ベイル

Mohamed-Salah-1022208
サラーがプスカシュ賞を受賞! 名物ダービーでの鮮やかな一発

FIFA(国際サッカー連盟)は24日、ロンドンで「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2018」を開催し、最優秀ゴールのFIFAプスカシュ賞を発表した。

 今年のプスカシュ賞には、リヴァプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーのゴールが選出された。このゴールは、昨年の12月10日に行われたプレミアリーグ第16節・エヴァートンとの“マージーサイド・ダービー”で生まれた。右サイドでパスを受けたサラーが競り合った相手選手をなぎ倒して中央に侵入。そのまま左足を振り抜くと、美しい軌道のシュートがゴール左上隅に決まった。 

 ファン投票によって決められるプスカシュ賞。FIFAは公式サイトで、サラーのゴールが38パーセントの支持を得たと伝えている。昨年はアーセナルに所属していたフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが受賞。クロスを左足のヒールで合わせた華麗な“スコーピオン弾”がファンの人気を集めた。

 また、チャンピオンズリーグ(CL)決勝でレアル・マドリードのガレス・ベイルが決めたバイシクルシュート、CL準々決勝のユヴェントス戦でレアル・マドリードに所属していたクリスティアーノ・ロナウドが決めたオーバーヘッド弾などのゴールがノミネートされていた。

【「茶番だ」サラーがプスカシュ賞を受賞も...海外のサッカーファンは疑問視】の続きを読む

36053E0200000578-3677777-image-a-70_1467838759601
ベスト4に胸を張るウェールズ監督、ポルトガルに賛辞 「彼らの優勝を願う」

ウェールズ代表のクリス・コールマン監督は、6日のユーロ2016準々決勝で敗れたチームに賛辞を寄せ、一方でポルトガル代表の健闘も祈った。

FWクリスティアーノ・ロナウドに先制点を許し、そのC・ロナウドのお膳立てからMFナニの追加点を献上したウェールズは、惜しくもファイナルへの切符を逃した。だが、初出場ながら快進撃を続けたウェールズには賛辞が寄せられている。

コールマン監督は試合後の会見で、MFアーロン・ラムジーの出場停止が響いたことを認めつつ、チーム全体の疲労も影響したと述べている。

「誰でもアーロンの不在は嘆くだろう。特に彼のプレーぶりを考えればね。でも、11人だけじゃないんだ。チーム全体なんだよ。私はアンディ・キングのプレーに満足だ。彼はスペースを見つけるうえでファンタスティックだった。だが、今夜の我々は少し疲れていたようだ」

「(ガレス・)ベイルもチーム同様に人間だ。彼は頑張ったし、できる限り走って、挽回しようと全力を尽くした。だが、私は選手たち全員を誇りに思う」

前半をスコアレスで終えたウェールズは、50分にC・ロナウドの先制点を許した。コールマン監督はビハインドを背負ったのが痛かったと述べている。

「先制点が決定的となった。前半はタイトな試合だったんだ。我々はリズムをつかめず、流れを持ってくることができなかった。だがポルトガルをたたえなければいけない。うまくボールを守り、スペースを潰した」

「先制点を許したとき、我々は5分間集中を失った。こういうクオリティーのあるチームとの対戦では、それではやられてしまう。彼らはそれを生かした。だ が、勝つときもあれば負けるときもある。我々はたくさん勝ってきた。今夜は負ける番だったんだ。良い気分じゃないが、ポルトガルを祝福したい。そして、彼 らが決勝で勝つことを願っているよ」

ポルトガルが対戦するのは、開催国フランスか世界王者ドイツだ。ポルトガルは勝てるかとの質問に、コールマン監督はこう答えている。

「ファイナルではどんなことも起こり得る。ポルトガルはそのプレーぶり、スタイル、そして90分間で勝てていなかったことで激しく批判された。だが、準決 勝に進むには、C・ロナウドだけでなく何かがあるものだ。彼らはとても団結しており、良いプランを持っていて、それを遂行した」

「彼らは決勝で勝てる。相手がフランスだろうが、ドイツだろうがね。少しの気概やチームであることが必要だが、今夜のポルトガルにはそれがあった」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160707-00000016-goal-socc

【【海外の反応】ロナウドが全得点に絡む、ポルトガルがウェールズを破り決勝進出【EURO2016】】の続きを読む

robben smile
オランダ、ロッベン2発でEURO初出場のウェールズに勝利

13日に行われた国際親善試合、ウェールズ対オランダの一戦は、3-2でアウェーのオランダが勝利した。

EURO2016予選を突破して悲願の初出場を決めたウェールズと、まさかの予選敗退となったオランダのゲームは、接戦になった。

32分、オランダは右からヤンマートが上げたクロスにドストが頭で合わせて先制に成功する。

しかし、グループステージを突破したウェールズの力も確かなもので、前半終了間際にCKのチャンスでPKを獲得すると、アレンのシュートはGKに止められたが、こぼれ球をレドリーが詰めて同点として折り返した。

後半に入って55分、オランダが再び勝ち越す。自陣でボールを奪って速攻を仕掛けると、右のロッベンがパスを受けた。得意の形に持ち込んだロッベンは、左サイドからじわじわと中へスライド。中央まで持ち込んで、左足のシュートをゴール左に決める。

だが、ウェールズも諦めない。70分、ショートコーナーを使ってオランダの守備を乱すと、フウスがヘディングで決めて2-2とした。

それでも、最後は役者が決めた。82分、ドストのスルーパスでロッベンが抜け出し、GKとの1対1を危なげなく制して3-2。3度目のリードで勝負を決めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151114-00000043-goal-socc
【「進化してる」ウェールズ戦でのロッベンが止められないと話題に{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ