ラニエリ

ラニエリに捧ぐ3発快勝! 新生レスターが9番の大ヒットで難敵リヴァプールを打ち負かす

やはりエースが均衡破る
クレイグ・シェイクスピア暫定監督の下、レスターの新たなストーリーが始まる。昨季のイングランド王者がプレミアリーグ第26節でリヴァプールと激突した。

本拠地キングパワー・スタジアムにユルゲン・クロップ率いる好調リヴァプールを迎えての一戦で、岡崎慎司はバーディと共に最前線で先発出場。立ち上がりから粘り強いチェイシングで相手ボールをカットすると、果敢なドリブルやヘディングから惜しいシュートを放つなど、アグレッシブな姿勢で闘争心を剥き出しに。一方のリヴァプールはハードなプレスを敢行するフォクシーズに苦しみ、なかなか攻撃の形を作り出すことができない。

均衡が破られたのは28分、快速エースの右足によるものだ。オルブライトンのワンタッチスルーパスから超速でリヴァプール守備網を抜け出したバーディが、GKミニョレとの1対1を制し、ニアサイドへ思い切りよく蹴り込む。9番の2017年リーグ戦初ゴールによってホームのレスターが1-0と先制に成功すると、その10分後にもドリンクウォーターが圧巻のボレーシュートで追加点。レスターらしさが滲み出たまま前半は終了し、後半へと折り返す。

リヴァプールはセカンドハーフにおいても引き続き攻撃の行き詰まりを解消することができず、敵の守備網を脅かすに至らない。一方のレスターも岡崎とバーディが少ないタッチ数から効率的な攻撃を展開すると60分、マフレズとの連携から左サイドを突破したフクスが右足でクロスを上げると、ヘッドで合わせたのはバーディだ。この日2点目となるゴールを決め、レスターが3-0とリードを広げる。

しかしリヴァプールも黙っていない。68分にエムレ・チャンのラストパスを受けたコウチーニョが中央を突破すると、ゴール左にグラウンダーのシュートを突き刺し、一矢を報いる。点差を2点に縮めたリヴァプールはその後も果敢に攻め立てるハードなサッカーを披露。しかし、この日のレスターは最後まで集中力を保ち、失点を1に留めると、ホームで3-1と快勝を収めた。

ラニエリはほんの数日前まで部下だった彼らの奮闘をどう見るだろうか。レスターにとって、この勝ち点3は今後の戦いに向けて大きな意味を持つこととなりそうだ。

[メンバー]
レスター:シュマイケル、シンプソン、モーガン、フート、フクス、ドリンクウォーター、エンディディ、オルブライトン(→チルウェル 91)、マフレズ(→グレイ 80)、岡崎慎司(→アマーティ 69)、バーディ

リヴァプール:ミニョレ、クライン、マティプ、ルーカス(→ウッドバーン 84)、ミルナー、ワイナルドゥム、ララーナ(→オリギ 66)、チャン、マネ(→モレノ 66)、コウチーニョ、フィルミーノ

[スコア]
レスター 3-1 リヴァプール

[得点者]
レスター:バーディ(28、60)、ドリンクウォーター(39)
リヴァプール:コウチーニョ(68)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00010004-theworld-socc&pos=3
【【海外の反応】レスター、ラニエリ監督解任後の初戦でリバプールを撃破 岡崎に高評価が集まる】の続きを読む

152BC6EE00000514-0-image-a-3_1487878463091
レスター、成績不振でラニエリを解任…昨季奇跡の初優勝も今季はわずか5勝で残留争い

日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティが、クラウディオ・ラニエリ監督を解任したことを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。

レスターは昨シーズン、奇跡のプレミアリーグの初優勝を果たしながら、今シーズンはリーグ戦25試合でわずか5勝と、残留争いを強いられている。また、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのセビージャ戦にも敗れ、ここ9試合で7敗という深刻な不振に陥り、クラブは解任を決断したようだ。

クラブは素晴らしい成功をもたらしたラニエリに感謝するとともに、決断に至った背景を以下の声明で明かしている。

「レスター・シティはクラウディオ・ラニエリ監督と袂を分かつことを決定した。クラウディオは2015年6月にやってきて、フォクシーズ(レスターの愛称)を昨シーズン、133年の歴史上最も大きな成功に導き、プレミアリーグ初優勝を成し遂げた。間違いなくレスターの監督史上、最も成功を収めた人物だ。しかしながら、現在の国内の成績を見ると、変化の必要性を感じた。痛みを伴うが、必要なことだった」

また、ラニエリの後任は未定で、アシスタントマネージャーのクレイグ・シェイクスピア、コーチのマイク・ストーウェルが指揮を執る見込み。レスターは27日にホームで、リヴァプールと対戦する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00000035-goal-socc
【【海外の反応】レスターシティがラニエリ監督の解任を発表...クラブの決定に批難殺到】の続きを読む

top
「ラニエリに裏切られた…」 移籍志願のレスターFWが不満を爆発

 レスター・シティのFWレオナルド・ウジョアが、自身のツイッター(@Ciclone1923)を通じて、指揮官への不満を爆発させた。英『BBC』などが報じている。

 昨季は、控えでありながらプレミアリーグで29試合に出場し、大事な場面で決勝点を挙げるなど6得点を記録。レスターの“奇跡の優勝”に大きく貢献した。しかし、今季はFWイスラム・スリマニやFWアーメド・ムサが加入したことも影響し、ここまで先発はわずか1試合で、得点も1点にとどまっている。

 そのため、ウジョアは出場機会を求めて移籍を志願。クラブも適切なオファーがあれば放出を容認するとしていた。しかし、サンダーランドやリーガ・エスパニョーラのアラベス、トルコリーグのガラタサライが獲得に興味を示していたにも関わらず、ラニエリ監督は「ターゲットマンがスリマニだけになる。レオには残ってほしい」と方針を変更し、ウジョアに残留を求め、オファーを断ったとされている。

 これを受けてウジョアは、自身のツイッターを通じて、ファンのサポートに感謝しつつも、「ラニエリに裏切られたと感じているし、クラブには失望している。二度と彼らのためにはプレーしない…」と、クラブの対応に不満を露わにしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-01636378-gekisaka-socc
【【海外の反応】ウジョア「ラニエリに裏切られた気分だ、2度とレスターの為にはプレーしない」】の続きを読む

10-Ranieri
ラニエリ、“奇跡の優勝”を成し遂げた2016年は「キャリアで最高の1年だった」

レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督が“奇跡の優勝”を達成した2016年を振り返った。24日、英放送局『スカイスポーツ』が伝えている。

 2015/2016シーズン、前評判を覆し見事にプレミアリーグを制覇したレスター。ラニエリ監督はコッパ・イタリアやコパ・デル・レイの優勝経験はあるものの、30年近くになる監督キャリア初のリーグタイトルとなった。

 ラニエリ監督は「以前はリーグタイトルを取ったことがなかった。だから今年がベストイヤーだ」と語る一方で、「しかし、始めたころを忘れることはできない。ジェイミー・ヴァーディーのようにゆっくり、ゆっくり登ってきて、30年後にリーグを優勝することができた」とノンリーグでもプレーをしていたエースストライカーと自身を重ねている。

 以前、チェルシーで指揮を執っていたラニエリ監督は「私はイングランドに戻って来たかったので、チェアマンとクラブの人々に感謝している。ここにあるフットボールのスピリット、雰囲気、全てを愛している」とプレミアリーグでの指揮を楽しんでいるようだ。

 今シーズンのレスターはリーグ戦では苦戦を強いられているものの、チャンピオンズリーグではグループステージ首位通過と新たな歴史を築いている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161225-00010012-footballc-socc
【【海外の反応】「ラニエリをキープすべきなのか?」投票を行うレスターファン】の続きを読む

CwQYu7-WcAQeuEe
FIFA男子最優秀監督賞の候補10名が発表 “奇跡の優勝”演出のラニエリ監督ら

 FIFA(国際サッカー連盟)は2日、年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2016」の男子最優秀監督賞の候補者10名を発表した。

 フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』とのパートナーシップ終了により、今年度からFIFAが新たに設立した「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ」。男女の最優秀選手賞と監督賞は、各国代表の監督とキャプテン、全世界200以上のメディアによる投票に加え、ファンのオンライン投票も反映される。

 発表された10名の最優秀指揮官候補には、昨シーズンのプレミアリーグで日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターの“奇跡の優勝”を演出したクラウディオ・ラニエリ監督や、ユーロ2016でポルトガル代表を初優勝に導いたフェルナンド・サントス監督らが選出。

 ユーロ2016で大会初出場ながらベスト4入りの快進撃を見せたウェールズ代表のクリス・コールマン監督や、昨シーズンのチャンピオンズリーグでレアル・マドリードを11度目の欧州制覇に導いたジネディーヌ・ジダン監督、昨シーズン限りでバイエルンの指揮官をを退任し、今シーズンからマンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督らも選ばれている。

 なお、投票は11月4日~22日にかけて実施され、最終候補3名は12月2日に発表。表彰式は2017年1月9日にスイス・チューリヒで開催される。

「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2016」の男子最優秀監督賞候補10名は以下のとおり。

クリス・コールマン監督(ウェールズ代表)
ディディエ・デシャン監督(フランス代表)
ジョゼップ・グアルディオラ監督(バイエルン/マンチェスター・C)
ユルゲン・クロップ監督(リヴァプール)
ルイス・エンリケ監督(バルセロナ)
マウリシオ・ポチェッティーノ監督(トッテナム)
クラウディオ・ラニエリ監督(レスター)
フェルナンド・サントス監督(ポルトガル代表)
ディエゴ・シメオネ監督(アトレティコ・マドリード)
ジネディーヌ・ジダン監督(レアル・マドリード)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161103-00510955-soccerk-socc
【【海外の反応】FIFA「2016年男子最優秀監督賞の候補者はこの10人だ」】の続きを読む

このページのトップヘ