海外の反応

muto

出たブンデス1号!武藤2発にシュミット監督も深いお辞儀



ブンデスリーガ第3節(29日、マインツ3-0ハノーバー、マインツ)マインツの日本代表FW武藤嘉紀(23)がホームのハノーバー戦で、前半15分に移 籍後の公式戦初ゴールを決めると、同29分にも2点目。3-0での勝利に貢献した。来月3日と8日に迫ったロシアW杯アジア2次予選2試合を前に、代表で も期待のストライカーが結果を出した。

 この日の主役が誰かを、スタジアム中が知っていた。後半42分、2ゴールを決めたFW武藤がベンチへ下がる際に場内アナウンスが「ヨシノリ!」と呼びかけると、観客全員が「ムトー!」と大絶叫で応じ、スタンディングオベーションだ。

 「非常にうれしいです。これで肩の荷も下りました」

 マインツでの公式戦4試合目、リーグ戦3戦目で初の得点に笑顔。0-0の前半15分、絶妙の飛び出しでスルーパスを受け、左足でゴール右へ流し込んだ。 両手を広げて喜びを爆発させると、同29分には左CKから味方が折り返した浮き球にフリーで飛び込み、頭で2点目。後半2分には前線でのしつこい守備で、 日本代表DF酒井宏樹もいる相手守備陣のミスを誘い、チーム3点目を呼び込んだ。

 「1本のチャンスに集中できていた。3点目も狙っていたんですけど」と武藤。ベンチに戻ると、シュミット監督が敬意を表した深いお辞儀のポーズで待って いた。前節23日のボルシアMG戦(アウェー)では、無得点だったものの果敢なプレーで好機を作った背番号9。指揮官は、昨季まで所属した日本代表FW岡 崎慎司(29)を引き合いに「まるでシンジのようだった」と絶賛していた。期待に応えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150830-00000011-sanspo-socc


【「ニコニコ」「次のプレミア行き?」武藤嘉紀、ブンデス初ゴールを決め、合計2発!!ハノーバ相手に3-0の勝利に貢献!{海外の反応}】の続きを読む

inui

乾、エイバルと3年契約「ずっとスペインに行きたい思いがあった」



ドイツ1部フランクフルトからスペイン1部エイバルに移籍金30万ユーロ(約4080万円)で完全移籍し、3年契約を結んだMF乾貴士(27)は27日、 チーム練習へ参加後に当地のホームスタジアムのイプルアで入団会見した。「ずっとスペインに行きたい思いがあった。自分の武器はドリブルやコンビネーショ ンからの崩しなので、(サポーターには)攻撃を見てもらいたい」と前向きに話した。

 昨季のエイバルは降格圏の18位ながら、17位エルチェが財政難で2部降格、何とか1部残留を果たした。今季開幕戦は3―1でグラナダに勝利。30日の 第2節では昨季の国王杯覇者ビルバオと本拠で対戦する。スペイン1部でプレーした日本選手は過去に99~00年の城(バリャドリード)や04~06年の大 久保(マジョルカ)、昨季のハーフナー(コルドバ)ら7人だけ。「活躍して日本人の評価を上げたい」。乾が世界最高峰リーグに挑戦する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150828-00000010-sph-socc


【「輝かしい未来を」「興奮してきた」乾貴士、スペイン1部エイバルと3年契約へ!{海外の反応}】の続きを読む

kagwaaaa
香川2発でドルトムント大勝、南野は1G1AもPK失敗でチームも敗退/EL予選


ヨーロッパリーグ(以下EL)は現地時間27日(以下現地時間)に予選プレーオフのセカンドレグが行なわれ、香川真司が所属するドルトムント(ドイツ)は 本拠地でオッド(ノルウェー)に7対2と圧勝。2試合合計スコア11対5でグループリーグ進出を決めた。香川はこの試合にフル出場し、2得点を挙げる活躍 を見せている。

南野拓実が所属するザルツブルク(オーストリア)は、本拠地でディナモ・ミンスク(ベラルーシ)に2対0と勝利したが、PK戦の末に敗退した。初戦を0対 2で落としていたザルツブルクは、11分にCKから南野が左足で先制点を叩き込むと、58分に同選手のアシストからソリアーノが決めて合計スコアをタイに 戻す。

試合はそのまま規定時間を終了し、勝負の行方はPK戦へと委ねられることに。ザルツブルクは南野のキックがGKに阻まれるなど、PK戦を2対3で落とし、本戦出場に僅かに届かなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150828-00000010-ism-socc


【「3試合、3得点」「今、復活の時だ!」オッド戦後の香川に対するサポ反応など{海外の反応}】の続きを読む

kagawaa
香川「引かれたらサイド攻撃。代表にも通じる」


ホームで行われた第2戦でMF香川真司が2ゴールを挙げる活躍を見せ、ドルトムント(ドイツ)がオッド(ノルウェー)に7-2で圧勝し、2戦合計11-5で本戦進出を決めた。


以下は香川との一問一答

 -昨季なら同じ状況でもあまりそのような動きはなかったのでは? コンディションがいいのか、おとりになってもまた今度は自分を使ってもらえるから?

 香川 距離感が良いですから、自然とそういう動きになってると思います。別に去年と意識は変わってないですけど、そういうシチュエーションが増えてるっ ていうことは、そういう取ったあとの動きだしであったり、良い距離感でやれてるからそういう動きにつながってると思う。そういう意味では今後もこれを続け ていきたいなと思います。

 -最初の得点シーンはDFに当たってコースが変わってボールが転がってきた。「きたな」って感じだった?

 香川 ラッキーでしたね。ただああいうのはよくありえること。あそこに走り込むのが自分の良さでもあるし、そういうところに転がってきてるっていうのも、そういう流れでもあると思うんで、大事にしていきたいなと思います。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150828-00000033-nksports-socc


【「シンジ、アゲイン」香川は2発!!ゴール祭り!!BVBはホームでオッドに圧勝!EL本戦へ進出!{海外の反応}】の続きを読む

okachan
岡崎、守備で勝ち点1獲得に貢献 レスターが暫定首位


イングランド・プレミアリーグは22日、各地で6試合を行い、日本代表FW岡崎慎司(29)が所属するレス ターはホームでのトットナム戦に1-1で引き分け、2勝1分け(勝ち点7)で再び暫定首位に立った。岡崎は2トップの一角でフル出場。シュートこそなかっ たが、前線からの追い回しなど献身的なプレーに徹し、勝ち点1獲得に貢献した。

 昨季5位の強豪トットナムがボールを支配し、レスターが引いて守ってカウンター攻撃を仕掛ける展開。岡崎はチーム戦術にのっとり、自陣に攻め込ん できた相手を追い続けて守り、味方がボールを奪うと、ゴールへ向かって走ったが、前後半に1度ずつあった数少ないチャンスもシュートまで持っていけないな ど、見せ場らしい見せ場もなかった。


 前戦に続く連続ゴールは決められなかったが、岡崎は「強かった。上位相手にはこういう戦いになる。でも、プレミアがそんなに簡単だったら、逆に楽 しくない。充実している」と開幕以来、2勝1分けで首位という戦績を喜んだ。さらにプレーの幅を広げるため、日本代表では「トップ下のMFでもプレーした い。武藤雄(浦和)がトップ下をやれるということは自分もできる」と宣言した。


http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/soccer/news/CK2015082402000132.html

【岡崎の先発を望むサポ多数!アウェイでのボーンマス戦を控えたレスターサポ反応{英国の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ