岡崎慎司

5194
レスター終戦、第2戦ドローも2戦合計1-2でCL初挑戦は8強敗退…アトレティコが4強入り

[4.18 欧州CL準々決勝第1戦 レスター・シティ 1-1 A・マドリー]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は18日、準々決勝第2戦を行った。FW岡崎慎司が所属するレスター・シティ(イングランド)はホームでアトレティコ・マドリー(スペイン)と対戦し、1-1でドロー。2試合合計2-1でアトレティコが準決勝進出を決めた。先発出場した岡崎は、前半のみの出場に終わった。

 レスターは12日の第1戦から1人を変更し、累積警告で欠場のDFロベルト・フートに代わって、腰を痛めていた主将DFウェズ・モーガンが復帰した。ホームでの第1戦を1-0で制したアトレティコも1人の変更にとどめ、FWフェルナンド・トーレスに代わってDFホセ・ヒメネスが先発起用された。

 慎重な入りとなった一戦は、カウンターを持ち味とするチーム同士らしくそんなに多くのチャンスは訪れない。レスターは前半21分、MFリヤド・マフレズのスルーパスに反応したFWジェイミー・バーディがPA左のライン際から中央に折り返し、ニアに走り込んだ岡崎が右足で合わせるも、クロスバー上に外れる。さらに立て続けにセットプレーを得るが得点に結びつけることができない。

 すると、アトレティコが突き放しにいく。前半26分、左サイドでMFコケのパスを受けたDFフィリペ・ルイスがクロスを上げると、ファーサイドのMFサウール・ニゲスがヘディングシュート。これがゴール左隅に吸い込まれ、アトレティコが先制し、貴重なアウェーゴールを獲得した。

 これでレスターは2戦合計0-2となり、静まり返るキング・パワー・スタジアム。前半34分、左CKの流れからMFマーク・オルブライトンの左クロスは相手にクリアされるが、これに反応したマフレズがPA内で右足を振り抜く。ダイレクトで放ったボレーシュートは惜しくもGKの正面に飛んでしまい、前半のうちに追いつくことはできなかった。

 レスターのクレイグ・シェイクスピア監督は後半開始から岡崎とDFヨアン・ベナルアンを下げて、DFベン・チルウェルとFWレオナルド・ウジョアを投入。4-4-1-1から3-4-2-1に変更し、左WBにチルウェル、右WBにオルブライトン、シャドーにバーディとマフレズが入り、ウジョアが1トップを務めることとなった。

 アトレティコは後半11分にアクシデントが発生し、DFファンフランが負傷により交代を余儀なくされた。一方のレスターは、後半頭からの選手変更が奏功し、押し気味に試合を進めると、16分にこの試合を振り出しに戻す。右サイドからオルブライトンが上げたクロスはファーサイドまで流れ、チルウェルが左足ボレー。こぼれ球をバーディが右足で押し込み、同点に追いついた。

 さらに攻勢を強めたレスターは後半20分、左サイドからDFクリスティアン・フクスがロングスローを入れると、モーガンが競ってこぼれたボールをウジョアが左足ボレー。しっかり枠に飛んでいたが、DFルーカス・エルナンデスのブロックに遭う。23分には、右サイドからマフレズが折り返し、フリーで飛び込んだバーディが右足で合わせるが、これもDFステファン・サビッチに阻まれてしまう。

 勢いは完全にレスター。逆転での突破には、あと2点が必要なだが、後半31分のマフレズのFKもわずかに上に外れ、1点が遠い。さらに38分には、負傷明けのモーガンが右腿裏あたりを痛め、MFダニエル・アマーティとの交代を余儀なくされる。その後もレスターが諦めず攻め込んだが、試合はそのまま1-1でタイムアップ。2試合合計1-2で初挑戦の欧州CLは8強敗退に終わった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-01638912-gekisaka-socc
【【海外の反応】岡崎先発のレスター、ヴァーディの追撃弾&猛攻もCL8強敗退!【CL準々決勝】】の続きを読む

KbuopBs
【【海外の反応】岡崎の同僚、フックスが海外掲示板に登場! 質問に答える!】の続きを読む

C9PA6kHXUAAcuNR
アトレティコがグリエーズマンのPK弾で先勝…レスターは終始劣勢も最少失点で第1戦を乗り切る

[4.12 欧州CL準々決勝第1戦 A・マドリー1-0レスター・シティ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は12日、準々決勝第1戦を行い、FW岡崎慎司が所属するレスター・シティ(イングランド)は敵地でアトレティコ・マドリー(スペイン)と対戦し、0-1で敗れた。先発出場した岡崎は献身的にボールを追いかけたが、前半のみの出場に終わった。

 9日のプレミアリーグ第32節エバートン戦で主力を温存したレスターは、主将DFウェズ・モーガンが間に合わなかったものの、岡崎やMFリヤド・マフレズ、DF{*クリスティアン・フクス}}らが先発に復帰し、ベストメンバーで敵地での第1戦に臨んだ。一方、アトレティコは8日のマドリード・ダービーと同じ11人を送り出した。

 レスターは前半3分に自陣から岡崎が大きく蹴り出してFWジェイミー・バーディがシュートまで持ち込む“らしい”攻撃を見せたものの、ほとんどの時間帯でアトレティコにボールを支配された。アトレティコは4分、FWアントワーヌ・グリエーズマンのパスを受けたMFコケが右足ミドルシュート。これは左ポストに嫌われたが、27分にカウンターからボールを運んだグリエーズマンがPA内でMFマーク・オルブライトンに倒されPKを獲得。これをグリエーズマン自ら決め、アトレティコが先制に成功した。

 前半はボール支配率36%、シュートはわずか3本(枠内はなし)に終わったレスター。後半開始から岡崎に代えてMFアンディ・キングを入れ、4-4-2から4-5-1に変更し、中盤の人数を増やした。これにより、落ち着いてアトレティコの攻撃に対応できるようになったが、13分にグリエーズマンへのファウルでDFロベルト・フートにイエローカード。これでフートは累積警告で第2戦の欠場が決定した。

 レスターの守備をなかなか崩し切れないアトレティコは後半20分にMFヤニック・フェレイラ・カラスコに代えてFWアンヘル・コレア、30分にはFWフェルナンド・トーレスを下げてMFトーマス・パルテイを入れる。レスターも32分にバーディに代えてFWイスラム・スリマニを投入し、アウェーゴールを狙いに行った。

 しかし、後半は互いに決定的なシーンを創出することができず、試合はそのまま0-1でタイムアップ。終始劣勢だったレスターは、敗れたもののなんとか最少失点に抑え、ホームでの第2戦に望みをつないだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-01638706-gekisaka-socc

【【海外の反応】岡崎はハーフタイムに交代、レスターシティはアトレティコ敗れるも0-1に抑える】の続きを読む

C8aiZa6XcAIKFP_
岡崎慎司、レスター5連勝で評価も上々…英紙「“リンクアップ”が効果的だった」

5試合連続で先発出場を果たした岡崎。数字には見えづらいプレーで、連勝に貢献している

レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司が、公式戦5試合連続の先発出場を果たし、高評価を受けている。 

レスターは1日、プレミアリーグ第30節でストークと対戦。岡崎は先発出場を果たし、2-0の勝利に貢献し、73分までプレーしている。得点に絡むことこそなかったが、チャンスメイクするシーンもあり、随所に存在感を発揮した。 

地元紙『レスター・マーキュリー』では、岡崎に10点満点中7点の評価が与えられ、「素晴らしいディスプレイとなった。タッチは最高で、中盤と前線を繋ぐプレーは効果的」と寸評が記されている。なお、最高評価は8点のウィルフレッド・エンディディ、ジェイミー・バーディー、デマライ・グレイの3人となった。

5連勝を飾ったクレイグ・シェイクスピア監督は試合前から岡崎のコンディションの良さを評価しており、日本代表で通算50得点達成に「お祝いの言葉を送った」と明かしている。監督交代後、先発出場し続ける岡崎には、今後もチャンスが巡ってきそうだ。

Goal
【【海外の反応】「ヴァーディには岡崎が必要」レスターファンが岡崎慎司のパフォーマンスを褒めちぎる【ストーク戦】】の続きを読む

日本、敵地でUAEにリベンジ達成! 久保のA代表初ゴール&今野弾で完封勝利

2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第6戦が23日に行われ、日本代表は敵地でUAE(アラブ首長国連邦)代表と対戦した。

 いよいよ後半戦へ突入したアジア最終予選。日本は前半戦5試合を3勝1分け1敗の勝ち点10、W杯出場圏内の2位で折り返した。だが、第6戦を先に終えた首位・サウジアラビア代表が勝利を収めて勝ち点を13に伸ばし、3位オーストラリア代表は引き分けたものの同10とし、総得点で日本を上回った。そして4位UAEとの勝ち点差はわずかに「1」と、日本はこの試合の結果次第では4位転落のおそれもある。そしてなにより、UAEには昨年9月にホームで敗れているだけに、絶対に負けられない一戦となる。

 日本の先発メンバーはGK川島永嗣、DF長友佑都、森重真人、吉田麻也、酒井宏樹、MF山口蛍、今野泰幸、香川真司、FW原口元気、久保裕也、大迫勇也の11名が起用された。

 立ち上がりから攻勢に出た日本は7分、ペナルティエリア手前中央でパスを受けた大迫がワンタッチでDFをかわすと、右足でミドルシュートを放ったが、ここは枠の左へ逸れた。

 10分を過ぎるとUAEがボールを保持して押し込み始めたが、先制したのは日本だった。14分、右サイドの酒井宏がエリア内右にスルーパスを通すと、抜け出した久保がやや角度のない位置から右足でシュート。GKのニアサイドを抜けたボールがネットを揺らした。久保にとってはこれがA代表初ゴールとなった。

 1点のリードを得た日本だが、その後は押し込まれる時間が続く。20分、高い位置でボールを奪われると、スルーパスでエリア内右に抜け出したアリ・マブフートがGKと一対一となったが、GK川島が好セーブで凌いだ。

 前半アディショナルタイム2分にはUAEがエリア手前中央でFKを獲得。オマル・アブドゥルラフマンが得意の左足で狙ったが、枠の上に外れた。前半はこのまま1-0で折り返す。

 後半立ち上がりの48分、UAEは左サイドからアブドゥラジズ・サンクールが鋭いクロスを入れると、ファーサイドにイスマイル・アル・ハンマディがフリーで走り込んだが、うまくミートすることができなかった。

 するとピンチを凌いだ日本が追加点を奪う。51分、右サイドの久保が左足でクロスを供給。エリア内左に走り込んでいた今野が胸トラップでDFを振り切ると、最後はGKの股下を抜くシュートを決めた。

 3点目を狙う日本は60分、左サイドの長友からのクロスに大迫がヘディングで合わせたが、このシュートはGKの好セーブに阻まれた。

 日本は71分、香川に代えて倉田秋を投入。78分には久保との交代で本田圭佑をピッチへ送り出した。さらに82分、接触プレーで足を痛めた大迫に代えて岡崎慎司を投入した。

 88分、日本はカウンターから岡崎がエリア内右に抜け出したが、シュートは枠の左へ逸れてしまい、追加点のチャンスを逃した。それでもUAEに反撃を許すことはなく、試合はこのまま終了。日本が2-0で勝利を収め、リベンジを果たした。

 日本代表は28日にホームでタイ代表と対戦する。

【スコア】
UAE代表 0-2 日本代表

【得点者】
0-1 14分 久保裕也(日本)
0-2 51分 今野泰幸(日本)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00566438-soccerk-socc
【【海外の反応】「賢く、強かった」日本代表、久保の見事なゴールに今野躍動で重要なUAE戦に2-0で快勝!【W杯アジア最終予選】】の続きを読む

このページのトップヘ