ポカール

auba800-1502550167
[DFB杯]香川が2か月ぶり復帰!!オーバメヤンのハットでドルトムント4発発進

[8.12 DFBポカール1回戦 リーラジンゲン・アーレン0-4ドルトムント]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)は12日、1回戦を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でリーラジンゲン・アーレン(6部)と対戦し、4-0で快勝した。左肩脱臼で離脱していたMF香川真司もベンチ入りを果たし、後半16分から途中出場した。

 ドルトムントは前半12分、右CKのセカンドボールをつないでMFヌリ・サヒンが前線に放り込むと、PA内右のスペースに抜け出した18歳のDFヤン・ニクラス・ベステがゴール前に折り返し、DFマルク・バルトラが左足で流し込んだ。

 立ち上がりの先制点でその後もゲームを支配すると、前半40分には自陣からのDFソクラティス・パパスタソプロスのロングフィードをFWピエール・エメリク・オーバメヤンがワンタッチで落とし、PA内に抜け出したMFマクシミリアン・フィリップがGKに倒され、PKを獲得。これをオーバメヤンが決めて追加点を奪った。

 2-0で折り返した後半10分、MFマフムード・ダフードの縦パスを受けたオーバメヤンがスピードで2人を振り切ってゴール前に抜け出し、左足で自身2得点目。3-0とリードを広げると、後半16分からはMFアンドレ・シュールレに代わって香川がピッチに入った。

 左肩を脱臼した6月7日のシリア戦以来、約2か月ぶりとなる実戦復帰を果たした香川は中盤のインサイドハーフに入り、積極的にボールに絡んだ。後半35分にはダフードのミドルシュートがディフェンスに当たってゴール前に浮き上がったこぼれ球をオーバメヤンがおさめてシュート。ハットトリック達成でダメ押しの4点目を奪い、チームを初戦突破に導いた。

■1回戦(日本人所属クラブのみ)
(8月12日)
リューネブルガーSK(4部) 1-3 マインツ
レーアーTS(5部) 0-5 ケルン
エルンテブリュック(4部) 0-3 フランクフルト
リーラジンゲン・アーレン(6部) 0-4 ドルトムント

(8月13日)
オスナブリュック(3部) 22:30 ハンブルガーSV
1860ミュンヘン(4部) 22:30 インゴルシュタット(2部)
マクデブルク(3部) 25:30 アウクスブルク
コットブス(4部) 25:30 シュツットガルト

(8月14日)
パダーボルン(3部) 25:30 ザンクト・パウリ(2部)
BFCデュナモ(4部) 25:30 シャルケ
ハンザ・ロストック(3部) 27:45 ヘルタ・ベルリン

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-01642781-gekisaka-socc
【【海外の反応】香川途中出場で復帰! ドルトムントはリーラジンゲンに4-0で完勝!【DFBポカール】】の続きを読む

18739880_1878160755529229_8240801570972950242_n
ドルトムントが5年ぶり4度目のカップ戦制覇!!香川もフル出場でタイトル獲得に貢献

[5.27 DFBポカール決勝 フランクフルト1-2ドルトムント]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)の決勝が27日、ベルリンのオリンピアシュタディオンで開催され、MF香川真司の所属するドルトムントがフランクフルトに2-1で競り勝ち、5年ぶり4度目の優勝を飾った。香川は公式戦3試合連続のフル出場。3シーズン連続で準優勝に終わっていたカップ戦ファイナルでタイトルをもぎ取り、有終の美を飾った。

 前半8分、ドルトムントが幸先よく先手を取った。サイドチェンジを受けたDFルーカス・ピシュチェクが右サイドからゴール前にスルーパスを通すと、PA内右に走り込んだMFウスマン・デンベレが鋭い切り返しでDFをかわし、左足でシュート。立ち上がりのチャンスを生かし、先制点を奪った。

 フランクフルトも前半29分、一瞬の隙を突いて同点に追いつく。高い位置からのプレッシャーでDFソクラティス・パパスタソプロスからボールを奪い、MFミヤト・ガチノビッチが素早くスルーパス。ゴール前に抜け出したFWアンテ・レビッチがGKとの1対1から冷静に右足でゴール右隅に流し込んだ。

 ハーフタイムに2選手を交代したドルトムントは1-1で折り返した後半5分、細かいパス交換からMFマティアス・ギンターのスルーパスに走り込んだ香川がPA内左から左足でシュートを放つが、ゴール前でDFがクリア。同18分にはデンベレがふわりと浮かしたクロスをFWピエール・エメリク・オーバメヤンがオーバーヘッドで狙うと、これもカバーに入ったDFにゴールライン上でクリアされた。

 相次ぐ決定機を生かせなかったドルトムントだが、後半21分、MFラファエル・ゲレイロの浮き球パスに反応したMFクリスティアン・プリシッチがPA内でGKに倒され、PKを獲得。これをオーバメヤンが右足のチップキックでゴール中央に決め、2-1と勝ち越した。

 ブンデスリーガ得点王に輝いたエースの冷静沈着なPKで再びリードしたドルトムントはその後のフランクフルトの反撃も体を張って跳ね返し、2-1のままタイムアップ。国内2冠を達成した11-12シーズン以来、5年ぶり4度目のDFBポカール制覇を成し遂げ、14-15シーズンのドイツスーパー杯以来となるタイトルを獲得した。

 一方のフランクフルトは29年ぶり5度目のポカール優勝ならず。来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得もならなかった。なお、この結果、リーグ戦5位のケルンは来季ELにストレートインで出場。6位ヘルタ・ベルリンがプレーオフから、7位フライブルクが予選3回戦から出場することになった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-01640236-gekisaka-socc
【【海外の反応】ドルトムントが5季ぶりのポカール制覇! 香川はフル出場で優勝に貢献!】の続きを読む

CqfLVYQWcAAyACb
香川「集中できた良いゴール」香川2ゴールの活躍、ドルトムントがDFB杯2回戦へ進出 、DFB杯1回戦後のインタビュー

8月22日、ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)1回戦が行われ、香川真司が所属するドルトムントは敵地でトリアー(4部)と対戦し、3-0で勝利した。フル出場の香川は、先制点を含む2ゴールの活躍だった。 

トリアー 0-3 ドルトムント 

試合が動いたのは8分、ローデから香川、シュアレとつなぎセンタリングが入ると、DFの足に当たりボールがこぼれる。それを後方から入ってきた香川がゴール右に決め、ドルトムントが先制。さらに33分、バルトラがカストロに縦パスを入れ、そこからゴール前にボールが入り、手前のシュアレは触らず、ファーサイドにいた香川がダイレクトでシュート。これが決まってドルトムントが2点をリードする。前半終了間際の45分にも、右サイドを突破したオバメヤンからのセンタリングにシュアレが右足を合わせ、ドルトムントが3-0とした。 

後半に入りまずは50分、ゴール前に入った浮き球をシュアレとGKが競り合い、こぼれたボールを香川が狙ったが、GKがブロック。さらに53分、右サイドからデンベレがセンタリングを入れ、ゴール前のオバメヤンが打点の高いヘディングを放つも、これはクロスバーを叩いた。76分にはゴール前のこぼれ球にラモスが反応し、約7mの距離から強烈なシュート。しかしこれもGKのファインセーブにあい追加点は奪えず。そしてこのまま試合は3-0で終了。ドルトムントが2回戦進出を決めている。

【【海外の反応】香川真司、SVアイントラハト・トリーア戦で2ゴールを決める】の続きを読む

yop
原口が3人抜きから決勝弾、ヘルタが独杯35年ぶり4強…準決勝でドルトと激突

DFBポカール準々決勝が10日に行われ、2部リーグに所属するハイデンハイムと日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンが対戦した。原口は先発出場を果たした。

 ヘルタ・ベルリンは、2回戦のFSVフランクフルト、3回戦のニュルンベルクに続き、またも2部リーグに所属するチームとの対戦となった。公式戦では昨年11月28日のブンデスリーガ第14節バイエルン戦に敗れて以来、7試合負けなしと好調を維持している。

 試合は開始10分にホームのハイデンハイムが先制に成功する。右CKをマーク・シュナッテラーが蹴ると、ニアサイドに飛び込んだアルネ・ファイクがGKルネ・ヤースタインの目の前でボールに触り、ゴールに押し込んだ。

 反撃に出たいヘルタ・ベルリンは失点直後の14分、原口を起点に右サイドを崩し、ウラディミル・ダリダが右足で低いクロスを供給。ミッチェル・ワイザー がヘディングで逸らすと、ファーサイドで待っていたヴェダド・イビシェヴィッチが落ち着いてコントロールして右足でゴール左に流し込み、ヘルタ・ベルリン がすぐに同点に追いつく。

 さらに21分、ワイザーが原口とのパス交換で右サイドを突破すると、右足で低いクロス。ニアサイドに飛び込んだイビシェヴィッチが右足で合わせて、ヘルタ・ベルリンが一気に逆転に成功する。

 攻勢が続くヘルタ・ベルリンは31分、またも右サイドをワイザーがドリブルで突破すると、中央にグラウンダーで折り返す。これをイビシェヴィッチが右足で直接合わせるが、ゴール右上に外れてしまう。前半はこのまま2-1で終了する。

 1点リードで後半を迎えたヘルタ・ベルリンは58分、リードを2点に広げる。左サイドでフリーとなっていた原口がボールを受けると、中央へ向かってドリ ブルを仕掛ける。エリア内左に侵入すると、ボールを取りに来た相手DFを細かいタッチで3人交わし、倒れ込みながら右足でシュートを放つと、ボールはゴー ル右に決まった。昨年9月12日のブンデスリーガ第4節シュトゥットガルト戦以来、約5カ月ぶりの公式戦2得点目となった。

 対するハイデンハイムは82分にPKを獲得し、シュナッテラーがゴール右に冷静に決めて、1点差に迫る。

 試合はこのままヘルタ・ベルリンが逃げ切り、3-2で勝利を収めた。1980-81シーズン以来、35年ぶりのベスト4進出を決めたヘルタ・ベルリンは、準決勝で日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと対戦する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160211-00400167-soccerk-socc
【原口元気、3人抜きの美しい決勝弾! ヘルタ35年振りの独杯4強、香川との日本人対決へ 海外の反応】の続きを読む

top
オーバメヤン今季27得点目…ドルトが快勝で独杯4回戦へ、香川は途中出場

 DFBポカール3回戦が16日に行われ、アウクスブルクと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。香川はベンチスタートとなった。

 ドルトムントは、8月9日に行われた1回戦でケミニツェルに2-0の勝利。10月28日に行われた2回戦ではパーダーボルンと対戦し、香川のゴールも含 む7-1の大勝を収めた。3回戦ではアウェーでアウクスブルクと対戦。今シーズンのブンデスリーガでは、すでに10月25日の第10節で対戦し、5-1の 快勝を挙げている。

 前半はドルトムントが主導権を握るが、得点はなかなか生まれない。40分、ヘンリク・ムヒタリアンのスルーパスに反応したピエール・エメリク・オーバメヤンがエリア内右でシュートを放つが、相手GKマルヴィン・ヒッツに阻まれた。前半はスコアレスで折り返す。

 後半に入ってドルトムントは58分にアドリアン・ラモスを下げて香川を投入。するとその3分後の61分に試合が動く。ムヒタリアンがエリア内右にスルー パスを供給。相手DFにカットされるが、ウカシュ・ピシュチェクが詰めると、ボールはエリア内中央にこぼれる。それにいち早く反応したオーバメヤンがダイ レクトで右足シュートを放ち、ゴール左隅に突き刺さした。オーバメヤンは今シーズン公式戦で27得点目となった。

 先制で勢いに乗るドルトムントは66分に追加点を獲得する。香川のパスを受けたムヒタリアンが、エリア手前中央で右足を振り抜く。シュートは相手DFに 当たってコースが若干変わり、ゴール右隅に決まった。アウクスブルクは終盤に攻勢を見せるが、試合はこのまま終了。ドルトムントが2-0の勝利を収め、4 回戦に駒を進めた。

 アウクスブルクは、19日に行われるブンデスリーガ第17節でDF酒井高徳の所属するハンブルガーSVと、ドルトムントは同日にFW大迫勇也とMF長澤和輝の所属するケルンと対戦する。

【スコア】
アウクスブルク 0-2 ドルトムント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151217-00380565-soccerk-socc


【「シンジ投入→2得点」香川がゲームを変えるアシスト!!ドルトムントはアウグスブルク相手に2-0で勝利{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ