日本代表

Inui_Gol-1
日本、W杯へ一筋の光…乾&香川のゴールで4得点。大会前最終戦でパラグアイに勝利

乾貴士が西野J初ゴール&逆転弾

【日本 4-2 パラグアイ 国際親善試合】

 現地時間12日に国際親善試合が行われ、FIFAランキング61位の日本代表は32位のパラグアイ代表と対戦。

 日本は0-2で敗れたスイス戦から先発メンバーを10人入れ替え、岡崎慎司や香川真司、武藤嘉紀などをスタメン起用した。対するパラグアイは、ミランのグスタボ・ゴメス、リールのフニオール・アロンソ、FCコペンハーゲンのフェデリコ・サンタンデールなどが先発出場を果たしている。

 試合開始して13分、パラグアイが早くも交代カードを切った。この試合を最後に代表引退する40歳のGKフスト・ビジャールに代わり、GKアルフレド・アギラルを投入している。

 24分には、こぼれ球を拾ったオスカル・ロメロにシュートを打たれたがゴール右に外れた。すると32分、再びロメロにシュートを打たれ、今度はゴール右隅に叩き込まれてしまう。対する日本は40分、ゴール前でのフリーキックから柴崎岳が直接狙ったが、惜しくもバーに当たり同点ならず。

 それでも51分、乾貴士が自らドリブルで仕掛けてシュートを放ち同点ゴールを決めた。63分には武藤が右サイドからゴール前に向けてパスを送り、香川が逸らして乾がダイレクトでシュート。GKアギラルが触ったものの、弾き出せずにボールがゴールに吸い込まれ日本に追加点が入っている。

 勢いに乗った日本は、岡崎や香川などが立て続けにシュートを放ちパラグアイのゴールを脅かした。そして77分、柴崎のフリーキックからサンタンデールのオウンゴールを誘い日本に3点目が入る。

 80分には完全に相手の守備を崩して香川に決定的なシーンが訪れたが、シュートは大きくゴール上に外れてしまう。90分にはリチャル・オルティスにゴールを決められて失点。直後の後半アディショナルタイムには香川がゴールを決めた。

 結局、リードを守り切った日本が4-2の勝利をおさめた。日本はロシアワールドカップのグループステージで、コロンビア代表、ポーランド代表、セネガル代表と同組のグループHに入っている。

【得点者】
42分 0-1 ロメロ(パラグアイ)
51分 1-1 乾(日本)
63分 2-1 乾(日本)
77分 3-1 オウンゴール(日本)
89分 3-2 オルティス(パラグアイ)
90分+1分 4-2 香川(日本)


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180612-00274060-footballc-socc

【「素晴らしいチームプレー」日本代表、乾と香川の美しいゴールでパラグアイに勝利を収める 海外サポーターの反応】の続きを読む

DehCEgWX4AEQENP
日本代表のW杯メンバー23人が決定!!三竿、井手口、浅野が落選…

 日本代表の西野朗監督は31日、都内で記者会見を行い、ロシアW杯に出場する日本代表メンバー23人を発表した。

 代表チームは今月21日から千葉県内で合宿をスタート。27人が招集された最終候補メンバーからMF青山敏弘(広島)が負傷のため離脱し、26人で前日30日のガーナ戦(0-2)に臨んだ。この26人からMF三竿健斗(鹿島)、MF井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)、FW浅野拓磨(ハノーファー)の3人が落選する形となり、W杯メンバー23人が決まった。

 チームは6月2日に日本を出発。オーストリアでの事前キャンプでは8日にスイス戦(ルガーノ)、12日にパラグアイ戦(インスブルック)が予定されており、その後、13日にベースキャンプ地のカザンに入り、ロシアW杯グループリーグ初戦となる19日のコロンビア戦(サランスク)に向けて調整を続ける。

以下、日本代表のW杯メンバー23人

▽GK
川島永嗣(メス)
東口順昭(G大阪)
中村航輔(柏)

▽DF
長友佑都(ガラタサライ)
槙野智章(浦和)
吉田麻也(サウサンプトン)
酒井宏樹(マルセイユ)
酒井高徳(ハンブルガーSV)
昌子源(鹿島)
遠藤航(浦和)
植田直通(鹿島)

▽MF
長谷部誠(フランクフルト)
本田圭佑(パチューカ)
乾貴士(エイバル)
香川真司(ドルトムント)
山口蛍(C大阪)
原口元気(デュッセルドルフ)
宇佐美貴史(デュッセルドルフ)
柴崎岳(ヘタフェ)
大島僚太(川崎F)

▽FW
岡崎慎司(レスター・シティ)
大迫勇也(ブレーメン)
武藤嘉紀(マインツ)

【「幸運を祈る」JFAがW杯に臨む日本代表23名を発表 海外サポーターの反応】の続きを読む

images4.persgroep.net
西野J初陣でガーナに0-2完敗。3バックに不安露呈…W杯メンバー発表前日に勝利飾れず

【日本 0-2 ガーナ キリンチャレンジカップ】
   
W杯メンバー発表前日に勝利飾れず
5月30日に横浜の日産スタジアムでキリンチャレンジカップが行われ、FIFAランキング60位の日本代表は50位のガーナ代表と対戦。31日にはロシアワールドカップに向けた日本代表の登録メンバー23人が発表されるため、

今回の試合は生き残りをかけたラストマッチとなっている。   

西野朗新監督の初陣となる今回の試合では、本田圭佑や長友佑都、長谷部誠などが先発出場を果たした。対するガーナ代表は、リーガエスパニョーラでプレーするトーマス・パーティーやエマニュエル・ボアテングなどがスタメン出場を果たしている。   

試合開始して5分、宇佐美貴史と長友の連携から左サイドを突破すると、クロスボールを受け取った大迫勇也がトラップしてシュートを放つ。しかし、ガーナのGKリチャード・オフォリに止められてゴールは決まらなかった。   

9分には槙野智章のファールからゴール真正面でフリーキックのチャンスを相手に与えてしまう。すると、このフリーキックからパーティーに直接ゴールを決められ、早くも1点を追いかける展開となった。33分には本田もフリーキックから直接ゴールを狙ったがGKオフォリに弾かれてしまう。   

ハーフタイム後に大迫に代わって武藤嘉紀が途中出場を果たすと、46分に武藤がヘディングシュートを放ってゴールを狙った。これは惜しくもゴール右に外れる。その後も交代出場の香川真司などにチャンスが訪れたが得点に結びつけることは出来ず。   

反対に51分、一瞬の隙を突かれてGK川島永嗣がペナルティーエリア内でファールを犯してしまった。このPKをボアテングが決めてガーナに2点目が入る。結局、日本は1点も返すことが出来ずに0-2の敗戦を喫した。日本は残り2試合(スイス戦、パラグアイ戦)を行なった後、ロシアワールドカップに挑む。

【”新生日本代表”、ガーナ相手に0-2で完敗 海外サポーターの反応】の続きを読む

日本代表、ガーナ戦メンバー発表! サプライズは青山! 久保が落選

日本サッカー協会(JFA)は18日、キリンチャレンジカップ ガーナ戦に臨む日本代表のメンバーを発表した。   

ロシアワールドカップ前最後の国内での代表戦は、西野朗新監督にとって初陣となる。どのようなメンバーが選出されるか注目される中、本田圭佑、香川真司、岡崎慎司といった面々も名を連ねた。   

また、サンフレッチェ広島の青山敏弘がサプライズ選出された。   

日本代表は今月30日にガーナ代表と対戦する。西野朗監督が選んだメンバーは以下のとおり。 

▽GK
川島永嗣(メス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル) 

▽DF
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
昌子源(鹿島アントラーズ)
遠藤航(浦和レッズ)
植田直通(鹿島アントラーズ) 

▽MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
青山敏弘(サンフレッチェ広島)
本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
乾貴士(エイバル/スペイン)
香川真司(ボルシア・ドルトムント/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ)
宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
大島僚太(川崎フロンターレ)
三竿健斗(鹿島アントラーズ)
井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ/スペイン) 

▽FW
岡崎慎司(レスター/イングランド)
大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)

【「中島と堂安は?」日本サッカー協会、ガーナ戦に臨むメンバー27名を発表 海外サポーターの反応】の続きを読む

top
ハリル氏「何でこの時期?」解任伝えられ怒りと失望

日本サッカー協会(JFA)が9日午後、都内のJFAハウスで会見を開き、田嶋幸三会長(60)がバヒド・ハリルホジッチ監督(65)の解任と、西野朗技術委員長(63)を新監督とする人事を発表した。

 田嶋会長は、質疑応答の中で、解任を伝えた際のハリルホジッチ氏の様子について聞かれ、フランス・パリのホテルで7日午後6時(現地時間)に会って解任を伝えたこと、ハリルホジッチ氏が「満足出来ない、何でこの時期に?」と怒りと失望をにじませていたことを明かした。

 田嶋氏は「まさか、こういうことを伝えられるかと動揺し、怒りもあり、どうしてか、理由とかを聞かれたのも事実だが、辞めていただく方を傷つけるより、線を引くことをお伝えすることが大事だと思った」と振り返った。また「選手とのコミュニケーションが足りないと伝えたのは事実。日本を少しでも勝たせたいから、この決断をしたと伝えました」とも語った。

 また、ハリルホジッチ氏は在任中、日本のメディアの解任報道などにナーバスになっていたといい、田嶋会長は以前から「メディアから解任だとか、そういうことを伝えることは一切ない。私は直接、話します」と約束していたという。ハリルホジッチ氏は「(解任の通知は)紙1枚でいい」と言ったが「必死に努力してワールドカップの出場権を獲得したことに敬意を払い直接、伝えた」とパリ行きの理由を説明した。【村上幸将】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00174601-nksports-socc
【「タイミングが悪い」W杯直前になぜ? 日本サッカー協会がハリルホジッチ監督を解任、新監督は西野朗氏】の続きを読む

このページのトップヘ