武藤嘉紀

top
武藤嘉紀、EL初ゴール決めMOMに選出! マインツはガバラに逆転勝利

【ガバラ 2-3 マインツ EL GS 第2節】

 現地時間29日にヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節が行われ、日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツ(ドイツ)はガバラ(アゼルバイジャン)と対戦。EL初ゴールを決めた武藤の活躍もあり、逆転に成功したマインツが3-2で今季のEL初白星を飾っている。

 初戦のサンテティエンヌ戦にワントップで先発出場した武藤は、この試合にも左WGとして先発出場を果たした。

 お互いになかなか先制点を奪えない中で迎えた41分、ボールを受けた武藤がエリア内から落ち着いて左足を振りぬく。するとボールは相手GKの手を弾いてゴールに吸い込まれ、武藤のEL初ゴールによりマインツが先制に成功した。

 しかし、後半にガバラが反撃をみせる。57分にGKレッスルがガバラのオゾビッチを倒し、PKを献上。これをクルバノフに決められ同点に追いつかれた。さらに62分にはゼニオフがゴール右隅に流し込み、ガバラが逆転に成功する。

 すると68分、コーナーキックから味方が頭に当てたボールを詰めていたコルドバが足で押し込み、マインツが試合を振り出しに戻す。そして迎えた78分、エリア内にドリブルで侵入したエズトゥナリがカットインからシュートを決め、マインツが逆転に成功。

 そしてそのまま試合が終わり、マインツが3-2で今季のEL初勝利を収めた。先制ゴールを挙げた武藤は84分に交代したものの、UEFAによってこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。

【得点者】
41分 0-1 武藤嘉紀(マインツ)
57分 1-1 R・クルバノフ(ガバラ)
62分 2-1 S・ゼニオフ(ガバラ)
68分 2-2 J・コルドバ(マインツ)
78分 2-3 L・エズトゥナリ(マインツ)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160930-00010001-footballc-socc
【【海外の反応】武藤嘉紀がガバラ戦で先制ゴール! マインツのEL初勝利に貢献! UEFAがマンオブザマッチに選出!】の続きを読む

Cq30aeIW8AAjIhw
武藤の復帰ヘッド弾で追い上げも…香川フル出場のドルトムントが開幕戦でマインツ下す

[8.27 ブンデスリーガ第1節 ドルトムント2-1マインツ]

 ブンデスリーガは27日、第1節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでFW武藤嘉紀所属のマインツと対戦し、2-1で勝った。香 川はトップ下でフル出場。ベンチスタートの武藤は後半36分から途中出場し、後半アディショナルタイムに今季初ゴールを決めた。

 ドルトムントはDFマルク・バルトラ、MFセバスティアン・ローデ、MFアンドレ・シュールレ、MFウスマン・デンベレという新戦力4人が先発。前半 16分、香川が右サイドに展開し、デンベレのクロスをファーサイドのシュールレが頭で折り返し、FWピエール・エメリク・オーバメヤンが右足でシュートを 打ったが、GKの好セーブに阻まれた。

 それでも、このプレーで獲得した左CKから先制に成功する。前半17分、香川がショートコーナーでつなぎ、シュールレがファーサイドへクロス。オーバメ ヤンがヘディングシュートを流し込み、先制点を奪った。その後はマインツも反撃に出るが、前半29分のMFカリム・オニシウォのミドルシュートはGKロマ ン・ビュルキが弾いた。

 1点リードで折り返した後半もドルトムントが主導権を握るが、なかなか2点目を奪えない。後半30分、シュールレの左足ミドルもGKにキャッチされた。 マインツは後半36分、MFクリスティアン・クレメンスに代えて武藤を投入。2度の右膝外側側副靭帯損傷で長期離脱を強いられていた背番号9が2月6日の ハノーファー戦以来となる実戦復帰を果たした。

 しかし、次の1点を奪ったのもドルトムントだった。後半43分、香川を起点にカウンターを仕掛けると、ドリブルでPA内に切れ込んだシュールレがオニシウォに倒され、PKを獲得。これをオーバメヤンが落ち着いて決め、2-0と勝利を決定づけた。

 最後まであきらめないマインツも後半アディショナルタイム、FWパブロ・デ・ブラシスの右クロスに武藤が頭で合わせ、1点を返す。今季初ゴールの武藤は 昨年11月28日のフランクフルト戦以来、約9か月ぶりの得点となり、開幕戦でいきなりの復帰弾。1-2と追い上げたが、同点に追いつくことはできなかっ た。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160828-01630695-gekisaka-socc
【【海外の反応】武藤が復帰ゴールを決めるも、香川先発のドルトムントがマインツに2-1で勝利】の続きを読む

top
武藤の相棒が、香川のライバルに? ドルトムント、マリ獲得に傾く

マインツに、主軸選手を失う可能性がある。マンチェスター・ユナイテッドからの興味が伝えられるFW武藤嘉紀のほか、MFユヌス・マリにも他クラブから熱 視線が向けられているようだ。ドイツ『キッカー』『ビルト』など複数メディアによると、最も関心を抱いているのはボルシア・ドルトムントだという。

トップ下を本職とするマリは2011年夏にボルシア・メンヒェングラッドバッハのU-19チームからマインツに加入。今シーズンは前半戦だけですでに8 ゴールを決め、7得点を記録した武藤とともにマインツの主な得点源となっている。元U-21ドイツ代表MFは昨年11月にはトルコA代表の国際親善試合で デビューを果たし、好調なシーズンを過ごしている最中だ。

以前からシャルケやトッテナムが獲得に動いているとも報道されたが、ここにきてどうやら最も具体的な動きを見せているのは元マインツ指揮官のトーマス・ トゥヘル監督が率いるドルトムントのようだ。『キッカー』によれば、ドルトムントは1カ月半前に、代理人を通じて同選手と接触したという。

しかしながら同メディアは、マインツ側はマリの売却を検討するのは今シーズン終了後だとしている。同選手のマインツとの契約には今冬に行使可能な契約解除 条項が盛り込まれておらず、マインツ側が移籍金1000万ユーロ前後(約12億8000万円)で手放す可能性があるのは夏以降だとしている。

一方『ビルト』の報道によると、ドルトムントはマリの今冬の獲得を諦めておらず、マリ獲得に向けて移籍金1200万ユーロ(約15億3800万円)を提示 すると予想。さらにドルトムントで出場機会が少ないコロンビア代表FWアドリアン・ラモスをトレード要員としてオファーするという。

冬の移籍市場では代役を見つけるのが困難であることを理由に挙げ、昨年1月にはFW岡崎慎司のレスター・シティ行きを断ったマインツ。クリスティアン・ハ イデルGM(ゼネラルマネジャー)は過去、A・ラモスの獲得を試みたことがある。実際にドルトムントからオファーを受けたならば、心が動くことも予想され る。

マリが加入したならば、ドルトムントでMF香川真司とポジションを争う可能性もある。現在マインツで武藤ら攻撃陣をリードするマリが、香川のライバルになるのだろうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160115-00000028-goal-socc
【ビルト報じる!ドルトムントと武藤同僚マリが4年契約で合意か{海外の反応}】の続きを読む

muto3
武藤が今季7点目! 長谷部先発のフランクフルト相手に先制

ンデスリーガ第14節で、マインツFW武藤嘉紀が今季7点目を決めた。ハットトリックを達成した、第11節アウクスブルク戦以来の得点となる。

前線の中央で先発した武藤は、ホームで勢いに乗るチームの波に乗った。

開始5分、中央から右に展開されたボールが、MFデ・ブラシスから中央へ送られる。これを武藤が、右足でしっかり決めた。

武藤はこの試合までリーグ6点を挙げており、チーム最多得点者となっていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151129-00000021-goal-socc
【「チャンピオン」武藤また決めた!今季7点目!マインツはフランクフルト相手に2-1で勝利!{海外の反応}】の続きを読む

japan
本田、木村和司超えW杯予選5戦連続弾!6戦連続完封の新記録で堅守

◆ロシアW杯アジア2次予選兼アジア杯予選 カンボジア0―2日本(17日、カンボジア・ナショナル五輪スタジアム)

 FIFAランク50位でE組首位の日本代表はアウェーで、同183位で同組最下位のカンボジアに2―0で勝利。勝ち点を16とし、E組首位を守った。後 半から投入されたMF柏木陽介(27)=浦和=が抜群の存在感。本田圭佑(29)=ACミラン=がW杯予選5戦連続のゴールを挙げた。日本はW杯予選で史 上初の6試合連続完封で、今年最後の代表戦を終えた。また、試合前にはパリ同時多発テロの犠牲者へ黙とうがささげられた。

 試合は人工芝ピッチ、ベトナム社製ボールと不慣れな環境で行われ、まさに完全アウェーの状態。

 厳しい状況の中、日本は序盤から積極的に攻撃を展開。FW岡崎慎司(29)=レスター=やMF香川真司(26)=ドルトムント=などが積極的にシュート を放ち、カンボジアゴールに迫るがネットを揺らすことが出来ない。逆に、カンボジアの鋭いカウンターを浴び、ゴールに迫られる危ないシーンも見られた。前 半ロスタイムには右からのクロスを、ファーで合わせた藤春広輝(26)=G大阪=が左足で直接シュートするが、左ポストを直撃し、前半を0―0で終えた。

 きっかけが欲しい日本は、後半から柏木を投入。この采配がズバリ的中。後半6分、柏木が右FKから中央へクロス。岡崎が激しくDFと競り合い、オウン ゴールを呼び込んだ。後半17分に本田圭佑(29)=ACミラン=をピッチに送ると、さらに攻撃に幅が広がりカンボジアを圧倒。

 後半45分には本田がヘッドでW杯予選5戦連続となるゴールを決めた。5戦連発は86年メキシコ大会予選で記録したMF木村和司を抜き、歴代最多を更新。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151117-00010000-spht-socc
【本田5戦連続弾!日本代表は奮闘するカンボジア代表相手に2-0で辛勝{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ