スアレス

maxresdefault

【【海外の反応】2016年のメッシ、スアレス、ネイマールのゴールスタッツがやっぱり凄かった】の続きを読む

GettyImages-593393808
スアレスがC・ロナ超え? 英メディア、バルサ加入後100試合の成績を紹介

バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、10日に行われたリーガ・エスパニョーラ第3節アラベス戦で、同クラブでの公式戦出場100試合を達成した。11日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が同選手の記録を伝えている。   

スアレスは移籍金7500万ポンド(約102億円)で2014年夏にリヴァプールからバルセロナに加入。出場100試合で88ゴール43アシストを記録し、計131得点に関与した。また、敗戦は12試合のみで勝率80パーセントを誇っている。 

 同メディアは、スアレスとの比較として、2009年にマンチェスター・Uからレアル・マドリードに加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのデータも紹介。C・ロナウドは出場100試合でスアレスを超える95ゴールをマークしている。アシスト数は29で、関与したゴール数は計124得点とスアレスよりも7少ない。勝率は76パーセントとわずかにスアレスに及ばないが、驚異的な数字を残している。   

元フランス代表FWティエリ・アンリ氏もスアレスの成績に言及。「彼は世界で最も素晴らしい9番だ。100試合で131ゴールに絡んでいる。どこにそんなストライカーがいるんだ?」と話し、称賛の言葉を送った。

http://news.livedoor.com/article/detail/12009285/
【【海外の反応】スアレスのバルセロナでの成績が異常だと話題に】の続きを読む

36F15BCB00000578-0-image-a-31_1470505895308
リーガ王者を大炎上させた火の玉プレス…リバプールが高速カウンター4発でバルサ粉砕

[8.6 IC杯 リバプール4-0バルセロナ]

 インターナショナル・チャンピオンズ杯の北米・欧州ラウンドが6日に行われ、ウェンブリー・スタジアムでリバプール(イングランド)とリーガ・エスパニョーラ2連覇中のバルセロナ(スペイン)が対戦。リバプールが鮮やかなカウンターで4ゴールを奪い、4-0で快勝した。

 開始早々に先制パンチを浴びせたのはリバプール。前半1分、FWサディオ・マネがMFアダム・ララナとのワンツーで右サイドを突破し、PA内右から中央へ折り返す。最後はこぼれ球を拾ったMFジョルジニオ・ワイナルドゥムが右足で狙うが、枠をとらえ切れなかった。

 リバプールはその後もボールロストを恐れないアグレッシブな攻撃を展開。敵陣でパスが引っかかっても複数の選手が相手に襲いかかり、ボールを奪い返すと最短距離でゴール前になだれ込んだ。

 前半15分には自陣右サイドでララナが勢いよくプレッシャーをかけてボールを刈り取り、スピードに乗ったままPA付近までドリブルで駆け上がる。ララナ は右のFWロベルト・フィルミーノに一度はたいてPA内でリターンをもらい、相手DFの股を抜くパスをマネに通す。ゴールエリア手前で受けたマネは右足で 豪快にゴール右上へ叩き込み、先制ゴールを奪取。今夏サウサンプトンから加入したストライカーが試合を動かした。

 リバプールのハイテンポなサッカーについていけずにいたバルセロナだったが、徐々に適応し、ボールを持つ時間が増える。前半22分にFWリオネル・メッ シが一瞬の動き出しでマークを外し、ゴールエリア左角から左足でシュートを打つも、右ポストを直撃。同29分にはMFアルダ・トゥランがシュートを止めら れ、跳ね返りを自ら押し込もうとするが、カバーに戻ったMFジェームス・ミルナーに阻まれた。

 バルセロナの前半最大の決定機は同41分。左からのクロスをPA内やや右でFWルイス・スアレスが受け、胸トラップから右足のインステップでボールの芯 をとらえる。しかし、GKシモン・ミニョレに至近距離で防がれ、古巣への恩返し弾とはならず。前半はリバプールの1点リードで折り返した。

 後半も先に仕掛けたのはリバプール。後半2分、マネが右サイドでDFジェレミー・マテューからボールを奪い、後半開始から出場したFWディボック・オリ ジとのパス交換でPA内右へ進入。長い距離を攻め上がった途中出場のMFジョーダン・ヘンダーソンがマネの折り返しに合わせると、DFハビエル・マスチェ ラーノに当たったボールがゴールに転がり込み、後半開始早々に2-0とした。

 リバプールはリードを広げてもプレスを緩めず、相手に息つく間も与えない。直後の後半3分には再び高い位置でのボール奪取から、オリジが1本のパスで抜け出し、冷静にGKの股を抜いてゴールへ流し込む。リバプールが一気に3点差とし、この時点でほぼ勝負を決定づけた。

 バルセロナは3ゴール目の献上後、ベンチスタートとなっていたDFジェラール・ピケ、MFアンドレス・イニエスタ、MFイバン・ラキティッチら主力選手 を続々と投入したが、時すでに遅し。リバプールは後半アディショナルタイムにもカウンターから最後はMFマルコ・グルイッチが頭で押し込み、4-0でリー ガ王者を下した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160807-01630081-gekisaka-socc
【【海外の反応】「クロップは天才」リバプール、メッシ擁するバルセロナを4-0で粉砕】の続きを読む

messi
[UCL]メッシが先発復帰でMSNが躍動! バルサ、ローマに6発叩き込む圧巻のゴールショー

メッシ復帰後初先発で2得点
UEFAチャンピオンズリーグ、グループE第5節が24日に行われ、バルセロナとローマと対戦。試合はバルセロナの本拠地カンプ・ノウで開催された。

試合は序盤からバルセロナがボールを保持する展開となる。スコアが動いたのは15分。中盤でボールを持ったネイマールが、ディフェンスラインの裏へ抜け出 したDFダニエウ・アウベスへパスを供給する。すると、並走していたFWスアレスがアウベスのラストパスを受けてシュートを放ち、先制に成功する。

さらに18分、MSNが連携したパスワークから中央を突破する。FWスアレスの浮き球のパスを受けたFWメッシがループシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。復帰後初めて先発起用されたメッシが早速得点を挙げる。

44分、バルセロナが追加点を重ねる。FWネイマールが左サイドからクロスを供給する。これをローマDFが頭でクリアするも、FWスアレスがこぼれ球を拾い倒れ込みながら強烈なボレーシュートを放つ。このシュートがゴール左隅に突き刺さり、3点目となるゴールを挙げた。

73%という圧倒的なポゼッションでローマゴールに攻め込んだバルセロナが、3点をリードして前半を終える。

後半もバルセロナが主導権を握って試合を進める。56分、ネイマール、スアレスとボールをつなぎ、相手ディフェンスラインの裏へ抜け出したメッシが、DF ピケにラストパス。ゴール前に駆け上がったピケは難なく押し込んでゴールを挙げる。さらに60分、左サイドからFWネイマールがドリブルを仕掛け、FWス アレスに折り返しのパスを送る。スアレスはメッシへパスをつなぎ、ボックス内に走りこんできたメッシがシュートを放つ。一度はローマGKシュチェスニーに 阻まれるも、自ら押し込んで得点を重ねた。

バルセロナは攻撃の手を全く緩める様子がない。76分、ネイマールがボックス内で倒されてPKを獲得する。キッカーのネイマールがゴール左隅を狙って蹴り 込むもGKシュチェスニーが弾き出す。このこぼれ球を途中出場したDFアドリアーノが押し込んで、バルセロナがさらにリードを広げた。

82分、ローマに待望の決定機が訪れる。FWゼコがボックス内で倒されてPKを獲得する。これを自ら蹴り込むも、GKテア・シュテーゲンが好セーブを見せ て弾き出す。決定的なチャンスを逃したゼコだったが、後半アディショナルタイムにディーニュによる左サイドからのクロスを頭で合わせて一矢報いるゴールを 挙げる。

ローマが1点を返したところでタイムアップ。バルセロナが6-1のスコアでローマに圧勝した。その結果、バルセロナがグループステージ首位通過を決め、ローマはレヴァークーゼンと勝点5で並ぶ状況となった。

復帰後初めて先発起用されたメッシはフル出場を果たし、2得点と活躍。スアレス、ネイマールとともに連動した攻撃を見せてローマに脅威を与え続けた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151125-00010001-theworld-socc
【バルセロナがローマ戦で魅せたチームゴールが美しすぎると話題に{海外の反応}】の続きを読む

top
バロンドールに興味がないネイマール「常に宇宙人の2人で争われる」

世界年間最優秀選手賞であるFIFAバロンドールは近年、レアル・マドリードに所属するポル トガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシによる一騎打ちの状態が続いている。メッシは 2009年の旧バロンドールと2010年から2012年までのFIFAバロンドールを獲得し、4回連続の受賞を果たした。一方、C・ロナウドは2013 年、2014年と連覇を遂げている。

 今年度はメッシとC・ロナウドに次ぐ有力候補としてネイマールを推す声も多いが、本人は「僕にとっ て大事なことはタイトルを取ることさ。バロンドールは常にロナウドとメッシ、別の惑星から来た2人で争われるものだ。注目してないよ。チームメイトたちを 助けたいね」とコメント。自身が受賞する可能性は低いと考えているようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/10802392/
【海外「前の書き込みより若干劣る選手を挙げていくスレ」{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ