リバプール

klopp1
乱打戦を制したリバプール、勝利の代償はクロップ監督の眼鏡

【1月24日 AFP】15-16イングランド・プレミアリーグは23日、第23節の試合が行われ、リバプール(Liverpool FC)は終了間際にアダム・ララーナ(Adam Lallana)が決勝点を奪い、ノリッジ・シティ(Norwich City)との乱打戦を5-4で制したが、ユルゲン・クロップ(Jurgen Klopp)監督はゴールを喜ぶあまりに眼鏡を失ってしまった。

  リバプールは前半18分、ジェームス・ミルナー(James Milner)のパスからロベルト・フィルミーノ(Roberto Firmino)のゴールで先制するも、ホームのノリッジはデュメルシ・エムボカニ(Dieumerci Mbokani)、そしてスティーヴン・ネイスミス(Steven Naismith)の移籍後初得点で逆転した。

   さらにウェスリー・フーラハン(Wesley Hoolahan)にPKを決められて、ノリッジに1-3と突き放されたリバプールだったが、そこからジョーダン・ヘンダーソン(Jordan Henderson)のゴールで1点差に迫ると、フィルミーノのこの試合2得点目で同点に追いつき、後半30分にはミルナーのゴールで再びリードを奪うことに成功した。

   そして迎えた後半ロスタイム、ノリッジのセバスティアン・バソング(Sebastien Bassong)のゴールでまたしても同点に追いつかれてしまったリバプールだが、それから4分後、ララーナが激闘に終止符を打つ決勝点を挙げた。

   ララーナは得点を決めた直後、タッチラインのそばにいたクロップ監督に抱きつくと、そこにほかの選手も続々と駆けつけて人の輪ができた。クロップ監督によると、その際に眼鏡が鼻の上からどこかへ飛ばされてしまったという。

   クロップ監督は試合後、「普段から予備の眼鏡を用意しているんだが、見つからなくてね。眼鏡をかけずに眼鏡を見つけることは大変なんだよ!」とご機嫌に語った。  「もちろんわれわれはラッキーだった。だけど、それをいうなら相手が後半ロスタイムに決めた同点ゴールの方がラッキーだった」  「ものすごく興奮した。チームはかなり混乱していたが、そこからよく盛り返した。意図したサッカーができた時間もあれば、そうでない時間もあった。ストーリー性たっぷりの試合だった」

  一方、敗れたノリッジのアレックス・ニール(Alex Neil)監督は、「とても悔しい。今週はよく頑張っていたし、良い試合をみせたが、守備が少し混乱していた」とコメントした。

http://www.afpbb.com/articles/-/3074309
【「イカれてる」クロップのメガネも壊れる!熱く激しいセレブレーションが話題に!{海外の反応}】の続きを読む

top3
クロップ就任後初の補強 リヴァプールが19歳MFグルイッチ獲得を発表へ

リヴァプールは、レッドスターMFマルコ・グルイッチの獲得を4日に発表することになりそうだ。選手本人がその見通しを明らかにしている。

レッドスターは先月23日の時点で、グルイッチに対するリヴァプールからのオファーを受け入れたことを明らかにしていた。同選手の父親は現時点でのプレミアリーグ移籍に反対の声を上げていたが、やはり移籍の成立は確実となったようだ。

グルイッチがソーシャルメディアの自身のアカウントで、「1月4日にリヴァプールの選手になる」と投稿して移籍を明かしたとして、イギリス複数メディアが伝えている。

リヴァプールはレッドスターに510万ポンドを支払ってグルイッチを獲得した上で、今シーズン末まではレンタルの形でレッドスターに残すことになる。

現在19歳のグルイッチは昨年5月に開催されたU-20ワールドカップの優勝メンバーであり、現在はU-21セルビア代表でもプレー。リヴァプールにとっては、10月に就任したユルゲン・クロップ監督による最初の補強となる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160104-00000015-goal-socc
【リバプールサポ「クロップはドルトムントを優勝へ導くまでに25人の選手を売ったワケだが..」{海外の反応}】の続きを読む

klopp
クロップ・リバプールが本領発揮! マンC相手に4発快勝

【マンチェスター・シティ 1-4 リバプール プレミアリーグ 第13節】

 イングランド・プレミアリーグ第13節が現地時間の21日に行なわれ、ユルゲン・クロップ監督が率いるリバプールはアウェイでマンチェスター・シティと対戦した。

 クロップ監督が就任以降、着実に調子を上げているリバプールは、マンチェスター・シティ相手に果敢に攻め立てる。すると、開始早々の7分DFマンガラがオウンゴールを犯してしまい、リバプールがあっさりと先制に成功する。

 これで勢いづくリバプールは23分にはコウチーニョが鮮やかなボレーシュートを決めて追加点を奪う。32分にはフィルミーノもゴールを奪い、3-0とリードを広げる。前半終了間際にアグエロが一点を返し、1-3でハーフタイムを迎える。

 後半も試合を支配したリバプールは81分にシュクルテルが豪快にミドルシュートを突き刺し、4-1で快勝を収めた。シティはこの敗北で首位から陥落している。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151122-00010009-footballc-socc
【「新時代の夜明けだ」リバプールがアウェイでシティに圧勝!クロップに集まる称賛の数々!{海外の反応}】の続きを読む

kagawaa
恩師のリバプール監督就任で香川が英国で再評価 英紙「名将クロップ最高の補強」

リバプールの新監督に就任したユルゲン・クロップ監督は欧州屈指の名将という評価を欲しいままにしている。ドルトムントで2010-11シーズンか らリーグ連覇を達成し、12-13シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ準優勝の実績を誇る。その手腕はもちろん、若手の育成にかけても優れた才能を 持つ指揮官として知られている。

 

 英地元紙「リバプール・エコー」では、ドルトムント時代のクロップ監督による補強を分析。その中で名将が「バーゲン」で獲得した5人の若き原石が 紹介された。そしてドイツ人戦略家が発掘してきた名だたる才能の中で、2010年にC大阪から獲得した日本代表MF香川真司の名前が筆頭に挙げられてい る。

 

 クロップ政権が、バーゲン価格で獲得した1人目として挙げられたのが香川だ。C大阪からわずか35万ユーロ(約4760万円)で獲得し、瞬く間に チームのキープレイヤーになったと紹介されている。そして12年夏に、マンチェスター・ユナイテッドへ1200万ポンド(約22億円)で移籍。退団の際、 クロップ監督と香川が抱き合って20分間も号泣したという熱いエピソードも併せて紹介されている。

 

 ユナイテッドで2年目以降、出場機会が減少した香川は昨季ドルトムントに復帰。今季は、完全復活を遂げ、開幕から公式戦11連勝というスタートダッシュに大きく貢献した。


http://www.soccermagazine-zone.com/archives/17477

【マンUサポが見る香川真司リバプールへ移籍の噂{海外の反応}】の続きを読む

lewakaga
クロップ監督 リバプールに香川真司を引き抜く可能性は?

リヴァプールは8日、前ドルトムント監督のユルゲン・クロップ氏が新指揮官に就任することを発表した。イギリスのブックメーカー『ウィリアム・ヒル』が「来年1月にクロップが連れてくる選手」のオッズを発表し、ドルトムントの日本代表MF香川真司の名前も掲載された。
香川は2012年6月から2014年8月までマンチェスター・Uに在籍したが、クロップ監督から要請があったとしても、再びイングランドでプレーする可能性は今のところ低いと予想されている。

http://news.livedoor.com/article/detail/10689582/
【「うちに出来るだろうか..」「香川モンスター」ドルトムントのプレー集を見るリバプールサポ{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ