海外の反応

milan honda

本田、2年連続ミランの公式戦初ゴール!1G1Aとトップ下で結果残す


[8.17 コッパ・イタリア3回戦 ミラン2-0ペルージャ]

 ミランは17日、コッパ・イタリア3回戦でペルージャ(2部)と対戦し、2-0で勝利した。トップ下で先発したMF本田圭佑は前半10分に先制点を記録するなど、1ゴール1アシストの活躍。今季公式戦初戦勝利に大きく貢献した。

今季も“開幕戦”で本田が魅せた。本田は前半10分、FWルイス・アドリアーノのパスでゴール中央を抜けると、左足で蹴り込み先制点を奪取。2年連続の公式戦初ゴールを奪った。

本田は昨季も公式戦初戦となったリーグ戦開幕戦のラツィオ戦の前半7分に先制点を奪取。公式戦初ゴールを記録した。勢いに乗った本田は開幕7戦で6ゴールを記録。ゴールも最後のゴールとなった昨年10月19日のベローナ戦以来となった。

先制点に続き、その後も背番号10は存在感を見せ続ける。前半16分、ゴール前でFKを獲得すると本田が狙う。枠内を捕えたシュートは惜しくもGKの好セーブに弾かれたが、ペルージャゴールに迫る。

すると前半28分、中央でボールを受けた本田が、前線に絶妙なスルーパスを通すと、L・アドリアーノが左足でゴールに流し込み、アシストを記録。新戦力FWとのホットラインがいきなり開通した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150818-00961357-gekisaka-socc

【「ホンダアア!」「レアルが本田を..」ミラン本田、開幕一発&アシストでペルージャ相手の勝利に貢献!{海外の反応}】の続きを読む

kagawa

香川15分で先制アシストにドルト勢い4発最高開幕



<ブンデスリーガ:ドルトムント4-0ボルシアMG>◇15日◇ドルトムント

 日本代表のドルトムントMF香川真司(26)が、再起への足がかりとなる先制アシストを決めた。前半15分、MFロイスへのスルーパスでお膳立てする と、後半5分には香川が起点となった4点目を演出。チームは昨季3位のボルシアMGに圧勝し、最高のスタートダッシュを切った。

 ピッチの上で暴れるようなボールを、香川の右足が吸収した。DFフンメルスからの速い縦パス。中央で待ち受けた香川が、左を走るロイスへ広角に出した。 柔らかくピッチを滑るような軌道に変わったボールは、ロイスの先制点へと生まれ変わった。今季開幕からわずか15分。香川のドルトムント4シーズン目の幕 開けだった。

 周囲だけでなく、香川自身の予想に反して、先発に名を連ねた。「試合前までは『おそらくベンチかな?』という気配があった。トゥヘル監督もコーチも『練 習がよかった』と言っていた。最高の集中力と、最高の準備をして迎えたんで、すごく怖さもあったし、緊張感もすごくあった…。まあ、疲れましたね」。後半 5分には、右サイドの裏のスペースを走るロイスへ浮き球。FWムヒタリャンの4点目の起点にもなった。4-0の大勝は、香川の思い描いていた通りのスター トダッシュがかなった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150817-00000046-nksports-socc


【「絹の様だ」「次はゴールだ」香川、開幕戦で先制アシスト!BVBは4-0の圧勝!シーズン最高のスタートに貢献!{海外の反応}】の続きを読む

okachan

岡崎プレミア1号にも「満足なし」ゴール継続にらむ



<プレミアリーグ:ウェストハム1-2レスター>◇15日◇ロンドン

 今季マインツからレスターへ移籍した日本代表FW岡崎慎司(29)が、プレミアリーグ2試合目で初ゴールを決めた。15日のアウェーのウェストハム戦に先発し、前半27分に右足ボレーのはね返りを自ら頭で押し込んだ。

 岡崎らしくハートは熱く、頭は冷静だった。前半27分。FWの相棒バーディーが左サイドでボールを受けるとゴール前へクロス。岡崎は「ダイレクトで打たないといけない。チャンスを逃したくない」と飛び込み、右足を合わせた。

 ボレーシュートはGKにはじかれたが、周囲の状況は「見えていた」。すぐに体勢を立て直し、はね返りをヘディングで押し込んだ。「GKも、もう1回反応 してくるかと思ったが、自分だけが反応していてよかった」。相手に頭部や足首を蹴られたこともあり後半17分で退いたが、2-1での開幕2連勝に貢献。ラ ニエリ監督は「とてもハッピー。でも驚かないよ。シンジはボックス内で嗅覚がある。彼にとって普通のゴールを決めたまで」。

 次節は22日トットナム戦。岡崎は「これ(得点)を続けなければ、1シーズン1点で終わってしまう。シュツットガルトの時がそうだった、何も満足しない」。次もゴールで3連勝を引き寄せるつもりだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150817-00000047-nksports-socc


【「忍者だ!」岡崎のプレミア初ゴール動画の再生数が二日で3万越え!{海外の反応}】の続きを読む

okazaki

初ゴールの岡崎を現地メディアが絶賛。多くの媒体がMOMに選出



イングランド・プレミアリーグ第2節が15日に行われ、岡崎慎司の所属するレスターはアウェイでウェストハムに1-2で勝利した。

 この試合で岡崎はプレミアリーグ移籍後初ゴールを挙げ、さらにリヤド・マハレズの追加点を生むきっかけとなるプレーに絡んだ。60分強のプレーながらチームの全得点に絡む活躍を現地メディアは揃って最高の評価を与えている。

 英紙『ミラー』は選手祭典で岡崎にチーム唯一の「8」(10点満点)をつけてマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出。「ゴールに値した。ピッチを去るまで良いプレーを見せた」と評し、試合のターニングポイントに先制点の場面を挙げている。

 岡崎が高額な移籍金で加入したことに触れながら、前半マッチアップしたカール・ジェンキンソンを果敢なチャレンジで翻弄したことを指摘し、「岡崎はジェ イミー・ヴァーディーとの相性が良く、マーク・オルブライトンやリヤド・マハレズとも連携が取れている。スピードとトリックがあり、ボールを奪うことは難 しい。彼は注視すべき存在」と絶賛した。

 同じく英紙『デイリー・メール』はMOMこそ2試合連続ゴールのリヤド・マハレズとしたものの、岡崎に高評価の「7」を与えている。『BBC』も試合を 動かした場面に先制点を挙げて岡崎をMOMに選出。『インディペンデント』紙も岡崎にマフレズと同じ「8」をつけてMOMに選んだ。

 そのうえで高額な移籍金で加入した日本代表FWの活躍を「彼の最初の上手いボレーはセーブされたが、リバウンドを素早くヘディングし、フォクシーズ(レスターの愛称)を勝ち点3に導いた」と評している。

 レスターの地元紙『レスター・マーキュリー』は「岡崎は重要な存在だった。彼のファーストタッチはしばしばスペースを生み出した。レスターにリードをも たらす極めて適切なプレーだ。ヴァーディーのクロスに合わせる際のランニングも素晴らしく、セーブされた最初のボレーで優れた技術も見せた。リバウンド ボールを頭で空のゴールへ流し込むための反応も最高に速かった」とあらゆるプレーを褒めたたえている。

 ヨーロッパ全土をカバーするスポーツ専門チャンネル『ユーロスポーツ』も岡崎にほれ込んだ。採点はチーム最高点の「8」でMOMに選出すると、「ゴールでレスターを(首位争いの)運転席に乗せた。フォクシーズにとって素晴らしい契約」と称賛した。

 18年ぶりの開幕2連勝で暫定首位に立ったレスターは次節、22日にトッテナムとの一戦に臨む。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150816-00010004-footballc-socc


【「FIFA(ゲーム)かよ」「美しい光景」 岡崎のプレミア初ゴール!レスターはウェストハムを破り開幕2連勝に貢献!{英国の反応}】の続きを読む

okacha

レスターFW岡崎慎司、やっぱり“先輩”阿部勇樹から情報を仕入れていた


 レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司は、8日に行われたプレミアリーグ開幕節のサンダーランド戦でフル出場し、念願だったプレミアデビューを果たした。

チームを率いるクラウディオ・ラニエリ監督も「とても嬉しいよ。新しいチームにやって来て最初にプレーするのは簡単じゃないからね。彼はとてもよかった」と語り、そのプレーを評価していた。

その岡崎についての話題を地元紙『レスターマーキュリー』が伝えていた。なんでも、サンダーランド戦で発行されたクラブ公式マッチデイ・マガジンで、岡崎は阿部勇樹(現浦和レッズ)についての話を語っていたという。

阿部は2010年夏から2012年1月までレスターでプレーした経験がある。

「レスターについて、阿部勇樹さんに聞いたんです。彼は街がいい大きさで、人々はとてもフレンドリーだと言いました。彼は正しかったと思います。この街の周辺は素晴らしい雰囲気なので、ここが好きです」

やはりと言うべきか、“先輩”阿部から情報を仕入れていた岡崎。こうも語っていたそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150814-00340448-soccerk-socc

【「シンジはプレミアで真のブルー侍になる」ウェストハム戦を控え、岡崎慎司に期待をかけるレスターサポ{英国の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ