メッシ

com
 再登板? マラドーナ、無報酬での母国代表監督就任に名乗り。

ついに真打ちが登場か?ディエゴ・マラドーナ氏が、混迷するアルゼンチン代表監督人事に、ついに立候補した。しかも無報酬でということだ。20日、アメリカメディア『ESPNデポルテス』などが報じている。

   米国メディアのインタビューに答えたマラドーナ氏は「ディエゴ・シメオネとは、金銭面での折り合いがつかなかったのだ。私はその点の問題はない」と述べ、「多くの人々が、私が高コストの監督だと思っているようだが、私なら無報酬で代表監督を引き受ける」とコメントした。

   2008年~2010年にかけて代表監督の座についていたマラドーナ氏は、「指揮を執るのが恋しいし、選手やマスコミとやり合ったりするのも今の私に必要だな」と現場の喧噪へ思いも打ち明ける。

  そして代表引退騒動のリオネル・メッシについては「彼と話したい。全ての事から彼を落ちつかせてあげたい」と語り、「バルセロナと代表で疲れ切っているのだ。ゆっくりするべきだ」と気遣った。

   混迷する同国サッカー界を救うべく、ついに名乗り出たアルゼンチンの英雄。果たしてマラドーナ氏の再登板は実現するのだろうか。

http://www.excite.co.jp/News/soccer/20160721/Footballchannel_164893.html
【【海外の反応】マラドーナ「タダで代表監督を引き受けたい」】の続きを読む

Xavi-e-Iniesta

【海外「お気に入りのミッドフィールダーを挙げるスレ」【海外の反応】】の続きを読む

messi
プレーの可否は結石の大きさ次第

クラブは試合開始直前に公式ツイッターでエースの離脱を発表。メッシは前日から腎臓内に結石ができていたために、腹部に痛みを訴えたという。「重症ではな いが、究極の痛みだった。結果としてアルゼンチンの魔法使いは痛み止めを処方されたにもかかわらず、ひどい夜を過ごした」と記事ではレポートされている。

 地元紙「AS」は決勝戦での復帰に関して危惧している。「メッシの決勝の出場の可否は結石のサイズ次第」と分析。結石が尿道を通過できるレベルの大きさなら決勝戦に間に合うが、石が大きければ決勝戦は欠場となる可能性が高いという。

 世界中のサッカーファンがそのプレーを待ち望む天才は、CWC決勝の舞台に立つことができるのだろうか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151218-00010005-soccermzw-socc
【メッシ「すみません、そこ(隣)メッシの座席です」ほか{海外の反応}】の続きを読む

messi
[UCL]メッシが先発復帰でMSNが躍動! バルサ、ローマに6発叩き込む圧巻のゴールショー

メッシ復帰後初先発で2得点
UEFAチャンピオンズリーグ、グループE第5節が24日に行われ、バルセロナとローマと対戦。試合はバルセロナの本拠地カンプ・ノウで開催された。

試合は序盤からバルセロナがボールを保持する展開となる。スコアが動いたのは15分。中盤でボールを持ったネイマールが、ディフェンスラインの裏へ抜け出 したDFダニエウ・アウベスへパスを供給する。すると、並走していたFWスアレスがアウベスのラストパスを受けてシュートを放ち、先制に成功する。

さらに18分、MSNが連携したパスワークから中央を突破する。FWスアレスの浮き球のパスを受けたFWメッシがループシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。復帰後初めて先発起用されたメッシが早速得点を挙げる。

44分、バルセロナが追加点を重ねる。FWネイマールが左サイドからクロスを供給する。これをローマDFが頭でクリアするも、FWスアレスがこぼれ球を拾い倒れ込みながら強烈なボレーシュートを放つ。このシュートがゴール左隅に突き刺さり、3点目となるゴールを挙げた。

73%という圧倒的なポゼッションでローマゴールに攻め込んだバルセロナが、3点をリードして前半を終える。

後半もバルセロナが主導権を握って試合を進める。56分、ネイマール、スアレスとボールをつなぎ、相手ディフェンスラインの裏へ抜け出したメッシが、DF ピケにラストパス。ゴール前に駆け上がったピケは難なく押し込んでゴールを挙げる。さらに60分、左サイドからFWネイマールがドリブルを仕掛け、FWス アレスに折り返しのパスを送る。スアレスはメッシへパスをつなぎ、ボックス内に走りこんできたメッシがシュートを放つ。一度はローマGKシュチェスニーに 阻まれるも、自ら押し込んで得点を重ねた。

バルセロナは攻撃の手を全く緩める様子がない。76分、ネイマールがボックス内で倒されてPKを獲得する。キッカーのネイマールがゴール左隅を狙って蹴り 込むもGKシュチェスニーが弾き出す。このこぼれ球を途中出場したDFアドリアーノが押し込んで、バルセロナがさらにリードを広げた。

82分、ローマに待望の決定機が訪れる。FWゼコがボックス内で倒されてPKを獲得する。これを自ら蹴り込むも、GKテア・シュテーゲンが好セーブを見せ て弾き出す。決定的なチャンスを逃したゼコだったが、後半アディショナルタイムにディーニュによる左サイドからのクロスを頭で合わせて一矢報いるゴールを 挙げる。

ローマが1点を返したところでタイムアップ。バルセロナが6-1のスコアでローマに圧勝した。その結果、バルセロナがグループステージ首位通過を決め、ローマはレヴァークーゼンと勝点5で並ぶ状況となった。

復帰後初めて先発起用されたメッシはフル出場を果たし、2得点と活躍。スアレス、ネイマールとともに連動した攻撃を見せてローマに脅威を与え続けた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151125-00010001-theworld-socc
【バルセロナがローマ戦で魅せたチームゴールが美しすぎると話題に{海外の反応}】の続きを読む

top
バロンドールに興味がないネイマール「常に宇宙人の2人で争われる」

世界年間最優秀選手賞であるFIFAバロンドールは近年、レアル・マドリードに所属するポル トガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシによる一騎打ちの状態が続いている。メッシは 2009年の旧バロンドールと2010年から2012年までのFIFAバロンドールを獲得し、4回連続の受賞を果たした。一方、C・ロナウドは2013 年、2014年と連覇を遂げている。

 今年度はメッシとC・ロナウドに次ぐ有力候補としてネイマールを推す声も多いが、本人は「僕にとっ て大事なことはタイトルを取ることさ。バロンドールは常にロナウドとメッシ、別の惑星から来た2人で争われるものだ。注目してないよ。チームメイトたちを 助けたいね」とコメント。自身が受賞する可能性は低いと考えているようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/10802392/
【海外「前の書き込みより若干劣る選手を挙げていくスレ」{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ