12778955_10153321556236937_3076385052516347387_o
強豪ナポリとの敵地ドローに手応えのミラン監督 「この戦いを続ければ3位に手が届く」

終始劣勢を強いられるも1-1で凌ぐ 「選手たちを称賛したい」

 日本代表FW本田圭佑所属のACミランは、22日の敵地ナポリ戦を1-1で引き分けた。終始劣勢のゲーム展開のなか、前半44分に本田のクロスから同点 ゴールが生まれ、貴重な勝ち点1を手にした。ミランのシニシャ・ミハイロビッチ監督はチームの戦いぶりに満足気なコメントを残している。試合後に衛星放送 局「スカイ・スポーツ」と、イタリア国営放送「ライ」のインタビューに応じている。

「誰もが知っているとは思うが、難しいゲームだった。なにしろ、前回の対戦では0-4で敗れた相手だ。我々の選手たちは、非常にタフだった。私好みだね」

 10月4日に本拠地で迎えたゲームでは0-4と大敗。試合後に本田がクラブに対して自分の意見をハッキリと口にしたことも強く印象に残るゲームだった。 ミランからすれば何もさせてもらえなかったゲームだったが、この日は劣勢の中でも最小限の失点で耐え、引き分けに持ち込んで勝ち点1も得ることができた。

「このような戦いを続けていれば(CL出場圏内の)3位にも手が届くだろう。今日は選手たちを称賛しなければいけないね。前半は簡単にボールを失いすぎた。もう少しシンプルなプレーが必要だったが、ゴールができたのは大きかった」

周囲に惑わされず「我が道を行く」と宣言

 ナポリ戦の前にミハイロビッチ監督は、シルビオ・ベルルスコーニ会長から「納得させたければ全ての試合で勝利すればいい」とプレッシャーをかけられていた。それに対して動じることなく応じていた指揮官だが、改めてその会長の言葉について語っている。

「私が言いたいのは、清算はシーズンの最後で良いだろうということだ。そして、両方の当事者が満足すれば私は続けるだろうということだ。なんであれ、私の 目標はこのミランに留まることだ。このようなチャンスを与えてくれた会長への感謝の気持ちは常に持っているよ。とにかく、我々の道を歩み、リーグ3位とイ タリア杯の優勝に全力を尽くすだけだ」

 周囲からのプレッシャーに惑わされることなく、シーズン終了まで我が道を行くと宣言した。首位を争うナポリから勝ち点を得たことは、指揮官にとっても大きな自信になっているようだ。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160223-00010009-soccermzw-socc
【海外の反応 本田がクロスで重要な同点弾を演出 ミランはナポリの猛攻凌ぎ1-1で引き分ける 】の続きを読む