ネタ

top
『キャプテン翼』が世界のサッカー選手に与えた影響とは?外国のマニアたちがネット上で激アツ討論!

「『キャプテン翼』が世界のサッカー選手に与えた影響」に関して、海外のネット掲示板Radditで激アツの討論となっている。

『キャプテン翼』は各国によって名称が違うことでも知られており、アメリカでは「フラッシュ・キッカー」、イタリアでは「オーリ・エ・ベニ」、スペイン「オリベル・イ・ベンヒ」、フランス「オリーヴ・エ・トム」。アメリカ以外だと翼くんは「オリバーorオリビエ」といった名前にローカライズされていたようだ。

top2

ポルトガルの書き込みでは「朝の6時に起きて見ていた」「フィールドが大きくて丸い感じの絵が大好きだった」「(ポルトガルでは)『オリバー(翼)とベンジ(若林源三)』というタイトルだったね」「(フランスでは)『オリーブとトム』だった」「(ポーランドでは)『キャプテンホーク』だったよ。OP曲をいまだに着信音にしているよ」など各国のタイトルの話題から「キャプ翼大好き外国人」のトークがキックオフ!

「(パラグアイでは)『スーペルカンピオネス』(=スーパーチャンピオンズ)というタイトルだった。立花兄弟が最高だった。ただピッチが長すぎるんだよ。ある人がピッチの距離を計測したら20キロくらいある結論になった」など、あの長すぎるドリブルネタは、万国共通の「あるある」のようで、「そうそう15分間走って、シュートを打つ前に人生について考える(笑)。でも大好きだったよ」など。

意外にもサッカーの国イギリスでは放送されてなかったらしく、「残念ながらイギリスでこのアニメは放送されてなかったんだ」「俺も覚えてない。イギリス人はつまらないサッカーアニメ「The Rejects」をそのころ見せられていた」というコメントに「イギリスでも『キャプ翼』を放送していたらイタリア、スペイン、ドイツのように何か勝ち取れたのに」という皮肉もあるが、これは多かれ少なかれ現役選手や過去のW杯、チャンピオンズリーグ覇者の主要メンバーとなった選手たちが『キャプテン翼』からの影響を語っていることからあながち間違いではないとの認識のようだ。
【【海外の反応】アメリカ「至高のスポーツアニメと言えば?」】の続きを読む

ngolo-kante-leicester-france_3436027
【【海外の反応】一番可愛いサッカー選手を挙げるスレ】の続きを読む

とp
ダイバー、暴れ者……サッカー界の嫌われ者TOP10をスペイン紙が発表

悪役側にいるサッカー界のスター10名
世の中には実力があってもサッカーファンから嫌われる選手も存在する。傲慢な選手や、シミュレーションばかりするダイバーと呼ばれる選手、暴力的で毎試合 のように相手を挑発している選手も嫌われる対象となり、彼らは活躍しても悪役として見られている。スペイン『ムンドデポルティーボ』はサッカー界の嫌われ 者ベスト10と題し、とにかく嫌われている選手をリストアップした。

10位:マテュー・ヴァルブエナ(リヨン)

ジブリル・シセ、カリム・ベンゼマが関わったと言われたヴァルブエナのセックステープ騒動は 、ヴァルブエナの印象を大きく変えることとなった。被害者側ではあるものの、ベンゼマを批判した言動などは自身のイメージを落とすことにも繋がった。

9位:アリエン・ロッベン(バイエルン)

世界を代表するダイバーであるロッベンは、とにかく相手サポーターから嫌がられる存在だ。昨年のワールドカップでもメキシコ代表を敗退に追い込む見事なダイブでPKを獲得するなど、その演技力は複数の審判の目を欺いてきた。

8位:セルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)

ブスケッツが嫌な選手ということは誰もが知っている。特にチャンピオンズリーグのインテル戦でチアゴ・モッタを退場に追い込んだ演技は議論を呼び、サッカー界でもト ップクラスの演技力を誇る。

7位:エミール・スバヒッチ(ハンブルガーSV)

嫌われるどころか、スバヒッチは今年4月に警備員に暴行を働いて傷害の容疑をかけられている。その暴力性は相手選手を潰しかねないと危険視され、レヴァークーゼンも暴行事件が原因で契約を解除している。

6位:ブランドン(バスティア)

暴力的な選手として有名なブランドンは、パリ・サンジェルマン戦で大暴れしてきた。チアゴ・モッタには飛び膝蹴りのようなものをかまし、当時所属していた ヨアン・キャバイェには振り向きざまに肘を顔面に入れている。さらにモッタに対してはロッカールームへの通路で待ち伏せし、頭突きを喰らわしてもいる。

5位:ナイジェル・デ・ヨング(ミラン)

デ・ヨングといえば2010ワールドカップ決勝でシャビ・アロンソの胸に蹴りを入れた場面が有名だ。タックルも含めてとにかく暴力的と評判で、嫌われる対象となっている。

4位:サミル・ナスリ(マンチェスター・シティ)

ナスリはとにかくフランス国内での評判が悪い。現代表監督のディディエ・デシャンを批判し、現地のジャーナリストにも暴言を吐くなどピッチ外で非常に凶暴だ。柔らかいタッチに定評がある選手だが、性格は全くソフトではない。

3位:クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

メッシが正義とするならロナウドは悪といった見方がある。ダイバーであることも有名で、PKをもらいにいく姿勢は誰よりも貪欲だ。ボールを持つだけでブーイングが起きることも珍しくなく、ハンサムで大金持ちでエゴの強い彼が鼻につくという人も多いのだろう。

2位:ズラタン・イブラヒモビッチ(PSG)

好き嫌いが非常にはっきりする選手ではないか。傲慢を絵に描いたような人物で、グアルディオラを含むバルセロナの選手を痛烈に批判したことも有名だ。その王様ぶりに嫌気がさしているファンも多い。

1位:ジエゴ・コスタ(チェルシー)

挑発行為を繰り返して相手を退場に追い込もうとし、常に相手DFに対して暴力的なコスタは世界のサッカーファンから嫌がられる存在だ。特にその被害を受け ているプレミアリーグでの評判は最悪だ。コスタが挑発行為をするたびに試合がストップすることを嫌がるファンも多いはずだ。

1位は現代サッカー界でも指折りの暴れん坊であるコスタが選ばれた。ダイバーも許しがたいが、球技において暴力的な振る舞いはやめていただきたいと考えて いる者も多いはずだ。その点でコスタはあまりに目立ちすぎており、ロナウドやイブラヒモビッチと違って可愛げが感じられないのも嫌われる理由なのだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151230-00010023-theworld-socc
【【海外の反応】大好きなのに...周囲の共感を得られないサッカー選手は?】の続きを読む

top
ふなっしーがシャルケの第2マスコットに就任決定「内田篤人が通訳としてサポートする」

日本の人気者がドイツへ
日本代表DF内田篤人が所属するドイツブンデスリーガのシャルケは1日、日本の千葉県船橋市が誇る人気キャラクターふなっしーが第2マスコットに就任したことを発表した。

2011年に町おこしの一環として、いち船橋市民によって生み出されたふなっしーはテレビや雑誌など多くのメディアで活躍。同市の名産物である梨をモチー フにしたご当地キャラクターで、“ゆるキャラ”として世間の注目を集めている。そんなふなっしーの熱心なPR活動は遠く海を越えたドイツでも評価されてい たのかもしれない。シャルケの日本語版公式Twitterアカウントは1日、「シャルケの第2マスコットにふなっしーが就任することが決定した。ドイツ語 を覚えるまでは内田篤人が通訳としてサポートすることになる」と発表。日本が誇る屈指のイケメンSBのウッチーが“ふなっしー専属通訳”となることも併せ て伝えている。シャルケは同アカウント上に「FUNASSYI」のネームが刻まれたシャルケユニフォームを紹介する内田の写真も掲載。

今後ふなっしーがどういった具体的な活動を展開していくのは定かでないが、ドイツの地でもお得意(?)の“梨汁”を噴射してくれることを願いたいところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160401-00010014-theworld-socc
【海外「サポートするチームのマスコットを教えて」【海外の反応】】の続きを読む

Xavi-e-Iniesta

【海外「お気に入りのミッドフィールダーを挙げるスレ」【海外の反応】】の続きを読む

このページのトップヘ