ドルトムント

kagasto

ドルトムントが大逆転勝利、香川も得点 ヨーロッパリーグ


ドルトムントは敵地で0-3の劣勢を跳ね返し、トーマス・トゥヘル(Thomas Tuchel)監督政権下での連勝記録を守っている。

 ノルウェーの首都オスロ(Oslo)から南へ2時間の距離にあるシーエン(Skien)で、ホームのオッドは前半22分までにヨネ・サムエルセン (Jone Samuelsen)、フレドリク・ノルクベレ(Fredrik Nordkvelle)、エスペン・ルート(Espen Ruud)がそれぞれ得点し、リードを奪った。

 しかし、欧州チャンピオンズリーグ2012-13(UEFA Champions League 2012-13)決勝のバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)戦に出場した5選手が先発したドルトムントは、ピエール・エメリク・オーバメヤン(Pierre-Emerick Aubameyang)の2得点と香川真司(Shinji Kagawa)の得点で同点に追いつくと、後半40分にヘンリク・ムヒタリアン(Henrikh Mkhitaryan)がここ4試合で7得点目となるゴールを決めて勝利の立役者となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150821-00000004-jij_afp-socc


【「活躍が嬉しい」「連れもどしたい」ELオッド戦、香川の活躍を見た英国の反応】の続きを読む

kag

香川、1G1Aで大逆転劇呼び込む フェネルバフチェはV・ペルシが決勝弾/EL


ヨーロッパリーグ(以下EL)は現地時間20日(以下現地時間)に予選プレーオフのファーストレグが行なわれ、香川真司が所属するドルトムント(ドイツ) は敵地でオッド(ノルウェー)に4対3と勝利。香川はフル出場で1ゴール1アシストを記録し、3点差をひっくり返す大逆転劇に貢献した。

 敵地での初戦に臨んだドルトムントは、キックオフ直後約16秒にサムエルセンのヘッドで出鼻をくじかれると、20分、22分にも立て続けにネットを揺ら され、3点の大量ビハインドを背負う。しかし、34分にGKが弾いたこぼれ球にオーバメヤンが詰めて反撃の狼煙を上げると、後半立ち上がりの47分に香川 が今季公式戦初ゴールをマーク。ゴール前で味方が頭で落としたボールをボレーで叩き込み、ドルトムントが1点差に詰め寄る。

 反撃ムードが高まるドルトムントは76分、左サイドからのクロスにオーバメヤンが合わせて同点とすると、終盤の85分には、香川が左サイドから上げたクロスにムヒタリアンが頭で合わせて逆転。序盤の大量ビハインドをひっくり返して、敵地で勝利をもぎとった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150821-00000010-ism-socc


【「俺の可愛いヤツ!」「サムライだ」香川一発、更にアシスト!オッド戦、まさかの0-3から逆転勝利!{海外の反応}】の続きを読む

kagawa

香川15分で先制アシストにドルト勢い4発最高開幕



<ブンデスリーガ:ドルトムント4-0ボルシアMG>◇15日◇ドルトムント

 日本代表のドルトムントMF香川真司(26)が、再起への足がかりとなる先制アシストを決めた。前半15分、MFロイスへのスルーパスでお膳立てする と、後半5分には香川が起点となった4点目を演出。チームは昨季3位のボルシアMGに圧勝し、最高のスタートダッシュを切った。

 ピッチの上で暴れるようなボールを、香川の右足が吸収した。DFフンメルスからの速い縦パス。中央で待ち受けた香川が、左を走るロイスへ広角に出した。 柔らかくピッチを滑るような軌道に変わったボールは、ロイスの先制点へと生まれ変わった。今季開幕からわずか15分。香川のドルトムント4シーズン目の幕 開けだった。

 周囲だけでなく、香川自身の予想に反して、先発に名を連ねた。「試合前までは『おそらくベンチかな?』という気配があった。トゥヘル監督もコーチも『練 習がよかった』と言っていた。最高の集中力と、最高の準備をして迎えたんで、すごく怖さもあったし、緊張感もすごくあった…。まあ、疲れましたね」。後半 5分には、右サイドの裏のスペースを走るロイスへ浮き球。FWムヒタリャンの4点目の起点にもなった。4-0の大勝は、香川の思い描いていた通りのスター トダッシュがかなった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150817-00000046-nksports-socc


【「絹の様だ」「次はゴールだ」香川、開幕戦で先制アシスト!BVBは4-0の圧勝!シーズン最高のスタートに貢献!{海外の反応}】の続きを読む



香川途中出場のドルトムント、今季初の公式戦に勝利/EL予選3回戦1stレグ


ヨーロッパリーグ予選3回戦ファーストレグが30日に行われ、日本代表MF香川真司とMF丸岡満が所属するドルトムントはヴォルフスベルガーと対戦した。

 ドルトムントは25日に行われたユヴェントスとの親善試合で2-0の完勝を収めるなど、充実したプレシーズンを過ごしてきた。一方のヴォルフスベルガーは、同予選2回戦でシャフティオール・ソリゴルスク(ベラルーシ)を2戦合計3-0で下し3回戦へと駒を進めてきた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150731-00335457-soccerk-socc&pos=5

【香川の評価は?ドルトムントはボルフスベルガーに1-0で勝利!{海外の反応}】の続きを読む


ロイスのスーパーゴールでドルトムントがユヴェントスに快勝 香川は後半から出場

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは25日、イタリア王者ユヴェントスとのトレーニングマッチを行った。

スイスのバート・ラガツでのトレーニングを終えてこの試合に臨んだドルトムント。今月30日にはヨーロッパリーグ3次予選のヴォルフスベルガー(オースト リア)戦が控えているため、コンディションの確認のため、重要な一戦だ。ドルトムントはオバメヤン、ムヒタリアン、ロイスらが先発し、香川はベンチスター トとなった。ユヴェントスでは新加入のパウロ・ディバラ、マリオ・マンジュキッチらが先発している。

64分、ロイスが追加点を挙げる。カウンターから50メートル近くドリブルでボールを運び、そのまま自分でシュート。見事なゴールを決めてみせた。香川はロイスの左を並走し、ゴール前で囮役になり、ロイスのドリブルをサポートするなど、少なからずゴールに貢献した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150726-00010011-theworld-socc
【{海外の反応}ユベントス戦でロイスの見せたゴールが美しすぎると話題に】の続きを読む

このページのトップヘ