大迫勇也

日本、敵地でUAEにリベンジ達成! 久保のA代表初ゴール&今野弾で完封勝利

2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第6戦が23日に行われ、日本代表は敵地でUAE(アラブ首長国連邦)代表と対戦した。

 いよいよ後半戦へ突入したアジア最終予選。日本は前半戦5試合を3勝1分け1敗の勝ち点10、W杯出場圏内の2位で折り返した。だが、第6戦を先に終えた首位・サウジアラビア代表が勝利を収めて勝ち点を13に伸ばし、3位オーストラリア代表は引き分けたものの同10とし、総得点で日本を上回った。そして4位UAEとの勝ち点差はわずかに「1」と、日本はこの試合の結果次第では4位転落のおそれもある。そしてなにより、UAEには昨年9月にホームで敗れているだけに、絶対に負けられない一戦となる。

 日本の先発メンバーはGK川島永嗣、DF長友佑都、森重真人、吉田麻也、酒井宏樹、MF山口蛍、今野泰幸、香川真司、FW原口元気、久保裕也、大迫勇也の11名が起用された。

 立ち上がりから攻勢に出た日本は7分、ペナルティエリア手前中央でパスを受けた大迫がワンタッチでDFをかわすと、右足でミドルシュートを放ったが、ここは枠の左へ逸れた。

 10分を過ぎるとUAEがボールを保持して押し込み始めたが、先制したのは日本だった。14分、右サイドの酒井宏がエリア内右にスルーパスを通すと、抜け出した久保がやや角度のない位置から右足でシュート。GKのニアサイドを抜けたボールがネットを揺らした。久保にとってはこれがA代表初ゴールとなった。

 1点のリードを得た日本だが、その後は押し込まれる時間が続く。20分、高い位置でボールを奪われると、スルーパスでエリア内右に抜け出したアリ・マブフートがGKと一対一となったが、GK川島が好セーブで凌いだ。

 前半アディショナルタイム2分にはUAEがエリア手前中央でFKを獲得。オマル・アブドゥルラフマンが得意の左足で狙ったが、枠の上に外れた。前半はこのまま1-0で折り返す。

 後半立ち上がりの48分、UAEは左サイドからアブドゥラジズ・サンクールが鋭いクロスを入れると、ファーサイドにイスマイル・アル・ハンマディがフリーで走り込んだが、うまくミートすることができなかった。

 するとピンチを凌いだ日本が追加点を奪う。51分、右サイドの久保が左足でクロスを供給。エリア内左に走り込んでいた今野が胸トラップでDFを振り切ると、最後はGKの股下を抜くシュートを決めた。

 3点目を狙う日本は60分、左サイドの長友からのクロスに大迫がヘディングで合わせたが、このシュートはGKの好セーブに阻まれた。

 日本は71分、香川に代えて倉田秋を投入。78分には久保との交代で本田圭佑をピッチへ送り出した。さらに82分、接触プレーで足を痛めた大迫に代えて岡崎慎司を投入した。

 88分、日本はカウンターから岡崎がエリア内右に抜け出したが、シュートは枠の左へ逸れてしまい、追加点のチャンスを逃した。それでもUAEに反撃を許すことはなく、試合はこのまま終了。日本が2-0で勝利を収め、リベンジを果たした。

 日本代表は28日にホームでタイ代表と対戦する。

【スコア】
UAE代表 0-2 日本代表

【得点者】
0-1 14分 久保裕也(日本)
0-2 51分 今野泰幸(日本)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00566438-soccerk-socc
【【海外の反応】「賢く、強かった」日本代表、久保の見事なゴールに今野躍動で重要なUAE戦に2-0で快勝!【W杯アジア最終予選】】の続きを読む

C7NTurWXgAAmlbP
大迫勇也、ハンパないゴールに続きアシスト!ヘルタ戦でケルン攻撃陣をけん引

ケルンに所属する日本代表FWの大迫勇也が18日、ブンデスリーガ第25節のヘルタ・ベルリン戦で今シーズン6得点目を決めた。

先発出場した大迫は開始早々の6分、左サイドで後方からのボールを受けると巧みなトラップからワンタッチで反転してバイタルエリアに侵入した。すると、相手ディフェンスが詰め寄る前に右足を一閃。鋭く放たれた弾丸シュートは豪快にネットへ突き刺さり、チームに先制点をもたらした。

大迫にとって、第22節のインゴルシュタット戦以来となる今シーズン6得点目となった。なお、公式戦では通算8ゴール目となっている。

さらにケルンは35分、スローインを受けた大迫を起点にシュートパスを繋ぎ、左サイドに開いた大迫に再びボールが渡る。相手選手のタイミングを外してマイナス気味のパスを中央へ送ると、アントニー・モデストが左足でうまく合わせてリードを2点に広げた。大迫の攻撃センスと、ショートバウンドにうまく合わせたモデストの決定力が光った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-00000036-goal-socc
【【海外の反応】大迫勇也、スーパーミドルにアシストの大活躍でヘルタ戦の勝利に貢献】の続きを読む

yuya-osako-1--fc-koeln-fc-schalke-04
ケルン大迫勇也、シャルケ戦のMOMに!「アシストに限らず起点に」「1分ごとに勢いを増した」

ケルンは19日に行われたブンデスリーガ第21節のシャルケ戦を1-1で引き分けに終わった。同点弾をアシストしたFW大迫勇也がドイツ誌『キッカー』でマン・オブ・ザ・マッチに選出されるなど高評価を受けている。

試合開始直後にシャルケに先制点を奪われたケルンだが、前半終了間際にFWアンソニー・モデストによるゴールで追いつく。2トップの一角としてスタートした大迫が自陣からのフィードを受けると、左斜め前を走るフランス人ストライカーにパス。相手ペナルティーエリア前からのシュートがシャルケゴールを突き刺し、前線のコンビが試合を振り出しに戻した。

これで大迫は今季5アシスト目をマーク。その後も好機をつくり出し、好パフォーマンスを続けたとして『キッカー』では両チーム最高タイの「2.5」との採点がついた。マッチレポートでは「ケルンはハーフタイム前に、大迫を通じて試合に入り込めるようになり、そこからはより精度の高いプレーをしている」と大迫が流れを引き寄せたと言及。寸評では「序盤こそは(チームメートのほとんどと同様)低調な姿を見せるも、大迫勇也の勢いが大きく増した。日本人選手は非常に機敏に動き、同点弾アシストに限らず起点になっている」と記され、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

また『ビルト』でも大迫のパフォーマンスは「2」と両チーム最高タイ。こちらはマッチレポートではアシストの場面に関して「モデストの走りにパーフェクトに合わせた」と称賛。後半もモデストに「スーパーに通した」(55分)、自らの好機については「大迫が素晴らしいシュート!」など言及されている。

地元紙『ケルナー・シュタットアンツァイガー』でも大迫への採点は「2」とモデストとともに最高評価。「日本人選手の前半は誤解やパスミスばかりだった。だが、それも1-1のアシストまで。そこから1分ごとに勢いを増し、何度かモデストに優れたパスを送り、自らのシュートでも相手ゴールを脅かした(70分)」と寸評している。

なお『エクスプレス』での評価は「3」と及第点にとどまり、「最初は落ち着きがなかったが、徐々に試合に入り込み、モデストへのパスも通すようになった」と述べられている。同紙ではモデスト(「1」)、DFネヴェン・スボティッチ(「2」)に対する評価が高かった。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000020-goal-socc
【【海外の反応】大迫勇也、シャルケ戦で同点ゴールをアシスト キッカーはMOTMに選出】の続きを読む

top
「もっと上のレベルに…」 大迫、2ゴールの活躍も「またこれから」

ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也が、28日に行われたブンデスリーガ第18節のダルムシュタット戦後にコメントを残した。 

敵地でのダルムシュタット戦に先発出場した大迫。すると32分、右サイドから上がった低弾道のクロスにニアサイドで飛び込むと、ボールはDFに当たってゴールイン。先制点に絡んだ。同シーンに関して大迫は、「触ってないですよ。あれ、オウンゴールです」と笑って応えた。 

直後の37分、今度は左サイドから上がったクロスに大迫がヘディングシュートを放った。ボールはゴール右隅に吸い込まれ、第5節以来となる今シーズンのリーグ3得点目を記録。大迫は、「昨日ちょうど代理人と話していて、『やっぱ点をとんないとダメだね』って。それで『2点とります』って言って、とれたんで」と代理人とのやり取りを明かした。その上で、「もっともっと自分をレベルアップさせたいし、したいです。上のレベルに行くにはやっぱり点が必要だと思うし、目に見える結果がもっと必要。またこれでいいスタートが切れたんでね、これからですね」と向上心を示している。 

大迫は1点を返された後の72分、右足のミドルシュートをゴール左下へ突き刺し、自身この日2点目を記録している。当該場面を「あの1点は大きかったですね。あそこは気持ちよく振り抜くしかないんで、FWだったら。狙ったところにって感じです」と振り返った。 

大迫の活躍もあってリーグ7戦ぶりの勝利を挙げたケルン。ケガ人が戻ってきたほか、日本代表MF香川真司所属のドルトムントから元セルビア代表DFネヴェン・スボティッチを獲得し、戦力の充実も図っている。大迫は「これからですね。また楽しみです。復帰した選手もコンディションが上がってくると思うので」とチームの今後に自信を見せると、自らのプレーについても、「手応えはありますよ。すごく体が動いているので。またこれからですね」とコメント。更なる活躍を誓った。

http://kicker.town/koln/2017/01/46000.html
【【海外の反応】大迫勇也、ダルムシュタット戦で4点に絡む大活躍、ブンデス公式もMOTMに選出】の続きを読む

15042168_10154127585142333_1378023053775096177_o
「このグループは最後までもつれる」 W杯最終予選 サウジアラビアの監督会見

サッカー日本代表は15日、埼玉スタジアム2002でワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第5戦となるサウジアラビア戦に臨み、2-1で勝利した。日本は前半45分に相手のハンドで得たPKを清武弘嗣が決めて1-0で試合を折り返すと、後半35分に原口元気がW杯最終予選4試合連続となるゴールを決めた。試合終了間際の後半45分には、日本はオマルイブラヒム・オスマンにゴールを許すもそのまま逃げ切り、年内最後の試合を勝利で締めくくった。   

試合後、サウジアラビア代表のベルト・ファン・マルバイク監督は「今日の試合は日本が勝つべくして勝ったと思う」とコメント。
しかし、PKの判定については「あのプレーがPKだったかどうかについて、私としては疑いを持っている」と納得していない様子だった。   

日本に敗れ、両チームは勝ち点10で並んだ。これについて、ファン・マルバイク監督は「このグループは最後までもつれる接戦になるのではないか」との見解を示した。

全員がトップパフォーマンスではなかった   

昨日も(前日会見で)言ったが、日本はこのグループの本命だ。日本に勝つためには全選手がトップレベルのパフォーマンスを見せなければならないことは分かっていた。残念ながら今日はそういった状態にはなかった。日本のほうが少し良かったと思う。だからこそ、日本が勝ってしまった。   

悔やまれるのはまず、前半で不必要なイエローカードが2枚出されてしまったこと。さらに、前半に2回ほどチャンスがあった。時折チームとして良いプレーは見られていたが、時折見られる程度では今日のゲームは十分ではなかった。試合中、サウジアラビアらしいプレーができた場面はあまり多くなかった。今日の結果は大変残念だが、われわれも先に進むしかない。 


――日本はこの試合で香川真司や本田圭佑、岡崎慎司を先発で使わなかったことをどう思うか。
(外国人記者)   

それはこちらの予想どおりだった。99パーセントはこちらの予想どおりになった。 


――2つ質問がある。まず、アブドゥルマジード・アルルワイリ(20番)を外し、アブドゥルマレク・アルハイブリ(11番)を通常とは異なるポジションで起用したのはなぜか? 2つ目は試合の最初になぜもっと攻撃的なプレーをしなかったのか。早い段階で選手にプレッシャーがかかっているのは分かっていたのに、どうして監督は試合を支配できるよう指示を出さなかったのか。(外国人記者)   

通常とはどのポジションのことを言っているのか。それは別のスタジアムで見たのではないか(笑)。いつもとまったく同じポジションでプレーしていた。   

2つ目の質問について、そんなに簡単にものごとがうまくいくのであれば、世界中のどのチームと対戦しても全勝できると思う。この話を説明すると30分ぐらいかけても終わらないと思うが、いずれにしてもそんなに簡単に勝てるようなら、サウジアラビアはどの試合にも勝てるだろう。


 ――どうして指示を出して、別の試合運びに持ち込むことができなかったのか答えてほしい。(同じ外国人記者)   

まじめな質問をお願いしたい。そのような質問には答えない。
 

――まず監督には礼を言いたい。われわれは引き続き自信を持つことができる。質問だが、日本のPKになったときにどう思ったのか? 特別なプレッシャーを感じたのか。(外国人記者)   

日本があのような形でプレッシャーをかけてくるのは分かっていた。こちらも日本に対してプレッシャーをかけることができた時間帯もあったと思う。(試合前の段階で)日本は勝ち点で3ポイントほどビハインドだし、ホームゲームだ。日本代表がチームとしてプレーする機会がそれほどなかったとしても、この試合で非常に士気高く仕掛けてくることは分かっていた。   

よって、ああいった時間帯(前半終了間際)にはなるべく静かにプレーする必要があったと思う。今日はそこがうまくいかなかった。日本のようなチームと試合をするときには、われわれは常にトップレベルで試合をしていかなければいけない。それは分かっていたが、今日はそこまでチームをうまく高いレベルで維持できなかった。   

また、フィジカル面でも今日は日本の方が上回っていたと思う。そしてPKのあとにプレッシャーを感じたかという質問に関してだが、そもそもあのプレーがPKだったかどうかについて、私としては疑いを持っている。チームとして非常に苦しい瞬間だったし、楽なことではない。ハーフタイムにも(映像を)見たが、ちょっとどうかなと思った。   
チーム全体としてはハーフタイムの間にモチベーションを持たせて後半に臨むことができた。もっとたくさんチャンスがあっても良かったが、なかなかうまくいかなかった。ただ、士気は高くして臨めたと思う。結果としてうまくいけば2点目を取れたチャンスもあったと思う。いずれにしても、大変重要な影響があったのは不必要なイエローカードを最初のうちに2枚も出されてしまったことだ。あれは本当にいらないカードだった。


 ――今日の敗戦という結果を受け入れることができるか?(外国人記者)   

試合に負けるということは、どんなときでも受け入れるのが難しい。だが、正直にいうと今日の試合は日本が勝つべくして勝ったと思う。サウジアラビアとしても勝てる可能性はあったと思うが、このような結果になってしまった。われわれのグループBはこの結果を受けてサウジアラビアと日本が勝ち点10で並んでいる。タイ対オーストラリアの試合がどうなったかは知らないが、このグループは最後までもつれる接戦になるのではないか(編注:タイ対オーストラリアは2-2の引き分け)。 


――後半は日本が引いて、サウジアラビアがボールを持てる時間が長かったと思う。そこで得意な速い攻撃ができなかったのはフィジカルやコンディション以外でも要因があるのか?(田村修一/フリーランス)   

記者の方はとても良く試合を考察されている。確かに1-0と日本がリードしたあとは守備位置が深くなったので、われわれが主導権を取っていける時間帯はあった。ただし、今日は選手全員のプレーレベルがそこで違いを出せるほどのレベルにならなかった。そうしたチャレンジはしたのだが、全選手がトップレベルでなければ勝てない試合であったにもかかわらず、そうした状態になかった。   

通常、われわれがリードを取ることができれば素早く仕掛けていくことができる。それができていればこの試合はなんとか引き分け、もしくは勝つこともできたのではないかと思う。だが、今日はそのような展開にできなかった。

http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201611160001-spnavi
【【海外の反応】「日本ありがとう」日本vsサウジアラビア 試合後の反応【W杯最終予選】】の続きを読む

このページのトップヘ