原口元気

C6pjOg-W0AE2QQy
香川、10戦ぶり先発フル出場でアシスト記録! ドルトムントはヘルタに敗れる

【ヘルタ 2-1 ドルトムント ブンデスリーガ第24節】

 現地時間11日にブンデスリーガ第24節の試合が行われ、ドルトムントはヘルタ・ベルリンと対戦。サロモン・カルーなどにゴールを許し、ドルトムントは1-2の敗戦を喫している。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は1月21日のブレーメン戦以来となる公式戦10試合ぶりのスタメン出場を果たした。対するヘルタ所属の日本代表FW原口元気も先発出場を果たしている。

 試合開始して3分、香川は縦パスを送りアンドレ・シュールレのチャンスを演出。惜しくもゴールとはならず先制アシストにはならなかった。すると11分、最終ラインにいたマティアス・ギンターがプレッシャーをかけてきたヴェダド・イビセヴィッチにボールを奪われ、最後にパスを受けたサロモン・カルーに先制ゴールを決められてしまう。

 香川は縦パスから味方のチャンスを作り出し、37分にはドルブルで自らペナルティエリア内に侵入するなど積極的な攻撃を見せる。すると55分、香川の縦パスからピエール・エメリク・オーバメヤンが同点ゴールを決めた。香川はアシストを記録している。

 しかし71分、ヘルタがゴール前でFKのチャンスを獲得すると、これをマルヴィン・プラッテンハルトが直接決めて再びヘルタが勝ち越しに成功する。結局、ドルトムントは1点だけにとどまり1-2の敗戦を喫した。チャンスを演出した香川はフル出場を果たしている。

【得点者】
11分 1-0 カルー(ヘルタ)
55分 1-1 オーバメヤン(ドルトムント)
71分 2-1 プラッテンハルト(ヘルタ)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170312-00010001-footballc-socc
【【海外の反応】香川キレキレ...同点アシストも! ドルトムントはヘルタに1-2で敗れる】の続きを読む

3CF9E29E00000578-4205712-image-a-34_1486594595595
ドルトムント、PK戦の末にヘルタ下しベスト8進出。4人交代でも香川は出場なし

ドルトムント 1-1(PK:3-2) ヘルタ ドイツ杯3回戦】

 現地時間8日にドイツ杯(DFBポカール)3回戦の試合が行われ、ドルトムントはヘルタ・ベルリンと対戦。延長戦でも決着がつかずPK戦の末にドルトムントが勝利をおさめベスト8進出を果たしている。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司はベンチスタートとなったが、ヘルタ所属の日本代表FW原口元気は2試合連続の先発出場を果たした。試合開始して27分、サロモン・カルーにクロスボールをダイレクトで合わせられ先制点を決められてしまう。

 それでも47分、ウスマン・デンベレからクリスティアン・プリシッチとつなぎ、最後にパスを受けたマルコ・ロイスが冷静にゴールを決めて同点に追いついた。試合は90分間でも決着がつかず延長戦へ。

 119分にソクラティス・パパスタソプーロスが主審に対して2回異議を唱えたことで2枚のイエローカードを提示され退場。1人少なくなったドルトムントだが、相手にゴールを許さず120分間の試合を終える。そして、ドルトムントはPK戦を3-2とし、ベスト8進出を果たしている。ドルトムントは4人まで交代枠を使ったものの香川は出場することなく試合を終えている。

【得点者】
27分 0-1 カルー(ヘルタ)
47分 1-1 ロイス(ドルトムント)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170209-00010006-footballc-socc
【【海外の反応】ドルトムント、PK戦の末に原口先発のヘルタに勝利【ポカール】】の続きを読む

15042168_10154127585142333_1378023053775096177_o
「このグループは最後までもつれる」 W杯最終予選 サウジアラビアの監督会見

サッカー日本代表は15日、埼玉スタジアム2002でワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第5戦となるサウジアラビア戦に臨み、2-1で勝利した。日本は前半45分に相手のハンドで得たPKを清武弘嗣が決めて1-0で試合を折り返すと、後半35分に原口元気がW杯最終予選4試合連続となるゴールを決めた。試合終了間際の後半45分には、日本はオマルイブラヒム・オスマンにゴールを許すもそのまま逃げ切り、年内最後の試合を勝利で締めくくった。   

試合後、サウジアラビア代表のベルト・ファン・マルバイク監督は「今日の試合は日本が勝つべくして勝ったと思う」とコメント。
しかし、PKの判定については「あのプレーがPKだったかどうかについて、私としては疑いを持っている」と納得していない様子だった。   

日本に敗れ、両チームは勝ち点10で並んだ。これについて、ファン・マルバイク監督は「このグループは最後までもつれる接戦になるのではないか」との見解を示した。

全員がトップパフォーマンスではなかった   

昨日も(前日会見で)言ったが、日本はこのグループの本命だ。日本に勝つためには全選手がトップレベルのパフォーマンスを見せなければならないことは分かっていた。残念ながら今日はそういった状態にはなかった。日本のほうが少し良かったと思う。だからこそ、日本が勝ってしまった。   

悔やまれるのはまず、前半で不必要なイエローカードが2枚出されてしまったこと。さらに、前半に2回ほどチャンスがあった。時折チームとして良いプレーは見られていたが、時折見られる程度では今日のゲームは十分ではなかった。試合中、サウジアラビアらしいプレーができた場面はあまり多くなかった。今日の結果は大変残念だが、われわれも先に進むしかない。 


――日本はこの試合で香川真司や本田圭佑、岡崎慎司を先発で使わなかったことをどう思うか。
(外国人記者)   

それはこちらの予想どおりだった。99パーセントはこちらの予想どおりになった。 


――2つ質問がある。まず、アブドゥルマジード・アルルワイリ(20番)を外し、アブドゥルマレク・アルハイブリ(11番)を通常とは異なるポジションで起用したのはなぜか? 2つ目は試合の最初になぜもっと攻撃的なプレーをしなかったのか。早い段階で選手にプレッシャーがかかっているのは分かっていたのに、どうして監督は試合を支配できるよう指示を出さなかったのか。(外国人記者)   

通常とはどのポジションのことを言っているのか。それは別のスタジアムで見たのではないか(笑)。いつもとまったく同じポジションでプレーしていた。   

2つ目の質問について、そんなに簡単にものごとがうまくいくのであれば、世界中のどのチームと対戦しても全勝できると思う。この話を説明すると30分ぐらいかけても終わらないと思うが、いずれにしてもそんなに簡単に勝てるようなら、サウジアラビアはどの試合にも勝てるだろう。


 ――どうして指示を出して、別の試合運びに持ち込むことができなかったのか答えてほしい。(同じ外国人記者)   

まじめな質問をお願いしたい。そのような質問には答えない。
 

――まず監督には礼を言いたい。われわれは引き続き自信を持つことができる。質問だが、日本のPKになったときにどう思ったのか? 特別なプレッシャーを感じたのか。(外国人記者)   

日本があのような形でプレッシャーをかけてくるのは分かっていた。こちらも日本に対してプレッシャーをかけることができた時間帯もあったと思う。(試合前の段階で)日本は勝ち点で3ポイントほどビハインドだし、ホームゲームだ。日本代表がチームとしてプレーする機会がそれほどなかったとしても、この試合で非常に士気高く仕掛けてくることは分かっていた。   

よって、ああいった時間帯(前半終了間際)にはなるべく静かにプレーする必要があったと思う。今日はそこがうまくいかなかった。日本のようなチームと試合をするときには、われわれは常にトップレベルで試合をしていかなければいけない。それは分かっていたが、今日はそこまでチームをうまく高いレベルで維持できなかった。   

また、フィジカル面でも今日は日本の方が上回っていたと思う。そしてPKのあとにプレッシャーを感じたかという質問に関してだが、そもそもあのプレーがPKだったかどうかについて、私としては疑いを持っている。チームとして非常に苦しい瞬間だったし、楽なことではない。ハーフタイムにも(映像を)見たが、ちょっとどうかなと思った。   
チーム全体としてはハーフタイムの間にモチベーションを持たせて後半に臨むことができた。もっとたくさんチャンスがあっても良かったが、なかなかうまくいかなかった。ただ、士気は高くして臨めたと思う。結果としてうまくいけば2点目を取れたチャンスもあったと思う。いずれにしても、大変重要な影響があったのは不必要なイエローカードを最初のうちに2枚も出されてしまったことだ。あれは本当にいらないカードだった。


 ――今日の敗戦という結果を受け入れることができるか?(外国人記者)   

試合に負けるということは、どんなときでも受け入れるのが難しい。だが、正直にいうと今日の試合は日本が勝つべくして勝ったと思う。サウジアラビアとしても勝てる可能性はあったと思うが、このような結果になってしまった。われわれのグループBはこの結果を受けてサウジアラビアと日本が勝ち点10で並んでいる。タイ対オーストラリアの試合がどうなったかは知らないが、このグループは最後までもつれる接戦になるのではないか(編注:タイ対オーストラリアは2-2の引き分け)。 


――後半は日本が引いて、サウジアラビアがボールを持てる時間が長かったと思う。そこで得意な速い攻撃ができなかったのはフィジカルやコンディション以外でも要因があるのか?(田村修一/フリーランス)   

記者の方はとても良く試合を考察されている。確かに1-0と日本がリードしたあとは守備位置が深くなったので、われわれが主導権を取っていける時間帯はあった。ただし、今日は選手全員のプレーレベルがそこで違いを出せるほどのレベルにならなかった。そうしたチャレンジはしたのだが、全選手がトップレベルでなければ勝てない試合であったにもかかわらず、そうした状態になかった。   

通常、われわれがリードを取ることができれば素早く仕掛けていくことができる。それができていればこの試合はなんとか引き分け、もしくは勝つこともできたのではないかと思う。だが、今日はそのような展開にできなかった。

http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201611160001-spnavi
【【海外の反応】「日本ありがとう」日本vsサウジアラビア 試合後の反応【W杯最終予選】】の続きを読む

news_200934_1
ドルトムント、ホーム無敗を25に伸ばすもヘルタに勝ちきれず…原口はフル出場/ブンデスリーガ第7節

ブンデスリーガ第7節が14日に行われ、ドルトムントとヘルタ・ベルリンが対戦した。試合は1-1のドローで終了している。

3位のドルトムントと2位のヘルタ・ベルリンの上位対決。ヘルタ・ベルリンのMF原口元気は先発出場し、ドルトムントのMF香川真司はベンチスタートとなった。

前半からホームのドルトムントがボールを支配し、押し気味に試合を進め、マルセル・シュメルツァー、エムレ・モルにボールを送り、左サイドから攻略を試みる。一方のヘルタは、まずは耐えてカウンターという狙い。しかし、ともに大きなチャンスを迎えることなく、前半は両チーム枠内シュート0で終了する。

後半に入ると試合が動き出す。51分、なかなか突破口をつかめなかったヘルタがスコアを動かす。スローインからFWベダド・イビセビッチが受けるとヒールで裏へ送る。これに反応したMFヴァレンティン・シュトッカーが右足で流し込む。

ホームで負けられないドルトムントは香川真司、ウスマン・デンベレを同時に投入し、流れを引き寄せにかかる。するとデンベレのパスからピエール=エメリク・オーバメヤンが抜け出し、ループシュートを放つ。しかし、GKルネ・ヤーステインが懸命に手を伸ばし、何とか触ると、ゴールに向かっていたボールはポストに直撃し、ドルトムントファンの歓声はため息へと変わる。

なおも、左サイドの裏へボールを送り、サイドから突破口を作ろうとするドルトムント。すると左サイドからのクロスを香川がボレーシュート。これが原口の手に当たってしまい、一瞬の沈黙の後、主審はペナルティースポットを指差す。キッカーはオーバメヤンだったが、ゴール右に放ったシュートは絶好調ヤーステインが完璧にストップ。ホームのドルトムントがツキにも見放されたかに思えたが、80分、ついに同点に追いつく。デンベレが縦パスからスピードを生かし、左サイドを抜けると、グラウンダーのクロス。これにフリーのオーバメヤンが飛び込み、ドルトムントの“黄色い壁”は歓喜に揺れる。

しか82分、ドルトムントの追い上げムードに若きトルコ人ドリブラーが水を差してしまう。エムレ・モルが中央にドリブルで切れ込むと、たまらずDFセバスティアン・ラングカンプが抱え込み、ファウル。これに激高したモルがラングカンプを突き飛ばし、報復の判定で一発レッド。

それでも一人少ないドルトムントが前に仕掛け続け、終了間際にはヘルタMFシュトッカーも危険なタックルで退場し、10人同士の戦いに。ドルトムントはゴール前に送り続けたものの、決定的なチャンスをつかむことはなく、試合は1-1のまま終了した。

ドルトムントはホームでの無敗を25に伸ばしたものの、勝ち点3を得ることはできず、ここ3試合勝利なし。一方のヘルタはアウェーでも負けず、暫定で2位の座を死守した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161015-00000023-goal-socc
【【海外の反応】「香川に足りないものが分からない」ヘルタ戦後のドルトムントサポーターの反応】の続きを読む

CuFUUOdWcAEvaQd
日本代表、山口蛍の劇的決勝弾でイラクを撃破…タイ戦に続き連勝飾る/ロシアW杯アジア最終予選

ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選第3戦、日本代表対イラク代表の試合が6日に行われた。

日本は9月から始まったアジア最終予選で1勝1敗というスタートとなった。ホームで行われた初戦のUAE戦では本田圭佑の得点で先制したものの、逆転を許し1-2で敗れた。第2戦のタイ戦では原口元気、浅野拓磨の得点により2-0で勝利し、初白星を挙げている。一方のイラクはオーストラリア、サウジアラビアに敗れ、2連敗で最終予選をスタート。3戦目にしてすでに後がない状態で埼玉スタジアムへと乗り込んできている。

イラク戦ではクラブで満足な出場機会を得られていない本田圭佑、岡崎慎司がスタメンに名を連ねた一方で、香川真司がベンチスタートとなり、トップ下には清武弘嗣が入った。また、クラブで好調をキープする原口元気が左サイド、本田圭佑が右サイドに張る4-1-4-1のフォーメーションをヴァイド・ハリルホジッチ監督は選択している。

立ち上がりはセカンドボールをことごとくイラクに拾われ、日本にとっては厳しい展開に。3分にはコーナーキックからMFサード・アブドゥラミールにポスト直撃のヘディングシュートを許してしまう。しかし、地力で勝る日本が徐々にボールを保持する時間を伸ばし、11分、14分と立て続けに清武がシュートチャンスを得る。

すると25分、日本がカウンターから先制点を手にする。本田が持ち上がると、清武が追い越して右サイドからグラウンダーのクロス。これを原口が右足ヒールで巧みに合わせて、ネットを揺らす。

先制点が生まれた直後からリズムをつかんだ日本は素早い切り替えで、イラクに攻撃のチャンスを与えない。追加点こそ挙げられないものの、試合を支配し始める。それでもイラクは鋭いカウンターで日本ゴールを脅かす。前半アディショナルタイム、イラクの縦に速い攻撃からシュートまで持ち込まれるが、GK西川周作が何とか正面でボールを抑え、事なきを得た。前半は日本が1点リードで終了する。

後半に入ると、これ以上負けられないイラクが意地を見せ、拮抗した展開に。なかなか主導権を握れずにいると、日本は警戒していた形からゴールを許してしまう。60分、ゴール左からのフリーキックにアブドゥラミールが頭で合わせる。スコアは1-1となり、再び日本は前に出る必要を強いられた。

MF山口蛍、FW浅野拓磨を入れて、チームにエネルギーを加えようと試みる。78分には本田がフリーでヘディングシュートを放つが、ポストに嫌われ、勝ち越し点は生まれず。しかし、6分間という長いアディショナルタイムで劇的なゴールがついに生まれる。フリーキックからこぼれ球を途中出場の山口が右足でボレーシュートを叩き込み、スタジアムは熱狂の渦に。このゴールを何とか守りきった日本は2-1でイラクを下している。

この勝利で日本は勝ち点を6とし、暫定で2位に浮上した。

【試合結果】

日本代表 2-1 イラク代表

【得点者】

25分:原口元気(日本)

60分:アブドゥラミール(イラク)

90+6分:山口蛍(日本)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161006-00000016-goal-socc
【【海外の反応】山口蛍の劇的ロスタイム弾で日本代表がイラクに勝利! タイ戦に続き連勝!【W杯最終予選】】の続きを読む

このページのトップヘ