ドルトムント

4557
香川、今季公式戦初先発でアシスト記録も…ドルトムントはトッテナムに敗れる

[9.13 欧州CLグループリーグ第1節 トッテナム3-1ドルトムント]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は13日、グループリーグ第1節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムント(ドイツ)は敵地でトッテナム(イングランド)と対戦し、1-3で敗れた。香川は4-3-3の左インサイドハーフで今季公式戦初先発。0-1の前半11分に今季公式戦初アシストを記録したが、チームはその後さらに2失点し、香川も後半21分に途中交代した。

 試合はいきなり動いた。トッテナムはロングフィードをFWソン・フンミンが頭で落とし、MFクリスティアン・エリクセンがつないでFWハリー・ケインがスルーパス。左サイドのスペースに飛び出したソン・フンミンがドリブルでPA内左に切れ込むと、縦に仕掛けて角度のない位置から左足を振り抜き、豪快にニアサイドを破った。

 立ち上がり早々に先制したトッテナムだが、ドルトムントもすぐさま同点に追いつく。前半11分、右サイドでボールを受けたFWアンドリー・ヤルモレンコがPA内右の香川に預けると、香川がマイナスにリターンパス。PA右手前から左足を振り抜いたヤルモレンコの豪快なミドルシュートがゴール左上隅に突き刺さった。香川の今季公式戦初アシストから新戦力のヤルモレンコが移籍後初ゴール。1-1と試合を振り出しに戻した。

 ところが、トッテナムがまたもロングパス1本で得点を奪う。中盤でクリアボールをおさめたケインがそのままドリブルで独力突破。強引にマークを振り切ってPA内左に持ち込むと、ソン・フンミンの先制点と同様に左足でニアサイドをぶち抜き、2-1と勝ち越しに成功した。

 序盤から激しく点を取り合った両チームだが、試合はここから膠着状態に入る。ドルトムントがボールポゼッションを高めて優勢に運ぶも、最後のところでトッテナム守備陣も粘り強く対応。前半30分、香川のスルーパスからMFクリスティアン・プリシッチが左サイドを抜け出し、ゴール前にグラウンダーのクロスを入れたが、FWピエール・エメリク・オーバメヤンにはわずかに合わず。同36分、速攻からオーバメヤンの右クロスにプリシッチが飛び込んだが、スライディングシュートはミートし切れず、ゴール左に外れた。

 1点ビハインドで前半を折り返したドルトムントは後半11分、右手前からMFマフムード・ダフードが上げたクロスをオーバメヤンが右足ダイレクトボレーでゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定。パスが出た瞬間、オーバメヤンはオンサイドの位置にいたように見えたが、運がなかった。すると直後の後半15分、トッテナムは中央の細かいパス交換からエリクセンのスルーパスにケインが反応。PA内左から左足でゴール右隅に流し込み、3-1と突き放した。

 2点を追う展開となったドルトムントは後半21分、香川に代えてMFマリオ・ゲッツェを投入する。同25分にはゲッツェの右CKからニアでそらしたボールをファーサイドのオーバメヤンが狙ったが、GKウーゴ・ロリスがビッグセーブ。同27分、ダフードに代えてMFゴンサロ・カストロをピッチに送り込むなど反撃の糸口を探したドルトムントだが、2点目が遠かった。

 トッテナムは後半アディショナルタイムにDFヤン・フェルトンヘンがゲッツェに対するひじ打ちで2枚目の警告を受け、退場となったが、そのまま10人で逃げ切り、3-1で勝利。今季公式戦ホーム初勝利を飾り、白星発進した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-01644053-gekisaka-socc
【【海外の反応】香川、同点弾をお膳立てもドルトムントはスパーズに1-3で敗れる 【CL】】の続きを読む


sport
新生ドルトが3発発進!香川は終盤に3トップの右で途中出場

[8.19 ブンデスリーガ第1節 ボルフスブルク0-3ドルトムント]

 ブンデスリーガは19日、第1節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でボルフスブルクと対戦し、3-0で快勝した。香川はベンチスタートとなり、後半41分から途中出場した。

 ピーター・ボス新監督を迎え、6年ぶりのリーグ制覇を目指すドルトムントが白星発進した。前半22分、DFダン・アクセル・ザガドゥからのロングフィードをおさめたFWピエール・エメリク・オーバメヤンが後方に落とし、MFマリオ・ゲッツェが素早く展開。MFクリスティアン・プリシッチがドリブルでPA内に切れ込むと、右45度の位置から右足を振り抜き、ゴール左隅に叩き込んだ。

 ドルトムントの新シーズンファーストゴールは18歳のプリシッチ。前半27分には左CKのセカンドボールを拾ったゲッツェからMFゴンサロ・カストロ、DFマルク・バルトラとつなぎ、PA左からバルトラが右足でファーサイドのサイドネットへ鮮やかに流し込んだ。

 連続ゴールで試合の主導権を握ったドルトムントは2-0で折り返した後半15分にも追加点。プリシッチの右クロスにオーバメヤンが滑り込みながら左足で押し込み、3-0と突き放した。後半41分からは最後の交代枠でプリシッチに代わって香川がピッチへ。そのまま3トップの右に入ると、同45分、MFマクシミリアン・フィリップからの浮き球のパスに走り込んだが、コントロールし切れず。試合はそのままタイムアップを迎え、ドルトムントが開幕戦を完封勝利で飾った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-01643150-gekisaka-socc
【【海外の反応】香川は86分から途中出場、ドルトムントはヴォルフスブルクに3-0で快勝!】の続きを読む

auba800-1502550167
[DFB杯]香川が2か月ぶり復帰!!オーバメヤンのハットでドルトムント4発発進

[8.12 DFBポカール1回戦 リーラジンゲン・アーレン0-4ドルトムント]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)は12日、1回戦を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でリーラジンゲン・アーレン(6部)と対戦し、4-0で快勝した。左肩脱臼で離脱していたMF香川真司もベンチ入りを果たし、後半16分から途中出場した。

 ドルトムントは前半12分、右CKのセカンドボールをつないでMFヌリ・サヒンが前線に放り込むと、PA内右のスペースに抜け出した18歳のDFヤン・ニクラス・ベステがゴール前に折り返し、DFマルク・バルトラが左足で流し込んだ。

 立ち上がりの先制点でその後もゲームを支配すると、前半40分には自陣からのDFソクラティス・パパスタソプロスのロングフィードをFWピエール・エメリク・オーバメヤンがワンタッチで落とし、PA内に抜け出したMFマクシミリアン・フィリップがGKに倒され、PKを獲得。これをオーバメヤンが決めて追加点を奪った。

 2-0で折り返した後半10分、MFマフムード・ダフードの縦パスを受けたオーバメヤンがスピードで2人を振り切ってゴール前に抜け出し、左足で自身2得点目。3-0とリードを広げると、後半16分からはMFアンドレ・シュールレに代わって香川がピッチに入った。

 左肩を脱臼した6月7日のシリア戦以来、約2か月ぶりとなる実戦復帰を果たした香川は中盤のインサイドハーフに入り、積極的にボールに絡んだ。後半35分にはダフードのミドルシュートがディフェンスに当たってゴール前に浮き上がったこぼれ球をオーバメヤンがおさめてシュート。ハットトリック達成でダメ押しの4点目を奪い、チームを初戦突破に導いた。

■1回戦(日本人所属クラブのみ)
(8月12日)
リューネブルガーSK(4部) 1-3 マインツ
レーアーTS(5部) 0-5 ケルン
エルンテブリュック(4部) 0-3 フランクフルト
リーラジンゲン・アーレン(6部) 0-4 ドルトムント

(8月13日)
オスナブリュック(3部) 22:30 ハンブルガーSV
1860ミュンヘン(4部) 22:30 インゴルシュタット(2部)
マクデブルク(3部) 25:30 アウクスブルク
コットブス(4部) 25:30 シュツットガルト

(8月14日)
パダーボルン(3部) 25:30 ザンクト・パウリ(2部)
BFCデュナモ(4部) 25:30 シャルケ
ハンザ・ロストック(3部) 27:45 ヘルタ・ベルリン

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-01642781-gekisaka-socc
【【海外の反応】香川途中出場で復帰! ドルトムントはリーラジンゲンに4-0で完勝!【DFBポカール】】の続きを読む

_97284666_dembele_getty
”ストライキ”したデンベレを、ドルトムントが処分

ひとまずデンベレの問題の1つには区切りがついた。木曜日の練習に姿を見せなかったウスマン・デンベレに対し、ボルシア・ドルトムントはポカール欠場と、トップチームでの練習メンバーから外すことを決断している。 

水曜日には高いモチベーションをもって練習に取り組む姿があったのだが、木曜に行われた練習ではその姿が見受けられなかった。ボシュ監督は水曜日に話したときには、恋人の下を訪れるためにパリにいった話は聞いたものの、その24時間後に移籍するような雰囲気は、特に感じ取れていなかったようで、「正直に申し上げて、不在の理由について知らないんだよ」と説明。

 「我々は彼とコンタクトを取ろうと試みたのだが、しかしそれがうまくいっていないんだ。特に悪いことではないよう願っているが、とにかく彼は参加しなかったんだ」と言葉を続けた。仮に獲得に乗り出しているバルセロナが関連しているということはないのだろうか?「わからない。話をしていないんだ」とボシュ監督。 

そのデンベレの居場所については、スカイはバルセロナに向かったと報じ、仏紙レ・キップはカタルーニャに向かったと伝え、またビルトはパリにいるらしいと掲載。しかしその後にドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは「報道とは異なり、ドルトムントにいるよ」と語っている。 

さらに同氏は、今回のデンベレの練習不参加について「デンベレは本日、練習を無断で休んだ。おそらく意図的にだ」とコメント、「このようなことがあっては、当然処分を下さなくてはならない。監督と話し合い、ポカール1回戦では出場停止、さらに練習にも参加させないようにする」と明かした。 

そもそも一体なぜ、デンベレは無断で練習に参加しなかったのだろうか?憶測の域を越えることはないが、しかしドルトムントが子供のころからの夢である、バルセロナの移籍にむけて1億5000万ユーロとも見られる高いハードルを立て、ひとまず断りを入れたことに対するプレッシャーをかけたかったのだろうか?以前レンヌにてデンベレは、同様の形でのストライキを敢行したことがある。 

なおドルトムントは木曜日にデンベレの移籍に関して、以下の声明を発表した。  「ウスマン・デンベレの移籍の可能性について、バルセロナとの話し合いを行いました。そして提示された内容というものは、現在の欧州の市場の状況、そして選手の価値を考慮して適当なものと呼べるものではなく断りを入れました。そして本日は特にバルセロナからの新しいオファーはありませんし、現時点ではバルセロナへの移籍の可能性は低いといえるでしょう。」  

またドルトムントは、日曜に行われる予定となっていた3部ツヴィッカウとのテストマッチを、離脱者を多く抱えているという理由で延期することを発表した。ツォルクSDは「ちゃんとしたメンバーで臨みたかったが、いまは無理なんだ。相談をし、そして受け入れてくれたツヴィッカウに感謝している。近いうちに試合を行いたい、9月はじめの代表戦期間の可能性もある」と述べている。

【【海外の反応】デンベレが練習を無断欠席で音信不通に、クラブは活動停止処分を科すと発表】の続きを読む

kagoz
【【海外の反応】海外「ドルトムントのバーゲンイレブンがこちらです」】の続きを読む

このページのトップヘ