メッシ

Dg82ddzWAAIUkxt
死闘、スターの世代交代…4度目W杯終戦、メッシ奮闘もまたも優勝の夢叶わず

[6.30 W杯決勝T1回戦 フランス4-3アルゼンチン カザン]

 まさに死闘と呼ぶにふさわしい好ゲームを戦ったアルゼンチン代表だが、フランス代表に3-4で敗戦。FWリオネル・メッシの4度目のW杯は16強で終戦。優勝の夢はまたも叶わなかった。

 マークが集まる中でさすがのプレーは見せた。1-1で折り返した後半4分、FKのこぼれ球を拾って押し込むと、コースにいたDFマルコス・ロホが触って流し込む。

 勝ち越し弾を演出すると、再逆転を許し、さらに2点差をつけられて迎えた後半アディショナルタイム3分には、FWセルヒオ・アグエロへピンポイントで当てる浮き球を通して、チーム3点目を演出した。

 しかし2アシストの活躍も、フランスの超新星、FWキリアン・ムバッペの大活躍にかき消されてしまった。スターの世代交代とまで言い切れないかもしれないが、印象付ける結果にはなった。

【海外「フランス対アルゼンチンの試合を10点満点で採点しよう」 海外サポーターの反応【ロシアW杯】】の続きを読む

19b83cb5abc14614923077d9ff389b2c
原口元気、絶対王者相手に会心の4人抜きアシスト「不満をポジティブに変えた」

 ドイツ・ブンデスリーガ第7節が現地時間1日に行われ、ヘルタ・ベルリンは王者バイエルン・ミュンヘンと2-2で引き分けた。

 ヘルタの格上相手のドローを引き寄せたのは、十分な出場機会を得られず苦しんでいた日本人だった。

 先発起用された原口元気は0-2のビハインドで迎えた51分、ペナルティエリアの左手前でボールを受けると、バイエルンの守備陣を引きずりながらドリブルでペナルティエリア内右サイドへ突進していく。4人を置き去りにして折り返し、最後はオンドレイ・ドゥダが追撃の狼煙となるゴールを奪った。

 原口は会心のアシストについて「最近のフラストレーションをポジティブなエネルギーに変えました。自分で打とうかとも思ったけれど、ドゥダを見ました」と振り返っている。コメントは独紙『ビルト』が伝えた。

 同紙は「日本人がスーパーな単独突破でバイエルンのペナルティエリア内へ。4人の相手を退け、ドゥダへクロスを送った」と、原口の一連のプレーを称えている。

 これから日本代表に合流する原口は、バイエルン戦での活躍を弾みに調子を上げられるだろうか。今季の先発は今節が初めてだったが、結果を残し続ければ出場時間は確実に伸びていくだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171002-00233841-footballc-socc
【【海外の反応】原口元気、今季初先発のバイエルン戦で4人抜きアシスト! 公式のマンオブザマッチに選出される】の続きを読む

727a35d6857bdb4643556c46c3d4a592
【【海外の反応】アルゼンチン「うちの代表が強すぎるんだけど」】の続きを読む

top
Barcelona superstar Messi lives in a plus neighbourhood near Barcelona with his young family
メッシ 騒音トラブルで隣家買い上げ

 スペイン1部リーグ、バルセロナのFWリオネル・メッシ(29)がご近所トラブルで隣家を丸ごと買い上げた。

7日付の英紙「ザ・サン」(電子版)は、近所に住むバルセロナの同僚MFイバン・ラキティッチ(28)が「彼(メッシ)は隣人が非常にうるさかったから、家ごと買い上げるしかなかったようだ」と話したと報じた。      

メッシはバルセロナ郊外の高級住宅地カステイダフェルスに自宅を構えている。

スペイン紙「マルカ」などによると、メッシの隣人が金銭面の理由からいくつかの部屋を貸し出したところ、多くの人間が出入りするようになり、ときには部屋で大音量の音楽を流すようになった。      

騒音に悩むメッシ家は隔壁などの対策を検討したが、建築規則で断念。そこで裁判所に提訴した結果、メッシが隣家を買い取ることで合意した。

購入額などは明らかになっていないが、莫大な額となったのは間違いない。

敷地は約2エーカー(約2448坪)にもなり、新たな住居を建築する予定だという。
【【海外の反応】メッシ、騒音トラブルで隣家ごと買い取る】の続きを読む

maxresdefault

【【海外の反応】2016年のメッシ、スアレス、ネイマールのゴールスタッツがやっぱり凄かった】の続きを読む

このページのトップヘ