バルセロナ

DGp2TCKV0AAapKA
墜落事故のシャペコエンセがバルサと対戦、奇跡的生存選手も復帰
【AFP=時事】サッカー第52回ジョアン・ガンペール杯(52nd Joan Gamper Trophy)が7日に行われ、昨年11月の航空機墜落事故で選手19人と関係者24人を失ったカンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)1部のシャペコエンセ(Chapecoense)が、スペイン1部リーグのFCバルセロナ(FC Barcelona)と対戦した。

 試合は0-5で敗れたシャペコエンセだったが、バルセロナの本拠地カンプ・ノウ(Camp Nou)で行われた一戦では、事故で生き残った3選手の一人であるアラン・ルシェウ(Alan Ruschel)がキャプテンマークを巻いてピッチに復帰した。

 シャペコエンセのメンバーを乗せた航空機は昨年11月、アトレティコ・ナシオナル(Atletico Nacional)とのコパ・スダメリカーナ(2016 Copa Sudamericana)決勝へ向かう途中、コロンビアの山岳地帯で墜落。計71人が命を落とした。

 ルシェウと共に奇跡的に助かったジャクソン・フォルマン(Jakson Follmann)とサンピエル・ネト(Helio Hermito Zampier Neto)はこの日、6万5000人の観客が集まったスタジアムでキックオフを行うと、涙を抑えきれなかった。

 ルシェウはスペインのスポーツ紙マルカ(Marca)に対し「再びプレーできるようになり喜びでいっぱいだ」、「私は世界で最も幸せな人間の一人だ。考えられないような生活を送っているのだからね」と語った。

 試合終了後には、この日マッチアップしたリオネル・メッシ(Lionel Messi)とユニホームの交換も果たしたルシェウはまた「一度も想像しなかったようなスタジアムで、バルセロナと対戦するためにスペインにいるなんて、自分は幸運だと思う」と続けた。【翻訳編集】 AFPBB News

【【海外の反応】墜落事故で19名の選手を失ったシャペコエンセがバルセロナと対戦、生存選手もプレー】の続きを読む

pa2mrtrmwtjammin0rq1
イタリア人記者が考えるネイマールのバルサ退団&パリ・サンジェルマン移籍の理由

ブラジル代表のFWネイマールがバルセロナを退団し、パリ・サンジェルマン(PSG)移籍を決断した理由について、『Goal』イタリア版が3日、分析している。

■ネイマール移籍の5つの理由

ネイマールは4年間在籍したスペインの強豪バルセロナを去り、史上最高額2億2200万ユーロ(約290億円)の移籍金でPSG加入した。その理由として、5つの要素が指摘されている。

まずは金銭面。PSGでは年俸3000万ユーロ(約40億円)で5年間の契約を結んでおり、これはバルセロナ時代を約1600万ユーロ(約21億円)も上回る。

続いて同僚だったFWリオネル・メッシとFWルイス・スアレスとの共存が指摘されている。25歳のネイマールは自身こそナンバーワンになりたいとの野心を抱いており、クラブの中心となれるPSGへの移籍を希望した。昨シーズン、バルセロナはカンプ・ノウで行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦PSG戦において奇跡の大逆転劇を演じたが、2得点を挙げるなど活躍を見せたネイマールではなく、メッシやスアレスが高く評価されたことが影響したとも考えられている。

また環境面も理由の1つに挙げられている。昨夏、同郷の親友、DFダニエウ・アウベスがユヴェントスへ移籍したことで、ロッカールーム内で以前ほど気持ちよく過ごせなくなったという。D・アウベスは今夏、PSGへ加入しており、その後のネイマールの合流を後押ししている。またPSGにはこのほか、DFチアゴ・シウバ、DFマルキーニョス、MFチアゴ・モッタ、MFルーカス・モウラら4人のブラジル人選手が在籍しており、環境面でのバックアップ体制は整っている。

さらにネイマールは個人タイトルの獲得を熱望している。バルセロナに所属する限り、メッシの影で自身の存在が薄くなってしまうことは避けられない。だがPSGの主役として活躍できれば、フランスやヨーロッパの舞台でタイトル獲得のチャンスは訪れるだろう。

最後に戦術面が指摘されている。バルセロナのこれまでの4年間、メッシおよびスアレスと共存するため、ネイマールは左サイドでのプレーを余儀なくされた。ポジションがゴールから遠くなることで、当然、得点数への影響も予想される。PSGにおいてネイマールは中央よりのポジションでフィニッシャーとしての役割を担うことになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170804-00000024-goal-socc
【【海外の反応】パリサンジェルマンがネイマールの獲得を発表】の続きを読む

DAXsBO5XcAEWrmy
乾貴士、日本人初バルセロナ戦2発に世界も衝撃「イヌイが歴史作る」

スペインリーグ最終節で乾が衝撃の2発

 サッカーのスペイン、リーガ・エスパニョーラ最終節でエイバルの日本代表MF乾貴士がバルセロナ相手に2ゴールを決めた。バルセロナとの公式戦での日本人選手の得点は初めて。エイバルは2点リードから4失点して逆転負けを喫したが、名門相手に乾が見せた2ゴールは世界に衝撃を与えている。

 28歳の日本人MFは前半7分に左足ボレー、後半16分にも左足でドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが守るバルセロナゴールをこじ開けた。

 試合後、ドイツ地元紙「キッカー」電子版をはじめとする海外メディアもこのゴールをレポート。英サッカー専門誌「フォー・フォー・ツゥー」電子版は「日本代表のイヌイがバルセロナ戦でのゴールで歴史を作る」との見出しで特集し、強豪相手のゴールがいかに至難の技かをレポートした。

 またスペイン地元紙「スポルト」電子版では「イヌイがエイバルを牽引し、バルセロナの奇跡をさらに困難なものとした」とレポート。レアル・マドリードが優勝を決めたリーグ最終節で、乾が逆転Vを目指したバルセロナを苦しめた様子を伝えている。

 世界屈指のレベルの高さを誇るスペインリーグでレギュラーの座をつかみながら、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督から招集を見送られている侍が世界に衝撃を与える活躍で、一躍その名を轟かせた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170522-00010002-theanswer-socc

【【海外の反応】「どこから来たんだ?」乾貴士、バルセロナ相手に美しいボレー弾を2発 世界に衝撃を与える】の続きを読む

C7HbenQWwAAGVWG
CL準々決勝組み合わせ決定、過去対戦成績は?

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝の組み合わせ抽選会が17日に行われた。準々決勝第1戦は4月11日と12日、第2戦は同18日と19日に行われる。

 注目の日本人対決や同国対決は回避されたが、ビッグカードが生まれている。連覇を目指すレアル・マドリー(スペイン)はバイエルン(ドイツ)、決勝トーナメント1回戦で奇跡の大逆転勝ちを飾り勝ち上がったバルセロナ(スペイン)は、ユベントス(イタリア)との対戦が決まった。

 uefa.comが各対戦の対戦成績を発表している。アトレティコ・マドリー(スペイン)は、対レスター・シティ(イングランド)で3勝1分と負けがなく、やや有利なデータが出ている。

 またドルトムント(ドイツ)とモナコ(フランス)は過去に対戦がない。ただしドルトムントは過去7回の準々決勝で5回突破。モナコは過去4回の準々決勝で2回勝っているという。

 注目のバイエルン対R・マドリーはバイエルンの11勝2分10敗と拮抗。ただし準々決勝での同対戦は過去に2度(87-88、01-02)あり、いずれもR・マドリーが勝利している。

 ユベントス対バルセロナもユベントスの2勝2分3敗と拮抗している。準々決勝での対戦は過去に2度(85-86、02-03)。成績は1勝1敗となっている。

▽準々決勝(左が第1戦ホーム)
アトレティコ・マドリー(スペイン)―レスター・シティ(イングランド)
・Aマドリーの3勝1分0敗、7得点 2失点

ドルトムント(ドイツ)―モナコ(フランス)
・過去に対戦なし

バイエルン(ドイツ)―レアル・マドリー(スペイン)
・バイエルンの11勝2分10敗、33得点 31失点

ユベントス(イタリア)―バルセロナ(スペイン)
・ユベントスの2勝2分け3敗、7得点 10失点

■過去準々決勝成績
アトレティコ・マドリー
5勝3敗

レスター・シティ


ドルトムント
5勝2敗

モナコ
2勝2敗

バイエルン
18勝9敗(6連続勝利中)

R・マドリー
27勝6敗(6連続突破中)

ユベントス
11勝5敗

バルセロナ
14勝4敗

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-01637846-gekisaka-socc
【【海外の反応】『レスターvsアトレティコ』『BVBvsモナコ』CL準々決勝の組み合わせ決定!】の続きを読む

C6bfmHdWgAUGbKO
バルセロナ指揮官のL・エンリケ、奇跡の大逆転勝利に「まるでホラー映画」

バルセロナを指揮するルイス・エンリケ監督が、8日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのパリ・サンジェルマンで起こった“奇跡”を振り返った。

バルセロナはファーストレグを0-4で落とし、ベスト8進出は絶望的だと見られていた。しかし、カンプ・ノウで行われたセカンドレグで奇跡を起こした。ルイス・スアレスのゴールで先制点を奪取したのを皮切りに、次々にゴールネットを揺らした。62分にエディンソン・カバーニにアウェーゴールを決められて万事休すかと思われたが、試合終了間際にネイマールが2ゴールを、そしてセルジ・ロベルトが“決勝点”を決めて大逆転勝利を果たした。

試合後、L・エンリケ監督は「ホラー映画の筋書きのようだった。サスペンスではなくホラーだ」と、この世の出来事とは思えないといった感想を語った。

「素晴らしいスタートを切ることができたし、カンプ・ノウの雰囲気も過去にあまり見たことがないほどのものだった。今日よりテンションの高い試合は1試合しか思い出せない。選手だった時のことだ。今日は選手たちの姿勢を見ることができた。いつもスペクタクルな戦いだが、今日の彼らは最大限のリスクを冒した。あれ以上は不可能だ。わずかな人数だけで守っていた。信じたことがもたらした勝利だった」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00000005-goal-socc
【【海外の反応】バルセロナ、第一戦の4点差をひっくり返す奇跡の逆転劇でチャンピオンズリーグ8強に進出! 】の続きを読む

このページのトップヘ