海外の反応

3278
 不整脈で倒れた20歳のアヤックスMF 逸材に訪れた突然の悲劇に、ファンは落胆

オランダ中がショックを受けている。   
テレビでニュースを知らせるベテランレポーターやアヤックス番記者の声も震えている。現地時間7月8日、ブレーメンとの練習試合中、不静脈でピッチの上に崩れ落ちたアブドゥルハーク・ヌーリ(20)の容態は一時「安定した」という報が入っていたものの、13日になって「脳の大部分が損傷しており、機能していない。回復の可能性はほとんどない」ということが分かった。ヌーリのサッカー選手生命は断たれた。   

私にとってもヌーリは特別な選手だった。普段なら選手個人に肩入れすることなく、チームとしてサッカーを見ようとしている私だが、ヌーリだけは「この選手を見るためにスタジアムに通いたい」と思っていた。昨季は主にアヤックスのリザーブチームで8番を付けてプレーしていた。夏から秋にかけて、私は片道20キロの距離を自転車で通っていたが、私の心は踊りスキップを踏んでいた。   

当時は19歳。アヤックスの選手としては、そろそろトップチームに定着したい年齢だったが、私は彼がリザーブチームで活躍することに喜びを抱いていた。ヌーリほどのテクニシャンは、5万人以上を収容するヨハン・クライフ・アレーナよりも、2000人しか収容できないデ・トゥコムスト(アヤックスの練習施設)のミニスタジアムの方が、見ていて楽しいのである。「ヌーリにはあと1年、ここにいてほしい」。それが私のワガママな願いだった。   

サッカーの試合そのものを見るなら、スタンドの最上段に座るに限る。しかし、私はヌーリの妙技を見に来たのだから、デ・トゥコムストでは最前席に座っていた。自分から遠い方でヌーリがプレーする時は彼の足元に注目し、彼が手前でプレーする時は視線をチェックした。ヌーリの視線は相手を欺くフェイントとなり、パスは思わぬ方向へ通ってしまうのだ。ミニスタジアムでヌーリを見る楽しみは、この視線フェイエントにあったのかもしれない。

 2部のMVPに選出、今季のブレークに懸けていたが――
昨季のリザーブチームには多くのタレントがいて、得点力も高かった。ピーター・ボス率いるトップチームが完成品となったのはシーズン後半戦だったから、前半戦はリザーブチームのほうがチームとして形になっていたのかもしれない。   

10月17日のデ・フラーフスハップ戦はとうとう2,068人を集め、リザーブチーム史上初のホームゲーム満員を記録した。昨季のリザーブチームは、フレンキー・デ・ヨング、ドニー・ファン・デ・ベーク、ヌーリが中盤を組んだり、バーツラフ・ツェルニー、マテオ・カシエラ、ペッレ・クレメントの3トップが爆発したり、後にオランダ代表にまで駆け上がるマタイス・デ・リフトがセンターバックにいたりと、心躍るチームだった。   

冬になり私の移動手段は車になった。11月28日に行われたドルトレヒトとのアウェーゲームではパンチの効いたミドルシュートをゴールネットに突き刺した。年が明け、17歳のジャスティン・クライファート、デ・リフトがトップチームに定着し、ヨーロッパリーグ(EL)で活躍を見せた。ヌーリもELのグループリーグで2試合に先発したが、それはアヤックスがベスト32進出を決めた後の消化試合だった。   

今季のオランダ1部リーグは9試合、261分の出場に留まったヌーリだが、オランダ2部リーグでは突出したプレーを見せ、チームもリザーブチームとしては珍しく2位という高順位を記録し、ヌーリ自身はリーグのMVPに選ばれた。だから、「今季は焦らず、来季トップチームで活躍すればいいさ」と私は願っていた。本人は期限付き移籍のうわさを打ち消し、今季、アヤックスでのブレークに懸けていた。 

「まだ20歳。これから本当の大きなキャリアが待っていたのに、ここで終わってしまうとは残念」。テレビニュースでコメントするアヤックスファンは本当に悲しそうだ。   

今は何を祈れば良いのだろう。せめて社会復帰できるまでに治ってほしいという願いが適切なのか否か、今は分からない。「#StayStrongAppie」 これがアッピー(ヌーリの愛称)を応援するハッシュタグだ。

https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201707140001-spnavi
【【海外の反応】心臓発作で倒れたアヤックスの若手MF、一時容態は安定と発表されるも、重度の脳障害が発覚 回復の可能性は無しとの見解...】の続きを読む

com
香川がドルトムントと2020年まで契約延長! 「新しい監督のもとで成長したい」

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が14日に記者会見を行い、クラブとの契約延長を発表した。

 15日にドルトムントの一員として「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」の浦和レッズ戦に臨む香川は、大会公式会見の直前に会見を実施。先日行われたイベントの際に「ドルトムント残留宣言」をしていたが、正式にクラブとの契約延長にサインしたことを明かした。なお、新契約は2020年までとなっている。

 香川は契約延長の理由について「クラブから素晴らしいオファーを頂きまして、しっかりと考えた結果、これからもドルトムントの一員として、来シーズンもスタートを切りたい、新しい監督のもとで成長していきたいと思いました」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00612498-soccerk-socc
【【海外の反応】「最高の報せだ」ドルトムントが香川真司との契約延長を発表】の続きを読む

top
ドルトムント、19歳モルの2得点で浦和に逆転勝利! ゲッツェ復帰に花を添える

 明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017が15日に行われ、浦和レッズとドルトムントが対戦した。

 昨シーズンのドイツカップ戦王者をホームに迎える浦和は槙野智章、柏木陽介、ドルトムントのピーター・ボス監督ともプレー経験のある阿部勇樹らが先発。対するドルトムントはマルセル・シュメルツァー、クリスティアン・プリシッチ、ピエール・エメリク・オーバメヤンらが先発入りし、負傷からの復帰を目指す香川真司やマルコ・ロイスらを除く、現時点でのベストメンバーをそろえてきた。

 チケットが完売し、大観衆が見つめる中始まったこのゲーム、最初にビッグチャンスを迎えたのはドルトムントだった。14分、左サイドでフリーキックを獲得すると、ゴンサロ・カストロが中央に送る。浦和のマークをかいくぐりマルク・バルトラがフリーでヘディングシュートを狙うと、ボールはバーを叩いた。

 試合を動かしたのは浦和だった。右サイドで関根貴大が繰り返しチャンスを作る。するとその右サイドでコーナーキックを得ると、柏木が中央に合わせる。ニアサイドでラファエル・シルバが潰れるときれいにマークを外した興梠慎三が体を投げ出してボレーシュート。これがゴールに突き刺さり、24分に浦和が先制した。

 さらに38分にはディフェンスラインから持ち上がった遠藤航が宇賀神友弥に浮き球のスルーパス。宇賀神は胸トラップからすぐに中央に折り返す。走り込んだラファエル・シルバは流し込むだけだったがここはロマン・ヴァイデンフェラーがファインセーブ。追加点を許さない。

 浦和が前半リードで折り返したこの一戦。ハーフタイムには香川と小柳ルミ子さんが対談。監督が代わって出番が増えるのでは、と聞かれた香川は「自分にとって勝負の年」と答え、意気込みを語った。

 後半に入ると、関根、武藤雄樹らがチャンスを掴むがなかなか追加点には至らない。すると62分に代謝異常から復帰したマリオ・ゲッツェが5カ月ぶりに実戦のピッチに立った。

 一進一退の攻防を見せた後半だったが、ドルトムントの若き才能が試合を振り出しに戻す。76分、中央よりの右サイド前も向いたエムレ・モルがゴールへ突進。マークする槙野をスピードで振り切ると落ち着いてファーサイドに流し込み、同点に追いついた。

 モルの快進撃は止まらない。79分、この日印象的なドリブル突破を見せたモルは今度は中盤の深い位置からドリブルを開始。シュートまでは持ち込めなかったが、左サイドからの折り返しをモルがシュート。これがDFの足に当たってゴールに吸い込まれた。19歳のモルが鮮やかな逆転劇を披露した。

 浦和は85分、左サイドからのコーナーキックを遠いサイドでフリーになっていた遠藤がヘディングシュートを叩き込み、再び試合を振り出した。しかし直後の87分、その遠藤が浮き球のボールをクリアミス。背後を取ったアンドレ・シュールレが落ち着いて決め、再び逆転に成功する。

 試合はそのまま終了。ドルトムントが後半の3得点で浦和を下した。

 試合後、インタビューに答えた香川は「外から見てて自分も試合に出たかった。来季も年間を通して活躍できるようしっかりがんばります」と抱負を語った。

【スコア】
浦和レッズ 2-3 ドルトムント

【得点者】
1-0 24分 興梠慎三(浦和レッズ)
1-1 76分 エムレ・モル(ドルトムント)
1-2 79分 エムレ・モル(ドルトムント)
2-2 85分 遠藤航(浦和レッズ)
2-3 87分 アンドレ・シュールレ(ドルトムント)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170715-00613237-soccerk-socc
【【海外の反応】浦和が興梠のゴールで先制も、ドルトムントが3発で逆転勝利! ゲッツェも復帰!【プレシーズンマッチ】】の続きを読む

4ca3d188f9e08641e4f6
日本を選んだポドルスキ、中国サッカーを痛烈批判。「交渉のやり方は犯罪に近い」

J1のヴィッセル神戸に加入した元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、中国へ移籍していればより高額の年俸を獲得できていたはずだったと認めつつ、中国サッカーの現状や発展の見通しについて批判的な見解を述べている。独紙『シュポルト・ビルト』のインタビューに語ったとして『ドイツ通信社』などが伝えた。

 トルコのガラタサライから神戸への移籍が今年3月に発表されたポドルスキは、先日ついに来日。近年のJリーグで屈指の大物外国人選手加入として大きな注目を集めている。

 日本への移籍を決める前に中国からもオファーが届いていたことは、以前にもポドルスキ自ら認めていた。神戸での年俸は6億円前後とも報じられているが、中国ではそれを大幅に上回る金額を受け取ることができていた可能性があったという。「中国で1500万から2000万ユーロ(約19億5000万~26億円)を受け取ることができるというのはとても魅力的に聞こえる話だ」とポドルスキは語る。

 だが中国クラブとの間での交渉について、「8人や9人もの代理人が間に入ってくるような交渉のやり方は、犯罪にも近いものだ」とその手法を手厳しく批判。また実際に手元に支払われる金額については、「間に絡んでくる黒いルートを経て、大幅に少なくなる可能性が高い」と述べている。

 多くの大物外国人選手や外国人監督らを招き、サッカー発展に向けて熱心に取り組む姿勢を見せている中国だが、「たとえばブンデスリーガのような何かを成し遂げられることは決してないだろう」とポドルスキ。

「今の彼らのやり方では、最高のリーグになるという目標を達成できることは決してない。今の舞台裏で起こっていることを見てみれば、あれはサッカーではない何かだ」と中国サッカーの未来を疑問視している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170712-00221732-footballc-socc
【【海外の反応】ポドルスキが中国クラブの交渉手法を厳しい表現で批判】の続きを読む

【【海外の反応】アメリカ「試合観戦は家? それともスタジアム?」】の続きを読む

このページのトップヘ