レアルマドリード

1472145465885
チャンピオンズリーグ本戦グループL組み合わせが決定!日本人選手所属クラブや死の組は……

UEFAチャンピオンズリーグ(2016-17シーズン)本戦の組み合わせ抽選会が25日、モナコで行われた。

今年のCLは昨シーズンの覇者レアル・マドリーを筆頭に、プレミアリーグでミラクルを成し遂げたレスター・シティ、リーガ優勝のバルセロナ、セリエAでス クデットを掲げたユヴェントス、ドイツの君主バイエルン・ミュンヘンといった各国の王者、強豪クラブが集結した。参加する32チームはポット1~4に分け られ、8つのグループが構成された。

レアル・マドリーは日本代表MFの香川真司が所属するドルトムントと同グループに。バルセロナはマンチェスター・シティと、バイエルンはアトレティコ・マドリーと、アーセナルはパリ・サンジェルマンと同グループとなり、強豪対決が実現する。

また、毎年、抽選会では強豪クラブが集う“死のグループ”ができることで注目を集める。特にポット3、4に入った強豪クラブがどのグループに入るのか、注目された。

しかし、プレミアリーグ3位のトッテナムとリーグ・アン3位のモナコがCSKAモスクワ、レヴァークーゼンといった比較的戦力の均衡した組に入ったことで、「全クラブが欧州屈指の強豪」といったレベルのグループは生まれなかった。

もっとも、ユヴェントスや清武弘嗣所属のセビージャ、リヨンらが入ったグループHなど、厳しい組も。

また、CL初参戦のレスター(岡崎慎司所属)はポルトらと同組となっている。

グループリーグ初戦は9月13日、14日に開催。各グループ上位2チームが決勝トーナメントへ進出。同3位はヨーロッパリーグへ進むことになる。ファイナルは2017年6月13日、ウェールズの首都カーディフで行われる。

なお、グループリーグの組み合わせは以下のとおり。

■グループA
パリ・サンジェルマン(フランス)
アーセナル(イングランド)
バーゼル(スイス)
ルドゴレツ(ブルガリア)

■グループB
ベンフィカ(ポルトガル)
ナポリ(イタリア)
ディナモ・キエフ(ウクライナ)
ベジクタシュ(トルコ)

■グループC
バルセロナ(スペイン)
マンチェスター・シティ(イングランド)
ボルシアMG(ドイツ)
セルティック(スコットランド)

■グループD
バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
アトレティコ・マドリー(スペイン)
PSV(オランダ)
ロストフ(ロシア)

■グループE
CSKAモスクワ(ロシア)
レヴァークーゼン(ドイツ)
トッテナム(イングランド)
モナコ(フランス)

■グループF
レアル・マドリー(スペイン)
ボルシア・ドルトムント(ドイツ)
スポルティング(ポルトガル)
レギア・ワルシャワ(ポーランド)

■グループG
レスター・シティ(イングランド)
ポルト(ポルトガル)
クラブ・ブルージュ(ベルギー)
コペンハーゲン(デンマーク)

■グループH
ユヴェントス(イタリア)
セビージャ(スペイン)
リヨン(フランス)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160826-00000025-goal-socc
【【海外の反応】「死の組だらけ」チャンピオンズリーグのグループ組み分けが決定!】の続きを読む

chicharo_O
チチャリート、レヴァークーゼンからの移籍も除外せず? 「過去2年は最終日に…」

レヴァークーゼンFWハビエル・エルナンデス(チチャリート)は、この夏の移籍市場で他クラブへ移る可能性も完全に否定はしていない。

チチャリートは2014-15シーズンをレアル・マドリーで過ごしたあと、レンタルを終えてマンチェスター・ユナイテッドに復帰。ユナイテッドで昨年のプレシーズンを過ごし、シーズン開幕を迎えたが、移籍市場の終了間際にレヴァークーゼンへと移籍することになった。

安定した出場機会を得ることになったレヴァークーゼンでは本領を発揮し、ブンデスリーガで17ゴールを記録するなどの活躍を見せた。その活躍により他クラブからの関心も噂されることについて、チチャリートは次のように話している。ドイツ『ビルト』が伝えた。

「過去2年の夏は、(移籍市場の)最後の日に移籍することになった。だから分からないよ。マドリッドにもマンチェスターにも残ると思っていたけど、レヴァークーゼンに来ることになったわけだからね」

「今は、この素晴らしいチームの一員であることに満足している。僕らはハングリーで、たくさんのことを成し遂げたいと思っている。僕についての噂が事実なのかどうかは知らないけど、ほかのクラブが欲しがってくれるというのはモチベーションにつながることだよ」

選択肢を閉ざすことはないが、現時点ではレヴァークーゼンでのシーズン開幕に向けた準備に集中しているようだ。

「僕はプロフェッショナルだ。今はレヴァークーゼンのユニフォームを着て、(キャンプ地)オーストリア滞在を楽しんでいる。未来に何があるかは決して分からないものだけど、今は満足だし、ここにいられることをうれしく思っているよ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160805-00000014-goal-socc
【【海外の反応】「留まるべき」チチャリート、移籍の可能性を否定せず】の続きを読む

top
バルサ、世界で最も人気のあるクラブに。ファンが1億人に達する

バルセロナは現在世界で最も人気のあるクラブとなった。2日、スペイン紙『スポルト』が報じている。

  アメリカ経済紙『フォーブス』によれば、バルセロナはインターネット上で最もファンの多いサッカークラブとなっている。ファンの数は実に1億人に達すると のことで、アメリカのナショナル・フットボール・リーグ(NFL)の全32クラブのファン約9800万人よりも多い数字だ。ちなみに2番目にファンの数が 多いのはレアル・マドリーで9980万人とみられている。

 また、バルセロナは本拠地を置くスペイン以外でも、日本、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、メキシコでも高い人気を誇っているとのこと。ちなみにスペインで最も人気のある外国サッカークラブはマンチェスター・ユナイテッドとのことだ。

 2015年はチャンピオンズリーグ(CL)、リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイの三冠達成に加えて、クラブ・ワールドカップ優勝も成し遂げたバルセロナ。世界のクラブサッカーシーンで頂点に君臨しており、まさに黄金時代を謳歌している。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160102-00010019-footballc-socc
【ルーマニア「サポートしてる、尊敬出来る、軽蔑してるクラブを挙げるスレ」{海外の反応}】の続きを読む

navas

スーパーセーブを連発するK・ナバス「止められる確信を持っている」

24日に行われたリーガ・エスパニョーラ第9節、勝ち点で並ぶ2チームによる注目の頂上対決は、レアル・マドリードがアウェーでセルタに3-1で勝利を収めた。

 この試合、チャンスの数ではほぼ互角となったものの、セルタに押し込まれる時間帯が目立ったレアル・マドリード。どちらに転んでもおかしくなかった戦い を制した最大の立役者と言えば、セルタの決定的なシュートをことごとく止めたコスタリカ代表GKケイロル・ナバスだろう。

 試合後のインタビューに応じたK・ナバスは、厳しい戦いを制した重要性を説きながらも、今後に向けて気を引き締めた。

「僕達は難しいスタジアムで勝利を収めることができた。このような試金石の一戦を制したことで、僕達は一段と強くなるだろう。チームは高いモチベーション を持って団結しており、ハードワークの結晶である勝利を満喫している。だが、まだ道のりは長いので、継続性をもって戦い続けて行きたい」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151026-00363792-soccerk-socc
【「神の使いだ」セルタ戦、K・ナバスの魅せたスーパーセーブが話題に!{海外の反応}】の続きを読む

gotze
ドイツとバイエルンに痛手…ゲッツェが筋腱断裂で全治10~12週間に

バイエルンは9日、クラブ公式HPを通じてドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが負傷したことを発表した。

 ゲッツェは、8日に行われたEURO2016予選のドイツ代表対アイルランド代表に先発出場したものの、内転筋を痛めて35分に途中交代していた。翌日に検査を受けたところ、筋腱断裂で全治10~12週間と診断されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151010-00358239-soccerk-socc
【代表ウィーク中に負傷した面子が豪華すぎると話題に{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ