ロナウド

Mohamed-Salah-1022208
サラーがプスカシュ賞を受賞! 名物ダービーでの鮮やかな一発

FIFA(国際サッカー連盟)は24日、ロンドンで「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2018」を開催し、最優秀ゴールのFIFAプスカシュ賞を発表した。

 今年のプスカシュ賞には、リヴァプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーのゴールが選出された。このゴールは、昨年の12月10日に行われたプレミアリーグ第16節・エヴァートンとの“マージーサイド・ダービー”で生まれた。右サイドでパスを受けたサラーが競り合った相手選手をなぎ倒して中央に侵入。そのまま左足を振り抜くと、美しい軌道のシュートがゴール左上隅に決まった。 

 ファン投票によって決められるプスカシュ賞。FIFAは公式サイトで、サラーのゴールが38パーセントの支持を得たと伝えている。昨年はアーセナルに所属していたフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが受賞。クロスを左足のヒールで合わせた華麗な“スコーピオン弾”がファンの人気を集めた。

 また、チャンピオンズリーグ(CL)決勝でレアル・マドリードのガレス・ベイルが決めたバイシクルシュート、CL準々決勝のユヴェントス戦でレアル・マドリードに所属していたクリスティアーノ・ロナウドが決めたオーバーヘッド弾などのゴールがノミネートされていた。

【「茶番だ」サラーがプスカシュ賞を受賞も...海外のサッカーファンは疑問視】の続きを読む

Cz-8rrlXEAAr3os
レアルを焦らせた鹿島守備陣にスペイン紙が高評価…一方で昌子にはやや厳しめ

鹿島アントラーズの守備の堅さや試合巧者ぶりは欧州王者レアル・マドリーを苦しめ、あと一歩のところまで追い詰めた。

18日、鹿島はFIFAクラブワールドカップ決勝戦でレアル・マドリーと対戦。延長戦の末に2-4で敗れたが、90分間はカリム・ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウドといった強力な攻撃陣を相手に2失点で抑えた。その2失点もシュートのこぼれ球を押し込まれた1点目と、PKによる2点目で決して守備網をずたずたに崩されて奪われたものではない。

スペイン紙『マルカ』も欠けていたのは「前線のクオリティー」とし、守備陣の高い集中力を評価している。中でも高い評価を与えたのがGK曽ヶ端準とDF植田直通だ。曽ヶ端には「日本人GKは良いプレーを見せ、クリスティアーノのゴールを幾度か制止した。1対1の場面では当たっていたし、良いプレーを披露していた」とし、植田には「見事なプレーだった。将来が約束された日本のセンターバックの汚点は、(延長戦で生まれた)マドリーの最後の2得点だ。クリスティアーノを抑え切ることができなかった」といった寸評を綴っている。

一方で、植田とともに中央の守備を強固にした昌子源には「守備すべき時の断固たる態度(決断力)は、その最大の長所ではない。確信たるプレーを欠いていた。マドリーの3ゴールは、彼のゾーンをきっかけに生まれている」とやや厳しい評価を与えられている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00000012-goal-socc
【【海外の反応】レアルマドリードと激闘を演じた鹿島アントラーズに世界から絶賛の嵐【CWC】】の続きを読む

CwQYu7-WcAQeuEe
FIFA男子最優秀監督賞の候補10名が発表 “奇跡の優勝”演出のラニエリ監督ら

 FIFA(国際サッカー連盟)は2日、年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2016」の男子最優秀監督賞の候補者10名を発表した。

 フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』とのパートナーシップ終了により、今年度からFIFAが新たに設立した「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ」。男女の最優秀選手賞と監督賞は、各国代表の監督とキャプテン、全世界200以上のメディアによる投票に加え、ファンのオンライン投票も反映される。

 発表された10名の最優秀指揮官候補には、昨シーズンのプレミアリーグで日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターの“奇跡の優勝”を演出したクラウディオ・ラニエリ監督や、ユーロ2016でポルトガル代表を初優勝に導いたフェルナンド・サントス監督らが選出。

 ユーロ2016で大会初出場ながらベスト4入りの快進撃を見せたウェールズ代表のクリス・コールマン監督や、昨シーズンのチャンピオンズリーグでレアル・マドリードを11度目の欧州制覇に導いたジネディーヌ・ジダン監督、昨シーズン限りでバイエルンの指揮官をを退任し、今シーズンからマンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督らも選ばれている。

 なお、投票は11月4日~22日にかけて実施され、最終候補3名は12月2日に発表。表彰式は2017年1月9日にスイス・チューリヒで開催される。

「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2016」の男子最優秀監督賞候補10名は以下のとおり。

クリス・コールマン監督(ウェールズ代表)
ディディエ・デシャン監督(フランス代表)
ジョゼップ・グアルディオラ監督(バイエルン/マンチェスター・C)
ユルゲン・クロップ監督(リヴァプール)
ルイス・エンリケ監督(バルセロナ)
マウリシオ・ポチェッティーノ監督(トッテナム)
クラウディオ・ラニエリ監督(レスター)
フェルナンド・サントス監督(ポルトガル代表)
ディエゴ・シメオネ監督(アトレティコ・マドリード)
ジネディーヌ・ジダン監督(レアル・マドリード)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161103-00510955-soccerk-socc
【【海外の反応】FIFA「2016年男子最優秀監督賞の候補者はこの10人だ」】の続きを読む

36053E0200000578-3677777-image-a-70_1467838759601
ベスト4に胸を張るウェールズ監督、ポルトガルに賛辞 「彼らの優勝を願う」

ウェールズ代表のクリス・コールマン監督は、6日のユーロ2016準々決勝で敗れたチームに賛辞を寄せ、一方でポルトガル代表の健闘も祈った。

FWクリスティアーノ・ロナウドに先制点を許し、そのC・ロナウドのお膳立てからMFナニの追加点を献上したウェールズは、惜しくもファイナルへの切符を逃した。だが、初出場ながら快進撃を続けたウェールズには賛辞が寄せられている。

コールマン監督は試合後の会見で、MFアーロン・ラムジーの出場停止が響いたことを認めつつ、チーム全体の疲労も影響したと述べている。

「誰でもアーロンの不在は嘆くだろう。特に彼のプレーぶりを考えればね。でも、11人だけじゃないんだ。チーム全体なんだよ。私はアンディ・キングのプレーに満足だ。彼はスペースを見つけるうえでファンタスティックだった。だが、今夜の我々は少し疲れていたようだ」

「(ガレス・)ベイルもチーム同様に人間だ。彼は頑張ったし、できる限り走って、挽回しようと全力を尽くした。だが、私は選手たち全員を誇りに思う」

前半をスコアレスで終えたウェールズは、50分にC・ロナウドの先制点を許した。コールマン監督はビハインドを背負ったのが痛かったと述べている。

「先制点が決定的となった。前半はタイトな試合だったんだ。我々はリズムをつかめず、流れを持ってくることができなかった。だがポルトガルをたたえなければいけない。うまくボールを守り、スペースを潰した」

「先制点を許したとき、我々は5分間集中を失った。こういうクオリティーのあるチームとの対戦では、それではやられてしまう。彼らはそれを生かした。だ が、勝つときもあれば負けるときもある。我々はたくさん勝ってきた。今夜は負ける番だったんだ。良い気分じゃないが、ポルトガルを祝福したい。そして、彼 らが決勝で勝つことを願っているよ」

ポルトガルが対戦するのは、開催国フランスか世界王者ドイツだ。ポルトガルは勝てるかとの質問に、コールマン監督はこう答えている。

「ファイナルではどんなことも起こり得る。ポルトガルはそのプレーぶり、スタイル、そして90分間で勝てていなかったことで激しく批判された。だが、準決 勝に進むには、C・ロナウドだけでなく何かがあるものだ。彼らはとても団結しており、良いプランを持っていて、それを遂行した」

「彼らは決勝で勝てる。相手がフランスだろうが、ドイツだろうがね。少しの気概やチームであることが必要だが、今夜のポルトガルにはそれがあった」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160707-00000016-goal-socc

【【海外の反応】ロナウドが全得点に絡む、ポルトガルがウェールズを破り決勝進出【EURO2016】】の続きを読む

robben
メッシ:「C・ロナウドとは競っていないし、彼も僕と競っていないはず」

バルセロナFWリオネル・メッシが、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドと競っているつもりはないと語った。彼が目指しているのは、チームの成功だけなのだ。

メッシは『ヤフースポーツ』でギジェム・バラグ記者のインタビューに応じた。バラグ記者から、C・ロナウドが同時代の選手だったことは助けになったかと問われると、メッシはこう答えている。

「そういうのは、周りが言っていることだ。僕はクリスティアーノと競っていない。彼も同じだと思う。僕が望むのは、チームにとってのベストであり、そのために僕は仕事をしている」

また、リーガエスパニョーラ以外でプレーする可能性については、次のように語った。

「あまり先のことは見たくない。僕は今を生きているんだ。そして今はバルセロナでリーガを戦っている。そこで僕は生きており、とてもうまく過ごしているよ」

【イギリス「1位はメッシだけど...5位は?」{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ