ドルトムント

y
ドルトムント、”新イブラ”争奪戦を制す! 17歳イサクを5年契約で獲得と発表

ボルシア・ドルトムントは、またも欧州中のビッグクラブが狙っていた有望株の争奪戦を制した。日本代表MF香川真司が所属するクラブは23日、スウェーデンのAIKから”新イブラ”ことFWアレクサンダー・イサク(17)を獲得したことを発表している。

アメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチ、フランス代表MFウスマン・デンベレ、トルコ代表FWエムレ・モルら各国の逸材が揃うドルトムントのトップチームに、スウェーデンの17歳が加わった。レアル・マドリー入りが濃厚とも伝えられていたイサクだが、ドルトムントとの2022年までとなる契約にサイン。背番号は14となる。

ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は、クラブの公式ウェブサイトを通じて「アレクサンダー・イサクは非常に有望なFWで、ヨーロッパの数々のビッグクラブから誘いを受けていた。彼がドルトムントを選んでくれたことをとても喜ばしく思っている。クラブは本人と同様、大きな展望を持てる移籍だと確信している」と期待の言葉を口にした。

またドイツ誌『キッカー』によると、ドルトムントがAIKに支払う移籍金は900万ユーロ(約11億円)前後+ボーナスになるという。スウェーデンのクラブに支払われる移籍金としては、過去最高額になる見込みだ。

16歳という若さでプロデビューを果たし、2016シーズンにはリーグ戦24試合で10ゴールを記録したイサク。今月8日に行われたコートジボワール代表との国際親善試合でスウェーデンのA代表でデビューを果たし、同12日のスロバキア戦では17歳113日で得点を決め、最年少得点者記録を塗り替えた。

イサクは母国で、現マンチェスター・ユナイテッド所属の元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの後継者として期待を寄せられ、”新たなイブラヒモビッチ”と呼ばれている。そのイブラヒモビッチは、昨季まで所属していたパリ・サンジェルマンにイサクの獲得を推薦したとも伝えられたが、同選手は最終的にドルトムントを新天地に選んだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00010002-goal-socc
【【海外の反応】ドルトムントがスウェーデンの新星FWイサク獲得を発表】の続きを読む

school-bully-100325-02

【【海外の反応】サッカーに関する他人の共感を得られない持論【ドルトムント版】】の続きを読む

top
香川、オフの調整方針明かす「この期間でしっかりケア」

日本代表MF香川真司(27)=ドルトムント=が22日早朝、リーグ戦の冬季中断による休暇のため羽田空港着の全日空機で帰国した。

 今年最終戦となった現地20日のアウクスブルク戦(ホーム)に先発出場して、アシストをマーク。11月22日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)以来の公式戦出場を果たした。

 痛めている右足首の状態はまだ万全ではないといい、「この期間でしっかりケアをして、無理はできない。ただ、必要以上に休むこともできないのでバランスを考えて調整したい」とオフの調整方針を明かした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161222-00000523-sanspo-socc
【【海外の反応】香川真司、年内最終戦を終え日本に帰国】の続きを読む

top
香川、決定機でのシュートミスを悔やむ「あれは決めなくちゃいけない」

 現地時間20日にブンデスリーガ第16節の試合が行われ、ドルトムントはアウグスブルクと対戦し1-1の引き分けに終わった。この試合で日本代表MF香川真司は先発出場を果たしウスマン・デンベレのゴールをアシストしている。

 まず最初に香川は「うまくいってないです。攻守においてチームとしてのやりたいサッカーが全く連動できてないのかなというのは感じました」と語り、ドローに終わった試合を振り返った。

 続けて「デンベレは強烈な個の力があるんですけど、そこに頼りきっているところは正直あると思います。チームとして崩しにかかるところなどが今はない。後半に相手が疲れてきてスペースがちょっと生まれたら、そういうのはありますけど。今のクオリティからしたら前半から圧倒しなきゃいけないと思います」とコメントしている。

 一方で決定的なチャンスをゴールに結びつけることが出来なかった場面に関しては「あれは決めなくちゃいけない。僕のボールの感覚がちょっとずれていたというか。ああいうところで決めないとチャンスを逃すことになるし、ましてこういうチーム状況で外しているようじゃ、いけないことは百も承知です」と語り、シュートミスを悔やんだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161221-00010009-footballc-socc
【【海外の反応】香川真司、怪我明けでアシストも決定機逃す...ドルトムントは公式戦4試合連続ドロー】の続きを読む

top
「香川、78秒のショータイム」 メディアもファンも“1点台”の高評価

現地時間22日に行なわれたチャンピオンズリーグで、レギア・ワルシャワ(ポーランド)に8対4と大量得点で勝利したドルトムント(ドイツ)。試合後、独スポーツ専門チャンネル『ran』はこの日2ゴール1アシストの香川真司に「1」と最高点をつけた(ドイツの採点は1が最高、6が最低)。

 同局は香川について「日本人MFによる78秒のショータイム。17分と18分の間にドッペルパック(1試合2ゴール)を達成した。5対2とした際のアシストは一見の価値あり。ハットトリック達成者(マルコ・ロイス)の1点分は彼のお膳立てによる」とコメントした。

 なお、長期離脱から戻ったロイスは3ゴール1アシストと復帰初戦で大活躍。1ゴール3アシストのウスマン・デンベレも加え、この3選手が最高の評価を受けた。

 地元紙『ルール・ナッハリヒテン』(電子版)も、香川に1.5とチーム2位タイの高評価。読者評価(試合終了時点で79人)の平均でも香川は1.6と、ファンからもその活躍が称賛された。なお、ロイスは1.0とチーム最高の評価。デンベレは香川と並んで1.5の採点だった。

 大量得点を奪ったドルトムントだが、失点も4と多く、守備面の課題が浮き彫りに。同紙はマルク・バルトラにチーム最低の5.0という厳しい判定を下した。マティアス・ギンターが4.5、ゼバスティアン・ローデが4.0と、低評価に終わっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-00000012-ism-socc
【【海外の反応】「シンジ爆発」香川真司が逆転に導く2G1A、ドルトムントはレギアに8発大勝【CL】】の続きを読む

このページのトップヘ