海外の反応

uchi
「転んでもタダでは起きない」シャルケ内田篤人の復帰時期は?

ブンデス開幕後、ヘルトSD(スポーツディレクター)は「復帰のめどは立たない」と、厳しい見通しを語っている。だが、クラブのSNSなどでは、練習風景 だけでなく、ファンサービスに応じる内田の写真が多く見られるようになってきた。復帰が遠くないことを匂わせていると見ることも可能だ。

 フンテラールやMFドラクスラーといったブンデスでもトップクラスの選手がいながら、負傷者が相次ぎ冴えない戦いぶりが続いたのが昨季のシャルケだったが、今季、攻撃陣は無事にそろっている。

http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/wfootball/2015/08/24/post_831/index.php
【香川、内田の名も挙がる!母語の異なる選手のみで夢のチームを作るスレ{海外の反応}】の続きを読む

ortmund
クラブ史上初の開幕4連勝を記録したドルトムント、トゥヘルは逆転勝利に満足


ボルシア・ドルトムントは12日、ブンデスリーガ第4節でハノーファーに敵地で4-2と勝利した。クラブ史上初の開幕4連勝を飾ったトーマス・トゥヘル監督は、逆転勝利に満足している。

今季のリーグ戦で初めてビハインドを背負ったドルトムント。トゥヘル監督は前半のうちに逆転に成功したチームに満足しているようだ。クラブの公式ウェブサイトが指揮官のコメントを伝えた。

「インタナショナルウィークの後は、みんながどのような状態で戻ってくるか、監督としては完全に把握できないものだ。だから、どのような姿を見せるか少し 不安でもあった。だが、前半の内容には非常に満足している。我々は先制されたが、良いリアクションを見せて、逆転に成功したんだ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150913-00000003-goal-socc
【「香川を思うと嬉しい」9試合で33ゴール!ドルトムントの好調は人々を幸せにする!?{海外の反応}】の続きを読む

okachann
レスター岡崎いきなり激突、顔面強打…前半で交代

<プレミアリーグ:レスター3-2アストンビラ>◇13日◇レスター

 レスターの日本代表FW岡崎慎司(29)がホームのアストンビラ戦に先発。無得点のまま、ハーフタイムでMFダイアーと交代した。

 岡崎は試合開始38秒で、アストンビラのDFレスコットと激突。188センチ、82キロの巨漢DFの肩で顔面を強打し、しばらくピッチに倒れたまま動けなくなる場面もあった。

 2戦ぶりの先発となった岡崎は、3戦ぶりのゴールを狙ったが不完全燃焼でベンチに退いた。

 それでもレスターが2点を先行されながらも、後半27分から18分間で3点を挙げて逆転勝ち。今季成績を負けなしの3勝2分けとした。

http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1537856.html


【「今後も期待」「顔強打の影響..」「時差ボケ」ヴィラ戦後、岡崎に対するサポ評価は?{英国の反応}】の続きを読む

cl

(アメリカ)
■ CLで優勝しそうなクラブはどこかな?
 あと、ELの予想もよろしく

【アメリカ「チャンピオンズリーグ、優勝しそうなクラブは?」{海外の反応}】の続きを読む

japannt
「ほとんど香川のゴール」独紙がオウンゴール誘発のパスを高評価

代表戦で中断していたブンデスリーガは、11日から再開し、各地で第4節が行われた。日本代表MF香川真司が所属する首位ドルトムントは、代表でともに 戦ったDF酒井宏樹と、この試合で右足骨折からのカムバックを果たしたMF清武弘嗣の2人が先発に名を連ねたハノーファーに4-2で逆転勝ちし、開幕から の連勝を4までのばした。一方のハノーファーは、またしても今季初勝利お預けとなった。

 トップ下で先発した香川は、2-2で迎えた67分に決勝点となるオウンゴールを誘発。香川からのボールを受けたマティアス・ギンターの折り返しを、相手DFフェリペが自陣ゴールへとカットし、ドルトムントが勝ち越した。

 地元紙『Revier Sport』は、この決勝点を「ほとんど香川のゴール。ペナルティエリア右からマティアス・ギンターへ、一見の価値アリの浮き球パスを出した」と、“実質”香川のゴールだとし、オウンゴールを誘う起点となるパスの質を称えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150913-00349434-soccerk-socc

【「FIFAの中だけのプレー」「楽しんでる」ハノーバー戦後、2点演出した香川へのサポ反応など{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ