海外の反応

top
アメリカの8大会ぶりW杯予選敗退に地元メディア衝撃 「ハートブレイク」「想定外の事態」

最下位トリニダード・トバゴに1-2と不覚 パナマ、ホンジュラスにかわされる

 ロシア・ワールドカップ(W杯)北中米カリブ海予選の最終節が現地時間10日に行われた。ラスト1試合の時点で3位につけていたアメリカは、最下位のトリニダード・トバゴに1-2とまさかの黒星を喫し、ともに勝利した4位パナマと5位ホンジュラスにごぼう抜きにされて5位転落、1986年大会以来の予選敗退という悲劇を味わった。米メディアも「想定外のことが起きた」「ハートブレイク」と、この衝撃をレポートしている。

 アメリカは前半17分にオウンゴールで失点。さらに同37分に相手DFアルビン・ジョーンズにも得点を許して、2点のリードを奪われた。後半開始早々の2分に、ドルトムントでプレーするMFクリスチャン・プリシッチが鮮やかなミドルシュートを決めて1点差に詰め寄ったが、そのまま1-2で敗れた。

 この結果、北中米カリブ海予選ではメキシコとコスタリカ、そしてW杯初出場となるパナマがロシア行きを確定。4位ホンジュラスはオーストラリアとの大陸間プレーオフに臨むことになった。

 アメリカのW杯予選敗退は1986年のメキシコ大会以来で、連続出場は7大会でストップ。欧州ではオランダ、南米ではチリやパラグアイといった強豪国が敗退となるなか、北中米カリブ海予選でも波乱が起きた。

隆盛のMLS、W杯常連国となっていたが…

 米スポーツ専門テレビ局「FOXスポーツ」のツイッターは、「想定外の事態が起きた。USMNT(アメリカ代表)は1986年以来、初めてW杯を逃した」とアメリカ敗退を速報。続けて「ハートブレイク」と、傷心するアメリカ国民の気持ちを代弁した。

 国内リーグのメジャーリーグサッカーもスター選手が多くプレーし、W杯でも決勝トーナメントの常連となるなど、今やサッカー大国の一つとなっていたアメリカ。プリシッチのような世界的スター選手も台頭しているが、来夏にロシアで開催される大舞台には手が届かなかった。

【【海外の反応】アメリカ、まさかのW杯予選敗退】の続きを読む

DLxzlTJX0AEHgg1
ケーヒルが劇的決勝弾!豪州が大陸間POへ…シリア、“願いのFK”がポスト直撃でW杯の夢潰える

2018FIFAワールドカップ ロシア アジア予選プレーオフ第2戦が10日、オーストラリアのメルボルンで行われ、オーストラリア代表がシリア代表を延長戦の末に下して土壇場で北中米カリブ海地区の4位チームとの大陸間プレーオフに進出した。

オーストラリアは5日に中立地・マレーシアのムラカで行われた第1戦を1-1で終えていた。そのため、第2戦での勝利、あるいはスコアレスドローで大陸間プレーオフが決まる状況にあった。

シリアは6分、FWオマル・アルソーマのゴールで先制する。対するオーストラリアは13分、FWティム・ケーヒルのゴールで同点に追いつく。

ホームのオーストラリアは、ボール支配率79パーセントと圧倒的に試合を支配。シュートもシリアの2本に対して、8本打つなど一方的な展開ながら、前半は1-1の同点で終了した。後半もオーストラリアがシリアを圧倒するが、スコアは動かず、延長戦に突入する。

延長前半、シリアMFマハムード・アルマワスが、この日2枚目のイエローカードで退場。すると109分、ケーヒルがこの日2点目となるゴールを決め、2-1とオーストラリアが勝ち越し。試合はこのまま2-1で終了。ベテラン・ケーヒルが、窮地を救う2ゴールの活躍を見せ、大陸間プレーオフ進出を決めた。

一方のシリアは、延長後半終了間際にFKの決定機を迎えたが、これはポスト直撃。1人少ない状況も、最後の最後まで追い込んだが、一歩及ばず、涙を飲んだ。

大陸間プレーオフは11月にホーム&アウェイで開催される。なお、オーストラリアがW杯に出場した場合、4大会連続5回目となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00010012-goal-socc
【【海外の反応】オーストラリア代表、ケイヒルの2発でシリアとの激闘を制し、大陸間プレーオフへ】の続きを読む

1507293326436
ニュージーランドに競り勝った日本、勝ち越しゴールに満足もハリル監督「簡単ではなかった」

[10.6 キリンチャレンジ杯 日本2-1ニュージーランド 豊田ス]

 ロシアW杯へのサバイバルが始まった。6日、日本代表はキリンチャレンジ杯でニュージーランド代表と対戦。同点に追いつかれて迎えた後半42分にMF倉田秋が勝ち越しゴールを決め、2-1で勝利した。

 試合の立ち上がりは、4試合ぶりスタメンのMF香川真司が右ポスト直撃のシュートを放つなど、一方的に攻め込んだ。だが、いい時間帯に先制点を挙げられないでいると、日本のスピードに慣れてきたニュージーランド相手に攻めあぐね、前半はスコアレスに終わった。

 それでも後半5分、相手のハンドから獲得したPKをFW大迫勇也がねじ込み、日本が先制。これで勢いに乗るかと思われたが、警戒していたFWクリス・ウッドに同点ヘッドを決められてしまう。その後は一進一退の攻防が続いたが、迎えた後半43分に途中出場の倉田が代表初ゴールを決め、2-1。バヒド・ハリルホジッチ監督が「2試合ともその交代枠は使いたい」と語っていたように交代枠6人を使い切って勝利した。

 試合後、指揮官は「勝ちましたけど、簡単ではなかった。ニュージーランドは素晴らしい守備をしてくれた。ロングボールで空中戦を挑んできた。1点目を取れたが、我々のゲームコントロールはうまくいかなかった。その時に失点してしまった」と分析。「そのあと我々から仕掛けていけた。オフェンスの素晴らしいリアクションがあった。本当に素晴らしいコレクティブな動きで2点目が取れた」と一定の評価を下した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-01644866-gekisaka-socc
【【海外の反応】日本代表、倉田の代表初ゴールでニュージーランド代表に辛勝】の続きを読む

19b83cb5abc14614923077d9ff389b2c
原口元気、絶対王者相手に会心の4人抜きアシスト「不満をポジティブに変えた」

 ドイツ・ブンデスリーガ第7節が現地時間1日に行われ、ヘルタ・ベルリンは王者バイエルン・ミュンヘンと2-2で引き分けた。

 ヘルタの格上相手のドローを引き寄せたのは、十分な出場機会を得られず苦しんでいた日本人だった。

 先発起用された原口元気は0-2のビハインドで迎えた51分、ペナルティエリアの左手前でボールを受けると、バイエルンの守備陣を引きずりながらドリブルでペナルティエリア内右サイドへ突進していく。4人を置き去りにして折り返し、最後はオンドレイ・ドゥダが追撃の狼煙となるゴールを奪った。

 原口は会心のアシストについて「最近のフラストレーションをポジティブなエネルギーに変えました。自分で打とうかとも思ったけれど、ドゥダを見ました」と振り返っている。コメントは独紙『ビルト』が伝えた。

 同紙は「日本人がスーパーな単独突破でバイエルンのペナルティエリア内へ。4人の相手を退け、ドゥダへクロスを送った」と、原口の一連のプレーを称えている。

 これから日本代表に合流する原口は、バイエルン戦での活躍を弾みに調子を上げられるだろうか。今季の先発は今節が初めてだったが、結果を残し続ければ出場時間は確実に伸びていくだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171002-00233841-footballc-socc
【【海外の反応】原口元気、今季初先発のバイエルン戦で4人抜きアシスト! 公式のマンオブザマッチに選出される】の続きを読む

nintchdbpict000357205172
「とてつもないボレー」「ストライカーの本能」吉田麻也の今季初得点を英メディア称賛

 サウサンプトンのDF吉田麻也が決めた今シーズン初ゴールを英メディアが称賛した。

 吉田は9月30日のプレミアリーグ第7節ストーク・シティ戦に先発出場。0-1で迎えた75分、セットプレーでゴール前に上がっていた日本代表CBは、見事なジャンピングボレーを叩き込んでいる。

 『スカイ・スポーツ』は、「ブリリアントゴール」と吉田の美技を称賛。『ミラー』では「とてつもないボレー。素晴らしい運動能力でファンタスティックなボレーを決めた。(相手GK)バトランドはノーチャンス」と記されている。

 選手の採点を掲載した『デイリーメール』は、吉田に「6.5」を付けた。「7」がチーム内に4人いたため、それほど高い評価にはなっていないが、得点シーンについては「ホーム(ストーク)のサポーターは、CBの吉田がストライカーの本能を見せたときは最悪の事態を恐れた」としている。

 その後の失点で勝ち点を得ることができなかったサウサンプトンだが、試合途中からキャプテンマークを巻いた吉田は、チームからもファンからも大きな信頼を集めている様子だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171001-00233639-footballc-socc
【【海外の反応】「素晴らしい本能だ」吉田麻也、CBとは思えぬアクロバティックなボレー弾で今季初ゴールを記録!】の続きを読む

このページのトップヘ