海外の反応

kiyokagwa
香川同僚MFギュンドアン、交際2年の彼女と破局「別々の道を歩む」

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが、かねてから交際していた女性と破局していたことが分かった。11日、ドイツ紙『デア・ヴェステン』が報じている。

 同紙によると、2013年の夏からギュンドアンと恋仲にあった女優のシーラ・シャヒンさんは、「イルカイとは別れました。私たちにとってこの決断は簡単 なものではありませんでした。とても悲しいです」と話しており、同選手と同棲していた家を2週間前に出て、現在は生まれ育ったベルリンに戻っているとい う。

 また、ギュンドアンが所属するマネージメント会社もこれを認め、「イルカイとシーラは少し前に、友好的に、別々の道を歩むことになった」と、喧嘩別れではなかったことを伝えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150912-00349188-soccerk-socc
【「やはり香川が最も重要」ハノーバー戦前BVBサポ反応など{海外の反応}】の続きを読む

gaalsann2
「オランダ人監督は自分のアクセントがきちんとしていると信じるが、マンチェスター・ユナイテッド、キャプテンとの会話に苦労していると打ち明ける」
【ファンハール「ルーニーが何と言ってるのか(英語)理解できない」など{海外の反応}】の続きを読む

gaal
スペイン代表GKデヘア、マンUでの出場機会を希望

サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードへの移籍が書類手続きの遅延により成立しなかったスペイン代表GKダビド・デヘアは、所属クラブ、マンチェスター・ユナイテッド(マンU、イングランド)での出場機会を希望している。

デヘアは8日、2016年欧州選手権(ユーロ2016)予選のマケドニア戦に先発出場。スペインは1─0で勝利した。

デヘアはスペインのテレビ局に対し、「プレーしたいという気持ちが強かったので、気分が良かった」とコメント。「今後も努力を続けて、所属クラブでも幸運をつかみたい」と述べ、マンUでの試合出場に期待を示した。

マンUのルイス・ファンハール監督は今季、いまだデヘアを公式戦で起用していない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150910-00000047-reut-sp
【ファンハール「次のリバポ戦には勝つ!但し、今季は優勝出来ない」→批判殺到{英国の反応}】の続きを読む

okaprepic
吉田&岡崎、再びプレミアの舞台へ 10月イラン戦の3日後には直接対決も


イランで行われたロシアワールドカップ・アジア二次予選のアフガニスタン戦で6-0の大勝を収めた日本代表の選手たちは、各々がプレーする国への途に就いた。

 サウサンプトンのDF吉田麻也は、ツイッターで「イランでSNS使えず久しぶりのアナログ生活も悪くない……いざ英国へ」というメッセージとともに、親交の深いレスター・シティのFW岡崎慎司とのセルフィーを公開した。

 プレミアリーグでプレーする2人とっては、再び厳しい戦いが始まる。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150910-00010014-footballc-socc
【「岡崎を放て..」ホームでのアストンヴィラ戦を控えたレスターサポ反応{英国の反応}】の続きを読む

weigl
ドルトムントの”新入り”ユリアン・ヴァイグルが面白い

今夏のドルトムントの補強の印象を述べるとするならば、堅実という言葉がぴったりとハマる。フライブルクで昨季センセーショナルな活躍をしたスイス 代表GKロマン・ビュルキ、レヴァークーゼンで昨シーズンのリーグベストイレブンに選ばれたドイツ代表MFゴンサロ・カストロを加え、年齢による衰えが見 られた正守護神ロマン・ヴァイデンフェラーの後釜と故障者の絶えなかった中盤に即戦力を加えたフロントの仕事は堅実そのものだった。

だがしかし、2部の1860ミュンヘンから獲得した19歳の新鋭を抜きにして今夏の補強は語れない。U20ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルだ。

186cmの長身にほっそりとした身体つきのヴァイグルは、トーマス・トゥヘル監督が今年の補強で真っ先に目をつけた選手だった。正式にドルトムン トの監督に就任する6月より前にフロントに要望し、5月末には1860ミュンヘンの合意を取り付けていたという行動の速さは、指揮官のこの若手MFに対す る並々ならぬ評価の高さを窺わせた。

現在ドルトムントに所属するスヴェン・ベンダー、モリッツ・ライトナーに代表されるように、セントラル・ミッドフィルダーの育成に長けた1860 ミュンヘンの下部組織からデビューしたヴァイグルは、まだプロとしてのキャリアを1シーズン半しか持たない。2014年1月にトップチームデビューを飾 り、今年の5月にニュージーランドで開催されたU20W杯にドイツ代表の一員として参加した経歴を持つが、ドルトムント加入時のネームバリューで言えば ビュルキやカストロとは比較にならないほぼ無名の若手だった。

http://www.theworldmagazine.jp/20150825/01world/germany/1717

【香川同僚ヴァイグル、過去にシュツットガルトから”能力不足”で門前払いを受けていた!?など{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ