バイエルン

3F5CE34500000578-4423038-image-m-29_1492585364202
退場者、オフサイド…不利な判定の数々にラームらバイエルン選手陣は怒り「狂っている」

バイエルン・ミュンヘンの選手たちがレアル・マドリー戦で下された不利な判定の数々に怒りを示している。

バイエルンは18日、チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグでレアル・マドリーと対戦。90分間を2-1と終え、合計スコアをタイで延長戦に突入したバイエルンだったが、終了間際にアルトゥーロ・ビダルが退場したのが響き、残り30分間では3ゴールを叩き込まれている。

一方で、延長戦で勝負を決めたゴールには議論の余地があり、クリスティアーノ・ロナウドが挙げた2点目、3点目はリプレイで見るとオフサイドにも見えるため、バイエルンの選手から不満の声が上がっている。今シーズン限りで引退を表明し、結果的に最後のCLの試合となったフィリップ・ラームは「僕らは今夜、チームが勇気を備えていることを証明した。全員が勝利に向かって努力していたんだ」とパフォーマンスを評価しながら、「ただ、判定によるいくつかの不運があった」と審判の決定に不満を見せた。

また、アリエン・ロッベンも「こういったビッグゲームが審判の判定によって決められてしまった。狂っているよ」と怒り心頭。ジェローム・ボアテングは「オフサイドによって2つのゴールが生まれたし、僕らにとってとても残念な判定だった。退場も本来なかったはずだよ」と話し、シャビ・アロンソも「11対11なら準決勝に進んだのは僕ら」と語っている。

欧州最高峰の舞台で生まれた退場やオフサイドなど疑惑の判定の数々。ロッベンらが語るとおり、ビッグマッチに水を差したことは間違いない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000000-goal-socc
【【海外の反応】「審判が台無しにした」オフサイド...退場者...レアルがバイエルンに大勝も疑惑の判定に批難が殺到する【CL準々決勝】】の続きを読む

_95554183_gettyimages-666204530
ドルトムント監督、バイエルン戦完敗で香川ら欠場組にSOS 「エネルギー満タンで帰ってきて」

トゥヘル監督が主力離脱に悲鳴 モナコとのCL8強に向けて復帰求める

 ブンデスリーガ第28節の注目カード、バイエルン・ミュンヘン対ドルトムントという伝統の一戦が8日に行われ、ドルトムントは1-4と完敗を喫した。日本代表MF香川真司ら主力を大量に欠いたドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は11日に迎えるUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝モナコ戦に向けて、復権ぶりを示していた香川に「ただ帰ってくるだけじゃない。エネルギー満タンで帰ってきて」と悲鳴を上げている。衛星放送「スカイ・ドイツ」が報じた。

「デア・クラシカー」と呼ばれる伝統の一戦は一方的な展開となった。前半4分、DFラームの折り返しを、MFリベリーが右足で豪快に蹴り込んでバイエルンが先制すると、怒涛のゴールショーを展開。ドルトムントは攻撃的MFに入ったゲレーロのロケット砲のような一撃で反撃するのが精一杯だった。

 前節ハンブルガーSV戦で1得点1アシストと絶好調だった香川のみならず、MFヴァイグル、ゲッツェ、ロイス、シュールレ、ダルム、ピスチェクを欠いたトゥヘル監督は試合後、本拠地で行われるモナコとのCL8強初戦に視線を移していた。

「香川、ヴァイグル、ピスチェクという選手がモナコ戦に戻ってこられることを私は祈っている。ただ、復帰するだけじゃない。彼らには好調でエネルギー満タンでいてもらう必要が私にはある」


CLモナコ戦で香川は輝きを放つか

 トゥヘル監督は悲鳴を上げていた。香川のみならず、ボランチのヴァイグル、サイドバックのピスチェクは遠征メンバーから外れていた。香川は日本代表のアジア最終予選から抱えていた打撲が理由で、バイエルンとの戦いを回避。ヴァイグル、ピスチェクとともにドルトムントに残り、調整を続けていた。

 5試合連続で公式戦先発出場と全盛期を彷彿させるキレをピッチ上で示した香川は、ハンブルガーSV戦で1得点1アシストの爆発で3-0勝利の主役となった。ブンデスリーガ公式サイトの週間MVPにも選出されるほどだったが、トゥヘル監督はモナコ撃破に向けて、香川ら欠場組に万全であることを求めた。

 苛烈を極めた定位置争いで前半戦遅れを取っていた香川だが、指揮官からSOSが飛び出すほどの復権ぶりを示している。4強進出を目指すCLの大舞台で輝きを放てるだろうか。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170409-00010007-soccermzw-socc
【【海外の反応】香川は負傷欠場、ドルトムントはバイエルンに1-4で完敗!】の続きを読む

C7HbenQWwAAGVWG
CL準々決勝組み合わせ決定、過去対戦成績は?

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝の組み合わせ抽選会が17日に行われた。準々決勝第1戦は4月11日と12日、第2戦は同18日と19日に行われる。

 注目の日本人対決や同国対決は回避されたが、ビッグカードが生まれている。連覇を目指すレアル・マドリー(スペイン)はバイエルン(ドイツ)、決勝トーナメント1回戦で奇跡の大逆転勝ちを飾り勝ち上がったバルセロナ(スペイン)は、ユベントス(イタリア)との対戦が決まった。

 uefa.comが各対戦の対戦成績を発表している。アトレティコ・マドリー(スペイン)は、対レスター・シティ(イングランド)で3勝1分と負けがなく、やや有利なデータが出ている。

 またドルトムント(ドイツ)とモナコ(フランス)は過去に対戦がない。ただしドルトムントは過去7回の準々決勝で5回突破。モナコは過去4回の準々決勝で2回勝っているという。

 注目のバイエルン対R・マドリーはバイエルンの11勝2分10敗と拮抗。ただし準々決勝での同対戦は過去に2度(87-88、01-02)あり、いずれもR・マドリーが勝利している。

 ユベントス対バルセロナもユベントスの2勝2分3敗と拮抗している。準々決勝での対戦は過去に2度(85-86、02-03)。成績は1勝1敗となっている。

▽準々決勝(左が第1戦ホーム)
アトレティコ・マドリー(スペイン)―レスター・シティ(イングランド)
・Aマドリーの3勝1分0敗、7得点 2失点

ドルトムント(ドイツ)―モナコ(フランス)
・過去に対戦なし

バイエルン(ドイツ)―レアル・マドリー(スペイン)
・バイエルンの11勝2分10敗、33得点 31失点

ユベントス(イタリア)―バルセロナ(スペイン)
・ユベントスの2勝2分け3敗、7得点 10失点

■過去準々決勝成績
アトレティコ・マドリー
5勝3敗

レスター・シティ


ドルトムント
5勝2敗

モナコ
2勝2敗

バイエルン
18勝9敗(6連続勝利中)

R・マドリー
27勝6敗(6連続突破中)

ユベントス
11勝5敗

バルセロナ
14勝4敗

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-01637846-gekisaka-socc
【【海外の反応】『レスターvsアトレティコ』『BVBvsモナコ』CL準々決勝の組み合わせ決定!】の続きを読む

top
バイエルン、首位攻防戦で圧勝。快進撃続けるライプツィヒに3発完封勝利

【バイエルン 3-0 ライプツィヒ ブンデスリーガ第16節】

 現地時間21日にブンデスリーガ第16節の試合が行われ、バイエルン・ミュンヘンはライプツィヒと対戦。チアゴ・アルカンタラなどがゴールを積み重ね、バイエルンが3-0の勝利をおさめている。

 首位のバイエルンは快進撃を続ける2位のライプツィヒをホームに迎えて対戦。試合開始して17分、味方の放ったシュートがゴールポストに当たり、その跳ね返ったボールをチアゴが押し込んでバイエルンが先制点を決める。さらに25分、前線で奪ってからのショートカウンターからシャビ・アロンソが追加点を決めた。

 すると30分、ライプツィヒのエミル・フォルスベルグが背後からのタックルでファールを犯すと1発退場となり、ライプツィヒは1人少ない状態で戦うことになる。そして45分にはPKからロベルト・レバンドフスキがゴールを決めてリードを3点に広げた。結局、バイエルンは無失点で試合を終え3-0の勝利をおさめている。

【得点者】
17分 1-0 チアゴ(バイエルン)
25分 2-0 シャビ(バイエルン)
45分 3-0 レバンドフスキ(バイエルン)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161222-00010000-footballc-socc
【【海外の反応】バイエルンMFチアゴ、試合中に味方とサンタを見間違える?】の続きを読む

Cxpf_OmWIAARC9O
ドルトムントがバイエルンに初黒星をつける…ゲッツェが恩返しアシスト/ブンデスリーガ第11節

19日、ブンデスリーガ第11節でドルトムントとバイエルン・ミュンヘンが対戦した。試合はホームのドルトムントが1-0で勝利した。

ドイツでは“デア・クラシカー”と呼ばれるほど注目度の高い一戦。ドルトムントはこの一戦で多くの主力選手が戻ってきた。マルコ・ロイスこそ欠場となったが、ユリアン・ヴァイグルといった選手がスタメンに帰ってきて、昨シーズンまでバイエルンでプレーしていたマリオ・ゲッツェが先発メンバーに名を連ねた。一方のバイエルンはケガ人が少なくない。アルトゥーロ・ビダル、アリエン・ロッベン、ハビ・マルティネスの欠場が試合前に決まり、中盤にはヨシュア・キミヒが先発。フランク・リベリもスタメンに帰ってきた。なお、ドルトムントのMF香川真司はベンチスタートとなった。

試合は序盤、ビッグマッチらしい硬さが見られる。しかし、決定機を先につかんだのはホームのドルトムント。10分、この試合で気持ちが入っていることを感じさせたゲッツェが右サイドでDFマッツ・フンメルスの股間を抜くクロスを上げると好調のエース、ピエール=エメリク・オーバメヤンが滑り込みながら足先で合わし、マヌエル・ノイアーが守るゴールを破った。

アウェーとはいえ簡単に負けることは許されないバイエルンが反撃。リスクを冒しながら、前へとボールを運ぶ。ドルトムントの3バックの泣き所とも言えるサイドから口撃の糸口を見出そうとするが、なかなか流れの中から決定機は生まれず、逆にドルトムントが鋭いショートカウンターから枠内シュートを放つなど効率の良さを見せる。

それでもボールを支配するバイエルンが徐々に試合を支配し、優位に進め始める。ドルトムントの厳しいプレスをかいくぐり、アタッキングサードに仕掛け始められるようになって、前半が終了。

後半開始早々、裏に抜け出したオーバメヤンがいきなり決定機をつかむ。キーパーと1対1になりシュートを放つが、戻ってきたDFに当たり、追加点は生まれず。

一方のバイエルンは55分、FWトーマス・ミュラーのクロスにリベリがヒールで合わせてネットを揺らすも、オフサイドの判定でゴールは認められず。一進一退の攻防が続く。

なかなかゴールに迫れなくなったバイエルンは、キミヒに代えてドグラス・コスタを投入。さらに60分にはシャビ・アロンソの左足のシュートがクロスバーに直撃し、ドルトムントは肝を冷やす。

70分、アロンソのバックパスに抜け出したオーバメヤンがビッグチャンス。しかし、シュートは真っ正面に飛び、ノイアーが難なくセーブした。ドルトムントとしては痛いミスとなる。

その後、ラフィーニャ、レナト・サンチェスといったフレッシュな選手を入れ、活性化を試みるバイエルンだが、最後まで決定的なチャンスを作ることはできず。ドルトムントが前半に挙げたゴールを守りきり、“デア・クラシカー”を制している。

ドルトムントは宿敵バイエルンを下して、3位に浮上。一方、ブンデスリーガで初黒星となったバイエルンは首位陥落。昇格組のRBライプツィヒに1位を譲ることとなった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161120-00000025-goal-socc
【【海外の反応】ゲッツェがアシスト、先制点を守り切ったドルトムントがバイエルンとの大一番を制す! 香川はベンチ入りも出場せず】の続きを読む

このページのトップヘ