海外の反応

DmyQjaIVAAENMV7
ドルトムントがホーム2連勝…長谷部はリーグ初ベンチ入り、香川はメンバー外

ブンデスリーガ第3節が14日に行われ、MF香川真司が所属するドルトムントは、MF長谷部誠が所属するフランクフルトに3-1で勝利した。香川はリーグ3試合連続のベンチ外。長谷部はリーグ戦初のベンチ入りをしたが、出場機会は訪れなかった。

 ドルトムントは36分に左CKからアブドゥ・ディアロが移籍後初ゴールを決めて先制。68分にセバスティアン・ハラーの同点弾を浴びたが、4分後にマリウス・ヴォルフが古巣から勝ち越しゴールを奪うと、88分にFWパコ・アルカセルがをデビュー戦で初ゴールを挙げ、ホームで2連勝を飾った。敗れたフランクフルトは2連敗となった。

 ドルトムントは18日に行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節でクラブ・ブルッヘとのアウェイゲームに臨む。フランクフルトは20日にヨーロッパリーグ・グループステージ第1節で、DF酒井宏樹が所属するマルセイユと敵地で対戦する。

【スコア】
ドルトムント 3-1 フランクフルト

【「頭に来る」香川真司が再びベンチ外に...首をかしげるドルトムントファン】の続きを読む

kagawa
香川真司、ついに先発か? “最適解”を見出せないドルトムントに欠けていたものをもたらすか

香川真司に先発起用の可能性が高まっている。ドルトムントは現地時間14日、ブンデスリーガ第3節でフランクフルトと対戦する。香川は代表期間に行われたテストマッチで存在感を示した。先発起用となれば、これまでドルトムントに欠けていた攻撃のクオリティをもたらすことができるか。

< 中略 >

●ゲッツェ起用には消極的。香川の先発はあるか?

 そのオスナブリュック戦では、ベンチ外が続いている香川真司も出場した。[4-3-3]の布陣の中、右のインサイドハーフで先発フル出場。低い位置から、長短織り交ぜたパスで丁寧に攻撃を組み立て、前線に上がっては決定機を生み出した。香川は野心溢れる若武者と好連係を示し、ラーセンの先制点、さらに2点目をアシスト。若きデンマーク人FWの4点目も、アシストのマリオ・ゲッツェに対して絶妙なボールを送ったのは、香川である。

 フランクフルト戦では、エメル・トプラク、ラファエウ・ゲレイロ、プリシッチの3選手が負傷を理由に欠場が確定している。また、会見でファブレ監督はゲッツェの起用について「カガワとロイス」の名前を引き合いに、どこか消極的な姿勢を見せた。ゲッツェはライプツィヒ戦とハノーファー戦でベンチ入りしたが、出番はなかった。

 既にハノーファー戦は欠場していたプリシッチを除けば、トプラクとゲレイロと、ひょっとするとゲッツェの代わりに、誰か3人がフランクフルト戦でメンバー入りすることになるのかもしれない。

 まず1人目。トプラクの代わりは、同じくセンターバックのポジションを務めるダン=アクセル・ザガドゥになるだろう。2人目は、先述した新進気鋭のラーセン。そして3人目はーー。

 オスナブリュック戦での結果を踏まえ、ハノーファー戦で攻撃面に欠けていたクオリティを埋めるならば、香川になるだろう。一方でファブレ監督は、同テストマッチでのパコ・アルカセルのパフォーマンスにも一定の評価を与えている。会見では、自ら獲得を望んだスペイン人FWについて「少しずつチームに融け込ませなければならない」と語った。金曜日のゲーム展開次第では、アルカセルに出場機会が与えられるのかもしれない。

 このように“最適解”を探し求めるドルトムント。指揮官は、フランクフルト戦の当日まで、とことん頭を悩ませることになりそうだ。

【「筋が通っていない」香川の起用を求めるドルトムントファン】の続きを読む

miazga-lainez-usa-mexico
【「差別」「笑える」アメリカ代表DFがメキシコ人選手の身長を揶揄う振る舞い...海外のサッカーファンの反応】の続きを読む

9
初陣白星を飾った森保監督「選手たちは本当に戦い、走ってくれた」

[9.11 キリンチャレンジカップ 日本3-0コスタリカ 吹田S]

 初陣を白星で飾った。日本代表を率いる森保一監督はキリンチャレンジ杯コスタリカ代表戦を3-0で終えると、TVインタビューで「選手たちが良い準備をしてくれた」と振り返った。

「全国で被災されて辛い思いをされている方々に思いを届けよう、プレーをお見せすることで励まそうと、選手たちは本当に戦い、走ってくれたと思う」

 7日に札幌ドームで開催予定だったキリンチャレンジ杯チリ代表戦が、6日未明に発生した北海道胆振(いぶり)東部地震の影響で中止となったため、コスタリカ戦で初めてA代表の指揮を執ることになった。先発にはA代表初先発となるMF中島翔哉やFW南野拓実、さらに初招集のDF佐々木翔や東京五輪世代のMF堂安律などフレッシュな顔触れを起用した。

 システムは代名詞ともいえる3-4-2-1ではなく、4-4-2を採用。前半16分には中島が蹴り出したCKから佐々木が放ったヘディングシュートがDFブライアン・オビエドのオウンゴールを誘って先制に成功。先制後も幾度となくゴールに迫りながらも追加点はなかなか生まれなかったが、後半21分に中島、MF遠藤航とつないだボールから最後は南野が左足シュートでネットを揺らし、リードを2点差に広げた。

 その後はA代表デビューとなるMF天野純、MF守田英正らをピッチに送り込むと、後半アディショナルタイムに途中出場のMF伊東純也がダメ押しゴールを奪って3-0の完封勝利を収めた。

 白星スタートを切ったものの満足することなく、「まだまだこのチームはスタートしたばかりなので、常に成長することを考えて上を目指してやっていきたい」とさらなる進化を誓う。森保ジャパンは、10月シリーズでパナマ(12日)、ウルグアイ(16日)と対戦する。

【「活き活きしている」新生日本代表がコスタリカに3-0で完勝! 海外のサッカーファンの反応】の続きを読む

1536263914069
首にスパイク跡がくっきり…W杯“ベストゴール男”の仏DFが痛々しい負傷

現地時間6日にUEFAネーションズリーグA組グループ1の試合が行われ、ドイツ代表フランス代表が対戦。0-0のドローに終わった試合の中で、フランスのDFバンジャマン・パバールがスパイクで首を踏まれるアクシデントが発生した。

 欧州で新設された大会の記念すべき最初の試合では、直近2大会のワールドカップで世界王者となった2チームが激突。ロシアワールドカップで大会ベストゴールに選ばれるスーパーボレーを決めて話題となったパバールもこの試合に出場した。

 だが試合開始から2分あまりのところでアクシデント発生。ドイツのDFアントニオ・リュディガーの突破を止めるためスライディングタックルを仕掛けたパバールは、ボールを蹴り出したあとリュディガーの左足で首のあたりを踏まれる形となった。

 パバールは首を押さえて痛がる様子を見せる。首から胸にかけてはスパイクの跡がくっきりと残り、3本ほどの赤い筋をつくっていた。だが幸いプレーに支障はなく、パバールは90分間フル出場している。

 リュディガーはパバールに謝罪し、ツイッターの公式アカウントでもコメント。「パバールへのプレーはもちろん故意ではなかった。彼には直接謝罪したし、この場で改めて彼の回復を祈りたい」とメッセージを投稿した。

【「大事故になり得た」仏代表DFのパヴァールがスパイクで首を踏まれてしまうアクシデント】の続きを読む

このページのトップヘ