トゥヘル

12983443_1369494526395857_6457787919889683007_o
香川、ルールダービーで芸術ループ弾も逆転Vは困難に…

[4.9 ブンデスリーガ第29節 シャルケ2-2ドルトムント]

 ブンデスリーガは9日、第29節3日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でシャルケと対戦し、2-2で引き分けた。香川は2試合ぶりに先発出場し、後半4分に2戦連発となる今季7ゴール目を決めたが、チームの連勝はストップし、逆転優勝は難しくなった。

 白熱の「ルールダービー」は前半から一進一退の攻防が続いた。14日のEL準々決勝第2戦・リバプール戦も見据え、FWピエール・エメリク・オーバメヤ ン、MFヘンリク・ムヒタリアン、MFマルコ・ロイス、MFイルカイ・ギュンドガンらをベンチに置いたドルトムントは前半23分、MFクリスティアン・プ リシッチがゴール前に抜け出すが、右足のシュートはわずかにゴール左へ。シャルケも同23分、MFリロイ・サネの強烈な左足ミドルが右ポストを直撃した。

 0-0で折り返した後半4分、香川が右サイドから前線に縦パスを入れると、MFモリッツ・ライトナーがヒールで落とし、走り込んだ香川が右足ワンタッチでループシュート。ふわりと浮かしたボールは緩やかな軌道を描いてGKの頭上を越え、鮮やかにゴールネットを揺らした。

 2戦連発となる今季7ゴール目を決めた香川は、昨年11月8日にホームで行われた第12節(3-2)に続くルールダービー2戦連発で、ダービー通算4ゴール目。“ダービー男”が結果を残し、アウェーのドルトムントがリードを奪った。

 しかし、シャルケもすぐさま同点に追いつく。失点から2分後の後半6分、波状攻撃からDFジュニオール・カイサラのシュートをGKロマン・ビュルキが前 に弾き、こぼれ球をサネが左足で蹴り込んだ。試合はここから一気に点の取り合いに。ドルトムントは後半11分、後半開始からDFマッツ・フンメルスに代 わって出場したムヒタリアンの右FKにMFマティアス・ギンダーがヘディングで合わせ、2-1と再び勝ち越した。

 シャルケも驚異的な粘りを見せる。後半19分、FWクラース・ヤン・フンテラールがPA内でDFソクラティス・パパスタソプロスに倒され、PKを獲得。 これをフンテラールが自ら決め、再度、2-2の同点に追いついた。ドルトムントは後半26分、プリシッチの右クロスにフリーの香川が右足で合わせたが、 GKの正面を突く。みたび勝ち越すことはできず、試合は2-2の引き分けに終わった。

 2016年公式戦無敗(14勝4分)を守ったドルトムントだが、リーグ戦の連勝は3でストップ。前日勝利した首位バイエルンとの勝ち点差が残り5試合で「7」に開き、4シーズンぶり9度目のリーグ制覇は厳しくなった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160411-01626269-gekisaka-socc
【【海外の反応】香川の美しいループ弾!ドルトムントはシャルケと2-2で引き分ける】の続きを読む

3
ドルトムント香川に屈辱 恩師クロップ率いるリバプールとのEL8強で出番なし 初戦は1-1ドローに

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)の準々決勝第1戦、ドルトムント対リバプール戦が7日に行われ、1-1の引き分けに終わった。ドルトムントの日本代表 MF香川真司はベンチスタートとなり、3月5日のバイエルン・ミュンヘン戦以来、公式戦6試合ぶりの出番なしに終わった。

 昨季までドルトムントを率いた香川らの恩師にあたるリバプールのユルゲン・クロップ監督が退任後、初めて古巣のジグナル・イドゥナ・パルクに凱旋した一戦。優勝候補同士の激突ということもあり、フットボール界の再注目カードとして注目を集めた。

 そして、“クロップ・リバプール“が試合を動かす。前半38分、DFモレノの浮き球パスをMFミルナーが頭でフリックしたボールにFWオリギが反応してDFラインの裏へ抜け出すと、右足のシュートでゴールを破った。貴重なアウェーゴールでリバプールが先制した。

 1-0のまま試合は後半へ。後半開始と同時にドルトムントはMFドゥルムに代え、12-13シーズンに半年間リバプールでプレーし、古巣との対戦にMFサヒンを投入。リバプールも故障した主将のMFヘンダーソンが交代。MFアレンがピッチに立った。

 後半3分、1点を追うドルトムントはコーナーキックのチャンスからムヒタリアンのクロスを主将DFフンメルスが頭で合わせて同点に追いついた。

 ドルトムントのトゥヘル監督は同31分、DFベンダー、FWオーバメヤンを下げてDFソクラティスと17歳のMFプリシッチを投入し、早くも交代枠を使いきった。リバプールも残りの交代枠を使ってFWフィルミーノ、FWスタリッジという攻撃的な選手を送り出した。

 しかし、その後もスコアは動かず1-1のまま試合終了のホイッスル。ドルトムントにとってはアウェーゴールを献上する痛恨の引き分けとなった。香川はリ バプール戦前にトーマス・トゥヘル監督から「香川を指導できることは最高の特権」と絶賛されていたが、蓋を開けてみれば無情の出番なし。寵愛を受けた恩師 にフィールドで雄姿を見せることができなかった。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160408-00010000-soccermzw-socc
【【海外の反応】「香川を心待ちにしていた」リバプール戦後のドルトムントサポーター反応】の続きを読む

top
同点弾のドルトムント香川に独紙がチーム最高タイ評価 “ジョーカー”としての活躍を称える

ブレーメン戦で逆転劇を導く今季6点目 オーバメヤンとチーム最高評価で並ぶ

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は、2日のブレーメン戦で後半29分からプレーした。記念すべきブンデスリーガ通算100試合出場を果たし、出場3 分後には今季6得点目となる貴重な同点ゴールを奪うなど、3-2の勝利に大きく貢献。鮮やかな逆転劇を呼びこむ活躍により、ドイツの地元メディアからは チーム最高タイの評価を与えられた。

  香川は1-1で迎えた後半29分、DFドゥルムに代わってブンデス100試合目のピッチに立った。出場直後にブレーメンFWユヌゾビッチに勝ち越しゴール を奪われたが、同32分にはDFシュメルツァーのクロスをゴール前で合わせて、3月13日のマインツ戦以来、2試合ぶりとなる今季リーグ戦6得点を決め た。

 香川のゴールで勢いを取り戻したドルトムントは、さらに同37分にCKからFWラモスがヘディングシュートでネットを揺らし、逆転に成功。激しい打ち合いを制し、ドルトムントは3-2で勝利した。

 逆転の呼び水となったゴールを奪った香川には、高い評価が与えられている。ドイツ地元紙「ビルト」の採点(1が最高、6が最低)で、香川は2点と評され た。先制点のFWオーバメヤンと並ぶ、チームトップタイの評価だった。2アシストのMFムヒタリアン、オウンゴールを献上したものの香川の同点ゴールの起 点となったMFカストロら5選手が平均点の3点。存在感の薄かったMFロイスやMFバイグルなど5人が4点と、平均を下回る評価だった。

出場時間が短く「採点なし」のメディアも

 一方、MFカストロに単独トップの2点を与えた「WAZ」紙では、出場時間の短さから香川に点数は与えられなかった。寸評では「ドゥルムに代わって登場すると、すぐさま試合を2-2とした。しかし、出場時間があまりに短かったので、採点はなし」と寸評された。

 同紙では香川、FWラモス、MFプリシッチの途中出場で採点なしとなった3人を除くと、守備面で不安定さを見せたセンターバックのDFベンダーが4点だった以外は全員が3点という評価だった。

 3試合ぶりに先発を外れた香川だったが、この日は16分間の出場でもしっかりと結果を残した。日本代表の一員として臨んだ29日のワールドカップ予選の シリア戦でも2得点を挙げており、その好調ぶりをクラブにも持ちこみ、限られたチャンスのなかでトゥヘル監督の期待に応えてみせた。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160403-00010001-soccermzw-socc
【【海外の反応】香川の同点弾から逆転 ドルトムントはブレーメンに勝利】の続きを読む

jpg large
ドルトムント、ELポルト戦に向け独紙が先発予想。香川は出場なるか?

ドルトムントは現地時間25日、ヨーロッパリーグ(EL)ベスト32・2ndレグでポルトガルのポルトとアウェイで対戦する。

 ホームでの1stレグを2-0で勝利しているドルトム
ントは、引き分け以上で突破が決まる。2ndレグで敗れた場合でも、1点差または1得点以上奪っての2点差敗戦であれば、勝ち抜けとなる。

 独紙『キッカー』はこの試合に向けたスタメン予想を掲載。日本代表MF香川真司は、スタメン予想に名を連ねることはなかった。『キッカー』紙によるスタメン予想は以下の通り。

GK:ロマン・ビュルキ
DF:ウカシュ・ピシュチェク、スベン・ベンダー(またはネベン・スボティッチ)、マッツ・フンメルス、マルセル・シュメルツァー
MF:イルカイ・ギュンドアン、マティアス・ギンター、ヌリ・シャヒン、ヘンリク・ムヒタリアン、マルコ・ロイス
FW:ピエール=エメリック・オーバメヤン

 1stレグは先発出場し、得点に絡む活躍も見せた香川だが、21日のリーグ戦第22節レバークーゼン戦で出場機会はなかった。リーグ後半戦から香川は出場機会を減らしているが、この試合でも活躍を見せることはできるだろうか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160225-00010014-footballc-socc
【海外の反応 「最強のメンバーで」ポルト戦前のドルトムントサポーター反応【EL2ndLeg】】の続きを読む

top
監督の退席拒否に主審は試合中断を宣告…ドルトムントが前代未聞の一戦制す

[2.21 ブンデスリーガ第22節 レバークーゼン0-1ドルトムント]

 ブンデスリーガは21日、第22節3日目を行い、MF香川真司の所属する2位ドルトムントは敵地で3位レバークーゼンと対戦し、1-0で競り勝った。香川は公式戦3試合ぶりのベンチスタートとなり、最後まで出場機会はなかった。

 MFイルカイ・ギュンドガン、MFゴンサロ・カストロがメンバー外のドルトムントはMFスベン・ベンダー、MFマティアス・ギンター、MFモリッツ・ラ イトナーの中盤でスタート。17歳のMFクリスティアン・プリシッチが左ウイングで初先発を飾り、香川のほか、MFユリアン・バイグル、FWマルコ・ロイ スもベンチスタートだった。

 レバークーゼンの激しいプレスもあり、なかなか攻撃の形をつくれずにいたドルトムントは前半37分、カウンターから左サイドを持ち上がったMFヘンリ ク・ムヒタリアンがサイドチェンジ。FWピエール・エメリク・オーバメヤンのラストパスにプリシッチが走り込んだが、DFにカットされた。前半アディショ ナルタイムにはゴール前混戦からオーバメヤンがようやく決定的なシュートを放つが、ゴール左へ。前半はスコアレスで折り返した。

 ドルトムントは後半開始からプリシッチに代えてロイスを投入。レバークーゼンも後半12分までに3枚の交代枠を使い切るなど、両チームが積極的に動いて 局面の打開を図る。すると後半19分、試合は意外な方向に動き出した。ドルトムント陣内の競り合いでベンダーがFWシュテファン・キースリンクからファウ ルを取られ、ドルトムントが素早いリスタート。ファウルのポイントより前方からギンターがロイスへつなぎ、スルーパスにDFエリック・デュルムが抜け出す と、デュルムの折り返しをオーバメヤンが右足で押し込み、先制点を奪った。

 ところが、キースリンクのファウルとした判定やギンターのリスタートの位置がズレていたことでレバークーゼン側が猛抗議する。フェリックス・ツバイヤー 主審はレバークーゼンのロジャー・シュミット監督に退席を命じたが、シュミット監督がこれに応じなかったため主審は試合の中断を宣告。両チームの選手に ピッチを引き上げるよう指示し、自ら真っ先にピッチを離れた。まさかの試合中断。その後、シュミット監督が退席処分を受け入れたことで審判団、選手はピッ チに戻り、約9分間の中断を挟んで試合は再開された。

 再開直後の後半23分、ドルトムントはベンダーに代えてバイグルを投入。後半26分にはFWハビエル・エルナンデスのヘディングシュートがDFソクラ ティス・パパスタソプロスの手に当たったようにも見えたが、ホイッスルは鳴らなかった。同32分、そのパパスタソプロスが左内転筋を負傷し、DFネベン・ スボティッチと交代するアクシデント。3枚の交代枠を使い切ることになった。

 試合終盤には両チームに決定機があったが、1-0のままタイムアップ。ドルトムントは2連勝で首位バイエルンとの勝ち点8差をキープ。レバークーゼンを 抜いて3位に浮上したヘルタ・ベルリンとの勝ち点差を15にまで広げた。レバークーゼンは7試合ぶりの黒星を喫したが、今後に物議を醸す試合となったのは 間違いない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160222-01624629-gekisaka-socc
【試合が中断するハプニングも...ドルトムントはレバークーゼンに1-0で勝利 海外の反応】の続きを読む

このページのトップヘ