レアルマドリード

2426
鹿島は「秩序があり、とても走る」 ジダン、監督として3つ目のタイトル目指す

  クラブW杯決勝を翌日に控えた17日、試合会場の横浜国際総合競技場で公式会見が行われ、2年ぶり2度目の優勝を目指すレアル・マドリー(スペイン)のジネディーヌ・ジダン監督が出席し、「このカップはとても重要だ。良いサッカーをしたい。対戦相手も我々を苦しめると思うが、準備は万全だ」と決意を述べた。

 準決勝のクラブ・アメリカ戦(2-0)は苦しみながらも勝利。「木曜日の試合(準決勝)はあまりよくなかった。長旅の影響もあったし、ピッチの状態に関しても準備ができていなかった。しかし、今は大丈夫。決勝に向けては準備万端だ」と強調した。

 公式戦無敗記録を「36試合」に伸ばして迎える決勝の相手はJリーグ王者の鹿島アントラーズだ。「ファイナルに来る前に自分たちは準決勝を戦ったが、相手は3試合している。そこで頑張ってきたから、ファイナルに出る」。オセアニア代表のオークランド・シティ(ニュージーランド)、アフリカ代表のマメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)、南米代表のアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)を打ち破ってきた鹿島をリスペクトしつつ、冷静に分析した。

「対戦相手の試合はたくさん見た。秩序のあるチームで、とても走っている印象がある。明日も同じ展開になると思う。この言い方がいいのか分からないが、均衡を破るような、そういう試合にはしたくない。決勝に勝つために臨む。自分たちのベストなプレーをしたい」

 現役時代、クラブW杯の前身にあたるインターコンチネンタル杯を2度制覇。96年にはユベントスの選手として、02年にはレアルの選手として来日し、タイトルを勝ち取った。選手として数々のトロフィーを手にしてきたジダン監督が、指導者として昨季のUEFAチャンピオンズリーグ、今季のUEFAスーパー杯に続く3つ目のタイトル獲得なるか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161217-01634587-gekisaka-socc
【【海外の反応】「幸運を祈る!」南米王者を破った鹿島アントラーズに世界中から祝福と期待の声が集まる!【CWC】】の続きを読む

odeg
ジダンがレアルの17歳神童を称賛 「自らの特性を発揮し、素晴らしいプレーを見せた」

6-1と大勝した国王杯のレオネッサ戦にエデゴーがフル出場

 レアル・マドリードは現地時間11月30日に、スペイン国王杯4回戦第2戦で3部クルトゥラル・レオネッサと対戦し、ジネディーヌ・ジダン監督の長男MFエンツォ・ジダン・フェルナンデスのトップチーム初ゴールなどで6-1と大勝した。公式サイトによると、試合後にジダン監督は会見で「息子にとって幸せだ」と語りつつも、17歳の神童MFについて称賛している。

 3日後にバルセロナとの「エル・クラシコ」を控えていることもあり、ジダン監督はエースFWクリスティアーノ・ロナウドら主力の一部を温存。ノルウェーの神童FWマーティン・エデゴーやMFマルコ・アセンシオ、マリアーノ、DFアルバロ・テヘロといった若手を積極的に起用した。

 試合は開始わずか23秒でマリアーノがネットを揺らし、国王杯でのクラブ史上最速ゴールをゲット。その後は出番に恵まれないMFハメス・ロドリゲスらがゴールを挙げ、3-1で前半を折り返した。ジダン監督は後半開始から愛息子のMFエンツォを投入し、トップチームデビューさせた。すると後半18分、流れるようなパスワークからゴール前でパスを受けたエンツォが右足のシュートでネットを揺らし、初ゴールも記録した。

 ジダン監督は試合後の会見で「エンツォについては父としても、監督としても誇らしい。同様に今夜のチーム全体を誇りに思う」と愛息の活躍と勝利を喜びつつも、「エデゴーやアルバロといった選手全員に満足している」と、彼らの初陣にも満足げな様子だった。


レンタルでの放出も噂されているが…

 特に注目を浴びるのはエデゴーだ。16歳にしてレアルのトップチームでデビューした神童は、クラブの将来を担う一員として期待されたものの、トップチームの分厚い壁に跳ね返され、出場機会に恵まれていない。そのため今冬にはレンタル移籍が噂されるなど、その処遇に注目が集まっている。

 そうしたいきさつもあって、報道陣からエデゴーについて問われたジダン監督は、「どんなことだって起こり得る。1月に何が起こるかは分からない。ただ彼は今夜、18歳にして自らの特性を発揮し、素晴らしいプレーを見せたことは確かだ」と話した。

 世界各国のスーパースターが居並ぶレアルだが、今季も負傷者が続出している。ジダン監督が評価するなかで限られた出場機会を待つのか、それとも武者修行に出るのか。エデゴーの去就は騒がしくなりそうだ。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161201-00010021-soccermzw-socc
【【海外の反応】海外「ウーデゴーアのレアル初先発試合での全タッチを見てみよう」】の続きを読む

ElClasicoBadges-MAIN
全世界が注目する12月3日のクラシコ、キックオフ時間が決定

リーガ・エスパニョーラは10月31日、12月3日と4日に開催される第14節のキックオフ時間を発表した。同3日に行われるバルセロナとレアル・マドリーのクラシコは、現地時間16時15分(日本時間24時15分)のキックオフとなった。

 バルセロナがカンプ・ノウにレアルを迎える今季の第1ラウンド。昨季はリーグ戦のみの対戦となり、15年11月21日の第12節ではアウェーのバルセロナが4-0で快勝したが、16年4月2日の第31節ではアウェーのレアルが2-1でリベンジを果たし、1勝1敗に終わった。全世界が注目する一戦は、日本時間12月3日の24時15分にキックオフされる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161101-01632827-gekisaka-socc
【【海外の反応】クラシコ、中国の視聴者に配慮し夕方開催に】の続きを読む

14500353_1526563660688942_6142364661147061371_o
香川、屈辱のベンチ外。ドルトムントとレアルは大激戦! 互角の戦いはドロー決着

【ドルトムント 2-2 レアル・マドリー チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ】

 現地時間27日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージの試合が行われ、ドルトムントはレアル・マドリーと対戦。両エースがゴールを決め合う接戦の末、ドルトムントとマドリーは2-2の引き分けに終わっている。

 日本代表MF香川真司はフライブルク戦まで公式戦4試合連続でベンチスタートだったが、今回のマドリー戦はベンチ外。反対に好調を維持している22歳のラファエル・ゲレイロと19歳のウスマン・デンベレ、新戦力のマリオ・ゲッツェは先発出場を果たしている。

 試合開始して3分、ゴール真正面でマドリーがFKのチャンスを獲得すると、クリスティアーノ・ロナウドが直接ゴールを狙う。しかし、ゴール枠内を捉えたシュートはGKロマン・ビュルキのスーパーセーブに阻まれゴールを決めることはできなかった。

 対するドルトムントも互角の戦いを見せる。前線までボールを運びシュートを放つがGKケイラー・ナバスのファインセーブでドルトムントも得点を奪えない。すると17分、パス回しからドルトムントの守備を崩したマドリーがC・ロナウドの得点で先制に成功する。

 追いかける展開となったドルトムントは25分、デンベレがペナルティエリア内に侵入し自らシュートを放つがゴール上。しかし43分、ドルトムントのセットプレーからGKナバスがボールを弾き、弾いたボールが相手選手に当たってこぼれたところをピエール=エメリク・オーバメヤンが押し込んで同点。

 追いつかれたマドリーは、前半アディショナルタイムにC・ロナウドがヘディングシュートをゴールに押し込むもオフサイドの判定で2点目ならず。それでも68分、ショートコーナーからゴール前にクロスを送ると一度は味方のシュートがポストに弾かれるもラファエル・ヴァランが詰めてマドリーが勝ち越しに成功し再びリードを奪った。

 ただ、諦めないドルトムントもその直後にゲレイロが強烈なシュートでゴールを狙いマドリーを脅かす。そして87分、右サイドからのクロスをアンドレ・シュールレがトラップし、落ち着いてシュートをゴールに叩き込んだ。結局、白熱した試合は2-2の引き分けに終わりドルトムントとマドリーは勝ち点1を分け合っている。

【得点者】
17分 0-1 C・ロナウド(マドリー)
43分 1-1 オーバメヤン(ドルトムント)
68分 1-2 ヴァラン(マドリー)
87分 2-2 シュールレ(ドルトムント)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160928-00010000-footballc-socc
【【海外の反応】「理由が分からない」香川はチーム外、ドルトムントはレアルマドリードとホームで引き分ける【CL】】の続きを読む

jpg large
「ドルトムントに勝機あり」伝説のGKカーン氏、CLレアル戦を予想

 ドイツ代表、バイエルン・ミュンヘンなどで活躍した伝説的GKのオリバー・カーン氏は、チャンピオンズリーグ(CL)でレアル・マドリーを迎え撃つドルトムントに勝機があると予想する。26日、スペイン紙『アス』が報じている。

 ともに開幕節を白星で飾った両チーム。ドルトムントにとっては最大のライバルをホームに迎える大一番となる。

 ドイツ紙『キッカー』のインタビューに答えたカーン氏は「マドリーは、タイトルを獲得した昨シーズンの状態に近づくにはまだ時間がかかる。だから、彼らがベストフォームでないことを願っている。ドルトムントにとってはいいチャンスだと思う」と見解を述べる。

 現在はテレビ解説者として活動しているカーン氏は、マドリーのジネディーヌ・ジダン監督を「彼はマドリーの空気をよく分かっている。彼自身の経験から世界的なスタープレーヤーたちの扱い方を心得ている」と評価する。

 さらに「ジダン監督は、監督としても成長できるという、元選手たちにとってのお手本だ。なぜなら、彼はよく勉強し準備しており、それを続けているのだ。彼は選手としての偉大なキャリアが、監督としての能力とは違うこと理解していた」と同時代を戦ったライバルを称賛している。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160927-00010003-footballc-socc
【【海外の反応】ドルトムントvsレアルマドリード 試合前の反応【CL】】の続きを読む

このページのトップヘ