海外の反応

kag

香川、1G1Aで大逆転劇呼び込む フェネルバフチェはV・ペルシが決勝弾/EL


ヨーロッパリーグ(以下EL)は現地時間20日(以下現地時間)に予選プレーオフのファーストレグが行なわれ、香川真司が所属するドルトムント(ドイツ) は敵地でオッド(ノルウェー)に4対3と勝利。香川はフル出場で1ゴール1アシストを記録し、3点差をひっくり返す大逆転劇に貢献した。

 敵地での初戦に臨んだドルトムントは、キックオフ直後約16秒にサムエルセンのヘッドで出鼻をくじかれると、20分、22分にも立て続けにネットを揺ら され、3点の大量ビハインドを背負う。しかし、34分にGKが弾いたこぼれ球にオーバメヤンが詰めて反撃の狼煙を上げると、後半立ち上がりの47分に香川 が今季公式戦初ゴールをマーク。ゴール前で味方が頭で落としたボールをボレーで叩き込み、ドルトムントが1点差に詰め寄る。

 反撃ムードが高まるドルトムントは76分、左サイドからのクロスにオーバメヤンが合わせて同点とすると、終盤の85分には、香川が左サイドから上げたクロスにムヒタリアンが頭で合わせて逆転。序盤の大量ビハインドをひっくり返して、敵地で勝利をもぎとった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150821-00000010-ism-socc


【「俺の可愛いヤツ!」「サムライだ」香川一発、更にアシスト!オッド戦、まさかの0-3から逆転勝利!{海外の反応}】の続きを読む

okachan

岡崎「得点量産したい」、プレミア初ゴール振り返り


サッカーのイングランド・プレミアリーグ、レスターに所属する岡崎慎司は、15日のウェストハム戦で決めた移籍後初のゴールについて、プレミアリーグで求められることに順応した結果だと語った。

岡崎はクラブ公式ウェブサイトで「プレミアリーグに来る前だったらトラップしていたと思うけど、このレベルでは素早く反応しなければいけないと本能的に感じた。そしてチャンスを掴んでボレーを決めた」とコメント。

「守備でも貢献できると思う」と語る一方、「一番意識しているのはゴールを取ること。そうしないと認められないと思う。2試合目で初ゴールを決められたのは大きいけど、これを続けていきたい」と述べ、得点を量産すると意気込んだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150820-00000023-reut-spo


【「うちはノッてる」「岡崎が決める」ホームでスパーズ戦を控えたレスターサポの反応{英国の反応}】の続きを読む

neville

レスターシティのフォーラムを眺めていると、元マンUのG・ネヴィル氏が岡崎の事を称賛しているとのコメントが目に止まり、僅かですが反応を集めました



移籍選手でベストは「オカザキだ」…G・ネビル氏が絶賛


イングランド『マンデーナイト・フットボール』の番組内で「今夏、移籍してきた選手でベストの選手は誰か?」という質問をツイッターで受けたG・ネビル氏は「オカザキだ」と答えている。

「彼はとても輝いている。汚れ仕事をすることをいとわず、守備でもハードワークしてくれる。ボールを半身で受けて前を向くことができる選手であり、チャン スを生み出してゴールを決めることもできる。本当に印象深かったよ」とベタ褒め。

しかし、「ただ、まだ期待するには早すぎるけどね」と日本人ストライカー のさらなる活躍に期待を寄せた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150819-00966823-gekisaka-socc
【「今夏ベストの補強は岡崎」G・ネヴィル氏が岡崎を称賛{海外の反応}】の続きを読む

milan honda

本田、2年連続ミランの公式戦初ゴール!1G1Aとトップ下で結果残す


[8.17 コッパ・イタリア3回戦 ミラン2-0ペルージャ]

 ミランは17日、コッパ・イタリア3回戦でペルージャ(2部)と対戦し、2-0で勝利した。トップ下で先発したMF本田圭佑は前半10分に先制点を記録するなど、1ゴール1アシストの活躍。今季公式戦初戦勝利に大きく貢献した。

今季も“開幕戦”で本田が魅せた。本田は前半10分、FWルイス・アドリアーノのパスでゴール中央を抜けると、左足で蹴り込み先制点を奪取。2年連続の公式戦初ゴールを奪った。

本田は昨季も公式戦初戦となったリーグ戦開幕戦のラツィオ戦の前半7分に先制点を奪取。公式戦初ゴールを記録した。勢いに乗った本田は開幕7戦で6ゴールを記録。ゴールも最後のゴールとなった昨年10月19日のベローナ戦以来となった。

先制点に続き、その後も背番号10は存在感を見せ続ける。前半16分、ゴール前でFKを獲得すると本田が狙う。枠内を捕えたシュートは惜しくもGKの好セーブに弾かれたが、ペルージャゴールに迫る。

すると前半28分、中央でボールを受けた本田が、前線に絶妙なスルーパスを通すと、L・アドリアーノが左足でゴールに流し込み、アシストを記録。新戦力FWとのホットラインがいきなり開通した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150818-00961357-gekisaka-socc

【「ホンダアア!」「レアルが本田を..」ミラン本田、開幕一発&アシストでペルージャ相手の勝利に貢献!{海外の反応}】の続きを読む

kagawa

香川15分で先制アシストにドルト勢い4発最高開幕



<ブンデスリーガ:ドルトムント4-0ボルシアMG>◇15日◇ドルトムント

 日本代表のドルトムントMF香川真司(26)が、再起への足がかりとなる先制アシストを決めた。前半15分、MFロイスへのスルーパスでお膳立てする と、後半5分には香川が起点となった4点目を演出。チームは昨季3位のボルシアMGに圧勝し、最高のスタートダッシュを切った。

 ピッチの上で暴れるようなボールを、香川の右足が吸収した。DFフンメルスからの速い縦パス。中央で待ち受けた香川が、左を走るロイスへ広角に出した。 柔らかくピッチを滑るような軌道に変わったボールは、ロイスの先制点へと生まれ変わった。今季開幕からわずか15分。香川のドルトムント4シーズン目の幕 開けだった。

 周囲だけでなく、香川自身の予想に反して、先発に名を連ねた。「試合前までは『おそらくベンチかな?』という気配があった。トゥヘル監督もコーチも『練 習がよかった』と言っていた。最高の集中力と、最高の準備をして迎えたんで、すごく怖さもあったし、緊張感もすごくあった…。まあ、疲れましたね」。後半 5分には、右サイドの裏のスペースを走るロイスへ浮き球。FWムヒタリャンの4点目の起点にもなった。4-0の大勝は、香川の思い描いていた通りのスター トダッシュがかなった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150817-00000046-nksports-socc


【「絹の様だ」「次はゴールだ」香川、開幕戦で先制アシスト!BVBは4-0の圧勝!シーズン最高のスタートに貢献!{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ