日本代表

1510828912_990x0
ロシアW杯抽選会アンケート実施 スペインが「対戦したい相手」「対戦したくない相手」

第1ポットはレバンドフスキ擁するポーランドが断トツの40%超え

 ロシア・ワールドカップ(W杯)の出場32カ国がすべて決まり、次なる注目点となるのはグループステージの組み合わせ抽選会だ。12月1日にロシア・モスクワで開催される抽選会は出場各国の“天国と地獄”を分ける第一段階となるが、2010年南アフリカW杯優勝国スペインの全国紙「マルカ」は「各ポット、どの国と対戦したい?」というアンケートを実施している。果たして、日本は“歓迎”なのか、それとも――。

 同紙は現地時間15日に行われたW杯大陸間プレーオフ、ペルー対ニュージーランドでペルーが勝利し、各ポットの配置が決まったことでアンケートを実施。第2ポットに入ることが決まったスペインが、第1ポット、第3ポット、第4ポットとそれぞれ“同グループになりたい相手”を選ぶ方式となっている。投票は半日足らずですでに5万件を超えていて、スペインでもやはり大きな関心事のようだ。

 まずは第1ポットの投票率だ。以下はすべて、日本時間16日22時30分のデータである。

ポーランド 42%
ロシア 17%
ブラジル 10%
ポルトガル 8%
アルゼンチン 8%
ドイツ 7%
ベルギー 6%
フランス 2%

 4割以上の“支持”を集めたのはポーランドだ。FWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)という大黒柱がいるとはいえ、その他の国よりは戦いやすいと見たのかもしれない。ポーランドに続くのは開催国ロシアだが、3番目に多いのは優勝候補筆頭のブラジル。このあたりはいきなり強国同士の激突でも十分、というプライドがちらついたのだろうか。


日本はアジア勢で最も割合が低い6%

 続いては第3ポットだ。

イラン 37%
コスタリカ 14%
チュニジア 11%
エジプト 10%
スウェーデン 9%
アイスランド 8%
セネガル 7%
デンマーク 5%

 アジア勢でFIFAランキング最上位であるイランだが、スペインにとっては与しやすしと見られているようだ。欧州勢が軒並み1桁台であるのと同時に、2002年日韓W杯以来となる出場のセネガルも不気味な存在として捉えているのだろう。

 最後は日本が属する第4ポットである。

サウジアラビア 32%
パナマ 24%
モロッコ 11%
オーストラリア 10%
韓国 7%
日本 6%
ナイジェリア 6%
セルビア 5%

 こちらも中東のサウジアラビアを最も歓迎しており、初出場のパナマ、そしてモロッコやオーストラリアでもOKといったところか。同じヨーロッパ勢のセルビアが最も避けたい相手であると同時に、アジア勢で最もパーセンテージが低いのが日本だった。これはここ1年間での日本代表MF乾貴士(エイバル)やMF柴崎岳(テネリフェ→ヘタフェ)のリーガ・エスパニョーラでの活躍、そして昨年12月のクラブワールドカップ決勝・レアル・マドリード対鹿島アントラーズの激戦が影響している可能性もある。

 日本としてはポット2で避けたい国であるスペインだが、スペインの人々も実は同じ心境なのかもしれない。


【【海外の反応】W杯ロシア大会出場の32チームが出揃う 海外のファンが予想、期待するグループ分けは?】の続きを読む

 日本代表、新ホームユニフォームを発表!勝利への魂で染め上げた“勝色”をまとってロシアW杯へ

2018 FIFAワールドカップ ロシアに臨む日本代表の新ホームユニフォームが発表された。ユニフォームは10日のブラジル代表戦から着用する。

アディダス ジャパン株式会社によると、サッカー日本代表ホームユニフォームのコンセプトは勝利への魂で染め上げた“勝色”(かちいろ)。アディダスオンラインショップにて、6日18:00より先行発売を開始する。

日本の伝統色である深く濃い藍色を意味する“勝色”。武将たちが戦いに挑む際に身にまとった、鎧下と呼ばれる着物に使われる藍染の生地において、最も濃い色とされた由来がある。深く濃い藍を出すためには布を叩きながら染めるため、「叩く=褐(かつ)=勝つ」にかけて、勝利への験担ぎをしていた。

この伝統的な“勝色”をホームユニフォームのベースカラーに採用することで、藍染というジャパンブルーの原点に立ち返り、ロシアW杯にてサッカー日本代表が勝利するイメージを出している。

さらに2018年は、初出場を果たした1998 FIFA ワールドカップ フランスから20年を迎える。節目の年であり、これまでの日本サッカーの歴史を築いてきたあらゆる選手やスタッフ、サポーター達の想いを紡ぎ、ロシア大会へ挑むというメッセージが込められている。

また、Vネック部分のVICTORY RED(ビクトリーレッド)においては、侍の着物の前あわせ部分からインスピレーションを受けた形状に、日本を象徴する日の丸の赤を配することで、世界で勝利を目指す日本を表している。

首元の内側に搭載されたサインオフロゴには、過去の5大会分のユニフォームのアイコニックなデザインが組み合わされており、過去20年間で積み重ねてきた歴史や経験を背負い、真の勝利をもぎ取りに行くという強い意志を表現した。

一般発売は13日0:00より全国のアディダスフットボール取扱店舗にて開始。ホームオーセンティックユニフォーム半袖は14,000円+税(自店販売価格)、ホームレプリカユニフォーム半袖は8,990円+税(自店販売価格)、Kidsホームレプリカユニフォーム半袖は6,990円+税(自店販売価格)で販売される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00010011-goal-socc
【【海外の反応】海外「サッカー各国代表のW杯キットを見てみよう」】の続きを読む

46346BE700000578-0-image-a-48_1510317931582
ハリル監督「後半はある程度、満足。希望も感じる」完敗も一定の評価

◆国際親善試合 ブラジル3―0日本(10日、フランス・リール)

 日本は後半18分にDF槙野智章(30)=浦和=がCKからヘディングでゴールを決めたものの、前半に3失点して完敗した。

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)は試合後の会見で「少し二面性があった。前半が残念だった。もっともっとできたかなと思う。後半はかなり満足がいく。相手をリスペクトしすぎた。前半は選手の頭に何があったか分からない。ビデオ判定でPKがあった。それで少しチームのバランスが崩れたのかなと。後半はまったく違った。私は1点目が決まれば2、3点目も狙えると話した。しかし、改善点もかなりたくさんあると見られた」と振り返った。

 「負けず嫌いだが悔しくなさそう。力の差があったのか?」と指摘された指揮官は「もちろん、うれしくはない。私は世界一のチームと対戦しても敗戦は嫌い。しかし、現実的に考えることは必要。そのチームにこのような後半はある程度、満足。希望も感じる」と一定の評価を与えた。

 「チームの形、実行する部分にいい部分が見られたが、得点につなげないと。場合によっては個人プレーで得点をしないと。前半はがっかりしたとまではいかないけど、選手のメンタルに満足してない。少し未熟なところ出たかもしれない。前、後半は分けて考えている。ボールポゼッション、パス回しで同等か、それ以上の戦いができた。後半でも3、4回奪った後にボールを動かしてフィニッシュにいけた場面もあったが、冷静にできず焦ってしまった」と分析した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000260-sph-socc
【【海外の反応】日本、槙野のヘッド弾もブラジルに1-3で敗れる】の続きを読む

1507293326436
ニュージーランドに競り勝った日本、勝ち越しゴールに満足もハリル監督「簡単ではなかった」

[10.6 キリンチャレンジ杯 日本2-1ニュージーランド 豊田ス]

 ロシアW杯へのサバイバルが始まった。6日、日本代表はキリンチャレンジ杯でニュージーランド代表と対戦。同点に追いつかれて迎えた後半42分にMF倉田秋が勝ち越しゴールを決め、2-1で勝利した。

 試合の立ち上がりは、4試合ぶりスタメンのMF香川真司が右ポスト直撃のシュートを放つなど、一方的に攻め込んだ。だが、いい時間帯に先制点を挙げられないでいると、日本のスピードに慣れてきたニュージーランド相手に攻めあぐね、前半はスコアレスに終わった。

 それでも後半5分、相手のハンドから獲得したPKをFW大迫勇也がねじ込み、日本が先制。これで勢いに乗るかと思われたが、警戒していたFWクリス・ウッドに同点ヘッドを決められてしまう。その後は一進一退の攻防が続いたが、迎えた後半43分に途中出場の倉田が代表初ゴールを決め、2-1。バヒド・ハリルホジッチ監督が「2試合ともその交代枠は使いたい」と語っていたように交代枠6人を使い切って勝利した。

 試合後、指揮官は「勝ちましたけど、簡単ではなかった。ニュージーランドは素晴らしい守備をしてくれた。ロングボールで空中戦を挑んできた。1点目を取れたが、我々のゲームコントロールはうまくいかなかった。その時に失点してしまった」と分析。「そのあと我々から仕掛けていけた。オフェンスの素晴らしいリアクションがあった。本当に素晴らしいコレクティブな動きで2点目が取れた」と一定の評価を下した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-01644866-gekisaka-socc
【【海外の反応】日本代表、倉田の代表初ゴールでニュージーランド代表に辛勝】の続きを読む

21272335_10155762037187028_3619534390548029001_n
ハリルJ黒星で悪夢の展開…豪州メディア嘆き節 「最悪の恐怖は現実のものに」

ハリルJに勝利したサウジが2位 得失点差で3位と後塵を拝したオーストラリア

 日本代表がジッダで黒星を喫した最大の被害者はオーストラリア代表だった。ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループBでサウジアラビアに勝ち点で並びながらも、得失点差で2位の座を奪われ、プレーオフに回ることになったオーストラリア。母国メディアは「最悪の恐怖は現実のものになった」と嘆き節で報じている。

 現地紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」はハリルジャパンの黒星を受け、「水曜日未明に、オーストラリアにとって最悪の恐怖は現実のものになった。日本を1-0で撃破したサウジアラビアはサッカルーズ(オーストラリアの愛称)を飛び越え、2018年W杯の直接出場枠に滑り込んだ」と報じた。

 日本戦前に行われた本拠地タイ戦で45本のシュートの雨を降らせながらも、2-1の辛勝で終わった。大量得点差での勝利が確実視されていたグループ最下位相手の一戦での拙攻が響き、結局、得失点差でサウジアラビアの後塵を拝することになった。

 10月にグループA3位シリアとのホーム&アウェーのプレーオフを戦い、勝てば北中米カリブ海予選4位チームとの大陸間プレーオフ(ホーム&アウェー)という死闘を強いられることになる。

日本の攻撃に落胆「信じられないことに…」

 記事では、ゴールを決められなかった日本の攻撃に落胆を示している。

「信じられないことに、DFヒロキ・サカイのシュートは一度ならず二度もライン上でクリアされた」「ゲンキ・ハラグチのペナルティーエリア外からのシュートは外れた」と報じられている。

 現地紙「ヘラルド・サン」も「サッカルーズのW杯への道のりは、ただただ残酷なものに」と速報している。最終予選ラストマッチの前には日本戦での勝利を信じる楽観論も聞かれたオーストラリアだが、ハリルジャパンのよもやの敗北で悪夢の展開を迎えてしまった。

【【海外の反応】「何て悪夢だ」日本代表vsサウジアラビア代表を観たオーストラリア人の反応【W杯アジア最終予選】】の続きを読む

このページのトップヘ