トゥヘル

5
ボルシアMG戦は2選手が欠場へ トゥヘル「ベンダーとシュメルツァーは間に合わない」

23日に行われるブンデスリーガ第18節でドルトムントとボルシア・メンヘングラードバッハが対戦する。ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督の前日会見でのコメントをクラブ公式Twitterが伝えた。

1カ月の中断期間を経て、ついにブンデスリーガが再開する。リーグ前半戦を2位で終えたドルトムントは、ドバイでトレーニングを行っていたことが報じられ てきた。トレーニング期間を振り返ったトゥヘル監督は「我々はすでに後半戦スタートの準備ができているように感じるよ」と話し、仕上がりに満足を示した。

後半戦最初の試合は4位ボルシアMGとの重要な一戦となる。ボルシアMGは開幕5連敗を喫するなど苦しいシーズンスタートを切ったものの、昨年9月にアン ドレ・シューベルト監督が就任して以来かつての力強さを取り戻している。開幕節で4-0の大勝を演じたドルトムントだが、当時とは完全な別チームだ。

選手たちのスピリットに満足しているとキャンプでの手応えを明かしたトゥヘル監督だが、「唯一残念なことがシュメルツァーとベンダーのことだ」と話し、負傷者情報を明かした。

「スベン・ベンダーとマルセル・シュメルツァーは土曜日には間に合わない。我々はシュメレ(シュメルツァーの愛称)が日曜日に復帰することを願っている」

左サイドバックのレギュラーであるシュメルツァーは前半戦の躍進を支えたひとり。先日行われたスパルタ・プラハ(チェコ)との練習試合を欠場したことから、この試合の出場が以前から危ぶまれていた。

最後にトゥヘル監督は後半戦への意気込みを語っている。

「なるべく早くリズムに乗りたい。我々は今後の2週間をしっかりと使うつもりだ。我々は前半戦でとても良い戦いを見せ、それに対して称賛を浴びてきた。だが、今はそのことを忘れなくてはならない」

ドルトムントとボルシアMGの一戦は日本時間24日午前2時30分キックオフ予定。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160122-00010037-theworld-socc
【香川は出場なるか?ボルシアMG戦前のドルトムントサポーター反応{海外の反応}】の続きを読む

top
武藤の相棒が、香川のライバルに? ドルトムント、マリ獲得に傾く

マインツに、主軸選手を失う可能性がある。マンチェスター・ユナイテッドからの興味が伝えられるFW武藤嘉紀のほか、MFユヌス・マリにも他クラブから熱 視線が向けられているようだ。ドイツ『キッカー』『ビルト』など複数メディアによると、最も関心を抱いているのはボルシア・ドルトムントだという。

トップ下を本職とするマリは2011年夏にボルシア・メンヒェングラッドバッハのU-19チームからマインツに加入。今シーズンは前半戦だけですでに8 ゴールを決め、7得点を記録した武藤とともにマインツの主な得点源となっている。元U-21ドイツ代表MFは昨年11月にはトルコA代表の国際親善試合で デビューを果たし、好調なシーズンを過ごしている最中だ。

以前からシャルケやトッテナムが獲得に動いているとも報道されたが、ここにきてどうやら最も具体的な動きを見せているのは元マインツ指揮官のトーマス・ トゥヘル監督が率いるドルトムントのようだ。『キッカー』によれば、ドルトムントは1カ月半前に、代理人を通じて同選手と接触したという。

しかしながら同メディアは、マインツ側はマリの売却を検討するのは今シーズン終了後だとしている。同選手のマインツとの契約には今冬に行使可能な契約解除 条項が盛り込まれておらず、マインツ側が移籍金1000万ユーロ前後(約12億8000万円)で手放す可能性があるのは夏以降だとしている。

一方『ビルト』の報道によると、ドルトムントはマリの今冬の獲得を諦めておらず、マリ獲得に向けて移籍金1200万ユーロ(約15億3800万円)を提示 すると予想。さらにドルトムントで出場機会が少ないコロンビア代表FWアドリアン・ラモスをトレード要員としてオファーするという。

冬の移籍市場では代役を見つけるのが困難であることを理由に挙げ、昨年1月にはFW岡崎慎司のレスター・シティ行きを断ったマインツ。クリスティアン・ハ イデルGM(ゼネラルマネジャー)は過去、A・ラモスの獲得を試みたことがある。実際にドルトムントからオファーを受けたならば、心が動くことも予想され る。

マリが加入したならば、ドルトムントでMF香川真司とポジションを争う可能性もある。現在マインツで武藤ら攻撃陣をリードするマリが、香川のライバルになるのだろうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160115-00000028-goal-socc
【ビルト報じる!ドルトムントと武藤同僚マリが4年契約で合意か{海外の反応}】の続きを読む

59
ドルトムント香川がアシスト締め…ドバイ合宿打ち上げ

ドルトムントがドバイ合宿を打ち上げた。最終日となった15日には韓国王者の全北現代と親善試合を行い、4-1で勝利。順調な調整ぶりを示した。   

MF香川真司は2-1で折り返した後半から登場。香川は終了間際にMFクリスチャン・プリシッチのゴールでアシストを記録。快勝締めに貢献した。   

公式サイトによると、トーマス・トゥヘル監督は「我々はとてもいいトレーニングが出来たと満足している。2週間、非常に熱心に取り組むことが出来た」と上機嫌に振り返っている。   

ドルトムントはこの後、19日にスパルタ・プラハ(チェコ)と親善試合を行い、19日のブンデスリーガ再開初戦となるボルシアMG戦に備える。

http://web.gekisaka.jp/news/detail/?181159-181159-fl
【ボルシアドルトムントのドバイキャンプ後編‼{海外の反応}】の続きを読む

toip
ドルトムント、期待の17歳若手MF2人がトップチームに昇格か

ボルシア・ドルトムントは1月の補強を考えていないのかもしれない。ドイツ『ルールナハリヒテン』によると、クラブはU-19チームから2人のタレントをトップチームに引き上げるようだ。

ドルトムントは今冬MFヨナス・ホフマンをボルシア・メンヒェングラッドバッハに売却している。ドイツ『ビルト』でパルチザンMFアンドリア・ジブコビッ チへの関心が取りざたされるなど、ホフマンの代わりとなる選手の獲得に乗り出す可能性が報じられていた。だが『ルールナハリヒテン』は、ドルトムントが下 部組織から2選手を引き上げることでホフマンの残した穴を埋めると予想している。

その2人とは同クラブのU-19チームに所属するU-17ドイツ代表MFフェリックス・パスラックとU-17アメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチ だ。17歳の2人は7日からドバイで開催されるトレーニングキャンプに帯同し、今後もトップチームの練習に参加する。その一方で、当面はU-19チームの 試合に出場し続けるという。

DFB(ドイツサッカー連盟)により2015年における同年代の最優秀選手に選ばれたパスラックの本職は右サイドハーフ。「新たなマリオ・ゲッツェ」と形容されており、以前から注目を集めている。

アメリカ生まれでクロアチアの国籍も所有するプリシッチの主なポジションはトップ下だ。去年の1月にドルトムントに加わった同選手は、半年後にU-17からU-19チームへ、さらにその半年後にトップチームへの昇格に迫っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160105-00000024-goal-socc
【香川、ドイツへ発つ!&ギュンドガン、綺麗になる他{海外の反応}】の続きを読む

top
4連勝目指すドルトムントの前に立ちはだかる壁。攻撃陣はその壁を突き破れるか!?

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、現地時間19日にケルンと対戦する。リーグ戦で3連勝を果たし、首位のバイエルン・ミュンヘンまで勝ち点5差と迫ったドルトムント。この勢いのままケルンも撃破したいところだが、そう簡単にはいかないかもしれない。

  ケルンは2013/2014シーズンで2部優勝を成し遂げたあと、昨季は1部で戦い残留を果たした。ドルトムント相手には1勝1分の成績を残している。今 季はブンデスリーガ第16節が終了した時点で10位につけ、失点数はリーグ5位タイの少なさを誇る。その躍進を支えているのが、ケルン一筋でゴールを守っ てきた22歳のGKティモ・ホルンだ。

 ケルンの下部組織で育ち、昨年8月のハンブルガーSV戦でブンデスリーガデビューを果たすと、そこからは完全に正守護神の座を掴み取る。各世代別ドイツ代表としてU-15からU-21までの出場経験を持ち、将来的にA代表に選出される可能性も秘めている。

 リーグ4連勝を目指すドルトムントの前に、GKホルンは大きな壁として立ちはだかることになるだろう。リーグトップの18得点を決めているピエール=エメリク・オーバメヤンや、攻撃に変化をもたらす香川など、好調を維持する攻撃陣でその壁を破りたいところだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151219-00010002-footballc-socc
【「シンジを先発に」ケルン戦前のドルトムントサポーター反応{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ