ブンデスリーガ

GettyImages-654576498
香川、3試合連続フル出場で自信取り戻す「自分をもっと表現したい」

 ボルシア・ドルトムントは、現地時間17日に行われたブンデスリーガ第25節でインゴルシュタットに1-0で勝利を収めた。

 この試合に先発出場したドルトムントの香川真司は、前半に先制点の起点となるスルーパスを通すなど90分間安定したプレーを披露。公式戦3試合連続フル出場で勝利に貢献した。

 ここ1週間で3試合をこなした香川だが、それまではベンチを温める日々が続いていた。そんな中でマルコ・ロイスが負傷したうえ、トーマス・トゥヘル監督がシステム変更に踏み切ったことなどもあってチャンスを掴んだ。

「きつすぎて、ヤバかったですね(苦笑)」と、3試合連続のフル出場を振り返った香川。インゴルシュタット戦は内容がよくなかっただけに、「試合後の疲労感はなかなかスゴかった」という。一方で自らのプレーは好感触だったようだ。

「(プレーに)手応えは感じてますし、自分の状況もいいと思っている。これを続けていくしかないのかなと。ただ、メンバーの層も厚いですし、目に見える結果も求められる。(結果を)常に求めていきたい。あとは自分自身のプレーを出さなきゃいけないと思っているので、個性あるチームの中で最終的に生き残っていくために、自分をもっともっと表現したい」

 リーグ戦は一旦中断となり、香川はこれから日本代表へと合流する。今の好調を維持して日本を勝利に導き、ドルトムントでの終盤戦に向けて弾みをつけたいところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170318-00010004-footballc-socc
【【海外の反応】香川真司、ターンからスルーパスで決勝点を演出! ドルトムントは1-0でインゴルシュタットに勝利】の続きを読む

GettyImages-634730618
トゥヘル監督「今季のわれわれを示した試合」、ドルトムントが最下位に敗戦

【AFP=時事】16-17ドイツ・ブンデスリーガ1部は11日、第20節の試合が行われ、ボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)は1-2で最下位ダルムシュタット98(SV Darmstadt 98)に敗れた。

 攻撃では好機をものにできず、守備では緩さを露呈したドルトムントは、今季リーグ戦4敗目を喫し、順位こそ4位を守ったものの、首位バイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)との勝ち点差は15に開いた。

 リーグトップの17得点を記録しているピエール・エメリク・オーバメヤン(Pierre-Emerick Aubameyang)も、90分間で枠内シュートをわずかに2本しか打てず、ドルトムントは欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2016-17)のベンフィカ(Benfica)戦を前に、理想からほど遠い結果となった。

 ドルトムントのトーマス・トゥヘル(Thomas Tuchel)監督は「今季のわれわれの状態をはっきり示す試合になった。ダルムシュタットはわれわれよりも100パーセントに近く、勝利にふさわしかった」とコメントした。

「われわれは、持っている力をまったく出せなかった。自分たちの力をピッチでほとんど発揮できなかったのが非常に悔しい」

 トゥヘル監督はこの日、10代の選手3人を先発に起用した。これがリーグデビューとなる18歳ゼニス・ブルニッチ(Dzenis Burnic)をDFラインに、もう一人の18歳で米国代表のクリスティアン・プリシッチ(Christian Pulisic)を中盤に、攻撃的な位置で起用したエムレ・モル(Emre Mor)もまだ19歳だった。

 その一方で中盤の香川真司(Shinji Kagawa)、ウイングのウスマン・デンベレ(Ousmane Dembele)とアンドレ・シュールレ(Andre Schuerrle)をベンチスタートとしたが、この選択が結果的には裏目に出た。

 モルもブルニッチも良いプレーをしたとは言えないが、トゥヘル監督は10代の選手たちを必死にかばい、「その二人を敗戦に結びつけるのは禁止にしたい。どんな形であれ、敗戦を彼らのせいにするのは卑怯(ひきょう)だ。彼らに責任はない」と反論した。【翻訳編集】 AFPBB News

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00000013-jij_afp-socc
【【海外の反応】香川途中出場のドルトムント、最下位ダルムシュタットに痛い敗戦】の続きを読む

Cfrw89IUAAEwr_-
第9節の注目カード(2)ドルトムント対シャルケ

Summary     
・ブンデスリーガ第9節、ドルトムントとシャルケが激突    
・通算89回目のルールダービー    
・過去3シーズンの対戦成績はドルトムントの3勝2分け1敗

ブンデスリーガで最も熱い一戦“ルールダービー”が10月29日、ドルトムントのジグナル・イドゥナ・パークを舞台に行われる。低調な試合内容が続くドルトムントに対し、シャルケは上り調子とチーム状態は対照的。8万人を超える大観衆を前に、負けられない一戦を制するのはどちらか。


対戦トリビア

・ドルトムントのリーグ戦3試合未勝利はトーマス・トゥヘル体制下では2度目のこと。4試合未勝利はユルゲン・クロップ時代に経験しているものの、トゥヘル就任後はまだない 

・ドルトムントは今季の総失点が10。首位バイエルンの倍以上の失点を重ねている。4バックの顔ぶれも8試合で7パターンと試行錯誤が続く 

・ドルトムントのソクラティスは今季のリーグ戦で最も競り合いに強いプレーヤー。同選手がピッチに立っている時のドルトムントは平均で90分に1失点なのに対し、不在時は45分に1失点となる 

・ドルトムントに復帰したマリオ・ゲッツェは、今季リーグ戦302分出場でわずかシュート2本。シャルケとのダービーは過去8試合に出場していまだノーゴール 

・直近の3試合に限れば、シャルケの勝ち点7はホッフェンハイム、ライプツィヒに次ぐ3番目の好成績。一方、この期間に未勝利のドルトムントはリーグで13番目の成績となる 

・シャルケは直近3試合でリーグ最多の8ゴールを挙げている。また、その8ゴールのうち6ゴールは新戦力が決めたもの 

・シャルケのクラースヤン・フンテラーはドルトムントとのダービーで通算5ゴールを挙げているが、これは同クラブのダービー歴代最多得点記録 

・シャルケのナビル・ベンタレブは直近のリーグ戦2試合で3ゴールの活躍。ブンデスリーガではアルジェリア出身選手初となるドッペルパック(1試合2得点)も達成している

1107172_imgw750


歴史的なデータ 

・通算成績はドルトムントの32勝、シャルケの30勝。僅差ながらドルトムントに軍配が上がる 

・最近のダービー6試合でドルトムントが負けたのは、2014年9月に敵地で行われた1戦のみ 

・ダービーがスコアレスドローに終わったのは過去に9試合。ブンデスリーガでは最もスコレスドローが多いカードとなる 

・シャルケは直近のダービー3試合で8失点を喫しており、勝ち点はわずか1止まり 

・今世紀に入り、シャルケが最も多く勝利しているアウェーゲームはドルトムント戦。2001年以降で7勝を挙げている 

・ドルトムントのホーム最大得点差勝利:7-0(1966年2月26日) 

・シャルケのアウェー最高成績:4-0(2000年9月23日) 

・歴代最多観客数:8万3000人(※過去に2度記録、直近は2004年12月5日)


予想ラインナップ 

ドルトムント(4ー1ー4ー1)
ビュルキ;ピシュチェク、ソクラティス、バルトラ、パスラック;ワイグル;プリシッチ、カストロ、ゲッツェ、デンベレ;オバメヤン

シャルケ(4ー2ー3ー1)
フェアマン;ヘーベデス、ナルド、ナスタシッチ、ババ;ガイス、ベンタレブ;コノプリャンカ、ゴレツカ、チュポモティング;フンテラー

http://www.bundesliga.com/jp/news/%E7%AC%AC9%E7%AF%80%E3%81%AE%E6%B3%A8%E7%9B%AE%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89_%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A0%E3%83%B3%E3%83%88%E5%AF%BE%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%B1.jsp
【【海外の反応】「シンジを解き放て」シャルケ戦前のドルトムントサポーターの反応【ルールダービー】】の続きを読む

f6743_1532_edbf1faed24b71ae868639e4670fae15
2戦連発の大迫、独メディアで絶賛止まず「完璧なファーストタッチ」「あらゆる場所に現れる」

FW大迫勇也はまたもケルンでその決定力を見せつけた。25日に行われたブンデスリーガ第5節でRBライプツィヒ相手に2試合連続ゴールをマーク。ドイツメディアはすでに試合途中の段階から同選手の好調ぶりを絶賛している。

21日のシャルケ戦で久々にゴールを記録した大迫はライプツィヒ戦でも同点弾を決めた。ドイツ『キッカー』は、ゴールシーンについて「最高なファーストタッチでボールを受けた大迫は、角度がないところからクロスバーの下に叩き込んだ。相手GKグラチシーに阻止のチャンスを与えず」と伝え、「あらゆる場所に現れる」「彼の自信はすぐにも感じ取れる」とその存在感に感銘を受けている様子で試合速報を続けた。

ドイツ『ビルト』も絶賛。大迫の同点弾を「絶品」と形容する同メディアは、「日本人選手はゴール場面でほとんどスペースがなかった」とするも、「それでも完璧なファーストタッチで元ドイツ代表DF(マルヴィン・コンパー)を交わし、角度がないところからニアにシュートを放った」と実況した。

一方、地元の『エクスプレス』はもちろんケルン寄りのマッチレポートを展開。大迫は「相手ペナルティーエリア内で2人の相手選手を上手く振り切り、ボールをクロスバーの下に突き刺した」と伝え「ユウヤアアアア!」と喜びを爆発させている。

大迫は後半、エルボーが相手の顔面に当たったため、イエローカードを提示され、72分には交代。今シーズンまだ黒星を喫していない同士の対決は1-1に終わり、ケルンは3位に、ライプツィヒは7位につけた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00000028-goal-socc
【【海外の反応】大迫勇也がまた決めた!衝撃走るスーパーゴールでケルンに勝ち点1をもたらす ブンデス公式のMOTMにも選出される】の続きを読む

Cs5nNLKXEAAqSwh
ケルン大迫勇也の今季初得点を独メディアが「ドリームゴール」と絶賛…独2大誌も高評価

21日に行われたブンデスリーガ第4節シャルケ対ケルンは、アウェーのケルンが3-1で勝利を収めた。この試合に先発出場したFW大迫勇也は38分に貴重な同点弾を決めた。現地メディアからは「ドリームゴール」と絶賛されている。

ケルンは36分、シャルケのFWヤン・クラース・フンテラールに決められて先制を許したが、その2分後に大迫が昨シーズンの開幕節以来となる今季公式戦初 ゴールを記録。フランス人FWアンソニー・モデストがボールを落とし、ゴール前約16メートルの位置から大迫が右足を振り抜くと、ボールはGKの手をかす めてゴールに吸い込まれた。

ドイツ『エクスプレス』は「ドリームゴール」と形容し、大迫がその得点によって「最近の力強いパフォーマンスに対して、自分自身を報いた」と記している。 また「美しいゴールで印象的な好調ぶりを飾った」「彼は数週間前から説得力のあるプレーを見せている」と、今回のゴールが決してフロックではないと評して いる。

ドイツの2大誌も大迫のパフォーマンスを高く評価。『ビルト』ではモデストやGKティーモ・ホルン、DFメルギム・マヴライの3人と並んで「2」とチーム最高タイの採点がつけられた。(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

また『キッカー』では、「2.5」とチーム単独トップのモデストに次いで2位タイ。なお、大迫のゴールをアシストし、自らも得点を奪ったモデストには「2」が与えられ、マン・オブ・ザ・マッチと第4節のベストイレブンに選出されている。

今シーズン、いまだに負けなしのケルンは25日の第5節で、同じくまだ黒星を喫していないRBライプツィヒと対戦する。大迫はチームとともに調子を維持できるのか、注目される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160922-00000030-goal-socc
【【海外の反応】好調ケルン、大迫勇也の凄まじい同点弾からシャルケに逆転勝利を収める 独紙も高評価】の続きを読む

このページのトップヘ