海外の反応

GettyImages-654576498
香川、3試合連続フル出場で自信取り戻す「自分をもっと表現したい」

 ボルシア・ドルトムントは、現地時間17日に行われたブンデスリーガ第25節でインゴルシュタットに1-0で勝利を収めた。

 この試合に先発出場したドルトムントの香川真司は、前半に先制点の起点となるスルーパスを通すなど90分間安定したプレーを披露。公式戦3試合連続フル出場で勝利に貢献した。

 ここ1週間で3試合をこなした香川だが、それまではベンチを温める日々が続いていた。そんな中でマルコ・ロイスが負傷したうえ、トーマス・トゥヘル監督がシステム変更に踏み切ったことなどもあってチャンスを掴んだ。

「きつすぎて、ヤバかったですね(苦笑)」と、3試合連続のフル出場を振り返った香川。インゴルシュタット戦は内容がよくなかっただけに、「試合後の疲労感はなかなかスゴかった」という。一方で自らのプレーは好感触だったようだ。

「(プレーに)手応えは感じてますし、自分の状況もいいと思っている。これを続けていくしかないのかなと。ただ、メンバーの層も厚いですし、目に見える結果も求められる。(結果を)常に求めていきたい。あとは自分自身のプレーを出さなきゃいけないと思っているので、個性あるチームの中で最終的に生き残っていくために、自分をもっともっと表現したい」

 リーグ戦は一旦中断となり、香川はこれから日本代表へと合流する。今の好調を維持して日本を勝利に導き、ドルトムントでの終盤戦に向けて弾みをつけたいところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170318-00010004-footballc-socc
【【海外の反応】香川真司、ターンからスルーパスで決勝点を演出! ドルトムントは1-0でインゴルシュタットに勝利】の続きを読む

C7HbenQWwAAGVWG
CL準々決勝組み合わせ決定、過去対戦成績は?

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝の組み合わせ抽選会が17日に行われた。準々決勝第1戦は4月11日と12日、第2戦は同18日と19日に行われる。

 注目の日本人対決や同国対決は回避されたが、ビッグカードが生まれている。連覇を目指すレアル・マドリー(スペイン)はバイエルン(ドイツ)、決勝トーナメント1回戦で奇跡の大逆転勝ちを飾り勝ち上がったバルセロナ(スペイン)は、ユベントス(イタリア)との対戦が決まった。

 uefa.comが各対戦の対戦成績を発表している。アトレティコ・マドリー(スペイン)は、対レスター・シティ(イングランド)で3勝1分と負けがなく、やや有利なデータが出ている。

 またドルトムント(ドイツ)とモナコ(フランス)は過去に対戦がない。ただしドルトムントは過去7回の準々決勝で5回突破。モナコは過去4回の準々決勝で2回勝っているという。

 注目のバイエルン対R・マドリーはバイエルンの11勝2分10敗と拮抗。ただし準々決勝での同対戦は過去に2度(87-88、01-02)あり、いずれもR・マドリーが勝利している。

 ユベントス対バルセロナもユベントスの2勝2分3敗と拮抗している。準々決勝での対戦は過去に2度(85-86、02-03)。成績は1勝1敗となっている。

▽準々決勝(左が第1戦ホーム)
アトレティコ・マドリー(スペイン)―レスター・シティ(イングランド)
・Aマドリーの3勝1分0敗、7得点 2失点

ドルトムント(ドイツ)―モナコ(フランス)
・過去に対戦なし

バイエルン(ドイツ)―レアル・マドリー(スペイン)
・バイエルンの11勝2分10敗、33得点 31失点

ユベントス(イタリア)―バルセロナ(スペイン)
・ユベントスの2勝2分け3敗、7得点 10失点

■過去準々決勝成績
アトレティコ・マドリー
5勝3敗

レスター・シティ


ドルトムント
5勝2敗

モナコ
2勝2敗

バイエルン
18勝9敗(6連続勝利中)

R・マドリー
27勝6敗(6連続突破中)

ユベントス
11勝5敗

バルセロナ
14勝4敗

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-01637846-gekisaka-socc
【【海外の反応】『レスターvsアトレティコ』『BVBvsモナコ』CL準々決勝の組み合わせ決定!】の続きを読む

C7EkSxkXkAEShuR
モウリーニョ、試合中の選手に「バナナ」食わせる!仰天行為のワケは

欧州各地で行われたUEFAヨーロッパリーグ。 

マンチェスター・ユナイテッドはオールド・トラッフォードでロストフと対戦した。この試合で話題となったのが、このシーンだ。

試合中にもかかわらず、ユナイテッドDFマルコス・ロホがバナナを頬張っていたのだ。

このバナナはジョゼ・モウリーニョ監督が自ら皮を剥いたもの。

それをベンチ前でウォーミングアップしていたアシュリー・ヤングを経由して、ロホに渡した形。  『Telegraph』によれば、モウリーニョはこの件についてこう語っていたそう。     

ジョゼ・モウリーニョ(マンチェスター・ユナイテッド監督)     

「私は体の限界について知っている。     
体が何でも欲している時だ。     
選手はバナナを欲しがる。     
笑い事ではない。     
選手と彼らの限界をリスペクトすることだ。彼らは全力を尽くしている」  

なお、試合は1-0でユナイテッドが勝利し、勝ち抜けが決定。ロホは90分間ピッチに立ち続けた。

https://qoly.jp/2017/03/17/manchester-marcos-rojo-eating-banana-v-rostov-iks-1
【【海外の反応】マンUのロホ、試合中にバナナを食べる】の続きを読む

top
レスター新指揮官、逆転ベスト8進出に歓喜「忘れられない試合に」

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグが14日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターはセビージャに2-0の勝利を収めた。ファーストレグを1-2で落としていたレスターだが、ホームでの完封勝利によって合計スコアをひっくり返し、逆転でベスト8進出を決定している。試合後のクレイグ・シェイクスピア監督のコメントを、同日付の地元紙『レスター・マーキュリー』が伝えた。

 スペインに遠征して臨んだ第1戦では、敗れながらもイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが貴重なアウェーゴールを奪取。本拠地キング・パワーで行われたセカンドレグに望みを繋げたレスターは、27分にアルジェリア代表MFリヤド・マフレズのクロスをジャマイカ代表DFウェズ・モーガンが押し込み先制すると、54分にはイングランド人MFマーク・オルブライトンがエリア内のこぼれ球を押し込んでリードを2点に広げた。試合終盤にはPKを与えたが、フランス代表MFスティーヴン・エンゾンジのキックをデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルがストップしてこのピンチを逃れると、そのままタイムアップまでゴールを許さず、逆転で準々決勝に駒を進めることとなった。なお、岡崎は先発出場して64分までプレーしている。

 シェイクスピア監督は試合を振り返り、「自分も含めて、このクラブにとっては忘れられない試合になったと思う」と、クラブ史上初出場となるCLでのベスト8進出を喜び、以下のように続けた。

「ゲームが始まったときから、サポーターは我々を後押ししてくれていたし、選手も今日は素晴らしかったと思っている。今夜のパフォーマンスは、クラブに関わるすべての人が誇りに思えるものだった」

 レスターが倒したセビージャは、今シーズンのリーガ・エスパニョーラでバルセロナやレアル・マドリードと優勝を争っており、昨シーズンまでUEFAヨーロッパリーグを3連覇する強豪だ。「抽選の時から、厳しい戦いになるというのは分かっていた。“ワオ! 相手はセビージャだ!”ってね」と、指揮官も相手に対する高い評価を明かしており、「ファーストレグでのパフォーマンスがこの結果に繋がった」と、セカンドレグを前に解任の憂き目にあったクラウディオ・ラニエリ前監督への称賛も忘れなかった。

 シェイクスピア監督が指揮を執り始めてから、レスターはプレミアリーグでリヴァプールとハルを破り、CLでもセビージャに勝利して公式戦3連勝となった。試合前には暫定監督から正式な指揮官へと肩書が変わったシェイクスピア氏は、チームとともに“夢の続き”を体現しようとしている。次戦は18日、プレミアリーグ第29節でウェストハムとのアウェーゲームに臨む。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00562920-soccerk-socc
【【海外の反応】レスターシティ、ホームでセビージャを完封! 逆転でCL8強進出を果たす! 】の続きを読む

image-1118168-galleryV9-vwrw-1118168
香川、2戦連続フル出場でゴールに絡む! ドルトムントは独3部下しドイツ杯準決勝進出

【シュポルトフロインデ 0-3 ドルトムント ドイツ杯 準々決勝】

 現地時間14日にドイツ杯(DFBポカール)準々決勝の試合が行われ、ドルトムントはドイツ3部のシュポルトフロインデ・ロッテと対戦。クリスティアン・プリシッチなどがゴールを積み重ね、ドルトムントが3-0の勝利をおさめている。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司はヘルタ・ベルリン戦に続いて先発出場を果たした。試合開始して49分、パスを受けた香川はダイレクトでゴールを狙うが決定的なチャンスをGKベネディクト・フェルナンデスにセーブされてしまう。

 すると57分、ウスマン・デンベレからのラストパスを受けたプリシッチが冷静に相手GKの位置を確認して先制ゴールを決めた。さらに66分、香川が浮いたボールをゴール前に放り込むと味方がヘディングで折り返したボールをアンドレ・シュールレが押し込みドルトムントに追加点が入る。

 83分にはマルセル・シュメルツァーがFKから直接ゴールを決めて3点目。結局、ドルトムントは3-0の勝利をおさめている。香川は2試合続けてフル出場を果たし、チームの勝利に貢献した。

【得点者】
57分 0-1 プリシッチ(ドルトムント)
66分 0-2 シュールレ(ドルトムント)
83分 0-3 シュメルツァー(ドルトムント)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00010002-footballc-socc
【【海外の反応】香川が2戦連続で得点に貢献、ドルトムントはロッテに3-0で快勝【DFBポカール】】の続きを読む

このページのトップヘ