チャンピオンズリーグ

1917909-40353802-2560-1440
香川&ゲッツェの採点「4」 ファンから「馬鹿らしい」との声も

現地時間18日に行なわれたチャンピオンズリーグ(以下CL)第3節で、スポルティング(ポルトガル)に2対1で競り勝ったドルトムント(ドイツ)。試合後、地元紙『ルール・ナッハリヒテン』(電子版)が各選手の採点を掲載した。

 最高が2.0、最低が4.0となったこの日の採点では、トップスピードで相手をかわして先制弾を挙げたFWピエール・エメリク・オーバメヤン、プロ初ゴールを挙げたMFユリアン・ヴァイグル、何度かピンチを救ったGKローマン・ビュルキが2.0と評価された。

 一方、ともに中盤でフル出場した香川真司とマリオ・ゲッツェ、これがCL初出場となった18歳のDFフェリックス・パスラックは4.0だった。

 同紙は香川について「8月27日以来の先発。(ブンデスリーガ前節の)ヘルタ・ベルリン戦とは異なり、今後に続くようなインパクトは残せず。平均点を下回る出来だった」と綴った。

 また、ゲッツェについてはオーバメヤンのゴールをお膳立てした点は評価したものの「それ以降は異様なくらいに消えていた」との寸評を記した。

 一方、この評価に異議を唱える声も。ファンの1人は「こういう採点が段々馬鹿らしくなってきた」「ゲッツェと香川が4.0なんて。こういう肉弾戦では目立たなかっただけの話で、出来が悪いわけじゃない。何度もボールを受け、パスを出し、2人とも最高の働きをしていた」との書き込みをしている。

 なお、同紙はオンライン上で読者採点も募っており、日本時間8時現在では香川が平均3.7(194人の採点)、ゲッツェが同3.2(195人)、ヴァイグルが同1.6(196人)となっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161019-00000012-ism-socc
【【海外の反応】「守備に尽力」「不満」香川フル出場のドルトムントはスポルティングに敵地で勝利を収める【CL】】の続きを読む

レアルを苦しめたスポルティングCP、負傷者続出のドルトムントは苦戦必至か

現地時間18日にチャンピオンズリーグ(CL)第3戦となるスポルティングCP対ドルトムントの試合が行われる。ドルトムントはここまで1勝1分の無敗を継続しているが、スポルティングCP戦は苦戦を強いられることになりそうだ。

 ドルトムントでは、ラファエウ・ゲレイロやアンドレ・シュールレ、さらに主将のマルセル・シュメルツァーなど合計10選手が負傷離脱しているのに加えて、負傷明けのマルコ・ロイスも出場が微妙となっている。

 対するスポルティングCPでは今夏の移籍市場でヴォルフスブルクから移籍してきたオランダ代表FWバス・ドストが好調。現在までにリーグ戦4試合出場で4得点を決めている。

 CL初戦では昨季王者のレアル・マドリーを最後まで苦しめた。ブルーノ・セザルが先制点を決めた後、後半終盤に追いつかれアディショナルタイムに逆転弾を許し敗れたものの、対等に渡り合える力があることを見せつけている。

 第2戦のレジア・ワルシャワ戦には勝利しているため、ドルトムントとは勝ち点1差の3位。今回の直接対決でスポルティングCPがドルトムントに勝利すれば順位が入れ替わることになる。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161018-00010005-footballc-socc
【【海外の反応】「先発する香川が観たい」スポルティング戦前のドルトムントサポーターの反応】の続きを読む

jpg large
「ドルトムントに勝機あり」伝説のGKカーン氏、CLレアル戦を予想

 ドイツ代表、バイエルン・ミュンヘンなどで活躍した伝説的GKのオリバー・カーン氏は、チャンピオンズリーグ(CL)でレアル・マドリーを迎え撃つドルトムントに勝機があると予想する。26日、スペイン紙『アス』が報じている。

 ともに開幕節を白星で飾った両チーム。ドルトムントにとっては最大のライバルをホームに迎える大一番となる。

 ドイツ紙『キッカー』のインタビューに答えたカーン氏は「マドリーは、タイトルを獲得した昨シーズンの状態に近づくにはまだ時間がかかる。だから、彼らがベストフォームでないことを願っている。ドルトムントにとってはいいチャンスだと思う」と見解を述べる。

 現在はテレビ解説者として活動しているカーン氏は、マドリーのジネディーヌ・ジダン監督を「彼はマドリーの空気をよく分かっている。彼自身の経験から世界的なスタープレーヤーたちの扱い方を心得ている」と評価する。

 さらに「ジダン監督は、監督としても成長できるという、元選手たちにとってのお手本だ。なぜなら、彼はよく勉強し準備しており、それを続けているのだ。彼は選手としての偉大なキャリアが、監督としての能力とは違うこと理解していた」と同時代を戦ったライバルを称賛している。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160927-00010003-footballc-socc
【【海外の反応】ドルトムントvsレアルマドリード 試合前の反応【CL】】の続きを読む

ドルトムント復帰初ゴールのゲッツェ、「ライプツィヒ戦と違う顔を見せられた」

ボルシア・ドルトムントは14日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第1節でレギア・ワルシャワと対戦し、6-0と大勝した。復帰後初ゴールを決めたMFマリオ・ゲッツェは、満足げに試合を振り返っている。

ドルトムントに復帰したゲッツェは、先発でピッチに立ち、開始7分で先制点を決めた。その後、チームは順調に得点を重ねて、6-0と大勝している。

ゲッツェは試合後、ドイツ『スカイ』で「ものすごく楽しかった」と笑顔でインタビューに応じた。

「チームのみんなをたたえたい。今日は称賛に値したと思う。満足してもいいだろう」

ゲッツェはCLの試合でヘディングでゴールを決めるのは初めてだった。15分にソクラティス・パパスタソプロス、17分にマルク・バルトラが続き、序盤で3点のリードを手にしている。

「今日の試合で大事だったのは、良い形で試合に入ることだった。早い時間帯にゴールを奪い、試合を落ち着かせたかったんだ。最初の2ゴールでそれができた と思う。週末の試合(RBライプツィヒ戦)はあまりうまくいかなかっただけに、今日は別の顔を見せることができてうれしいね」

ドイツ国内では批判されがちなゲッツェだが、この試合で何かが吹っ切れたのかもしれない。

「見てのとおり、調子が良くて気分も良い。もちろん、昨シーズンは長い間負傷で離脱していたし、いろいろあった。でも、それは過去のことだ。今はこれからの時間を楽しみにしている。僕にとって、そうであることが大事なんだ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-00000000-goal-socc
【【海外の反応】6選手が得点、ドルトムントがアウェイでレギアに6発大勝!【CL】】の続きを読む

CsT0EP8UEAAJFoS
自身5度目の出場へ 香川、2大会ぶりのCLに意欲「今年は結果を出す」

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が13日、自身の公式ブログ(http://lineblog.me/kagawa/)を更新。同日に開幕するチャンピオンズリーグ(CL)に向けての意気込みを語った。 

ドルトムントは14日にCLグループステージ第1節でレギア・ワルシャワ(ポーランド)と敵地で対戦。過去、ドルトムントやマンチェスター・Uで出場してきた香川にとっては、2大会ぶり5度目の出場となる。 

足首の打撲により、10日に行われたブンデスリーガ第2節のライプツィヒ戦出場を見合わせていた香川。「先日のリーグ戦には帯同しませんでしたが、今は身体の状態も良くなってきています。長いシーズンを戦い抜く上で、 常に良い状態で試合に臨めるように今は体のケアに集中しています」と、現在はコンディション調整に取り組んでいると明かした。 

また、「今週からCLも始まります。世界最高峰の舞台で戦えることにワクワクしていますし、今年は結果を出すためにドルトムントの仲間たちと戦い抜きたいと思います」と続け、CLでの活躍を誓った。 

香川は、ブログの最後に自身のトレーニング写真と、CLで同組になったチームエンブレムが並んだ画像を掲載。ドルトムントは同大会でグループFに入り、昨シーズン王者レアル・マドリード(スペイン)、スポルティング(ポルトガル)、レギア・ワルシャワと対戦する。

http://kicker.town/dortmund/2016/09/33858.html
【【海外の反応】レギア戦前のドルトムントサポーターの反応【CL】】の続きを読む

このページのトップヘ