シュツットガルト

top
約4か月ぶりの“ジャガー”!!浅野が初のドッペルパックで首位奪回に貢献

[4.9 ブンデスリーガ2部第28節 シュツットガルト2-0カールスルーエ]

 ブンデスリーガ2部は9日、第28節を行い、FW浅野拓磨の所属するシュツットガルトはホームでMF山田大記の所属するカールスルーエと対戦し、2-0で勝利した。浅野、山田ともにフル出場した一戦は浅野が約4か月ぶりとなるゴールを含む2得点を記録。暫定ながら首位奪回に大きく貢献した。

 ジャガーポーズが約4か月ぶりに飛び出した。シュツットガルトは前半26分、DFエミリアーノ・インスアとMFアレクサンドル・マキシムのパス交換で左サイドを崩し、マイナスに戻したボールをMFクリスティアン・ゲントナーが右足でゴール前にクロス。オフサイドラインぎりぎりからフリーで飛び出した浅野がヘディングで叩き付け、先制のゴールネットを揺らした。

 浅野の得点は昨年11月28日のニュルンベルク戦(3-1)以来、14試合ぶり今季3得点目。シュツットガルトがリードを奪ったが、カールスルーエの10番を背負う山田も見せ場をつくる。前半45分、敵陣中央をドリブルで運んでPA内へスルーパスを通すと、FWフロリアン・カンベリのシュートをGKが弾き、こぼれ球を山田が狙ったが、シュートはミートせず、DFにクリアされた。

 1点リードで前半を折り返したシュツットガルトは劣勢の時間を耐え、後半16分にカウンターから追加点を奪う。ドリブルでPA内まで持ち上がったマキシムのシュートはGKに弾かれたが、こぼれ球に詰めた浅野が右足で難なく押し込んだ。浅野は移籍後初のドッペルパック(1試合2得点)を達成。今季通算4ゴール目となり、勝利を大きく手繰り寄せた。

 そのまま2-0の完封勝利をおさめたシュツットガルトは6試合ぶりの白星で勝ち点を54に伸ばすと、首位ハノーファーが引き分けに終わったため、暫定首位に浮上。一方、最下位に沈むカールスルーエは5試合勝ちなし(1分4敗)となり、残り6試合で残留圏まで勝ち点10差と、3部降格が現実味を帯びてきている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-01638602-gekisaka-socc
【【海外の反応】浅野拓磨がダービーで2ゴールを決める シュツットガルトの首位浮上に貢献】の続きを読む

浅野琢磨、裸で「カンナムスタイル」を踊る!キレが半端ない

ローン先のシュトゥットガルトで出場機会を得ている浅野琢磨。 

先月14日、チームメイトであるMFバンジャマン・パヴァールがこんな映像をTwitterで紹介していた!


カメラに収められていたのは、なんとパンツ一丁で「カンナムスタイル」を踊る浅野の姿…! 

なぜ裸なのかは分からないが、ムキムキの肉体を披露し、キレを感じさせるダンスを見せてくれた。これは日本ではなかなか見なかった表情である…。 

パヴァールは1996年3月う生まれの20歳。22歳の浅野とは仲が良いようで、Twitterで「兄弟」と紹介している。
http://qoly.jp/2017/02/10/benjamin-pavard-twitter-20170114-kwm-1
【【海外の反応】浅野拓磨がパンツ一丁で江南スタイルを踊り話題に】の続きを読む

1107190_imgw968
浅野・細貝所属のシュトゥットに新戦力。バイエルンから米代表FW獲得

ドイツ・ブンデスリーガ2部のシュトゥットガルトは21日、バイエルン・ミュンヘンからアメリカ代表FWジュリアン・グリーンを完全移籍で獲得することが決定したと発表した。

 バイエルンの下部組織出身のグリーンは、2013年11月にチャンピオンズリーグの試合に出場してトップチームにデビュー。2014/15シーズンはハンブルガーSVへレンタルされた。バイエルンでのリーグ戦出場はなかったが、今年10月にはDFBポカール(ドイツカップ)のアウクスブルク戦で初ゴールも記録していた。

 シュトゥットガルトとの契約は2019年6月までの2年半となる。「ジュリアンは攻撃の様々なポジションでプレーすることができる。ゴール前で危険な選手であり、スピードを活かして我々のプレーにさらなるダイナミックさを加えてくれるだろう」とヤン・シンデルマイスターSD(スポーツディレクター)は歓迎のコメントを述べている。

「先月はシュトゥットガルトの試合を全て観た。自分がこのチームに合うと思うし、自分自身に新たな目標を設定することができると思う。シーズン後半戦に、1部昇格という目標の達成を助けられるようにチームを助けたい」とグリーンは新天地での意気込みを口にした。

 MF細貝萌とFW浅野拓磨も所属しているシュトゥットガルトはリーグ前半戦を終えて3位に位置し、1シーズンでの1部復帰を目指して上位を争っている。浅野と同じく前線の複数ポジションでプレー可能なアタッカーを新たに加え、今後の起用法も気になるところだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161222-00010019-footballc-socc
【【海外の反応】浅野拓磨に強力ライバル? シュツットガルトがバイエルンのJ・グリーンを獲得】の続きを読む

GettyImages-627237850-compressor-2
トラップミスがアシストに…浅野は決定機生かせずチームも逆転負けで首位陥落

[12.12 ブンデスリーガ2部第16節 シュツットガルト1-2ハノーファー]

 ブンデスリーガは12日、第16節を行い、FW浅野拓磨とMF細貝萌の所属するシュツットガルトはホームでハノーファーと対戦し、1-2で敗れた。浅野は左サイドで先発し、前半12分に3試合連続となるアシストを記録したが、チームは逆転負け。7試合ぶりの黒星を喫し、1節で首位から陥落した。3試合連続ベンチスタートの細貝に出番はなかった。

 シュツットガルトは前半12分、PA内右でキープしたFWカルロス・マネが中央に折り返すと、走り込んだ浅野の左足トラップは大きくなったが、これがゴール前へ絶妙なラストパスとなり、滑り込んだFWシモン・テロッデが左足のスライディングシュートでゴールに押し込んだ。

 トラップミスが結果として得点につながり、3試合連続アシストを記録した浅野。チームも幸先よくリードを奪ったが、その後が続かなかった。ハノーファーは前半26分、1本のロングパスで右サイドの背後のスペースを突き、折り返しをFWマルティン・ハルニクが体ごと押し込む同点ゴール。試合を振り出しに戻した。

 前半30分には浅野に決定機があった。右サイドを突破したマネの折り返しはわずかに流れたが、ボールをキープした浅野が鋭い切り返しでDFをかわし、右足でシュート。完全にフリーの状態だったが、大きくクロスバーを越えた。後半にもMFクリスティアン・ゲントナーのスルーパスに抜け出すもトラップが大きくなり、DFにクリアされた浅野。2試合ぶりとなるゴールのチャンスはあったが、生かせなかった。

 すると1-1のまま迎えた後半42分、シュツットガルトはGKへのバックパスが短くなり、ハノーファーのFWケナン・カラマンが詰めると、PA内でGKと交錯。しかし、ノーファウルでプレーは流れ、こぼれ球に素早く反応したMFノア・ジョエル・サレンレン・バゼーの折り返しをMFフェリックス・クラウスが無人のゴールに流し込んだ。

 痛恨のミスから逆転を許したシュツットガルトは7試合ぶり今季4敗目。今節、勝利をおさめたブラウンシュバイクに首位の座を明け渡し、2位に後退すると、3位ハノーファーにも勝ち点1差に迫られた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-01634379-gekisaka-socc
【【海外の反応】浅野拓磨がハノーファー戦で先制ゴールをアシスト、3戦連続でゴールをお膳立て】の続きを読む

20161129-00010000-storyfulp-000-1-view
シュトゥットガルト浅野拓磨、1ゴール1アシストで快勝に貢献…今季2点目をマーク

シュトゥットガルトに所属する日本代表FW浅野拓磨が1ゴール1アシストの活躍で勝利に大きく貢献している。

シュトゥットガルトは28日、ブンデスリーガ2部第14節でニュルンベルクと対戦。試合は前半2分に動く。スルーパスに抜け出した浅野がキーパーと1対1のシーンで落ち着いて味方へのパスを選択。これをシモン・テロッデが無人のゴールに落ち着いて流し込み、先制。

さらに33分には追加点を奪い、80分に1点を返されるが、後半アディショナルタイムに追加点。カルロス・マネのパスに抜け出した浅野が、右足でキーパーの股間を抜き、試合を決定づける3点目を挙げた。3-1で勝利したシュトゥットガルトは勝ち点3を積み上げ、2位をキープしている。

浅野はニュルンベルク戦のゴールで今シーズン2点目をマーク。アシストは加入後2つ目となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000022-goal-socc
【【海外の反応】「頼もしい」浅野拓磨、ニュルンベルグ戦で1G1Aの活躍を見せチームの勝利に貢献】の続きを読む

このページのトップヘ