ヴィッセル神戸

villa
元スペイン代表FWビジャ、神戸加入をSNSで発表!すでに来日、ノエスタで最終節を観戦

元スペイン代表FWダビド・ビジャが自身のツイッター(@Guaje7Villa)でヴィッセル神戸への加入を発表した。ビジャは明治安田生命J1リーグ第34節・ベガルタ仙台戦を三木谷浩史会長とともに観戦している。

アメリカ・メジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・シティでプレーするビジャは、今季限りで契約を満了する。3日に37歳の誕生日を迎えるストライカーは、アメリカを離れることが濃厚。横浜F・マリノスなども有力な候補と報じられたが、バルセロナやスペイン代表でともにプレーしたMFアンドレス・イニエスタが所属する神戸が移籍先となった。

ビジャはツイッターで「My new club.」というテキストとともに日本へ上陸した動画を投稿。動画内では「#VillaVisselKobe」というハッシュタグで締められており、ルーカス・ポドルスキ、アンドレス・イニエスタに続いて、世界に名を馳せるストライカーの神戸加入がついに発表された。

【「反則だ」「次は誰?」ダビド・ビジャが神戸加入を発表、イニエスタと再会へ 海外のサッカーファンの反応】の続きを読む

15430836434495
近年稀に見る“大荒れ”…清水vs神戸を海外メディアが報道「ポドルスキは冷静さを失った」

24日に行われたJ1リーグ第33節、清水エスパルス対ヴィッセル神戸で起きた“珍事”を海外メディアが報じている。

 大荒れの試合となった――。退場者を出した神戸が3-2とリードした状況で後半アディショナルタイムに突入すると、アディショナルタイム4分に空中戦で競り合ったMF河井陽介とDF橋本和が負傷。ピッチ上で治療が行われ、清水はMF兵働昭弘を交代で送り込み、交代枠を使い切っていた神戸は2人少ない状況となった。

 後半アディショナルタイム9分にはMFルーカス・ポドルスキがボールと関係のないところでDF立田悠悟の胸付近に激突。立田は担架でピッチの外に運び出された。荒れた展開の中、アディショナルタイム14分にMF白崎凌兵の左CKからGK六反勇治がヘディングシュートを決め、清水が3-3と同点に追いついた。

 その後も荒れた状況は続き、後半アディショナルタイム15分にピッチ脇で両チームの選手やスタッフが小競り合いに発展。ポドルスキが熱くなり、事の発端となったFWウェリントンには2枚目のイエローカードが提示されて退場となった。納得のいかないウェリントンは、主審に抗議し、仲裁に入ったGK六反を投げ飛ばしてしまった。

 試合は後半アディショナルタイム19分に終了。怒りのおさまらないポドルスキが整列中に相手に食って掛かりそうになり、ピッチに警備員も入るなど物々しい雰囲気の中、激動の試合は終わりを迎えた。

 この一戦を海外メディアが報道。スペイン『アス』は、「神戸対仙台の試合はハイテンションだった。ウェリントンは戦いを始め、ポドルスキは冷静さを失った」と伝えた。その中で「イニエスタはキャプテンとして振る舞った」と、両選手と対照的に興奮したチームメイトをなだめ、試合を落ち着かせようとしたイニエスタを称えている。

 そのほか、英『スカイ・スポーツ』や伊『ガゼッタ・デロ・スポルト』など、多くの海外メディアがこの珍事を報道。世界的にもインパクトのある一戦となってしまった。

【「漫画のようだ」後半AT19分、負傷者3人、集団乱闘、エスパルス対神戸の大荒れ試合が海外でも話題に】の続きを読む

iniesta sokkurisan
イニエスタそっくりの「アイアム野田」、海外メディアでも報じられる

今夏、Jリーグにやってきたアンドレス・イニエスタ。 

だが、ヴィッセル神戸は先月末に「家族と再来日するために、スペインに一時帰国する」と発表した。8月上旬に再来日するとされているが、今週末のFC東京戦は欠場する見込み。 

イニエスタ効果もあって、味の素スタジアムでの一戦のチケットは3年ぶりに完売になっていたそうだが…。 

そんななか、スポーツ報知が「FC東京はお笑いトリオ『鬼ヶ島』のボケ担当であるアイアム野田を呼ぶ」と伝えた。 

同氏はイニエスタのそっくりネタで話題になったお笑い芸人なのだが、この話題はイギリスの『JOE.ie』でも報じられていた。

”『JOE.ie』 
「イニエスタ不在に伴い、FC東京は説得力のないそっくりさんを雇うことにした。  Jリーグクラブのフットボールの質に不服だとしても、芸の無さで攻めることはできない。  Mr.野田の功績を認めよう。彼の無精ひげはイニエスタに似せるために完璧に描かれており、サポーターたちはきっとその違いに気付かないだろうから。  きっとね!」”

この一戦は5日(日)の19時にキックオフされる。

【「双子だ」「悲劇だ」イニエスタのそっくりさんを見た海外のサッカーファン】の続きを読む

イニエスタが神戸を選んだ理由は「信頼」…日本では「国民の一部になりたい」

ヴィッセル神戸への加入が決定したMFアンドレス・イニエスタは、日本の印象について語っている。

下部組織から育ったバルセロナを今季限りで去ったイニエスタ。去就に関し様々な報道がなされていたが、24日に東京都内で会見を行い、神戸への加入を正式発表。明治安田生命Jリーグでのプレーが決定した。

会見で、日本を新天地に選んだ理由について「信頼」を強調した。

「色んなオファーがありました。他に関心を示してくれたクラブにも感謝したいです。ヴィッセルに決めた理由は、非常に興味深いレベルであり、プレーヤーとして信頼してくれたからです。日本は素晴らしい、文化も素晴らしい。できるだけ早く慣れて、日本の生活を楽しみながらチームに馴染みたいです」

「(日本の文化は)全部好きです。日本人も好きです。一番大事なのは文化に溶け込むこと。国民の一部になりたいです。できるだけ、この文化の一員になれればと思っています」

イニエスタは、バルセロナで歴代2位となる通算443試合に出場。9度のリーガ制覇、チャンピオンズリーグ4度の優勝に加え、スペイン代表としてもユーロで2度頂点に立ち、2010年の南アフリカ・ワールドカップでは、決勝のオランダ戦で延長の末決勝点を挙げ、チームを初の世界王者に導いている。

今夏のロシア・ワールドカップへも出場するイニエスタ。未だ現役最高峰の選手のプレーを、日本で見られる日はもう間もなくだ。

【ヴィッセル神戸がイニエスタの加入を発表 海外サポーターの反応】の続きを読む

top
China: ❌ Andres Iniesta is now reportedly set to sign with Japanese side, Vissel Kobe, according to @La_Ser 🇯🇵
イニエスタ、ヴィッセル神戸に加入? 広報担当者は「報道を見て驚いている」

サッカー界の超大物が、Jリーグでプレーする可能性が出てきた。スペイン代表でバルセロナに所属するMFアンドレス・イニエスタが、ヴィッセル神戸と契約する見込みだと、スペインのラジオ局「エル・ラグエロ」など複数のメディアが伝えた。
イニエスタは、今季限りでバルセロナを退団することを表明。移籍先は中国のクラブチームと噂されていたが、クラブ側が獲得を否定した。 

スペインのラジオ局「カデナ・セール」によると、ヴィッセル神戸との契約期間は3年で、年棒は中国のクラブが支払うと伝えられていた2500万ユーロ(約32億5000万)。イニエスタの農場で生産されるワインを神戸が購入することも、契約に含まれているという。 

この契約は、バルセロナのスポンサーを務める楽天の三木谷浩史社長が先導したという。  ヴィッセル神戸には既に、元ドイツ代表のルーカス・ボドルスキが加入している。イニエスタが加われば、ワールドカップ優勝を経験した2人の共演がJリーグで実現することになり、ファンが大興奮することは間違いないだろう。

 ヴィッセル神戸の広報担当者は5月8日、ハフポスト日本版の取材に対して「そのような情報は一切把握していない。報道を見てびっくりしている」と驚いた様子だった。

https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/07/iniesta-vissel-kobe_a_23429287/
【イニエスタが神戸に移籍? 複数のスペインメディアが報じる 海外サポーターの反応】の続きを読む

このページのトップヘ