日本代表

muto
ハリルJは敵地でイランとドロー、南野がA代表デビュー

日本代表は13日、イラン・テヘランのアザディスタジアムでイラン代表と国際親善試合を行い、1-1で引き分けた。日本は前半アディショナルタイムにPKで失点。前半を1点ビハインドで折り返したが、後半3分にFW武藤嘉紀のゴールで同点に追いついた。

 日本は8日のW杯アジア2次予選・シリア戦から先発5人を変更。DF森重真人が9月8日のアフガニスタン戦以来の先発でDF吉田麻也とセンターバックを 組み、9月3日のカンボジア戦以来、3試合ぶりのスタメンとなった武藤がセンターフォワードに入った。FW宇佐美貴史とDF米倉恒貴は8月9日の東アジア 杯・中国戦以来、4試合ぶりの先発。MF柴崎岳も中国戦以来の代表戦出場で、先発は8月5日の韓国戦以来となった。

次々と交代カードを切り、勝ち越しゴールを目指す日本。後半30分、FKの流れから岡崎がオーバーヘッドで狙うもゴール右へ。その直後にはDF酒井高徳に 代えてDF丹羽大輝を右サイドバックに投入。同35分には清武が後方からアズムンの激しいスライディングタックルを受け、両チームの選手が入り混じっての 小競り合いとなった。

 後半43分、最後の交代枠を使って武藤に代えてA代表デビューとなるFW南野拓実を投入。しかし、アディショナルタイム3分を含めた残りわずかな時間では見せ場をつくることはできず、試合はそのまま1-1でタイムアップを迎えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151014-01208449-gekisaka-socc
【武藤の押し込み弾!ハリル日本は上位イラン代表相手にアウェーで引き分ける{海外の反応}】の続きを読む

jnt
ハリルJ、シリアを3発撃破で首位奪取!!本田、岡崎、宇佐美がゴール

[10.8 W杯アジア2次予選 日本3-0シリア マスカット]

 日本代表は8日、中立地のオマーン・マスカットで開催されたW杯アジア2次予選でシリア代表と対戦し、3-0で勝った。後半10分、FW本田圭佑が3戦 連発となるPKで先制すると、同25分にFW岡崎慎司が追加点。後半43分には途中出場のFW宇佐美貴史がダメ押しの3点目を決めた。負ければ自力での首 位通過の可能性が消滅していた大一番。3連勝中のシリアを下し、E組首位の座を奪った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151008-01186601-gekisaka-socc
【「質が高すぎる」W杯予選、香川がアシスト!宇佐美がゴール!ハリル日本はシリア代表相手に完勝!{海外の反応}】の続きを読む

hnd
クラブ批判の真意に言及した本田「自分の正義を貫くことが必要」

0-4で大敗したナポリ戦で2試合連続の出番なしに終わった本田は試合後、「なんで出られなくなったのか分からない」などと発言。ミランというクラブの根本的な問題点についても赤裸々に持論を述べた。

「敗戦から何も学ぼうとしない。それはチーム再建とは程遠い状況にある。ここ数年のミランの問題は明確だ。幹部や監督、サポーターも気付かないといけない。すべての評価基準を変える必要がある。そうしないと再建には5年、10年とかかってしまう」

 こうした発言をイタリアメディアはおおむね好意的に受け入れた。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は「正論だ。ミランを立ち直させる方法を知っている」と同調。『コリエレ・デッロ・スポルト』も「ピッチでは批判は多いが、ミランについて特別な分析と解説をした」と報じた。

 ミランがより良いクラブになるために、そして自分自身がそこで存在価値を示すために、黙っているべきではないと判断すれば、臆せず主張する。それが本田 なりの流儀だった。「自分の正義を貫くことが、自分自身であり続けるために必要なことだと思う」。今回のクラブ批判の真意がそこにあった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151007-01178115-gekisaka-socc
【「完璧な分析」「称賛を」本田、ついにミランを斬る!{海外の反応}】の続きを読む

honkaga

岡崎慎司「真司が出して、蛍が抜けて、自分が決める」/日本代表


日本代表は8日、2018年W杯アジア2次予選兼AFCアジアカップ2019予選でアフガニスタンと対戦し、6対0で勝利した。以下、試合後のFW岡崎慎司(レスター/イングランド)のコメント。

「チームが進化しているかどうかは判断しづらい。アジアの難しさがある。アジアは別物なのかなと率直に思っている」

「勝つことが大前提でシンガポール戦の反省を今のところは生かせているかなと思う。2点については決めていないとFWとしては焦るというのはある。入ると きは入るし、入らないときは入らない。蛍が良い形で折り返してくれた。良いコンビネーションだったと思う。真司が出して、蛍が抜けて、自分が決める。チー ムの形を出せた。こういう相手にはゴールを決めるのが一番大事だ。前の2試合は取れなかったので。1トップとしてのクオリティやアイデアを高めたい」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150909-00000012-ism-socc
【アフガン戦、圧勝後の香川、岡崎”Wシンジ”に対する反応{海外の反応}】の続きを読む

pale
パレスチナが久々のホーム公式戦開催、UAEとスコアレスドロー


8日に各地で行われたサッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)アジア2次予選で、パレスチナが今予選初となるホームゲームに臨み、アラブ首長国連邦(UAE)とスコアレスドローに持ち込んだ。

パレスチナは当初、2次予選の開幕をホームのサウジアラビア戦で迎える予定だったが、サウジアラビア側が「異常な状況」という漠然とした理由から、ヨルダン川西岸地区(West Bank)へ入ることを拒んでいたため、サウジアラビアのホームゲームに変更されていた。

しかしこの日は、イスラエルの首都エルサレム(Jerusalem)郊外のアッラーム(Al-Ram)に、パレスチナの政治家の名前を取って建てられたファイサル・フセイニー国際スタジアム(Faisal Husseini Stadium)へ、約1万4000人のパレスチナサポーターが集まった。

そして試合はパレスチナの選手のシュートがゴールに飛んだ場面や、相手に直接FKを与えたもののGKが弾き出した場面など、前半から一喜一憂した。

西岸地区の北部の町ナーブルス(Nablus)の自宅から、70キロメートル以上を旅してアッラームへやって来たサポーターの男性は、 「難しい状況だし、占領や重圧下での生活という問題はあるけど、代表チームがこうやって頑張っているのを見られてすごくうれしいよ」と話した。

一方、近くのラマッラー(Ramallah)から来たという女性は、イスラエルの検問所で車を止められ、最後は徒歩で現地入りしなければならなかったと話した。

パレスチナサッカー協会(PFA)の関係者によれば、サウジアラビアがファイサル・フセイニー国際スタジアムでの試合を拒んだのは、イスラエルの検問所を抜けなければ会場入りできないことに、二の足を踏んだからだという。

アラブ諸国の中には、イスラエルによるパレスチナ自治区の占領が「常態化」していることを理由に、自治区での試合を拒む国も多い。

PFAのジブリール・ラジューブ(Jibril Rajoub)会長は、パレスチナの選手らの移動を制限しているとして、イスラエルの資格停止を国際サッカー連盟(FIFA)求めたこともある。

そのラジューブ会長は、今回のUAE戦開催について、「パレスチナが存在していること、パレスチナ人が、自分たちの独立国家で暮らす権利を有していること」を示せたと話した。

アジア2次予選で、パレスチナはUAE、サウジアラビア、マレーシア、東ティモールと同じグループAに入っている。初戦のサウジアラビア戦は2-3で敗れたものの、続くマレーシア戦は6-0で大勝した。

http://www.afpbb.com/articles/-/3059785
【「偉大な0-0」パレスチナ代表がUAE代表相手にドローを勝ち取る!{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ