プレミアリーグ

muto-top
武藤嘉紀に英メディアが最高タイ評価 待望のプレミア初得点で「自らの正当性を証明」

敵地マンU戦で初先発初ゴールも…チームは痛恨の3連続失点で大逆転負け

 ニューカッスルの日本代表FW武藤嘉紀が、強豪マンチェスター・ユナイテッド相手にプレミアリーグ初先発を飾り、初ゴールまで奪った。その活躍に、地元メディアもチームトップタイ評価を与えた。

 敵地オールド・トラッフォードでのプレミアリーグ第8節、試合前の会見でラファエル・ベニテス監督から先発起用をほのめかされていた武藤はその言葉通り、敵地での一戦でスタメンに名を連ねた。前半7分にブラジル人MFケネディのゴールで先制してからわずか3分後、ついに待望の瞬間が訪れた。

 右サイドからのクロスボールをゴール前で受けた武藤はボールをキープし、素早く反転しながら左足でシュート。スペイン代表の名手GKダビド・デ・ヘアが守るゴールに強烈なシュートを突き刺し、チームのリードを2点に広げた。

 データ会社「オプタ」によれば、ユナイテッドが本拠地オールド・トラッフォードで前半10分までに2失点したのはプレミアリーグで初めてだったという。ニューカッスルは終盤に3失点して大逆転負けを喫したが、武藤の一撃は“赤い悪魔”を追い詰めた。

 そして、その活躍はやはり好印象を残していた。英地元メディア「クロニクル・ライブ」の採点では、GKマルティン・デゥブラフカと先制点のケネディに並ぶ「8点」と高評価となっている。

「彼は自らの正当性を証明したようだ。美しいフィニッシュでリードを奪い、素晴らしいヘディングで2点目も決められそうだった。グラウンドを駆け回った」

 持ち前のフィジカル能力の高さと得点感覚を遺憾なく発揮し、指揮官の期待に応えた武藤。チームはいまだ勝利がない状況だが、この試合でのゴールが前線のポジション争いにも影響を及ぼすことになるだろうか。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181007-00139705-soccermzw-socc

【「支配していた」マンU戦で初ゴールの武藤嘉紀をニューカッスルファンが絶賛】の続きを読む

muto
武藤嘉紀がマンU相手にプレミア初ゴール!初スタメンの起用に応える

今夏ニューカッスルに加入した日本代表FW武藤嘉紀が、マンチェスター・ユナイテッドを相手にプレミアリーグ初ゴールを奪った。

 6日、ニューカッスルはプレミアリーグ第8節でユナイテッドの本拠地に乗り込んだ。移籍後リーグ戦初スタメンで1トップに入った武藤は、1点リードの前半10分に待望のゴールを奪う。

 右サイドからMFジョンジョ・シェルビーが右足でクロスを送り、PA中央でゴールを背にして武藤が足もとにおさめ、反転から左足シュート。コースは甘かったが、GKダビド・デ・ヘアが守るゴールに突き刺し、2-0とした。

【「頬をつねってくれ」武藤嘉紀が初先発のマンU戦で衝撃のプレミアリーグ初ゴール 海外のサッカーファンの反応】の続きを読む

432CFA6C00000578-4782982-image-a-60_1502480875543
開幕弾の岡崎慎司は上々の評価。「疲れ知らずでゴールを決め、諦めなかった」

レスター・シティのFW岡崎慎司は、11日に行われたプレミアリーグ開幕戦のアーセナル戦でゴールを決めた。現地メディアは同選手の活躍を高く評価している。

 レスターは開始2分で先制を許したが、その3分後に岡崎がヘディングで同点弾を決めた。その後、FWジェイミー・ヴァーディーの2ゴールがあったレスターだが、終盤の失点で3-4と敗れている。

 『デイリー・ミラー』は、この日の岡崎に「7」を付けた。これはヴァーディーに次ぐチーム2位タイの評価。「疲れ知らずに動き回り、ゴールを決め、どんなボールに対しても諦めなかった。グッド」と寸評を記している。ただし、チーム全体に好印象だったようでレスターの最低点は「6」となっており、岡崎の活躍が際立っていたという評価ではない。

 『デイリー・メール』でも岡崎の採点は「7」だった。ヴァーディーに「8.5」を付けた同紙はより幅をもたせており、「7」の評価はチーム4位タイとなっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170812-00225993-footballc-socc
【【海外の反応】岡崎慎司、プレミア開幕戦のアーセナル戦で同点弾を決める!】の続きを読む

bosman-2017-keisuke-honda_du123c5p7g8k1tz076tunci9l
ミラン、手薄のウィング補強へ…本田圭佑去就への影響は?伊紙「放出の意志はない」

ミランは今冬の移籍市場において、ウィングのバックアッパーの補強を急いでいる。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

ミランの両ウィングは現在、MF本田圭佑、MFジャコモ・ボナヴェントゥーラ、FWスソ、FWエムバイェ・ニアンの4選手しかおらず、手薄の状態が続いている。

このためミランは、両ウィングのバックアッパーとなる選手の獲得を急いでいるという。今シーズンのミランは、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の下、若手主体のチームとして結果を出している。そのため、スソやニアンのような若き才能の発掘を目指していると見られる。

そこで注目されているのがエバートンのFWジェラール・デウロフェウ、U-21スペイン代表でも活躍する期待の若手選手だ。アドリアーノ・ガリアーニCEOが獲得に向けて既にレンタル移籍のオファーを出したものの、エバートンの答えは「ノー」の即答だったと見られる。

しかし、ガリアーニCEOは移籍の実現に向けて、エバートンとの交渉を続けており、レンタル移籍に買い取りオプションを加えた上で、再オファーを試みると見られている。

なお、ウィングで同ポジションを争う本田に関して、複数のイタリアメディアから今冬の移籍の噂が頻繁に叫ばれている。今後の去就を巡って、ガリアーニCEOとの面談も予定されているが、ウィングの選手層が手薄なこともあり、「ミランに本田を放出する意志はない」との見方も報じられている。

エバートンのデウロフェウとの交渉も含め、今後のミランの動向は注目されるところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-00000008-goal-socc
【【海外の反応】プレミア?MLS?残留? 本田圭佑の去就はどうなる?】の続きを読む

english_premier_league_logo_epl

【【海外の反応】海外「プレミアリーグで1ゴール観るのに掛かるコスト」】の続きを読む

このページのトップヘ