岡崎慎司

日本、敵地でUAEにリベンジ達成! 久保のA代表初ゴール&今野弾で完封勝利

2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第6戦が23日に行われ、日本代表は敵地でUAE(アラブ首長国連邦)代表と対戦した。

 いよいよ後半戦へ突入したアジア最終予選。日本は前半戦5試合を3勝1分け1敗の勝ち点10、W杯出場圏内の2位で折り返した。だが、第6戦を先に終えた首位・サウジアラビア代表が勝利を収めて勝ち点を13に伸ばし、3位オーストラリア代表は引き分けたものの同10とし、総得点で日本を上回った。そして4位UAEとの勝ち点差はわずかに「1」と、日本はこの試合の結果次第では4位転落のおそれもある。そしてなにより、UAEには昨年9月にホームで敗れているだけに、絶対に負けられない一戦となる。

 日本の先発メンバーはGK川島永嗣、DF長友佑都、森重真人、吉田麻也、酒井宏樹、MF山口蛍、今野泰幸、香川真司、FW原口元気、久保裕也、大迫勇也の11名が起用された。

 立ち上がりから攻勢に出た日本は7分、ペナルティエリア手前中央でパスを受けた大迫がワンタッチでDFをかわすと、右足でミドルシュートを放ったが、ここは枠の左へ逸れた。

 10分を過ぎるとUAEがボールを保持して押し込み始めたが、先制したのは日本だった。14分、右サイドの酒井宏がエリア内右にスルーパスを通すと、抜け出した久保がやや角度のない位置から右足でシュート。GKのニアサイドを抜けたボールがネットを揺らした。久保にとってはこれがA代表初ゴールとなった。

 1点のリードを得た日本だが、その後は押し込まれる時間が続く。20分、高い位置でボールを奪われると、スルーパスでエリア内右に抜け出したアリ・マブフートがGKと一対一となったが、GK川島が好セーブで凌いだ。

 前半アディショナルタイム2分にはUAEがエリア手前中央でFKを獲得。オマル・アブドゥルラフマンが得意の左足で狙ったが、枠の上に外れた。前半はこのまま1-0で折り返す。

 後半立ち上がりの48分、UAEは左サイドからアブドゥラジズ・サンクールが鋭いクロスを入れると、ファーサイドにイスマイル・アル・ハンマディがフリーで走り込んだが、うまくミートすることができなかった。

 するとピンチを凌いだ日本が追加点を奪う。51分、右サイドの久保が左足でクロスを供給。エリア内左に走り込んでいた今野が胸トラップでDFを振り切ると、最後はGKの股下を抜くシュートを決めた。

 3点目を狙う日本は60分、左サイドの長友からのクロスに大迫がヘディングで合わせたが、このシュートはGKの好セーブに阻まれた。

 日本は71分、香川に代えて倉田秋を投入。78分には久保との交代で本田圭佑をピッチへ送り出した。さらに82分、接触プレーで足を痛めた大迫に代えて岡崎慎司を投入した。

 88分、日本はカウンターから岡崎がエリア内右に抜け出したが、シュートは枠の左へ逸れてしまい、追加点のチャンスを逃した。それでもUAEに反撃を許すことはなく、試合はこのまま終了。日本が2-0で勝利を収め、リベンジを果たした。

 日本代表は28日にホームでタイ代表と対戦する。

【スコア】
UAE代表 0-2 日本代表

【得点者】
0-1 14分 久保裕也(日本)
0-2 51分 今野泰幸(日本)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00566438-soccerk-socc
【【海外の反応】「賢く、強かった」日本代表、久保の見事なゴールに今野躍動で重要なUAE戦に2-0で快勝!【W杯アジア最終予選】】の続きを読む

top
レスター新指揮官、逆転ベスト8進出に歓喜「忘れられない試合に」

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグが14日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターはセビージャに2-0の勝利を収めた。ファーストレグを1-2で落としていたレスターだが、ホームでの完封勝利によって合計スコアをひっくり返し、逆転でベスト8進出を決定している。試合後のクレイグ・シェイクスピア監督のコメントを、同日付の地元紙『レスター・マーキュリー』が伝えた。

 スペインに遠征して臨んだ第1戦では、敗れながらもイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが貴重なアウェーゴールを奪取。本拠地キング・パワーで行われたセカンドレグに望みを繋げたレスターは、27分にアルジェリア代表MFリヤド・マフレズのクロスをジャマイカ代表DFウェズ・モーガンが押し込み先制すると、54分にはイングランド人MFマーク・オルブライトンがエリア内のこぼれ球を押し込んでリードを2点に広げた。試合終盤にはPKを与えたが、フランス代表MFスティーヴン・エンゾンジのキックをデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルがストップしてこのピンチを逃れると、そのままタイムアップまでゴールを許さず、逆転で準々決勝に駒を進めることとなった。なお、岡崎は先発出場して64分までプレーしている。

 シェイクスピア監督は試合を振り返り、「自分も含めて、このクラブにとっては忘れられない試合になったと思う」と、クラブ史上初出場となるCLでのベスト8進出を喜び、以下のように続けた。

「ゲームが始まったときから、サポーターは我々を後押ししてくれていたし、選手も今日は素晴らしかったと思っている。今夜のパフォーマンスは、クラブに関わるすべての人が誇りに思えるものだった」

 レスターが倒したセビージャは、今シーズンのリーガ・エスパニョーラでバルセロナやレアル・マドリードと優勝を争っており、昨シーズンまでUEFAヨーロッパリーグを3連覇する強豪だ。「抽選の時から、厳しい戦いになるというのは分かっていた。“ワオ! 相手はセビージャだ!”ってね」と、指揮官も相手に対する高い評価を明かしており、「ファーストレグでのパフォーマンスがこの結果に繋がった」と、セカンドレグを前に解任の憂き目にあったクラウディオ・ラニエリ前監督への称賛も忘れなかった。

 シェイクスピア監督が指揮を執り始めてから、レスターはプレミアリーグでリヴァプールとハルを破り、CLでもセビージャに勝利して公式戦3連勝となった。試合前には暫定監督から正式な指揮官へと肩書が変わったシェイクスピア氏は、チームとともに“夢の続き”を体現しようとしている。次戦は18日、プレミアリーグ第29節でウェストハムとのアウェーゲームに臨む。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00562920-soccerk-socc
【【海外の反応】レスターシティ、ホームでセビージャを完封! 逆転でCL8強進出を果たす! 】の続きを読む

ラニエリに捧ぐ3発快勝! 新生レスターが9番の大ヒットで難敵リヴァプールを打ち負かす

やはりエースが均衡破る
クレイグ・シェイクスピア暫定監督の下、レスターの新たなストーリーが始まる。昨季のイングランド王者がプレミアリーグ第26節でリヴァプールと激突した。

本拠地キングパワー・スタジアムにユルゲン・クロップ率いる好調リヴァプールを迎えての一戦で、岡崎慎司はバーディと共に最前線で先発出場。立ち上がりから粘り強いチェイシングで相手ボールをカットすると、果敢なドリブルやヘディングから惜しいシュートを放つなど、アグレッシブな姿勢で闘争心を剥き出しに。一方のリヴァプールはハードなプレスを敢行するフォクシーズに苦しみ、なかなか攻撃の形を作り出すことができない。

均衡が破られたのは28分、快速エースの右足によるものだ。オルブライトンのワンタッチスルーパスから超速でリヴァプール守備網を抜け出したバーディが、GKミニョレとの1対1を制し、ニアサイドへ思い切りよく蹴り込む。9番の2017年リーグ戦初ゴールによってホームのレスターが1-0と先制に成功すると、その10分後にもドリンクウォーターが圧巻のボレーシュートで追加点。レスターらしさが滲み出たまま前半は終了し、後半へと折り返す。

リヴァプールはセカンドハーフにおいても引き続き攻撃の行き詰まりを解消することができず、敵の守備網を脅かすに至らない。一方のレスターも岡崎とバーディが少ないタッチ数から効率的な攻撃を展開すると60分、マフレズとの連携から左サイドを突破したフクスが右足でクロスを上げると、ヘッドで合わせたのはバーディだ。この日2点目となるゴールを決め、レスターが3-0とリードを広げる。

しかしリヴァプールも黙っていない。68分にエムレ・チャンのラストパスを受けたコウチーニョが中央を突破すると、ゴール左にグラウンダーのシュートを突き刺し、一矢を報いる。点差を2点に縮めたリヴァプールはその後も果敢に攻め立てるハードなサッカーを披露。しかし、この日のレスターは最後まで集中力を保ち、失点を1に留めると、ホームで3-1と快勝を収めた。

ラニエリはほんの数日前まで部下だった彼らの奮闘をどう見るだろうか。レスターにとって、この勝ち点3は今後の戦いに向けて大きな意味を持つこととなりそうだ。

[メンバー]
レスター:シュマイケル、シンプソン、モーガン、フート、フクス、ドリンクウォーター、エンディディ、オルブライトン(→チルウェル 91)、マフレズ(→グレイ 80)、岡崎慎司(→アマーティ 69)、バーディ

リヴァプール:ミニョレ、クライン、マティプ、ルーカス(→ウッドバーン 84)、ミルナー、ワイナルドゥム、ララーナ(→オリギ 66)、チャン、マネ(→モレノ 66)、コウチーニョ、フィルミーノ

[スコア]
レスター 3-1 リヴァプール

[得点者]
レスター:バーディ(28、60)、ドリンクウォーター(39)
リヴァプール:コウチーニョ(68)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00010004-theworld-socc&pos=3
【【海外の反応】レスター、ラニエリ監督解任後の初戦でリバプールを撃破 岡崎に高評価が集まる】の続きを読む

152BC6EE00000514-0-image-a-3_1487878463091
レスター、成績不振でラニエリを解任…昨季奇跡の初優勝も今季はわずか5勝で残留争い

日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティが、クラウディオ・ラニエリ監督を解任したことを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。

レスターは昨シーズン、奇跡のプレミアリーグの初優勝を果たしながら、今シーズンはリーグ戦25試合でわずか5勝と、残留争いを強いられている。また、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのセビージャ戦にも敗れ、ここ9試合で7敗という深刻な不振に陥り、クラブは解任を決断したようだ。

クラブは素晴らしい成功をもたらしたラニエリに感謝するとともに、決断に至った背景を以下の声明で明かしている。

「レスター・シティはクラウディオ・ラニエリ監督と袂を分かつことを決定した。クラウディオは2015年6月にやってきて、フォクシーズ(レスターの愛称)を昨シーズン、133年の歴史上最も大きな成功に導き、プレミアリーグ初優勝を成し遂げた。間違いなくレスターの監督史上、最も成功を収めた人物だ。しかしながら、現在の国内の成績を見ると、変化の必要性を感じた。痛みを伴うが、必要なことだった」

また、ラニエリの後任は未定で、アシスタントマネージャーのクレイグ・シェイクスピア、コーチのマイク・ストーウェルが指揮を執る見込み。レスターは27日にホームで、リヴァプールと対戦する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00000035-goal-socc
【【海外の反応】レスターシティがラニエリ監督の解任を発表...クラブの決定に批難殺到】の続きを読む

yo
レスターGK、セビージャに敗戦もアウェーゴール奪取に喜び…ホームでの逆襲を約束

レスター・シティでプレーするデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルは、セビージャ戦が悪くない結果になったと話している。『BTスポーツ』が報じた。

レスターは22日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグでセビージャと対戦。アウェーで終始劣勢の難しいゲームとなったが、1点を返し、1-2で試合を終えた。PKストップなど好パフォーマンスを披露したシュマイケルは「アウェーゴールはとてつもなく大きいよ。キングパワー・スタジアムでは何だって起きる可能性があるし、これは僕らが望んでいたものだった」と、敵地で大きな1点を勝ち取ったことに喜びを示した。

続けて「これらの試合を戦えるのは喜びだし、すべての選手が楽しみにしていた。全員が懸命に走り、ハードワークしていたね」とチームメイトの労をねぎらっている。

「僕らは敗れ、結果に失望しているが、CLでアウェーからホームに戻る上で1-2という結果はとても良いものだ」と語ったシュマイケル。レスターは3月14日に行われるホームでリベンジを果たせるのだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000000-goal-socc
【【海外の反応】レスターシティ、セビージャに先勝を許すもヴァーディのアウェイゴールで第二戦に望みをつなぐ【CL】】の続きを読む

このページのトップヘ