浦和レッズ

1511614924990
シルバ「言葉にならないくらい幸せ」、浦和がアジア制覇でクラブW杯へ

【AFP=時事】サッカーAFCチャンピオンズリーグ(AFC Champions League 2017)は25日、埼玉で決勝の第2戦が行われ、浦和レッドダイヤモンズ(Urawa Red Diamonds)はラファエル・シルバ(Rafael Silva)が終盤にゴールを決め、アルヒラル(Al Hilal、サウジアラビア)に1-0で勝利し、2戦合計スコア2-1で10年ぶり2回目のACL制覇を果たした。

 レッズは第1戦に続いて守備の時間が多かったものの、1-1のドローに終わった第1戦、さらには上港上港(Shanghai SIPG)を退けた準決勝でも殊勲のゴールを挙げていたシルバが後半43分に豪快な決勝点を決め、2007年以来となる大陸王者に輝いた。

 ACLで苦戦が続いていた日本勢だが、レッズは2008年のガンバ大阪(Gamba Osaka)以来となるACL制覇を果たし、12月にアラブ首長国連邦(UAE)で開催されるクラブW杯(2017 FIFA Club World Cup)出場を決めている。

 第1戦で足首を痛め、さらにはこの一週間の中で人種差別の標的にされながらも決勝点を挙げたシルバは「今は言葉にならないくらい幸せ。けがもあって難しい一週間だったけれど報われた。サポーターの声を力にして、100パーセントのアドレナリンが出ていた」と語った。

「(クラブW杯では)あちらでも良い結果が残せたらうれしい。まずはきょうから体を回復させて、もう一度頑張って行きたい」

 レッズの堀孝史(Takafumi Hori)監督は「選手が非常に良くやってくれた。第1戦からあまり時間がない中で、選手が気持ちの強さを見せてくれた」とコメントした。

 敗れたアルヒラルのラモン・ディアス(Ramon Diaz)監督は「浦和には優勝おめでとうと言いたい。われわれの選手も良くやってくれたし、誇りに思う。決勝まで来られて夢のようだったし、素晴らしい経験だった」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00000005-jij_afp-socc
【【海外の反応】浦和レッズ、アル・ヒラルを破り10年ぶり2回目のアジア制覇を果たす! クラブW杯出場も決定【ACL決勝】】の続きを読む

top
ドルトムント、19歳モルの2得点で浦和に逆転勝利! ゲッツェ復帰に花を添える

 明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017が15日に行われ、浦和レッズとドルトムントが対戦した。

 昨シーズンのドイツカップ戦王者をホームに迎える浦和は槙野智章、柏木陽介、ドルトムントのピーター・ボス監督ともプレー経験のある阿部勇樹らが先発。対するドルトムントはマルセル・シュメルツァー、クリスティアン・プリシッチ、ピエール・エメリク・オーバメヤンらが先発入りし、負傷からの復帰を目指す香川真司やマルコ・ロイスらを除く、現時点でのベストメンバーをそろえてきた。

 チケットが完売し、大観衆が見つめる中始まったこのゲーム、最初にビッグチャンスを迎えたのはドルトムントだった。14分、左サイドでフリーキックを獲得すると、ゴンサロ・カストロが中央に送る。浦和のマークをかいくぐりマルク・バルトラがフリーでヘディングシュートを狙うと、ボールはバーを叩いた。

 試合を動かしたのは浦和だった。右サイドで関根貴大が繰り返しチャンスを作る。するとその右サイドでコーナーキックを得ると、柏木が中央に合わせる。ニアサイドでラファエル・シルバが潰れるときれいにマークを外した興梠慎三が体を投げ出してボレーシュート。これがゴールに突き刺さり、24分に浦和が先制した。

 さらに38分にはディフェンスラインから持ち上がった遠藤航が宇賀神友弥に浮き球のスルーパス。宇賀神は胸トラップからすぐに中央に折り返す。走り込んだラファエル・シルバは流し込むだけだったがここはロマン・ヴァイデンフェラーがファインセーブ。追加点を許さない。

 浦和が前半リードで折り返したこの一戦。ハーフタイムには香川と小柳ルミ子さんが対談。監督が代わって出番が増えるのでは、と聞かれた香川は「自分にとって勝負の年」と答え、意気込みを語った。

 後半に入ると、関根、武藤雄樹らがチャンスを掴むがなかなか追加点には至らない。すると62分に代謝異常から復帰したマリオ・ゲッツェが5カ月ぶりに実戦のピッチに立った。

 一進一退の攻防を見せた後半だったが、ドルトムントの若き才能が試合を振り出しに戻す。76分、中央よりの右サイド前も向いたエムレ・モルがゴールへ突進。マークする槙野をスピードで振り切ると落ち着いてファーサイドに流し込み、同点に追いついた。

 モルの快進撃は止まらない。79分、この日印象的なドリブル突破を見せたモルは今度は中盤の深い位置からドリブルを開始。シュートまでは持ち込めなかったが、左サイドからの折り返しをモルがシュート。これがDFの足に当たってゴールに吸い込まれた。19歳のモルが鮮やかな逆転劇を披露した。

 浦和は85分、左サイドからのコーナーキックを遠いサイドでフリーになっていた遠藤がヘディングシュートを叩き込み、再び試合を振り出した。しかし直後の87分、その遠藤が浮き球のボールをクリアミス。背後を取ったアンドレ・シュールレが落ち着いて決め、再び逆転に成功する。

 試合はそのまま終了。ドルトムントが後半の3得点で浦和を下した。

 試合後、インタビューに答えた香川は「外から見てて自分も試合に出たかった。来季も年間を通して活躍できるようしっかりがんばります」と抱負を語った。

【スコア】
浦和レッズ 2-3 ドルトムント

【得点者】
1-0 24分 興梠慎三(浦和レッズ)
1-1 76分 エムレ・モル(ドルトムント)
1-2 79分 エムレ・モル(ドルトムント)
2-2 85分 遠藤航(浦和レッズ)
2-3 87分 アンドレ・シュールレ(ドルトムント)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170715-00613237-soccerk-socc
【【海外の反応】浦和が興梠のゴールで先制も、ドルトムントが3発で逆転勝利! ゲッツェも復帰!【プレシーズンマッチ】】の続きを読む

spn_spnbiglb-20170601-0041-000-p-0_thum630
「浦和の選手が我々を刺激した」驚愕の蛮行も反省の色なし…済州監督は日韓対決“両成敗”を主張

[5.31 ACL決勝トーナメント1回戦第2戦 浦和3-0(延長)済州 埼玉]

 真っ赤な歓喜の合唱はかき消された。2試合合計3-2とした浦和レッズが逆転でベスト8進出を決めたが、タイムアップのホイッスルが鳴ると、敗れた済州ユナイテッドの選手、スタッフまでもがピッチに乱入。至る所で小競り合いが起こり、地獄絵図と化した。

 ACLベスト16の日韓対決は前代未聞の乱闘劇となった。監督会見に出席したチョ・スンファン監督は「いいマナーを見せることができなかった。フェアプレーができなかった点は申し訳ない」と陳謝したが、「勝利する者もマナーが必要だと思う」と浦和側にも非があると主張し、DF槙野智章のガッツポーズが挑発行為だと訴えた。

「浦和の選手が我々のベンチの前に来て、刺激をするようなセレモニーをしたので、それに対して我々もセレモニーをしたのだと思います」

 延長後半9分にDF森脇良太が値千金の決勝ゴールを決めると、槙野がガッツポーズで喜びを表現したが、敵軍はこれに激高。延長後半の終了間際には控え選手のDFペク・ドンギュがベンチを飛び出し、ピッチを猛ダッシュで横断してMF阿部勇樹にひじ打ちを食らわせ、一発退場に。試合後は騒然とした雰囲気の中、済州の選手たちが血相を変えて槙野を追い回すなど、驚愕の蛮行が連鎖した。

「韓国では試合後の乱闘はよくあることなのか」と報道陣に問われた指揮官は「真相については今後把握する必要がある」とした上で、「一方的なものではなく、お互いのアクションがあって起きた出来事だと思う」と反省の色はなく、最後まで“両成敗”を主張した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-01640402-gekisaka-socc
【【海外の反応】済州の選手が暴挙、浦和選手の顔にエルボーを見舞う【ACL】】の続きを読む

このページのトップヘ