ルーニー

43317F8500000578-4784752-image-a-171_1502551309832
ルーニーの華麗なる古巣復帰弾にエバートンファン歓喜 「僕のヒーロー」「伝説だ」

13年2カ月28日ぶりにエバートンの一員としてプレーし決勝弾 SNSに称賛の声

 今夏に13年ぶりの古巣エバートンへ復帰したFWウェイン・ルーニーが、12日に行われたストーク・シティとのリーグ開幕戦で決勝ゴールをマークして1-0の勝利に貢献した。レジェンドの華麗なる帰還にファンも歓喜の声を上げている。

 ルーニーは3-4-2-1システムの2シャドーの一角として先発出場。クラブ公式サイトによれば、ルーニーがエバートンの選手としてプレーするのはこれが13年2カ月28日ぶり。メモリアルな一戦で、ルーニーは早速大仕事をやってのけた。

 前半アディショナルタイム1分、エバートンは巧みなパスワークから右サイドのFWドミニク・カルバート・レヴィンへ展開。ダイレクトでクロスを送ると、走り込んだルーニーがヘディングで合わせてゴールネットを揺らした。これが決勝点となって、エバートンは白星発進となった。

 クラブ公式ツイッターは「ウェイン・ルーニー、なんて瞬間だ!!!!」とゴールを速報。このツイートに対し、サポーターからはルーニーを称えるリプライが相次いだ。


「鳥肌が立った」「彼を嫌う人を黙らせる」

「おめでとうワッザ(ルーニーの愛称)、常にあなたを愛してるよ」
「プレミアリーグのレジェンド」
「僕のヒーローだ」
「鳥肌が立った」
「伝説だ。彼は今季より多くのゴールを決めて、彼を嫌う人たちを黙らせるだろう」

 昨季、マンチェスター・ユナイテッドではレギュラーの座を失ったイングランドの英雄が健在ぶりを示した。待ち望んだエバトニアンたちも大歓声でレジェンドの復帰を歓迎している。

【【海外の反応】13年ぶりに古巣復帰のルーニー、決勝ゴールを決めて喜び爆発】の続きを読む

rooneydeal
サッカー=2年契約でエバートン復帰のルーニー「待ち切れない」

[ロンドン 9日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)の元イングランド代表主将ウェイン・ルーニー(31)が9日、古巣エバートンに復帰した。契約期間は2年間。

ルーニーは「クラブは正しい方向に進んでいると思うし、実力のある選手を抱えている。その一員になり、願わくば成功するエバートンの一翼を担いたい」とコメント。

下部組織からトップ昇格を果たした古巣への復帰については「戻ってくることには特別な感情がある。興奮していて、チームメートに会い、トレーニングピッチでプレーするのが待ち切れない」と話した。

ルーニーはエバートンでデビューした16歳の時にアーセナル戦でゴールを決め、プレミアリーグで大きな脚光を浴びると、2年後に推定2500万ポンド(約36億7000万円)でマンUに移籍した。

マンUでは550試合以上に出場し、クラブ歴代最多の253得点を記録しているが、昨季はジョゼ・モウリーニョ監督の下でレギュラーの座を失った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170710-00000013-reut-spo
【【海外の反応】ルーニーがマンUを退団、移籍先は古巣エヴァートンに決定!】の続きを読む

img_ca7a7b7da12ae6d387c33c39d0b216ed112510
ルーニーの打ちそこないからイブラが決勝点、マンUが辛勝

【AFP=時事】サッカーヨーロッパリーグ(UEFA Europa League 2016-17)は29日、グループリーグ第2節の試合が各地で行われ、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)は、ホームで苦戦を強いられながらもズラタン・イブラヒモビッチ(Zlatan Ibrahimovic)が決勝点を記録し、FCゾリャ・ルハンシク(FC Zorya Luhansk)に1-0で勝利した。

 グループAの第1節でフェイエノールト(Feyenoord)に敗れていたユナイテッドは、ウクライナ1部リーグのゾリャを攻略するのに苦戦していたが、イブラヒモビッチは後半24分、途中出場のウェイン・ルーニー(Wayne Rooney)が放った打ちそこないのシュートのこぼれ球をヘディングで押し込んだ。

 イブラヒモビッチの公式戦出場10試合で6得点目となるゴールで勝ち点3を確保したユナイテッドは、グループA首位のフェネルバフチェ(Fenerbahce)に勝ち点1差としている。ユナイテッドとフェネルバフチェは、10月20日の次節で直接対戦する。

「難しい試合だった」と振り返ったユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ(Jose Mourinho)監督は、「前半に得点を奪うチャンスがあり、それを決めていれば違う試合になったはずだが、われわれはそうすることができなかった」とコメントしている。

「相手の守備は統制が取れていたし、たくさんの選手がボールの後ろにいた。これを攻略するのは困難だが、われわれは勝たなければならなかった」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000008-jij_afp-socc
【【海外の反応】イブラヒモヴィッチ、ルーニーのプレスにイライラする】の続きを読む

maria
マンチェスターの生活を振り返るディ・マリア「娘が苦しんでいた」

パリ・サンジェルマンに所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが、14日付のフランス紙『ル・パリジャン』のインタビューに応えた。

 2014年夏にプレミアリーグ史上最高額の移籍金5790万ポンド(約111億円)でレアル・マドリードからマンチェスター・Uへ加入ディ・マリア。し かし、わずか1年後の今夏には4430万ポンド(約82億3000万円)でパリ・サンジェルマンに活躍の場を移すこととなっている。

 今年1月、当時ディ・マリアが住んでいた家に3人の泥棒が侵入を試みた。警報機の作動に焦った犯人グループはそのまま逃走したが、不安を感じた同選手は その後、家を売却。「正直、僕らは幸せではなかった。最初は少し満足していたけれど、強盗が来てから家族は幸せではなかった。娘が苦しんでいたし、出て行 くことが重要だったんだ」と、当時を振り返る。

 また、「監督と上手くやれていたとも言い難い。だから、パリへ来たことが最高の解決策だったと信じている。去年、マンチェスター・Uへ加入する前にもこ こに来るチャンスはあったけれど、その移籍は実現しなかった。それでも、僕はパリへ行く運命だったんだと思う」と、パリSG加入までの経緯を明かすと、パ リでの生活に満足している様子を口にしている。

http://news.mynavi.jp/news/2015/09/15/010/
【「やはり一流」「...」ディ・マリアのPSG移籍後初ゴール!など{海外の反応}】の続きを読む

gaalsann2
「オランダ人監督は自分のアクセントがきちんとしていると信じるが、マンチェスター・ユナイテッド、キャプテンとの会話に苦労していると打ち明ける」
【ファンハール「ルーニーが何と言ってるのか(英語)理解できない」など{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ