過去に9試合。ブンデスリーガでは最もスコレスドローが多いカードとなる 

・シャルケは直近のダービー3試合で8失点を喫しており、勝ち点はわずか1止まり 

・今世紀に入り、シャルケが最も多く勝利しているアウェーゲームはドルトムント戦。2001年以降で7勝を挙げている 

・ドルトムントのホーム最大得点差勝利:7-0(1966年2月26日) 

・シャルケのアウェー最高成績:4-0(2000年9月23日) 

・歴代最多観客数:8万3000人(※過去に2度記録、直近は2004年12月5日)


予想ラインナップ 

ドルトムント(4ー1ー4ー1)
ビュルキ;ピシュチェク、ソクラティス、バルトラ、パスラック;ワイグル;プリシッチ、カストロ、ゲッツェ、デンベレ;オバメヤン

シャルケ(4ー2ー3ー1)
フェアマン;ヘーベデス、ナルド、ナスタシッチ、ババ;ガイス、ベンタレブ;コノプリャンカ、ゴレツカ、チュポモティング;フンテラー

http://www.bundesliga.com/jp/news/%E7%AC%AC9%E7%AF%80%E3%81%AE%E6%B3%A8%E7%9B%AE%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89_%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A0%E3%83%B3%E3%83%88%E5%AF%BE%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%B1.jsp
【【海外の反応】「シンジを解き放て」シャルケ戦前のドルトムントサポーターの反応【ルールダービー】】の続きを読む

Cs5nNLKXEAAqSwh
ケルン大迫勇也の今季初得点を独メディアが「ドリームゴール」と絶賛…独2大誌も高評価

21日に行われたブンデスリーガ第4節シャルケ対ケルンは、アウェーのケルンが3-1で勝利を収めた。この試合に先発出場したFW大迫勇也は38分に貴重な同点弾を決めた。現地メディアからは「ドリームゴール」と絶賛されている。

ケルンは36分、シャルケのFWヤン・クラース・フンテラールに決められて先制を許したが、その2分後に大迫が昨シーズンの開幕節以来となる今季公式戦初 ゴールを記録。フランス人FWアンソニー・モデストがボールを落とし、ゴール前約16メートルの位置から大迫が右足を振り抜くと、ボールはGKの手をかす めてゴールに吸い込まれた。

ドイツ『エクスプレス』は「ドリームゴール」と形容し、大迫がその得点によって「最近の力強いパフォーマンスに対して、自分自身を報いた」と記している。 また「美しいゴールで印象的な好調ぶりを飾った」「彼は数週間前から説得力のあるプレーを見せている」と、今回のゴールが決してフロックではないと評して いる。

ドイツの2大誌も大迫のパフォーマンスを高く評価。『ビルト』ではモデストやGKティーモ・ホルン、DFメルギム・マヴライの3人と並んで「2」とチーム最高タイの採点がつけられた。(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

また『キッカー』では、「2.5」とチーム単独トップのモデストに次いで2位タイ。なお、大迫のゴールをアシストし、自らも得点を奪ったモデストには「2」が与えられ、マン・オブ・ザ・マッチと第4節のベストイレブンに選出されている。

今シーズン、いまだに負けなしのケルンは25日の第5節で、同じくまだ黒星を喫していないRBライプツィヒと対戦する。大迫はチームとともに調子を維持できるのか、注目される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160922-00000030-goal-socc
【【海外の反応】好調ケルン、大迫勇也の凄まじい同点弾からシャルケに逆転勝利を収める 独紙も高評価】の続きを読む

このページのトップヘ