ハリルジャパン

jnt
ハリルJ、シリアを3発撃破で首位奪取!!本田、岡崎、宇佐美がゴール

[10.8 W杯アジア2次予選 日本3-0シリア マスカット]

 日本代表は8日、中立地のオマーン・マスカットで開催されたW杯アジア2次予選でシリア代表と対戦し、3-0で勝った。後半10分、FW本田圭佑が3戦 連発となるPKで先制すると、同25分にFW岡崎慎司が追加点。後半43分には途中出場のFW宇佐美貴史がダメ押しの3点目を決めた。負ければ自力での首 位通過の可能性が消滅していた大一番。3連勝中のシリアを下し、E組首位の座を奪った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151008-01186601-gekisaka-socc
【「質が高すぎる」W杯予選、香川がアシスト!宇佐美がゴール!ハリル日本はシリア代表相手に完勝!{海外の反応}】の続きを読む

honkaga

岡崎慎司「真司が出して、蛍が抜けて、自分が決める」/日本代表


日本代表は8日、2018年W杯アジア2次予選兼AFCアジアカップ2019予選でアフガニスタンと対戦し、6対0で勝利した。以下、試合後のFW岡崎慎司(レスター/イングランド)のコメント。

「チームが進化しているかどうかは判断しづらい。アジアの難しさがある。アジアは別物なのかなと率直に思っている」

「勝つことが大前提でシンガポール戦の反省を今のところは生かせているかなと思う。2点については決めていないとFWとしては焦るというのはある。入ると きは入るし、入らないときは入らない。蛍が良い形で折り返してくれた。良いコンビネーションだったと思う。真司が出して、蛍が抜けて、自分が決める。チー ムの形を出せた。こういう相手にはゴールを決めるのが一番大事だ。前の2試合は取れなかったので。1トップとしてのクオリティやアイデアを高めたい」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150909-00000012-ism-socc
【アフガン戦、圧勝後の香川、岡崎”Wシンジ”に対する反応{海外の反応}】の続きを読む

pale
パレスチナが久々のホーム公式戦開催、UAEとスコアレスドロー


8日に各地で行われたサッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)アジア2次予選で、パレスチナが今予選初となるホームゲームに臨み、アラブ首長国連邦(UAE)とスコアレスドローに持ち込んだ。

パレスチナは当初、2次予選の開幕をホームのサウジアラビア戦で迎える予定だったが、サウジアラビア側が「異常な状況」という漠然とした理由から、ヨルダン川西岸地区(West Bank)へ入ることを拒んでいたため、サウジアラビアのホームゲームに変更されていた。

しかしこの日は、イスラエルの首都エルサレム(Jerusalem)郊外のアッラーム(Al-Ram)に、パレスチナの政治家の名前を取って建てられたファイサル・フセイニー国際スタジアム(Faisal Husseini Stadium)へ、約1万4000人のパレスチナサポーターが集まった。

そして試合はパレスチナの選手のシュートがゴールに飛んだ場面や、相手に直接FKを与えたもののGKが弾き出した場面など、前半から一喜一憂した。

西岸地区の北部の町ナーブルス(Nablus)の自宅から、70キロメートル以上を旅してアッラームへやって来たサポーターの男性は、 「難しい状況だし、占領や重圧下での生活という問題はあるけど、代表チームがこうやって頑張っているのを見られてすごくうれしいよ」と話した。

一方、近くのラマッラー(Ramallah)から来たという女性は、イスラエルの検問所で車を止められ、最後は徒歩で現地入りしなければならなかったと話した。

パレスチナサッカー協会(PFA)の関係者によれば、サウジアラビアがファイサル・フセイニー国際スタジアムでの試合を拒んだのは、イスラエルの検問所を抜けなければ会場入りできないことに、二の足を踏んだからだという。

アラブ諸国の中には、イスラエルによるパレスチナ自治区の占領が「常態化」していることを理由に、自治区での試合を拒む国も多い。

PFAのジブリール・ラジューブ(Jibril Rajoub)会長は、パレスチナの選手らの移動を制限しているとして、イスラエルの資格停止を国際サッカー連盟(FIFA)求めたこともある。

そのラジューブ会長は、今回のUAE戦開催について、「パレスチナが存在していること、パレスチナ人が、自分たちの独立国家で暮らす権利を有していること」を示せたと話した。

アジア2次予選で、パレスチナはUAE、サウジアラビア、マレーシア、東ティモールと同じグループAに入っている。初戦のサウジアラビア戦は2-3で敗れたものの、続くマレーシア戦は6-0で大勝した。

http://www.afpbb.com/articles/-/3059785
【「偉大な0-0」パレスチナ代表がUAE代表相手にドローを勝ち取る!{海外の反応}】の続きを読む

daihyo

ハリルジャパン幸先よく先制!香川が2試合連続ゴール


サッカー日本代表は8日、イラン・テヘランのアザディスタジアムでロシアW杯2次予選・第3戦となるアフガニスタン戦に臨み、前半10分にMF香川真司 (ドルトムント)の2試合連続ゴールで先制した。左FW原口元気(ヘルタ)からのパスを受けた香川は中央やや左、エリア外から右足を振り抜き、低空の軌道 でゴール左隅に決めた。

今回、2次予選で初めてとなる“アウェー”での試合となるが、アフガニスタンが政情不安のため、中立国のイランで開催されることになった。FIFAランク 58位の日本はここまで2戦1勝1分けの勝ち点4で、E組暫定順位は3位。同ランク130位のアフガニスタンは2戦1勝1敗の勝ち点3で暫定4位となって いる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150908-00000071-dal-socc

【「桁外れ」「なんて美しさ」香川先制!ゴール祭り!ハリル日本はアフガン代表に6-0で勝利!{海外の反応}】の続きを読む

kagawa2

香川「絶対決めなければいけないシュートを外した」ドフリー外し猛省


FIFA世界ランキング58位の日本代表は3日、ホームで同180位のカンボジアと対戦し3―0で完勝。勝ち点3を奪い同4とし暫定2位に浮上した。日本 は6月のW杯予選・シンガポール戦、史上初の最下位に終わった東アジア杯と5戦ぶりの勝利。しかし、格下相手に34本のシュートを放ちながら、3得点に終 わり決定力の低さは解消されなかった。日本は8日にアウェーでアフガニスタンと対戦する。

 後半16分、ゴール前の混戦から3点目を決めたMF香川真司(26)=ドルトムント=は「前半、絶対決めなければいけないシュートを外したので、とりあ えず良かった」と喜びよりも先に反省の弁。前半、左からのクロスにフリーで決定機。目の前にはゴールだけという場面で、GKへパスのようになったミスキッ クを猛省した。

 硬さがあったのかと問われると「自分のミス。絶対に決めなければならない。決まっていたらもっと楽に試合が運べた」と改めて反省の言葉を口にした。

 「最後の精度が悪かった。相手もゴールを固めていたが、崩すのが課題」とチームとして決定力の改善をしていく必要性を説いた。

【「ナイスパス、シンジ」カンボジア戦、香川真司の猛省シュートが海外でも話題に{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ