バッカ

12778955_10153321556236937_3076385052516347387_o
強豪ナポリとの敵地ドローに手応えのミラン監督 「この戦いを続ければ3位に手が届く」

終始劣勢を強いられるも1-1で凌ぐ 「選手たちを称賛したい」

 日本代表FW本田圭佑所属のACミランは、22日の敵地ナポリ戦を1-1で引き分けた。終始劣勢のゲーム展開のなか、前半44分に本田のクロスから同点 ゴールが生まれ、貴重な勝ち点1を手にした。ミランのシニシャ・ミハイロビッチ監督はチームの戦いぶりに満足気なコメントを残している。試合後に衛星放送 局「スカイ・スポーツ」と、イタリア国営放送「ライ」のインタビューに応じている。

「誰もが知っているとは思うが、難しいゲームだった。なにしろ、前回の対戦では0-4で敗れた相手だ。我々の選手たちは、非常にタフだった。私好みだね」

 10月4日に本拠地で迎えたゲームでは0-4と大敗。試合後に本田がクラブに対して自分の意見をハッキリと口にしたことも強く印象に残るゲームだった。 ミランからすれば何もさせてもらえなかったゲームだったが、この日は劣勢の中でも最小限の失点で耐え、引き分けに持ち込んで勝ち点1も得ることができた。

「このような戦いを続けていれば(CL出場圏内の)3位にも手が届くだろう。今日は選手たちを称賛しなければいけないね。前半は簡単にボールを失いすぎた。もう少しシンプルなプレーが必要だったが、ゴールができたのは大きかった」

周囲に惑わされず「我が道を行く」と宣言

 ナポリ戦の前にミハイロビッチ監督は、シルビオ・ベルルスコーニ会長から「納得させたければ全ての試合で勝利すればいい」とプレッシャーをかけられていた。それに対して動じることなく応じていた指揮官だが、改めてその会長の言葉について語っている。

「私が言いたいのは、清算はシーズンの最後で良いだろうということだ。そして、両方の当事者が満足すれば私は続けるだろうということだ。なんであれ、私の 目標はこのミランに留まることだ。このようなチャンスを与えてくれた会長への感謝の気持ちは常に持っているよ。とにかく、我々の道を歩み、リーグ3位とイ タリア杯の優勝に全力を尽くすだけだ」

 周囲からのプレッシャーに惑わされることなく、シーズン終了まで我が道を行くと宣言した。首位を争うナポリから勝ち点を得たことは、指揮官にとっても大きな自信になっているようだ。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160223-00010009-soccermzw-socc
【海外の反応 本田がクロスで重要な同点弾を演出 ミランはナポリの猛攻凌ぎ1-1で引き分ける 】の続きを読む

hnd
ミラン指揮官、本田に改めて攻撃要求「威力のあるシュートを見せるだけ」

ミランのシニシャ・ミハイロヴィッチ監督が、22日のウディネーゼ戦を前にクラブ公式チャンネル『ミラン・チャンネル』のインタビューに応え、日本代表FW本田圭佑について語った。

 ミハイロヴィッチ監督は「攻撃面を改善し、もっと鋭く効果的にプレーしなければならない。彼は威力のあるシュートを持っている。それを見せるだけだ」と言明し、攻撃面に問題があることを指摘しながらも、得点力に期待していることを明かした。

 また、パレルモ戦での勝利については「この勝利が、再スタートを切る手助けをしてくれるだろう。満足している点もあるが、改善されなければならない点も ある。しかし、我々は正しい道を歩んでいる。我々のプレーを続けていく努力をしなければならない」と語ると、「我々は少し緊急事態に陥っている。(イニャ ツィオ)アバーテと(ユライ)クツカの2人がウディネーゼ戦を欠場する。いずれにしろ、私は楽観視しており、常に11人でプレーできるし、代役もいる。 フォーメーションについてはまだ考えていない。試合当日に決断する」と続けた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150922-00352506-soccerk-socc
【本田先発のミラン、ウディネーゼ相手に持ち堪え3-2で勝利!{海外の反応}】の続きを読む

hond
本田圭佑かボナヴェントゥーラか…ミランの司令塔、現地メディアの意見は割れる

本田はインテル戦でスペースを埋めるなど、守備面では一定の働きを見せた。その点ではシニシャ・ミハイロビッチ監督も評価している。だが同時に攻撃面では物足りないパフォーマンスだったとも口にした。

地元紙からは「ジャコモ・ボナヴェントゥーラを司令塔に起用する。あるいはマリオ・バロテッリを先発起用し、カルロス・バッカ、ルイス・アドリアーノとの3トップも考えられる」といった意見が出ている。

ただちに本田を先発から外すべきとは考えていないメディアでも、ボナヴェントゥーラを司令塔起用する可能性は否定していない。

本田の起用法をめぐってサッカーファンからは、「あと3試合は継続しないと、これまでの積み上げが意味なくなるって」「悪くなかったですけどね。日本代表 であれば確実にパスが出てくる場面で本田さんにパスが来ない。そこら辺がもどかしいです」「本田ってゴールしてないときは何かしら言われてるよな」「監督 変わっても昨シーズンと同じくバタバタしてるよな」などの声が寄せられている。

http://cyclestyle.net/article/2015/09/18/27909.html
【「アンチを黙らせろ」「ずっと良かった」本田先発ミランはパレルモ相手に3発勝利!{海外の反応}】の続きを読む

honda
批判集まる本田、ミラン監督が擁護「酷いプレーはしていない」

ミランを率いるシニシャ・ミハイロビッチ監督は、日本代表FW本田圭佑に対して期待を寄せているようだ。18日、イタリア『ミランライブ.it』が報じている。

 本田はイタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラやMFスソとトップ下のポジションを争っており、定位置確保には至っていない。本田のプレーに関して批判も多いが、ミハイロビッチ監督はそれほど悪いプレーをしているとは思っていないようだ。

「私は司令塔のアイデアを持っているが、現時点で言うことはできない。私は本田が酷いプレーをしているとは思わない。彼は攻撃面に関して十分な仕事はこなせていないが、私はよくやってくれていると思っている」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150919-00010011-footballc-socc
【本田、先発濃厚か?パレルモ戦前のミランサポ反応{海外の反応}】の続きを読む

sankaku
本田圭佑 ダービー初先発も不本意「お疲れさま」

<セリエA:インテルミラノ1-0ACミラン>◇13日◇ミラノ

 ACミラン本田圭佑は自身4度目の「ミラノ・ダービー」で初めて先発したが、勝利に導く働きはできず、不本意な結果に終わった。

 トップ下で攻守のつなぎ役にはなったが、相手ゴールを脅かす場面はほとんどなし。試合後は「お疲れさまでした」とだけ言葉を発し、足早に引き揚げた。

 大一番で起用されるのは、ミハイロビッチ新監督の戦力構想に入っている証拠。ただ、絶対的な存在にはなりきれていない。監督は「中盤でのバランスを探る必要はある」と語る。今後も厳しいポジション争いが続きそうだ。

http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1538062.html

【「本田の苦労を理解しろ」ミラン本田、パレルモ戦での先発は無し?ミランサポの本田への評価は?{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ