山口蛍

GettyImages-481770294

【【海外の反応】日本「ロシアW杯ではどこが優勝するの?」】の続きを読む

sp-jsoccer-a-20161009-870x514
【日本代表】次節のオーストラリア戦が“ドローでもOKじゃない”理由

日本はグループBの4位に後退…。
[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 2-1 イラク/10月6日/埼玉
 
 ワールドカップ・アジア最終予選のイラク戦で劇的な勝利を飾った日本だが、本田が言うように「楽観視はできない」。というのも、UAEがタイを3‐1で下し、サウジアラビアとオーストラリアの一戦が引き分けで終わった結果、日本はグループBの4位に転落してしまったのだ。
 
グループBの順位(10月6日現在)
1位/オーストラリア=勝点7
2位/サウジアラビア=勝点7
3位/UAE=勝点6
4位/日本=勝点6
5位/イラク=勝点0
6位/タイ=勝点0
 
 UAEとの予選初戦をモノにしていれば「ドローでもOKだった」アウェーのオーストラリア戦が、「ドローでも厳しいか」という状況になったのはある意味、プレッシャーだろう。過去2大会のワールドカップ・アジア最終予選でオーストラリアに一度も勝ったことのない日本(3分け1敗)が、果たしてこのグループ最大のライバルから白星を掴めるのだろうか。
 
 たとえオーストラリアに敗れても、「まだ6戦あるではないか」との見方もある。ただし、忘れてはならないのが来年のアウェーゲーム3試合すべてが中東ということである。ホームでさえ圧倒できなかったUAE、イラクに敵地で勝つのはタフなミッションのようにも映るだけに、やはりオーストラリア戦で黒星は許されない。いや、ドローさえ厳しいと言っても大袈裟ではないはずだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161008-00019445-sdigestw-socc
【【海外の反応】「日本は今でも強豪」WC最終予選、ホームの日本戦を前にしたオーストラリア人の反応】の続きを読む

GettyImages-612940820-800x533
山口蛍「ここまで劇的なゴールはないかもしれない」/日本代表

日本代表は6日、2018年W杯アジア最終予選でイラクと対戦し、2対1で勝利した。以下は試合後のMF山口蛍(C大阪)のコメント。

●山口蛍コメント

Q:ゴールを決めたが?
「こぼれてくるかなと思っていたので、準備していました。入ってよかったなと思います」

Q:ベンチに一目散に駆け寄っていったが?
「苦しい中でやっぱり個人というよりチームで勝ち取った勝利だと思うし、そういう意味もありました」

Q:今まで誕生日にゴールを決めたことは?
「誕生日はないと思います」

Q:これほど劇的でうれしいゴールは過去には?
「ここまで劇的なものは正直ないかもしれないです。でも、ゴールというより日本代表が勝ったことの方がうれしいですけどね」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161007-00000014-ism-socc
【【海外の反応】「興奮ぶりが最高」山口蛍がイラク戦で決めた劇的決勝弾が海外掲示板でも話題に】の続きを読む

CuFUUOdWcAEvaQd
日本代表、山口蛍の劇的決勝弾でイラクを撃破…タイ戦に続き連勝飾る/ロシアW杯アジア最終予選

ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選第3戦、日本代表対イラク代表の試合が6日に行われた。

日本は9月から始まったアジア最終予選で1勝1敗というスタートとなった。ホームで行われた初戦のUAE戦では本田圭佑の得点で先制したものの、逆転を許し1-2で敗れた。第2戦のタイ戦では原口元気、浅野拓磨の得点により2-0で勝利し、初白星を挙げている。一方のイラクはオーストラリア、サウジアラビアに敗れ、2連敗で最終予選をスタート。3戦目にしてすでに後がない状態で埼玉スタジアムへと乗り込んできている。

イラク戦ではクラブで満足な出場機会を得られていない本田圭佑、岡崎慎司がスタメンに名を連ねた一方で、香川真司がベンチスタートとなり、トップ下には清武弘嗣が入った。また、クラブで好調をキープする原口元気が左サイド、本田圭佑が右サイドに張る4-1-4-1のフォーメーションをヴァイド・ハリルホジッチ監督は選択している。

立ち上がりはセカンドボールをことごとくイラクに拾われ、日本にとっては厳しい展開に。3分にはコーナーキックからMFサード・アブドゥラミールにポスト直撃のヘディングシュートを許してしまう。しかし、地力で勝る日本が徐々にボールを保持する時間を伸ばし、11分、14分と立て続けに清武がシュートチャンスを得る。

すると25分、日本がカウンターから先制点を手にする。本田が持ち上がると、清武が追い越して右サイドからグラウンダーのクロス。これを原口が右足ヒールで巧みに合わせて、ネットを揺らす。

先制点が生まれた直後からリズムをつかんだ日本は素早い切り替えで、イラクに攻撃のチャンスを与えない。追加点こそ挙げられないものの、試合を支配し始める。それでもイラクは鋭いカウンターで日本ゴールを脅かす。前半アディショナルタイム、イラクの縦に速い攻撃からシュートまで持ち込まれるが、GK西川周作が何とか正面でボールを抑え、事なきを得た。前半は日本が1点リードで終了する。

後半に入ると、これ以上負けられないイラクが意地を見せ、拮抗した展開に。なかなか主導権を握れずにいると、日本は警戒していた形からゴールを許してしまう。60分、ゴール左からのフリーキックにアブドゥラミールが頭で合わせる。スコアは1-1となり、再び日本は前に出る必要を強いられた。

MF山口蛍、FW浅野拓磨を入れて、チームにエネルギーを加えようと試みる。78分には本田がフリーでヘディングシュートを放つが、ポストに嫌われ、勝ち越し点は生まれず。しかし、6分間という長いアディショナルタイムで劇的なゴールがついに生まれる。フリーキックからこぼれ球を途中出場の山口が右足でボレーシュートを叩き込み、スタジアムは熱狂の渦に。このゴールを何とか守りきった日本は2-1でイラクを下している。

この勝利で日本は勝ち点を6とし、暫定で2位に浮上した。

【試合結果】

日本代表 2-1 イラク代表

【得点者】

25分:原口元気(日本)

60分:アブドゥラミール(イラク)

90+6分:山口蛍(日本)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161006-00000016-goal-socc
【【海外の反応】山口蛍の劇的ロスタイム弾で日本代表がイラクに勝利! タイ戦に続き連勝!【W杯最終予選】】の続きを読む

4
ドルトムント香川が5試合ぶりのフル出場! 攻守に躍動し、1-0でハノーバー撃破に貢献

公式戦3試合ぶりの先発 昨年12月19日のケルン戦以来の90分間プレー

 ドルトムントは13日、本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクでリーグ最下位のハノーバーと対戦し、1-0で勝利を収めた。日本代表MF香川真司は 4-3-3の左インサイドハーフとして公式戦3試合ぶりに先発を果たした。昨年12月19日のケルン戦以来、5試合ぶりのフル出場で積極的に攻撃に顔を出 したが、得点には絡めなかった。

  前半、ドルトムントは打撲で欠場したFWオーバメヤンの代わりに3トップの中央に入ったMFロイスがゴールに迫る。ドイツ代表アタッカーは、前半16分に 香川がゴール左で倒されて得たFKからシュートを放ったが、ボールはクロスバーを直撃した。同27分にも同じような位置で香川が獲得したFKを直接狙った がGKにキャッチされた。

 攻守がめまぐるしく入れ変わる展開だったが、スコアレスのまま試合は後半に突入する。

 そして後半13分、均衡が破れる。ドルトムントはハノーバーの攻撃を防ぐと、一気にカウンターを仕掛ける。ロイスからパスを受けたムヒタリアンは、対峙したDFをドリブルでかわすとエリア外から右足で強烈なシュートを突き刺した。

 香川は後半も積極的にボールを呼び込む。チャンスメイクや2列目からゴール前に顔を出す動きを見せたが、直接得点に絡むことはできなかった。香川は後半24分、スライディングタックルによるファウルで、今季2枚目のイエローカードを提示される場面もあった。

 ドルトムントはラストパスの精度を欠き、追加点こそ奪えなかった。しかし、ムヒタリアンの今季リーグ戦8得点目が決勝点となり、最少得点差ながら最下位のハノーバー撃破に成功。確実に勝ち点3を積み上げ、首位バイエルン・ミュンヘンとの差を暫定で5に縮めた。

 一方、日本代表DF酒井宏樹が先発したハノーバーは7連敗で、2部降格圏の最下位に低迷している。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160214-00010000-soccermzw-socc

【香川はフル出場 ドルトムントはハノーファー相手に1-0で勝利 海外の反応】の続きを読む

このページのトップヘ