日本代表

DCNdvu2UAAEcabK
麻也、痛恨ドローに「自分たちで自分たちの首を絞めてしまった」

[6.13 W杯アジア最終予選 日本1-1イラク テヘラン]

 気温37度を超える猛暑の中での試合。DF吉田麻也は「後半、体力の消耗がかなりあると思っていたので、賢く戦わないといけないと思っていた」と振り返る。

 前半8分に先制した。しかし、その後はなかなか攻撃の形を作れずに追加点を奪えない。「先制点を取って、後半に追加点が取れたら一番良かった。2点目を僕らが取れなかったのが一番良くなかった」と振り返ったように、後半28分に連係ミスから同点ゴールを献上してしまった。

 失点シーンではアブドゥルゼフラに中央突破を許してPA内まで持ち込まれてしまう。体勢を崩してルーズボールとなると、吉田はGK飛び出した川島永嗣に任せようとしたがボールをキャッチし切れず、こぼれ球をカミルに左足で押し込まれてしまった。「なかなか無失点で終えられる試合が少ないので、本当に悔しい」と唇を噛む。

「勝ち切る力をもっとつけなくてはいけない。1点を取った後にペースダウンするのではなく、もう1点を取りに行く姿勢をもっと見せないといけなかったと思う」

 勝ち点1を上積みして勝ち点17として首位を守ったものの、残る2試合は勝ち点16で3位につけるオーストラリア、同じく勝ち点16のサウジアラビアと、W杯出場を争うライバルとの直接対決が待っている。「自分たちで自分たちの首を絞めてしまった。サウジのことは置いておいて、オーストラリアの試合に集中しないといけない」とホームで行われるオーストラリア戦での必勝を誓う。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-01640874-gekisaka-socc
【【海外の反応】大迫のヘッド弾で先制するも後半に失点...日本代表はイラクと1-1で引き分ける【W杯最終予選】】の続きを読む

top
最終予選前に暗雲…香川が左肩負傷のアクシデント、今野同点弾もシリアとドロー

[6.7 キリンチャレンジ杯 日本1-1シリア 味スタ]

 日本代表は7日、キリンチャレンジ杯でシリア代表と対戦し、1-1で引き分けた。後半3分にセットプレーから先制を許した日本は同13分にMF今野泰幸のゴールで同点に追いついたが、最後まで勝ち越すことはできなかった。日本は翌8日にイランへ移動。13日のW杯アジア最終予選でイラク代表と対戦する。

 日本は4-3-3のシステムを採用し、負傷明けの今野が右インサイドハーフに入った。アンカーはMF山口蛍で、左インサイドハーフにMF香川真司。最終ラインではDF昌子源が先発し、ゲームキャプテンのDF吉田麻也とセンターバックを組んだ。昌子は国際Aマッチ3試合目の出場で、先発は15年3月31日のウズベキスタン戦(5-1)以来、2度目となった。

 いきなりアクシデントが襲う。前半7分、自陣左サイドの深い位置まで守備に戻った香川がMFマハムード・アルマワスとの競り合いで左手を地面についた際に左肩を負傷。タッチラインの外に出て治療を受けたが、そのまま同10分にMF倉田秋と交代となり、担架に乗せられてロッカールームへ引き上げた。

 試合の入りは良くなかったが、少しずつ落ち着きを取り戻す日本。前半18分、倉田のスルーパスに反応したFW大迫勇也がPA内左に走り込むが、左足のシュートはGKにキャッチされる。同19分にはFW原口元気が右足で思い切りよくミドルシュートを打ったが、ゴール左へ。同21分にも吉田の縦パスを大迫が流して今野がゴール前に走り込んだが、一歩早くGKが追いついた。

 ボールの落ち着きどころがなく、守備でも奪いどころがハッキリしない日本はなかなかリズムに乗り切れない。前半27分にはピンチ。日本の左サイドからのアーリークロスに対応した昌子のクリアが中途半端となり、こぼれ球をアルマワスが右足ダイレクトで振り抜いたが、弾丸シュートは外側のサイドネット。試合はその後も膠着状態が続き、前半40分に原口、前半アディショナルタイムには久保がミドルシュートを打ったが、いずれも枠を捉えられなかった。

 スコアレスで折り返した後半開始から久保に代えてFW本田圭佑を投入。ところが、その立ち上がりの3分にセットプレーから先制を許した。シリアは右CKからショートコーナーを選択。DFアムロ・ジェニアトのクロスを昌子の背後からFWマルデク・マルドキアンがヘディングで叩き付け、ゴールネットを揺らした。

 1点を追う展開となった日本は後半8分、山口に代えてMF井手口陽介を投入。A代表デビューとなった井手口はそのままアンカーの位置に入り、インサイドハーフの今野、倉田を含め、中盤3枚が“G大阪トリオ”となった。すると同13分、左サイドのパス交換からDF長友佑都が抜け出し、PA内左に持ち込んでグラウンダーのクロス。逆サイドから走り込んだ今野が右足で押し込み、1-1の同点に追いついた。

 今野は2年ぶりの代表復帰戦となった3月23日のUAE戦(2-0)に続いて出場試合2戦連発の国際Aマッチ通算4ゴール目。日本は直後の後半14分、すでに交代の準備をしていたFW乾貴士が原口に代わって入り、同18分には今野に代わってFW浅野拓磨が投入された。

 浅野は右ウイングの位置に入り、本田は右のインサイドハーフにポジションを下げた。後半29分、大迫が本田につなぎ、本田がPA内右から利き足とは反対の右足でシュートを打ったが、GKがセーブ。同32分には本田からのロングボールを受けた乾が鮮やかな個人技でDFをかわし、PA内左の角度のない位置から右足を振り抜いたが、これもGKの好セーブに阻まれた。

 足の止まり始めたシリアを押し込む日本だが、2点目が遠い。後半40分には最後の交代カードを切り、大迫に代えてFW岡崎慎司を投入するが、試合は1-1のままタイムアップ。背番号10の負傷というアクシデントも起こり、最終予選の行方を占うイラク戦を前に暗雲が立ち込めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-01640646-gekisaka-socc
【【海外の反応】香川が左肩を負傷...日本代表はシリアと1-1で引き分ける...】の続きを読む

DA6nLckVwAILb6N
キャプテン先発本田のミラン最終戦は黒星…2度のPKチャンスもキッカーは別

[5.28 セリエA第38節 カリアリ2-1ミラン]

 セリエAは28日、今季最終節となる第38節を行った。日本代表FW本田圭佑の所属するミランは敵地でカリアリと対戦し、1-2で敗れた。ミランは18勝9分11敗の6位で16-17シーズンを終えた。

 アジア人として初めてミランの背番号10を背負った本田の挑戦が終わった。「リトルホンダがミランと答えた」の名文句が生まれた入団会見が14年1月。CSKAモスクワから来た日本人MFには、当時低迷期に入ろうとしていた名門再建の期待が託された。

 初ゴールは出場2試合目のコッパ・イタリアのスペツィア戦。セリエAでは同年4月のジェノア戦で初ゴールを決めるなど、個人としては順調なスタートを切った。2年目と3年目はセリエA開幕戦でゴールを記録。2年連続してミランのファーストゴールを決めた。

 しかし契約最終年となった今季は、ビンチェンツォ・モンテッラ監督の下で出場機会が激減。先発機会は10月25日のジェノア戦で与えられたのみで、初ゴールも最終節直前の第37節。本田にとっては屈辱のシーズンになっていた。

 しかし前節の初ゴール後の祝福にみられたように、チームメイトは背番号10への信頼をずっと持ち続けていた。試合後にDFイニャツィオ・アバーテが「圭佑に一番の拍手を。彼のようにプロフェッショナルであり、誠実な選手は稀な存在だ」とコメントするなど、厚い信頼を寄せていた。

 そしてミラン本田の見納めとなる28日のカリアリ戦。本田には今季2度目の先発の機会が与えられると、キャプテンマークも託された。

 試合に入ると本田はCKを蹴るなどしてチャンスを演出。しかしミランは前半17分に失点し、ビハインドで折り返す苦しい展開を強いられる。1点ビハインドで後半は、18分にPKを獲得。本田もPKスポットに向かったが、FWカルロス・バッカが蹴る。失敗に終わると、同27分にもミランはPKを獲得。今度こそ本田にボールが渡ることが期待されたが、FWジャンルカ・ラパドゥーラがセット。これをしっかり決めて、ミランが同点に追いつく。

 後半30分にDFガブリエル・パレッタが退場したことで終盤は難しいゲームを強いられたミラン。カリアリで途中出場した北朝鮮のホープ、FWハン・グァンソンにゴールネットを揺らされた場面もあったが、ギリギリオフサイドで取り消し。だがミランは後半アディショナルタイムにFKのこぼれ球を押し込まれて失点。本田のミラン最終戦は黒星に終わった。

 本田は最後までピッチに立ち続けた。最後の試合で得点に絡むということは出来なかったが、フル出場でミランでの3年半の戦いを終えた。新天地はイングランドともスペインとも言われるが、再びトップコンディションを取り戻して、大復活を期待したい。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-01640281-gekisaka-socc
【【海外の反応】本田圭佑、ACミランでのラストゲームでキャプテンを務める ミランはカリアリ相手に敗北】の続きを読む

934HERgDORmeVqm7obFjZyy2ne75nZeOphTUhKXgTU0
【【海外の反応】海外「日本とイランのサッカーファンが敬意溢れるコメントを送り合ってる件」【W杯アジア最終予選】】の続きを読む

17499345_10154502901412333_681373777265012401_n
イランがW杯出場夢見る中国に打撃、豪はUAEに勝利 アジア最終予選

【AFP=時事】2018年サッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)アジア最終予選は28日、各地で行われ、グループAのイランがメフディ・タレミ(Mehdi Taremi)のゴールで1-0で勝利し、中国のW杯出場の可能性に打撃を与えた一方で、グループBではオーストラリアがアラブ首長国連邦(UAE)との大一番を2-0で制した。

 前節ホームで韓国を1-0で破り、W杯出場への希望を膨らませていたマルチェロ・リッピ(Marcello Lippi)監督の率いる中国は、ハーフタイム明け直後の後半1分、イランのタレミに決勝点を奪われた。

 あふれる資金や人材を武器に、サッカー強国に生まれ変わることを目指す中国は、まずはこの予選で史上2回目となるW杯本大会出場を達成したいところだったが、これで残るシリア戦、ウズベキスタン戦、カタール戦で全勝しなければ予選突破は難しい状況となった。

 同じくグループAの韓国は、中国でプレーする洪正好(Jeong-Ho Hong、ホン・ジョンホ)が開始4分に挙げた1点を守り切って1-0でシリアに勝利し、中国戦の敗戦から立ち直った。ウズベキスタンはホームでカタールに1-0で勝利している。

 この結果、グループAはFIFAランクでアジア最高位のイランが首位に立ち、これを勝ち点4差で韓国、同5差でW杯初出場を目指すウズベキスタンが追っている。

 前節ホームでイランに痛恨の敗戦を喫し、奇跡を起こすためにはどうしても勝利が必要だったカタールだが、オディル・アフメドフ(Odil Ahmedov)の直接FKによる1点に沈んだ。カタールはこれで7試合を終えて5敗。勝ち点わずか4ポイントのグループ最下位を抜け出せず、W杯出場は絶望的となった。

■豪が決戦制す、敗れたUAEは監督が辞任

 どうしても勝利が必要な状況で、ホームのシドニー(Sydney)にUAEを迎えたオーストラリアは、両チーム合わせて42個のファウルが記録された試合で、ジャクソン・アーヴァイン(Jackson Irvine)とマシュー・レッキー(Mathew Leckie)のゴールで勝利を収めた。

 それでも、同日の試合で上位の日本とサウジアラビアがどちらも勝利したため、オーストラリアはグループ3位にとどまり、W杯に確実に出場できる2位以内に浮上することはできなかった。

 日本は4-0でタイを退けた。サウジアラビアは後半8分にヤヒヤ・アッシェフリ(Yahya al-Shehri)が決勝点を挙げ、1-0でイラクに勝利した。この結果、グループBでは日本とサウジアラビアが勝ち点を16に伸ばし、これを同13のオーストラリアが追っている。

 2019年のアジアカップ(2019 AFC Asian Cup)の開催国であるUAEは、今回の敗戦が重圧の高まっていたマフディ・アリ(Mahdi Ali)監督にとっては決定打となり、5年間チームの指揮を執った監督は試合後に辞任を表明している。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000014-jij_afp-socc
【【海外の反応】「日本はビーストだ」W杯アジア最終予選第7節、各試合の結果に対する反応】の続きを読む

このページのトップヘ