岡崎慎司

岡崎2戦連続弾も…レスター、エースのPK失敗響きリヴァプールとの打ち合い敗れる

 プレミアリーグ第6節が23日に行われ、岡崎慎司が所属するレスターがリヴァプールと対戦した。

 先日行われたカラバオカップ(リーグカップ)でも対戦した両チーム。途中出場から1ゴール1アシストをあげ勝利に導いた岡崎は先発入りし、ジェイミー・ヴァーディと2トップを組む。公式戦ここ4試合で勝ち星のないリヴァプールはフェリペ・コウチーニョやモハメド・サラーらがスタメン入りしている。

 岡崎は開始6分、ヴァーディにスルーパスを送ってシュートチャンスを作りだすなど存在感を見せる。リヴァプールは13分にエムレ・ジャンがポスト直撃のミドルシュートを放つなど、両チームに得点の気配が漂う。すると15分、左サイドから右足で送られたコウチーニョのクロスがファーサイドに走り込んだサラーにピタリ。アウェイのリヴァプールが先制した。

 さらにリヴァプールはゴール前の良い位置でFKのチャンス。コウチーニョが放ったボールは完璧なカーブ、スピードでゴール左上に吸い込まれた。コウチーニョの美技で早くもリードを拡げた。

 レスターは40分、岡崎がFKのこぼれ球に反応して押し込んだがオフサイドの判定。しかし前半終了直前にコーナーキックのこぼれ球を誰よりも早く反応した岡崎が押し込んでゴール。カップ戦に続きリヴァプール相手に2試合連続ゴールで1点を返した。

 追い上げムードのレスターだったが、後半にスコアを動かしたのはリヴァプールだった。カウンターを仕掛けたレスターを食い止め、逆にリヴァプールがカウンターを発動。3対2と優位の状況でダニエル・スタリッジがフリーのジョーダン・ヘンダーソンにラストパス。落ち着いて1人をかわして流し込んだ。

 しかし直後にレスターはデマレイ・グレイの強烈なボレーシュートのこぼれ球をヴァーディが押し込み再び1点差に詰め寄る。さらにエリア内に走り込んだヴァーディがGKに倒されてPKをゲット。同点に追いつく絶好のチャンスだったが、思い切り右足を振り抜いたヴァーディのシュートはシモン・ミニョレに防がれてしまった。

 レスターは最後まで追いつくことができず、試合はこのまま終了。リヴァプールは第3節以来、9月初めての白星をあげた。また岡崎は74分までプレーしている。

 次節、レスターは9月30日にアウェイでボーンマスと、リヴァプールは10月1日にアウェイでニューカッスルと対戦する。

【スコア】
レスター 2-3 リヴァプール

【得点者】
0-1 15分 モハメド・サラー(リヴァプール)
0-2 23分 フェリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
1-2 45+3分 岡崎慎司(レスター)
1-3 68分 ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプール)
2-3 69分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00646549-soccerk-socc
【【海外の反応】岡崎慎司、リバプール相手に2戦連続でゴールを決める! オフサイド判定で幻のゴールも!】の続きを読む

Liver11
MOMの岡崎慎司、レスター指揮官も称賛「貢献とインパクトの大きさを物語っている」

レスター・シティを率いるクレイグ・シェイクスピア監督が、カラバオ・カップで結果を残したFW岡崎慎司を称賛している。地元紙『レスター・マーキュリー』が報じた。

レスターは19日、カラバオ・カップ3回戦でリヴァプールと対戦。53分から途中出場した岡崎の1ゴール1アシストの活躍もあり、レスターが2-0で4回戦に進出している。

インターナショナル・ブレイクを挟んで、岡崎はここ2試合スタメンを外れていた。リヴァプール戦でもベンチスタートとなったが、途中出場からわずか数分後に先制点を奪うと、終盤にもイスラム・スリマニの追加点をアシストし、マン・オブ・ザ・マッチに選出される活躍を見せている。シェイクスピア監督は試合後、手放しで岡崎を称賛した。

「とても嬉しい。フットボールでは結果が重要だ。私はリアクションを求めていた。岡崎は(スタメンから外れても)懸命にトレーニングに取り組んでいたんだ。それが彼の性格だよ。変わらないし、常にそうなんだ」

「マン・オブ・ザ・マッチのトロフィーを持って歩いていったよ。半分もプレーしていないのにね。トロフィーはベンチから出てきた貢献とインパクトの大きさを物語っている」

さらに、シェイクスピア監督は交代策について具体的に言及。

「我々はより前に圧力を掛けたかった。シンジはレオナルド・ウジョアのケガによりチャンスを得たが、とても重要な瞬間になったと思う。彼は周りを走り回り、勝利の重要な要因になったね」

今シーズン公式戦で3ゴールを記録している岡崎。快調なシーズン序盤を過ごす日本人ストライカーの今後の活躍に期待したいところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000051-goal-socc
【【海外の反応】「試合を一転させた」岡崎慎司、リバプール戦に途中出場から1G1Aの大暴れ!【EFL杯】】の続きを読む

DHmVZmOXYAA6Wig
レスター岡崎慎司、電光石火の開幕2戦連発ゴール!ブライトン戦で今季2得点目

現地時間19日、プレミアリーグ第2節レスター対ブライトン&ホーブ・アルビオンの一戦で、日本代表FW岡崎慎司がゴールを決めた。

先発出場を果たした岡崎は立ち上がりの1分、右サイドから放たれた味方のシュートが相手GKに弾かれたところを詰め、ネットを揺らした。

岡崎は開幕カードのアーセナル戦でもゴールを決めており、17-18シーズンは開幕2戦連発弾を記録した形になる。

日本代表ではロシア・ワールドカップ出場を懸けたオーストラリア戦が31日に控えており、岡崎にとっては絶好のアピールの場となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00000031-goal-socc
【【海外の反応】岡崎慎司、ブライトン戦で開始1分に先制点をあげる! 2試合連続のゴール!」】の続きを読む

432CFA6C00000578-4782982-image-a-60_1502480875543
開幕弾の岡崎慎司は上々の評価。「疲れ知らずでゴールを決め、諦めなかった」

レスター・シティのFW岡崎慎司は、11日に行われたプレミアリーグ開幕戦のアーセナル戦でゴールを決めた。現地メディアは同選手の活躍を高く評価している。

 レスターは開始2分で先制を許したが、その3分後に岡崎がヘディングで同点弾を決めた。その後、FWジェイミー・ヴァーディーの2ゴールがあったレスターだが、終盤の失点で3-4と敗れている。

 『デイリー・ミラー』は、この日の岡崎に「7」を付けた。これはヴァーディーに次ぐチーム2位タイの評価。「疲れ知らずに動き回り、ゴールを決め、どんなボールに対しても諦めなかった。グッド」と寸評を記している。ただし、チーム全体に好印象だったようでレスターの最低点は「6」となっており、岡崎の活躍が際立っていたという評価ではない。

 『デイリー・メール』でも岡崎の採点は「7」だった。ヴァーディーに「8.5」を付けた同紙はより幅をもたせており、「7」の評価はチーム4位タイとなっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170812-00225993-footballc-socc
【【海外の反応】岡崎慎司、プレミア開幕戦のアーセナル戦で同点弾を決める!】の続きを読む

top
マンチェスター・Cがレスターを下す…岡崎慎司がゴールもレスターの反撃及ばず/プレミアリーグ第37節

■プレミアリーグ第37節

マンチェスター・シティ 2-1 レスター

マンチェスター・C:シルバ(29分)、G・ジェズス(36分/PK)

レスター:岡崎(42分)

現地時間13日、プレミアリーグ第37節のマンチェスター・Cvsレスターの一戦が行われた。

この試合では3位でのフィニッシュを目指すマンチェスター・Cにとって負けられない一戦と言える。一方、一時は降格の危機にあったレスターにとっては、単独8位に浮上するチャンスとなった。

試合は序盤からホームのマンチェスター・Cが高いボールポゼッションを記録する一方で、レスターも要所でカウンターを仕掛けて相手ゴールを脅かす見どころの多い展開となった。

先制点を決めたのはマンチェスター・Cだった。29分、左サイドに展開されたボールをレロイ・サネが受け、深くえぐってからグラウンダーのクロスを放つ。その折り返しにダビド・シルバがダイレクトで合わせてマンチェスター・Cが1点を先行した。シルバがシュートを放った際、オフサイドポジションにいたラヒーム・スターリングがプレーに関与したとレスターがアピールするも、ゴールのジャッジは変わらなかった。

36分にはレスターのヨアン・ベナルアンがサネをペナルティーエリア内で倒したとしてマンチェスター・CにPKが与えられた。このチャンスにガブリエウ・ジェズスが右足で冷静に決めて、リードが2点に広がった。

2点のビハインドとなったレスターは42分、左サイドからマーク・オルブライトンが高速クロスを入れると、ゴール前で待ち構えていた岡崎慎司が左足ダイレクトで合わせて、ネットを揺らす。これでスコアは2-1となり、ハーフタイムを迎えた。

後半に入るとマッチアップがより激しくなり、アンディ・キングやG・ジェズスの治療で試合が止まる場面も目立った。岡崎は前線で走り回りながら2点目を狙い続けたが、73分に交代でベンチに退いている。

すると76分、レスターのリヤド・マフレズがキックフェイントでペナルティーエリアに切れ込んだ際に、ガエル・クリシに倒されたとしてレスターにPKが与えられる。このPKをマフレズが軸足を滑らせながらゴールに入れたものの、シュートが軸足に触れた2度蹴りと判定され、ノーゴールとなってしまった。

その後も互いに相手ゴールを脅かす展開が続き、アディショナルタイムは7分設けられる。ラストプレーにはカスパー・シュマイケルが前線まで攻め上がってセットプレーに参加するが、ネットを揺らすことができず。2-1でマンチェスター・Cが勝利を収めた。この結果、マンチェスター・Cは暫定でリーグ3位に浮上している。一方、レスターは9位のままで順位は変わらなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170513-00000026-goal-socc
【【海外の反応】岡崎慎司、シティ戦でワールドクラスのボレー弾を叩きこむ】の続きを読む

このページのトップヘ