武藤嘉紀

top
武藤の相棒が、香川のライバルに? ドルトムント、マリ獲得に傾く

マインツに、主軸選手を失う可能性がある。マンチェスター・ユナイテッドからの興味が伝えられるFW武藤嘉紀のほか、MFユヌス・マリにも他クラブから熱 視線が向けられているようだ。ドイツ『キッカー』『ビルト』など複数メディアによると、最も関心を抱いているのはボルシア・ドルトムントだという。

トップ下を本職とするマリは2011年夏にボルシア・メンヒェングラッドバッハのU-19チームからマインツに加入。今シーズンは前半戦だけですでに8 ゴールを決め、7得点を記録した武藤とともにマインツの主な得点源となっている。元U-21ドイツ代表MFは昨年11月にはトルコA代表の国際親善試合で デビューを果たし、好調なシーズンを過ごしている最中だ。

以前からシャルケやトッテナムが獲得に動いているとも報道されたが、ここにきてどうやら最も具体的な動きを見せているのは元マインツ指揮官のトーマス・ トゥヘル監督が率いるドルトムントのようだ。『キッカー』によれば、ドルトムントは1カ月半前に、代理人を通じて同選手と接触したという。

しかしながら同メディアは、マインツ側はマリの売却を検討するのは今シーズン終了後だとしている。同選手のマインツとの契約には今冬に行使可能な契約解除 条項が盛り込まれておらず、マインツ側が移籍金1000万ユーロ前後(約12億8000万円)で手放す可能性があるのは夏以降だとしている。

一方『ビルト』の報道によると、ドルトムントはマリの今冬の獲得を諦めておらず、マリ獲得に向けて移籍金1200万ユーロ(約15億3800万円)を提示 すると予想。さらにドルトムントで出場機会が少ないコロンビア代表FWアドリアン・ラモスをトレード要員としてオファーするという。

冬の移籍市場では代役を見つけるのが困難であることを理由に挙げ、昨年1月にはFW岡崎慎司のレスター・シティ行きを断ったマインツ。クリスティアン・ハ イデルGM(ゼネラルマネジャー)は過去、A・ラモスの獲得を試みたことがある。実際にドルトムントからオファーを受けたならば、心が動くことも予想され る。

マリが加入したならば、ドルトムントでMF香川真司とポジションを争う可能性もある。現在マインツで武藤ら攻撃陣をリードするマリが、香川のライバルになるのだろうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160115-00000028-goal-socc
【ビルト報じる!ドルトムントと武藤同僚マリが4年契約で合意か{海外の反応}】の続きを読む

muto3
武藤が今季7点目! 長谷部先発のフランクフルト相手に先制

ンデスリーガ第14節で、マインツFW武藤嘉紀が今季7点目を決めた。ハットトリックを達成した、第11節アウクスブルク戦以来の得点となる。

前線の中央で先発した武藤は、ホームで勢いに乗るチームの波に乗った。

開始5分、中央から右に展開されたボールが、MFデ・ブラシスから中央へ送られる。これを武藤が、右足でしっかり決めた。

武藤はこの試合までリーグ6点を挙げており、チーム最多得点者となっていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151129-00000021-goal-socc
【「チャンピオン」武藤また決めた!今季7点目!マインツはフランクフルト相手に2-1で勝利!{海外の反応}】の続きを読む

japan
本田、木村和司超えW杯予選5戦連続弾!6戦連続完封の新記録で堅守

◆ロシアW杯アジア2次予選兼アジア杯予選 カンボジア0―2日本(17日、カンボジア・ナショナル五輪スタジアム)

 FIFAランク50位でE組首位の日本代表はアウェーで、同183位で同組最下位のカンボジアに2―0で勝利。勝ち点を16とし、E組首位を守った。後 半から投入されたMF柏木陽介(27)=浦和=が抜群の存在感。本田圭佑(29)=ACミラン=がW杯予選5戦連続のゴールを挙げた。日本はW杯予選で史 上初の6試合連続完封で、今年最後の代表戦を終えた。また、試合前にはパリ同時多発テロの犠牲者へ黙とうがささげられた。

 試合は人工芝ピッチ、ベトナム社製ボールと不慣れな環境で行われ、まさに完全アウェーの状態。

 厳しい状況の中、日本は序盤から積極的に攻撃を展開。FW岡崎慎司(29)=レスター=やMF香川真司(26)=ドルトムント=などが積極的にシュート を放ち、カンボジアゴールに迫るがネットを揺らすことが出来ない。逆に、カンボジアの鋭いカウンターを浴び、ゴールに迫られる危ないシーンも見られた。前 半ロスタイムには右からのクロスを、ファーで合わせた藤春広輝(26)=G大阪=が左足で直接シュートするが、左ポストを直撃し、前半を0―0で終えた。

 きっかけが欲しい日本は、後半から柏木を投入。この采配がズバリ的中。後半6分、柏木が右FKから中央へクロス。岡崎が激しくDFと競り合い、オウン ゴールを呼び込んだ。後半17分に本田圭佑(29)=ACミラン=をピッチに送ると、さらに攻撃に幅が広がりカンボジアを圧倒。

 後半45分には本田がヘッドでW杯予選5戦連続となるゴールを決めた。5戦連発は86年メキシコ大会予選で記録したMF木村和司を抜き、歴代最多を更新。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151117-00010000-spht-socc
【本田5戦連続弾!日本代表は奮闘するカンボジア代表相手に2-0で辛勝{海外の反応}】の続きを読む

haraguchi
清武、2試合連続ゴール! PK沈めるも原口のアシスト含む3失点で敗北

ブンデスリーガ第12節が現地時間6日に行なわれ、日本代表MF清武弘嗣が所属するハノーファーは日本代表FW原口元気のヘルタ・ベルリンをホームに迎えて対戦し、1-3で敗北した。

 ここまでリーグ戦8試合に出場している清武は、今節も先発出場を果たした。1日に行われたハンブルガーSV戦に続いて2試合連続ゴールとなったが、チームは3失点を喫して敗れている。

 試合はヘルタ・ベルリンが33分に原口のアシストでカルーが先制点を奪うと、60分にもカルーが追加点を奪いハノーファーは追いかける展開となる。すると、70分に清武がPKを沈め1点を返す。

 しかし、試合終了間際に今度はカルーがハットトリックとなるPKを決めて1-3で試合は終了した。これでハノーファーは早くも今季7敗目を喫している。一方、ヘルタ・ベルリンは勝点を20に伸ばした。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151107-00010003-footballc-socc
【「欧州最高の日本人」清武2試合連続ゴール!原口は1A!ヘルタがハノーバーに3-1で勝利! など{海外の反応}】の続きを読む

mutp
武藤が初のハット達成!!後半ATに劇的同点弾

ブンデスリーガは31日、第11節2日目を行い、FW武藤嘉紀の所属するマインツは敵地でアウクスブルクと対戦し、3-3で引き分けた。武藤は前半18分 に2戦連発となる先制点を決めると、同30分にも追加点。チームはその後3失点し、2-3と逆転を許したが、後半アディショナルタイムに武藤が劇的な同点 弾。自身初のハットトリックを達成し、土壇場でドローに持ち込んだ。

マインツは前半18分、MFパブロ・デ・ブラシスがドリブルで強引にPA内に切れ込み、左サイド深い位置からゴール前に折り返すと、武藤がスライディングしながら左足で押し込み、先制点を奪った。

 武藤は前節のブレーメン戦(1-3)に続く2試合連続のゴール。ブンデスリーガ初の2戦連発で今季通算4得点目を挙げると、前半30分にもMFユヌス・マリの突破からマリのパスをMFハイロ・サンペリオがワンタッチでつないで武藤が右足で蹴り込んだ。

 ブンデスリーガ初ゴールを含む2得点を決めた8月29日のハノーファー戦(3-0)以来、自身2度目のドッペルパック(1試合2ゴール)を達成した武藤。これで今季通算11試合出場で早くも5ゴールとなった。

 ところが、アウクスブルクは前半42分にDFポール・フェルハーフのPKで1点を返し、後半立ち上がりの5分にはMFク・ジャチョルが同点ゴール。あっ という間に2点ビハインドを追いついた。攻勢を強めるアウクスブルク。劣勢のマインツも粘り強く耐えていたが、後半36分、MFカイウビのスルーパスから MFラウール・ボバディジャが左足でゴールネットを揺らし、ついに3-2と逆転に成功した。

 前節終了時点で最下位に低迷していたアウクスブルク相手にまさかの逆転負けかと思われた後半アディショナルタイム、マインツは右クロスをDFシュテファ ン・ベルがつなぎ、武藤がPA内左でボールをキープ。冷静に右足を振り抜き、ゴールにねじ込んだ。今季通算6ゴール目となる劇的な同点弾で3-3のド ロー。武藤にとってはJリーグも含めたプロキャリアで初のハットトリックとなり、チームの連敗も2でストップした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151101-01286827-gekisaka-socc
【武藤大暴れ!初ハットトリック!残り1分でチームをドローに導く!{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ