スポルティング

top
 2G2Aの中島翔哉、データサイトで驚愕の満点評価 第7節の11傑に選出

ハット達成の選手を抑えてベスト11に
データサイト『WhoScored.com』が、5日から7日にかけて開催されたプリメイラ・リーガ第7節のベストイレブンを発表した。ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉が、見事選出されている。

  7日にホームで行われたスポルティング戦で、スターティングメンバーに名を連ねた中島。30分に先制点をアシストすると、前半終了間際に左からの折り返しを合わせ、ゴールネットを揺らした。さらに、82分にペナルティエリア手前から豪快なシュートを叩き込み、この日2点目のゴールを決め、後半アディショナルタイムには絶妙なスルーパスで試合を決定づけるゴールをアシスト。中島は全得点に絡む大活躍で、4-2の勝利に大きく貢献した。 

そんな中島に対し、あらゆるデータからレーティングを算出する『WhoScored.com』は「10.0」の満点評価をつけ、MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選出。その結果、今節ハットトリックの活躍を見せ、「9.2」の超高評価を得ていたヴィトーリア・セトゥーバルのペレイラらを抑えて、左サイドMFのベストイレブンに選ばれた。他には、中島の同僚で1G1Aの活躍を見せていたウィルソン・マナファや、かつてレアル・マドリードでプレイしたファビオ・コエントラン(現リオ・アヴェ)などが今節のベストイレブンに名を連ねている。

発表されたベストイレブンは以下の通り 
[GK]
ジョエル・ペレイラ(ヴィトーリア・セトゥーバル) 7.3 

[DF]
カリンディ(ナシオナル) 7.9
ルーベン・ディアル(ベンフィカ) 8.4
セバスティアン・コアテス(スポルティング) 7.9
ウィルソン・マナファ(ポルティモネンセ) 8.4 

[MF]
ファビオ・コエントラン(リオ・アヴェ) 7.5
アンドレ・アンドレ(ヴィトーリア・ギマラエス) 8.2
エベル・ベッサ(ヴィトーリア・セトゥーバル) 7.8
中島 翔哉(ポルティモネンセ) 10.0 

[FW]
アレクサンドレ・ゲデス(ヴィトーリア・ギマラエス) 9.0
フレデリック・メンディ(ヴィトーリア・セトゥーバル) 7.4

【「翼だ」中島翔哉、スポルティングを相手に2G2Aの大活躍で勝利に貢献 ポルトガルのサッカーファンが絶賛】の続きを読む

Aubameyang-BVB
ドルトムント、エースのメンバー外が話題に…クラブは「内部のこと」と強調

ボルシア・ドルトムントは2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループF第4節でスポルティング・リスボンをホームに迎え、1-0で勝利を収めた。ドルトムントのエース、FWピエール=エメリク・オーバメヤンの名前がチームシートになかったことが話題となっている。

前節でスポルティングとのアウェーマッチを2-1で制したドルトムントにとって、グループ突破に大きく近づけるチャンスとなったこの一戦。日本代表MF香川真司はトーマス・トゥヘル監督が前日会見で話していたとおり、負傷のためメンバーから外れた。そして試合直前に、負傷していないはずのオーバメヤンも招集されていないことが明らかになった。

トゥヘル監督は、その決断について試合前、ドイツ『スカイ』で「内部のこと」と理由を明かさず。「憶測が飛ぶことは受け止める」と語りつつ、同選手のメンバー外はこの1試合のみに限るとコメント。ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOも「内部の理由から監督が決めたこと。それでまったく問題ない。これ以上話すことはないよ」と理由を明かさなかった。

ドイツ誌『キッカー』など各メディアでは、オーバメヤンがメンバーから外れたのはクラブにより課された“1試合出場停止”の懲戒処分と見られている。直近のリーグ戦4試合を勝てておらずいまいち調子が上がらないドルトムントだが、ここに来てのチーム内トラブルは避けたいところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161103-00000000-goal-socc
【【海外の反応】「内部の理由」オーバメヤンに対する謎のメンバー外処分が話題に】の続きを読む

1917909-40353802-2560-1440
香川&ゲッツェの採点「4」 ファンから「馬鹿らしい」との声も

現地時間18日に行なわれたチャンピオンズリーグ(以下CL)第3節で、スポルティング(ポルトガル)に2対1で競り勝ったドルトムント(ドイツ)。試合後、地元紙『ルール・ナッハリヒテン』(電子版)が各選手の採点を掲載した。

 最高が2.0、最低が4.0となったこの日の採点では、トップスピードで相手をかわして先制弾を挙げたFWピエール・エメリク・オーバメヤン、プロ初ゴールを挙げたMFユリアン・ヴァイグル、何度かピンチを救ったGKローマン・ビュルキが2.0と評価された。

 一方、ともに中盤でフル出場した香川真司とマリオ・ゲッツェ、これがCL初出場となった18歳のDFフェリックス・パスラックは4.0だった。

 同紙は香川について「8月27日以来の先発。(ブンデスリーガ前節の)ヘルタ・ベルリン戦とは異なり、今後に続くようなインパクトは残せず。平均点を下回る出来だった」と綴った。

 また、ゲッツェについてはオーバメヤンのゴールをお膳立てした点は評価したものの「それ以降は異様なくらいに消えていた」との寸評を記した。

 一方、この評価に異議を唱える声も。ファンの1人は「こういう採点が段々馬鹿らしくなってきた」「ゲッツェと香川が4.0なんて。こういう肉弾戦では目立たなかっただけの話で、出来が悪いわけじゃない。何度もボールを受け、パスを出し、2人とも最高の働きをしていた」との書き込みをしている。

 なお、同紙はオンライン上で読者採点も募っており、日本時間8時現在では香川が平均3.7(194人の採点)、ゲッツェが同3.2(195人)、ヴァイグルが同1.6(196人)となっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161019-00000012-ism-socc
【【海外の反応】「守備に尽力」「不満」香川フル出場のドルトムントはスポルティングに敵地で勝利を収める【CL】】の続きを読む

レアルを苦しめたスポルティングCP、負傷者続出のドルトムントは苦戦必至か

現地時間18日にチャンピオンズリーグ(CL)第3戦となるスポルティングCP対ドルトムントの試合が行われる。ドルトムントはここまで1勝1分の無敗を継続しているが、スポルティングCP戦は苦戦を強いられることになりそうだ。

 ドルトムントでは、ラファエウ・ゲレイロやアンドレ・シュールレ、さらに主将のマルセル・シュメルツァーなど合計10選手が負傷離脱しているのに加えて、負傷明けのマルコ・ロイスも出場が微妙となっている。

 対するスポルティングCPでは今夏の移籍市場でヴォルフスブルクから移籍してきたオランダ代表FWバス・ドストが好調。現在までにリーグ戦4試合出場で4得点を決めている。

 CL初戦では昨季王者のレアル・マドリーを最後まで苦しめた。ブルーノ・セザルが先制点を決めた後、後半終盤に追いつかれアディショナルタイムに逆転弾を許し敗れたものの、対等に渡り合える力があることを見せつけている。

 第2戦のレジア・ワルシャワ戦には勝利しているため、ドルトムントとは勝ち点1差の3位。今回の直接対決でスポルティングCPがドルトムントに勝利すれば順位が入れ替わることになる。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161018-00010005-footballc-socc
【【海外の反応】「先発する香川が観たい」スポルティング戦前のドルトムントサポーターの反応】の続きを読む

このページのトップヘ