ヴァーディ

15349801_10154780999792769_8330709488731462065_n
なぜ岡崎がベンチスタートなんだ!? 唯一の得点決めた岡崎に英紙&サポーターは最高評価

チームは1-2でまさかの黒星
昨季と違って残留をかけた争いに巻き込まれつつあるレスター・シティは、3日に最下位のサンダーランドと対戦。一部ではエースのジェイミー・バーディがスタメンから外れるとの予想もあったが、指揮官のクラウディオ・ラニエリはエースの爆発にかけてバーディとイスラム・スリマニの2トップを選択した。

しかし、レスター唯一の得点を奪ったのは途中出場のFW岡崎慎司だった。岡崎は後半23分からスリマニに代わって出場すると、後半35分にデマライ・グレイのクロスをフリックする形で合わせてゴールに流し込んだ。結局レスターは1-2で敗れてしまったものの、岡崎は好調を維持している。

この活躍に英『Daily Mail』は岡崎にチーム最高点となる6・5点の評価を与えている。同メディアは岡崎が2人のDFの間に突然現れたと伝え、不甲斐ないチームの中で唯一結果を出したサムライを称えている。一方で先発したバーディとスリマニには最低点となる5点がつけられている。バーディの無得点期間はまだ続いており、なかなかスランプの終わりが見えない。

また、地元紙『Leicester Mercury』のアンケート調査では、サポーターがこの試合のMOMに岡崎を選んでいる。最も票が入ったのは「該当者なし」で45%だが、今のところ岡崎は選手の中では最も高い17%の票を集めている。今回は途中出場だったが、最近のパフォーマンスを見れば先発させるのが妥当だろう。

レスターは最下位のサンダーランドにまで敗れてしまったが、ここからどう立て直すつもりなのか。次節はマンチェスター・シティとの対戦が予定されているが、この状況では勝ち点を獲得するのは難しそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161204-00010006-theworld-socc
【【海外の反応】岡崎先発外しに疑問の声、レスターシティはサンダーランドに敗れる】の続きを読む

CqFLJK8WAAAKTAA
マフレズの去就がついに決着!! レスターと2020年まで契約を延長!!

▽レスター・シティは17日、同クラブに所属するアルジェリア代表MFリヤド・マフレズとの契約延長を発表した。新契約は2020年6月までとなる。

▽昨シーズンのレスター・シティで、リーグ戦37試合で17ゴール11アシストをマークし、プレミアリーグ優勝に大きく貢献したマフレズ。PFA年間最優秀選手賞を受賞した同選手に対してはアーセナルなどのクラブが獲得に興味を示していると噂されており、選手自身も去就について明言を避けていたためその動向が注目を集めていた。

▽主力選手の残留に成功したレスターは、公式サイト上で「リヤド・マフレズと新たな契約を結んだことが発表できて嬉しく思う」と喜びを示した。 

▽昨季のプレミアリーグ王者であるレスター・シティは、中盤の心臓であるフランス代表MFエンゴロ・カンテが、チェルシーに引き抜かれた。しかしアーセナルが興味を示したと言われているイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディは残留しており、今回マフレズも残留したことで主力選手の放出を最小限にとどめた。

http://news.livedoor.com/article/detail/11903031
【【海外の反応】「最高のタイミングだ」マフレズのレスター残留が決定! クラブが契約延長を発表!】の続きを読む

1
日本人3人目のプレミア制覇…歓喜の岡崎「我を失うくらい嬉しい」

プレミアリーグ第36節が2日に行われ、チェルシーとトッテナムが対戦。2-2の引き分けに終わり、日本代表FW岡崎慎司が所属する首位のレスターと2位トッテナムとの勝ち点差が残り2試合で「7」となった。以上の結果、レスターのプレミアリーグ初優勝が決定した。

“奇跡”とも称される優勝を決め、岡崎が自身のツイッター(@okazakiofficial)を更新。「久しぶりに我を失うくらい嬉しくて信じられない気持ちです」と、喜びの声を綴った。

 岡崎は今シーズン、プレミアリーグ第36節終了時点で34試合出場(先発出場は27試合)5ゴールを記録。主力メンバーとして優勝に貢献した。

 なお、日本人選手のプレミアリーグ優勝は史上3回目。元日本代表MF稲本潤一(現コンサドーレ札幌)が2001-02シーズンにアーセナルで、日本代表 MF香川真司(現ドルトムント)が2012-13シーズンにマンチェスター・Uで経験しており、岡崎は日本人として3人目のチャンピオンに輝いた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160503-00437628-soccerk-socc
【【海外の反応】「想像もしなかった」岡崎慎司所属のレスターシティが奇跡のリーグ初優勝を達成!】の続きを読む

top
強いレスター! バーディの2発で完封5連勝!! プレミア制覇へついに残り5戦

[4.11 プレミアリーグ第33節 サンダーランド0-2レスター・シティ]

 プレミアリーグは11日、第33節の2日目を行った。FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは敵地でサンダーランドと対戦し、2-0で勝利した。先発出場した岡崎は後半16分にピッチを後にしている。

 レスターがこの試合で勝利し、同日行われるトッテナム対マンチェスター・ユナイテッドの一戦でユナイテッドが敗れれば、レスターの4位以内が確定。来季 チャンピオンズリーグ出場が決定する。重要な一戦に不動の11人を送り込んだクラウディオ・ラニエリ監督は、降格圏内に沈む18位サンダーランド戦に向け て「サンダーランドも必死だし、我々も必死に戦う」と意気込んでいる。

 レスターは前半15分、DFクリスティアン・フクスの左CKからフリーでDFウェズ・モーガンがヘッドで合わせるもゴール右に外れる。その後はなかなか チャンスを作ることができず、43分にMFマーク・オルブライトンの浮き球パスで左サイドを岡崎が抜け出してマイナスに折り返すも、FWジェイミー・バー ディの左足ボレーはミートしなかった。

 対するサンダーランドは鋭い攻撃からチャンスを演出。前半アディショナルタイム1分、右サイドからカットインしたFWジャーメイン・デフォーのラストパ スをPA内右で受けたFWファビオ・ボリーニが右足を振り抜く。これがモーガンに当たってコースが変わったが、GKカスパー・シュマイケルのファインセー ブに遭う。後半6分のボリーニの強烈なシュートはわずかに枠を外れたが、可能性の感じる攻撃にサポーターの応援にも力が入る。

 直近4試合すべてで1-0で勝利しているレスターは後半7分、MFエンゴロ・カンテのリターンをPA内左で受けた岡崎が左足ダイレクトでゴールを狙うも 枠上に外れる。9分にはカウンターから右サイドを抜け出したバーディが上げたクロスを中央でMFダニー・ドリンクウォーターが受けるも、トラップが大きく なりGKビト・マンノーネにキャッチされる。

 後半17分に岡崎はFWレオナルド・ウジョアと交代したが、21分にレスターに先制点が生まれる。ドリンクウォーターが自陣で相手1人をかわして前線へ フィード。これに反応したバーディが抜け出してPA内左から右足シュートをゴール右隅に流し込み、チャンスをモノにした。バーディは2月14日の第26節 アーセナル戦以来、7試合ぶりの得点となった。

 一撃必殺のカウンターで先制点を奪ったレスターはサンダーランドの反撃を受けるも、主将モーガンを中心に得点を許さず、後半アディショナルタイム5分に バーディがこの日2点目を挙げ、2-0で勝利。これでレスターは5試合連続の完封勝利で5連勝。勝ち点を72に伸ばし、プレミア制覇にまた一歩近づいた。 なお、レスターは残り今季5試合。5位ユナイテッドの結果次第ではまず来季チャンピオンズリーグ出場が決まる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160410-01626265-gekisaka-socc
【【海外の反応】岡崎先発 レスターシティはサンダーランドに2-0で勝利!】の続きを読む

3
岡崎がレスター版ティキ・タカの中心に!評価も“爆上げ”中

最後にボックス内で倒された岡崎に対し主審は笛を吹かなかったが、岡崎を中心にバルセロナの「ティキ・タカ」を彷彿とさせる細かいパスワークを見せたのだ。

 シーズン序盤はプレミアの水に慣れず苦しんだ岡崎だが、最近は絶好調。常に全力でボールを追う姿に一部ファンからは「日本のカイトだ!」と、リヴァプールで活躍した元オランダ代表ディルク・カイト(現フェイエノールト)に例える声も上がっている。

 一方で先月のFAカップ・スパーズ戦でのゴールなど、鋭い切り返しをたびたび見せていることもあり、
 
    「われわれが別のストライカーが必要だと言ってから(チームは)誰も獲得していない…。岡崎がメッシになっています苦笑」(レスターサポーター)     

 「岡崎 > メッシ」(リヴァプールサポーター) 

 と、岡崎をメッシに例えたり、対戦相手のサポーターが「メッシ以上だ!」とつぶやく声もあった。冗談半分であろうが、その調子の良さがうかがえるだろう。

 また、ファンの間からはレスターの攻撃の核となっているヴァーディ、岡崎、マフレズの3人を、メッシ、スアレス、ネイマールのいわゆる「MSN」に比較する声まで出始めている。    

 「バルセロナにはネイマール、スアレス、メッシがいるかもしれないけど、レスターには岡崎、ヴァーディ、マフレズがいる!」     

 「岡崎、ヴァーディ、マフレズ - 2015-16プレミアの勝者     ネイマール、スアレス、メッシ - 2015-16リーガの勝者」  

実際、レスターのクラウディオ・ラニエリ監督もこの日の試合後、 「マフレズ、ヴァーディ、岡崎の間にはとても良いフィーリングがあるね」   と3人のコンビネーションを称えていた。

 快進撃を続けるレスターで、着実に評価を高めつつある岡崎。伏兵のプレミア制覇という歴史的快挙を、中心選手として達成することができるであろうか。

http://news.livedoor.com/article/detail/11138930/
【レスターシティの魅せたティキタカが海外掲示板で話題に! {海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ